Hatena::ブログ(Diary)

東京のはじっこで愛を叫ぶ

2019-01-17

<火器管制レーダー照射>韓国「日本が低空飛行をするなら我々もやる」→6年前「高度60mで海外艦の監視行った」

| 23:59

日本と韓国の間で、火器管制レーダー照射事件に関する応酬が続いています。

韓国「日本が無礼な要求」と批判 レーダー照射めぐる情報開示で」

日本が一部の情報を開示する代わりに駆逐艦のレーダーに関する全体的な情報を求める「非常に無礼な要求」をしたと批判した。

http://news.livedoor.com/article/detail/15874169/

韓国側が一部だけレーダー周波数を開示しても、それが問題となった火器管制レーダーのものでは無い可能性があるってことでしょう。

「これは火器管制のものでは無いのではないか?」「いや、火器管制のものだ。一致しなかったのだからレーダー照射は無いと認めろ」みたいに、情報交換しても全く問題が解決しないかもしれないのですね。

 

韓国海軍も低空飛行を実施

韓国「日本が低空飛行なら我々も」 レーダー照射問題」

韓国側は、哨戒機が10分近くの間、3度にわたって駆逐艦に接近する危険な飛行を行ったと主張。「第三国が同じ飛行をすれば、日本は抗議しないのか」とも指摘した。日本側は危険な飛行ではないとし、抗議もしないと答えたという。韓国軍関係者は16日、韓国記者団に対し、韓国軍の飛行パターンについて「通常、他国軍艦から3マイル(約5・6キロ)近くまで接近しない」と語った。

http://news.livedoor.com/article/detail/15881095/

韓国側はあくまで海自の飛行を、「危険な飛行」としたいようですが、実態は全く違います。なにしろ韓国自身が、今回の高度なんて問題にならないほど、低空で哨戒任務を行っているのです。

韓国艦のレーダー照射、本当に海自P-1哨戒機は「脅威」だったのか? 検証する」2019.01.08

韓国メディア「月刊朝鮮」の記者が2013年7月10日にこのP-3へ搭乗取材した記事によると、「目視識別のために高度を100mまで下げた」「外国の艦艇監視のため高度60mで接近飛行する」とあり、韓国海軍の哨戒機部隊自身が外国の艦艇に対して、今回の事件におけるP-1よりもはるかに低い高度を飛んでいることが分かります。

https://trafficnews.jp/post/82564/2

「なにが日本がするなら、我々もやる」でしょうか。哨戒任務がこれからできなくなってしまうと困るな、と気付いたんでしょう。呆れた話であります。

 

アメリカ空軍も民間航空条約を準用

軍用機はルール無用? レーダー照射問題、韓国反論動画が挙げる「国際条約」とは」

国際民間航空条約軍用機の飛行とは関係ない」という韓国側の主張は、じつは実際の情況とはかけ離れています。というのも、日本を含む各国は、軍用機の飛行について定めた国際的な条約などがないことをひとつの背景として、自国軍用機の行動について国際民間航空条約(ICAO)の規定を準用しているからです。

その具体例として、アメリカ軍の規定を見てみましょう。

実用的かつ任務と適合する場合には、国際空域で活動するアメリカ軍用航空機は、ICAOの飛行手続きに従わなければならない」と規定されています。

https://trafficnews.jp/post/82586/3

日本にケンカを売っているつもりで、実は世界の空軍にケンカを売っている韓国アメリカに、「俺はICAOを守って飛行しているが、なんか文句あるのか?」と言われたらどうするのでしょうか?

しかし、これも任務中の飛行になると、制限高度もへったくれもありません。対空レーダーを掻い潜って潜入するために、地面を舐めるような超低空で飛行することだってあるのです。それでも通常時は、民間航空条約を準用して、軍用機は飛行しています。韓国はどこまで現実的でない反論を言い続けるつもりでしょうか。

 

思考停止してきた韓国の反応

「「非公開の約束破り、でたらめ発表」防衛省韓国に抗議 レーダー照射問題」2019.1.17

韓国国防省報道官は15日の定例記者会見で協議内容を公表。「韓国の乗組員が脅威と感じる雰囲気であったという部分は、日本側が一部認めた」などと事実と異なる見解も示していた。

 これに対し防衛省は16日午前、韓国駐在武官東京市ケ谷防衛省に呼び出し、抗議するとともに撤回を求めた。韓国側は「本国に伝える」と応じたという。防衛省幹部は「非公開の約束を破った上、でたらめな発表をしている。信頼関係は完全に崩れた」と語る。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190117/soc1901170009-n1.html

非公開を破って韓国側が、「脅威と感じる雰囲気を、日本が一部認めた」と事実と異なる発表を行いました。防衛省がこれに抗議すると、韓国側も反応。

韓国国防省「日本が合意を破った」と逆抗議 レーダー照射問題」2019年01月17日

国防省は17日、メディア向けに発表したコメントで、韓国側の説明は「正確な事実だ」と強調。逆に日本メディア報道を持ち出して、「協議終了前には報道しないという事前合意を破った」と主張し、防衛省に再発防止を求めた。

https://www.sankei.com/world/news/190117/wor1901170035-n1.html

「非公開の合意を日本が破った」と抗議しました。意味がわかりません。韓国は非公開の約束を破って報道してもいいけど、日本はしていけないということなんでしょうかね?

オウム返しで批判しているつもり」になっているというのは、かなり末期的状況のような気がします。

 

海保情報提供により、北朝鮮船が救難信号を出していなかった以上、海自にとって北朝鮮船は「遭難船」ではなく、ただの「不審船」です。韓国駆逐艦は「無線が良く聞こえなかった」とかトボけたことを言ってないで、直ちに「遭難船の救助中だよ」と明らかにしなければなりませんでした。そうでないと、海自は発見した時点で、通常の哨戒任務から監視任務に移行しなければなりません。実際にそうなりましたよね。

今回のレーダー照射問題は、まず韓国側の「無線による行動証明」が無かったことが問題なのです。現象としては「火器管制レーダー照射」が一番の事件ですが、もっと大事な問題は、「お前らそこで何やってた?」という追求だということを、忘れてはならないでしょう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tenten99/20190117/1547737179

アクセス解析