Hatena::ブログ(Diary)

天女花 フォトギャラリー

2018-08-11

夜の訪問者

06:01

毎晩リビングの片隅で虫の鳴き声が聞こえてきます。
足音を忍ばせ鳴き声の近くまで接近!
電気をつけてみるといましたぁ〜〜〜!

体長は2センチほど。色は薄茶色。細身です。
こおろぎの鳴き声でもなく鈴虫の鳴き声でもありません。
体形も違います。
ネットで調べても何の虫か分かりませんが秋の虫には違いありません。


窓を開けっぱなしにすることなど全くないのでどこから侵入してきたのかも
分かりませんが大歓迎の夜の訪問者です。

しばらくそっと見守り我が家の秋の夜長のBGM奏者として同居していただきます。

ねぷたが始まると同時にすっかり秋の気配。
クーラーの存在も忘れるほどの涼しさです。

f:id:tennyobana:20180809044959j:image

庭の朝顔のお花も毎朝3〜7個咲き始めました。
赤と紫。
その日によって花の開く時間が違います。

f:id:tennyobana:20180809044745j:image

先日初めて蕾からぱっと開く瞬間を見ることができました。(Am4:45)
蕾の状態からここまで開くのに20秒ほどの速さです。(上記の写真)

地の上、海の中、空の生き物たちに目をやる時、創造主を覚えます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tennyobana/20180811

2018-08-02

 いざ出陣!ヤーヤードー〜!!

11:30

f:id:tennyobana:20180801195144j:image

1週間ほど猛暑が続き、一日中冷房の部屋で過ごさざるを得なかった7月下旬。

そんな中、8月1日弘前ねぷたまつりが始まりました。

f:id:tennyobana:20180801195145j:image

1日、朝起きてみると外の空気は今までと打って変わってひんやり、すでに秋の空気感。

一晩中つけていたクーラーを消し、窓をいっぱい開け、庭に出て一杯のコーヒーを。
孫が学校から持ち帰った紫色の朝顔が一輪咲いていました。

f:id:tennyobana:20180801195207j:image

今晩は7時からいよいよ弘前ねぷたまつりです。
孫が通園していたみなみ幼稚園のねぷたにパパとママと孫の三人が参加しました。
パパは運行係り、ママは笛、孫は太鼓です。

]f:id:tennyobana:20180801192438j:image

ヤーヤードー〜〜!!みなみ幼稚園のちびっ子ねぷたのお通りだい!!

スパイダーマンだぜ〜!!どうだ!!スゴイだろ?!!

f:id:tennyobana:20180801192753j:image

↑ ↓  園児が書いたねぷたが毎年登場します。
少子化のためみなみ幼稚園のねぷたの存続も危ぶまれている現状ですので
パパ、ママはみなみ幼稚園のねぷたが存続する限り、応援協力です。

f:id:tennyobana:20180801192815j:image

園児が一生懸命描いた見送り絵。
周りから「 かわいい〜〜!」の歓声が上がりました。

f:id:tennyobana:20180801195312j:image

津軽弁で「眠い」ことを「ねぷてぇ」と言い、これがなまって「ねぷた」になったと
言われています。

f:id:tennyobana:20180801192117j:image

夏の睡魔をはらう「ねむり流し」と七夕まつりの松明流しや盂蘭盆会(うらぼんえ)の
精霊流しの「灯篭流し」が結びついてできたおまつり。

f:id:tennyobana:20180801193003j:image


坂上田村麻呂ねぷた(竹と木を組んで紙を貼った人形の大灯籠)をつくって、
蝦夷を討った伝説からという説も。

f:id:tennyobana:20180801191516j:image

         (この太鼓は津軽剛情張大太鼓ではありません)

弘前は1日〜7日まで、青森は2日〜7日まで。

短い真夏の夜空にヤーヤード〜〜!とラッセラー!ラッセラー!ラッセラッセラッセラ〜〜!!
と、天高く響き合い、眠気を追い払ってくれることでしょう。

弘前ねぷたまつりには全77台が参加、1日は大小合わせて39台が中心街を練り歩き、
直径約4メートルの津軽剛情張大太鼓も6年ぶりに復活!
初日の大トリを務め、大地を揺るがす響きで喝采を浴びました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tennyobana/20180802

