Hatena::ブログ(Diary)

英字紙ウォッチング

2018-06-19

トランプのドイツ批判

08:18

 晴れ。

 移民の親と子供を分離させる現行の移民政策について、トランプ大統領が擁護する発言を行った。犯罪を未然に防止するための政策である、と。しかし、国土安全省のニールセン長官はホワイトハウスで、この分離政策は政権の政策ではない、と主張した。役所としては、議会が決めた法律に従ってシンプルに実行しているだけだと述べた。つまり、連邦法の抜け穴と呼んだ法律の結果、ニールセン氏は、米国政府は南部の国境で子供を分離し続けざるを得ないと主張している。

 今週採決が予定されている移民関連の下院審議に先立ち、トランプ大統領は月曜日と火曜日に議員らと会談する。

 https://www.wsj.com/articles/trump-administration-defends-family-separation-policy-1529341079?mod=hp_lead_pos1

 そのトランプ大統領は、ドイツ移民政策を批判している。前述の子供の移民に対する処遇を周囲すべていることに対応した動きである。

 トランプ大統領ドイツメルケル首相に対し、移民を受け入れることでドイツの文化を乱暴に変えてしまったと批判した。苦境に追い込まれた首相をさらに追い込む発言である。

 https://www.ft.com/content/f8842c42-72d5-11e8-aa31-31da4279a601

 そのメルケル首相難民政策をめぐり、苦境に追い込まれている。メルケル首相バイエルン州の同盟相手が、難民問題について解決案を見つける猶予期間として2週間を与えた。メルケル首相率いるCDUと連立相手のCSUとの間で、難民問題で対立が先週生じた。欧州全体の解決策を見つけることができなければ、首相は苦境に追い込まれることになる。

 今回の対立の根幹には、CSUのゼーホーファー党首の提案がある。国境警察は、難民を帰還させる権利を認められるべきだ、というものだ。しかし、メルケル首相はこの案を拒否した。この提案欧州全体の難民政策合意に反する、というものだ。

 https://www.ft.com/content/83709054-72d9-11e8-b6ad-3823e4384287

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tennis575/20180619/1529363906