2018-07-30

ローマの休日

09:30

f:id:tennyobana:20180730091751j:image

f:id:tennyobana:20180730092614j:image

f:id:tennyobana:20180730091100j:image

f:id:tennyobana:20180730092731j:image


1953年に公開されたアメリカ映画の名作「 ローマの休日 」より、主演のグレコリー・
ペックとオードリー・ヘプバーンイタリア製のスクーター「 ベスパ 」に乗ってローマ市内を巡るシーンが今年の青森県南津軽郡田舎館村田んぼアートに登場しました。

f:id:tennyobana:20180730091811j:image

映画『ローマの休日』では、グレゴリー・ペック扮する新聞記者ジョーオードリー・ヘプバーン演じるアン王女を驚かそうとして、伝説に基づき悪ふざけで「真実の口」に手を入れて、抜けないという演技をしましたね。

真実の口は
イタリア首都ローマのサンタマリアインコスメディン教会の外壁にある石造の円盤。
海神トリトーネの浮き彫りが施されている。
もとは古代ローマ時代の下水溝の蓋であると考えられている。
偽りの心をもつ人が海神の口に手を入れると抜けなくなる、または切り落とされるという伝説がある。
映画「ローマの休日」に登場し、観光名所になりました。


f:id:tennyobana:20180730091802j:image

すべて稲で作られている田んぼアートは、初夏から秋にかけて徐々に色が変化します。
田植えや直後の苗の時は2、3色ほどしか見えませんが、成長して7月中旬から8月中旬に鮮やかな7色に変わり見頃を迎えます。

f:id:tennyobana:20180730091211j:image

11種類の稲が田んぼアートに使われています。

1.つがるロマン( 緑 )食用
2.あさゆき  ( 緑 )食用

3.紫大黒   ( 紫 )古代米
4.黄大黒   ( 黄 )古代米
5.緑大黒   ( 濃緑 )古代米

f:id:tennyobana:20180730092738j:image

6.ゆきあそび ( 白 )観賞用
7.べにあそび ( 赤 )観賞用
8.あかねあそび( 橙 )観賞用
9.紫穂波   ( 紫 )観賞用
10.赤穂波  ( 赤 )観賞用
11.青系赤174号 ( 白 )観賞用

9〜11は葉は緑で穂の色が変わります。

f:id:tennyobana:20180730092713j:image

田んぼアートの総面積は15000屐
左半分は140m×48m  右半分は140m×53mです。
遠近法を用いて描かれたローマの休日猛暑を忘れ見入ってしまいました。
オードリー・ヘプバーンは私の憧れの女性です。

f:id:tennyobana:20180730094230j:image

↑ 4階の展望台より田んぼアートを見下ろすことができます。( チケット¥300 )

収穫した「つがるロマン」は田植え体験ツアーや稲刈り体験ツアーに参加した人たちに
昼食のおにぎりとして振舞われます。
すべての稲にお米は実りますが食用以外は食味が良くないので食べません。

f:id:tennyobana:20180730093109j:image

世界的にも有名になった田舎館の田んぼアート
今年は26回目です。
ねぷたまつりが始まると同時に全国から観光客がどっと押し寄せます。
毎年長蛇の列で30分は待たされますので覚悟して出掛けたのですがねぷたまつりの二日前でしたので幸い並ぶこともなくスイスイと展望台へ。

7月30日の弘前市最高気温は35'1!!
毎日30度を超す猛暑熱中症の危険もあり、特に高齢者の外出は控えていることもあるのでしょう。

今年5月28日のブログアップを最後にすっかりブログを開くこともなく忘れかけていましたが昨日ちょっと覗いてみると60日間のアクセス数(4000件)にビックリ!!(*_*;

アップを待っていて下さる読者の皆さまに本当に申し訳ない気持ちになり、35度の猛暑の中、行って来ました。"(-""-)"

一週間ほど前の夕方、満月に近いお月さまのすぐ傍で大きく光り輝いているお星さま。
火星と後で分かりました。
今日は地球火星が大接近する日。

弘前は今日も猛暑ですが夕方には夕涼みをしながら南東の空を見上げたいと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tennyobana/20180730

2018-05-27

純白のグランドキャニオン 

06:00

f:id:tennyobana:20180526143423j:image

白岩公園から車で3分?ほどの先に雪の回廊のような白壁があると
アイス売りのおじさんにお聞きしましたのでちょっと行ってみることに
しました。
ピンク色の谷空木(たにうつぎ)のお花があちらこちらに咲いています。


f:id:tennyobana:20180526142004j:image

片側に予想以上の見ごたえのある白壁が300m?ほど続いています。

f:id:tennyobana:20180526143230j:image

f:id:tennyobana:20180526142444j:image

f:id:tennyobana:20180526142141j:image

f:id:tennyobana:20180526144152j:image

純白の岩にコバルトブルーの空と緑の樹々。
タニウツギのお花が咲き乱れ素晴らしい初夏の風景でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tennyobana/20180527

2018-05-26

純白のグランドキャニオン 

00:50

f:id:tennyobana:20180526113133j:image

今日は五月晴れの良い天気です。
ママと優ちゃんは昨日今日の二日間、東京ディズニーランドです。
平日にもかかわらずインバウンド客でどこも待ち時間が2〜3時間!!と悲鳴を上げていました。

f:id:tennyobana:20180526141432j:image

私は黒石市の白岩森林公園にやってきました。
春の新緑の緑とツツジの朱、白い岩肌のコントラストが美しい景勝地白岩で「白岩まつり」が今日明日開催されています。

出店や獅子踊り・よさこいカラオケ大会などの催しが行われ、たくさんの人が訪れていました。


f:id:tennyobana:20180526135730j:image

白岩を借景に咲くツツジの撮影にやってきたのですが・・・
アイス売りのおじさんが今年はツツジの花芽がいつもの年より
少ないと教えてくれました。
満開のツツジを期待してきたのですが・・・残念!!

f:id:tennyobana:20180526141106j:image

散策コースでは春から沢山の可愛い花たちに出会うことができます。
キクザキイチゲミヤマキケマンカタクリヒトリシズカ
ヒメアオキ・エンレイソウミズバショウ・ミヤマツツジなど。

f:id:tennyobana:20180526135123j:image

散策路で出会った女性はカモシカを見かけたと教えてくれました。

f:id:tennyobana:20180526134721j:image

雪のように白く美しいこの岩は凝灰岩で、アイス売りのおじさんに
よるとその大昔、ここは海だったそうな。
地震により海の地底が隆起してできた岩とのことでした。
そしてその年により岩肌の色も違うそうです。
今年は純白でとても美しいとお話ししてくださいました。

f:id:tennyobana:20180526112256j:image

これから案内板の地図のてっぺんの展望台まで登ってみたいと
思います。
どんな景色が待っていてくれるのでしょうか。楽しみです。

f:id:tennyobana:20180526122525j:image

標高456mの展望台まで2230m、所要時間66分と
ありました。
上りの階段は急勾配で老体には結構キツイ!!何度も休憩です。
帽子を被っているせいか頭は汗でびっしょりです。
キツツキが木を叩く音やヒグラシの鳴き声も聞こえてきます。
緑の風がさわやかです。

f:id:tennyobana:20180526120715j:image

下山途中の白岩遊歩道散策ツアーの高齢者15名ほどに出会いました。
案内人らしい人が「 一人ですか?」と心配そうに声を掛けてくれました。
常に自分の体力と相談しながらの単独行動です。これ以上無理と思えばいつでも引き返します。ですから団体行動はできないのです。

f:id:tennyobana:20180526130944j:image

ヤッホー!!
登る途中に岩木山が見えました。
今までの疲れが吹っ飛び、急に元気になりました。

f:id:tennyobana:20180526131110j:image

ここまで来ればもう引き返す訳にはいきません。
展望台まであと200m!! ガンバロウ!!と自分に喝を入れ・・・

f:id:tennyobana:20180526125155j:image

やっと展望台が見えました。
期待に胸膨らませて・・・

f:id:tennyobana:20180526125433j:image

標高456m。
八甲田山が見えると案内板にありましたが、360度樹々が生い茂り
青い空しか見ることができませんでした。がっかりです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tennyobana/20180526