Hatena::ブログ(Diary)

東京のはじっこで愛を叫ぶ

2018-06-18

ついに完成、小田急複々線化:でもなんかがっかり

| 20:41

3月17日にダイヤ改正されて本格的に複々線化されてから、早3か月。

小田急複々線化は、狛江にとってどういう結果をもたらしたのでしょうか?

 

■ラッシュ時を除き、準急が停車

一番の大きな変化は、各駅停車だけでなく、準急が止まるようになったことでしょう。準急は漏れなく千代田線直通ですから、千代田線を使ってどこかへ行きたい時は、非常に便利になりました。

新宿発の地下ホームも、準急が発車することになり、普通に各駅に乗ったつもりで「成城学園の次に喜多見に止まって、狛江だなぁ」とノンビリ考えていると、あっと言う間に狛江に到着して、乗り越すことになるので注意が必要です。

が、そんな変化を吹き飛ばすほど、使い勝手が悪くなったのがラッシュ時のダイヤ構成です。

 

そもそも新宿到着が遅くなった

朝のラッシュ時には、狛江駅は6分間隔で各駅停車が到着してました。それが今や10分間隔です。それでも以前より早く新宿に到着すれば問題ないのですが、定刻通りに走っても以前より2分遅く到着します。

これは、千代田線直通の各駅停車経堂駅で3分、その後の新宿行が成城学園前駅で4分の時間調整をするためです。その上、必ず代々木上原で詰まるのですから、さらに遅れることになります。3か月経って、まるでこの代々木上原前の詰まりが解消されません。どうなっているんでしょうね?

そして経堂成城学園での長時間の時間調整ですが、これはこのほど新設された「通勤準急」が、経堂以降に緩行線を突っ走って千代田線に入るためです。各駅が前を走っていたら抜けないから、それぞれの駅で、時間調整が必要になるんですね。

ダイヤ改正前は緩行線各駅停車専用。急行線は準急急行専用だったため、滞留無くそれぞれの線をバンバン走っていたのですが、この「通勤準急」の緩行線侵入のせいで、各駅停車がかつての複線時代のように、追い抜かれるのを待たなくてはならなくなったのです。2分先を走る千代田線直通に乗ったとしても、結局、代々木上原で乗れ替えられるのは、後からやってくる各駅停車新宿行ですから、これじゃあ早くなるわけありません。

 

■じゃあ通勤準急通勤急行を利用すれば

各駅に一方的にシワ寄せがいった分、急行が使い易くなったはずです。実際本数が増えて、その分車内に余裕が生まれる予定でした。しかし各駅停車の使い勝手が悪くなった結果、みんな急行を利用するようになり、以前と変わらず猛烈に混んでいます。しかも各駅と同じく、代々木上原で詰まるため、到着時間の速さもさほど感じられません。

朝ラッシュの複々線化効果に関しては、狛江にいる限り全く感じられないのが実情です。

これが朝もバンバン止まるようになった経堂とか、同じくバンバン止まる登戸以西は恩恵にあずかれるかもしれませんが。

 

■効果が感じられるのは帰りのラッシュ

朝ラッシュは全くダメダメな複々線化効果ですが、夕方ラッシュはちゃんと感じられるようです。緩行線準急が走ることもなく各駅停車が我が道を行き、急行はガシガシ駅を飛ばして走るため、恩恵を丸ごと受けております。

余計なことをしないで普通に複々線を使えば、みんなハッピーになれるんじゃないですかね。

経堂には上り側に1本通過線が設置されていて、これをフルに利用したかったのでしょうが、経堂に1本ある程度じゃさほど効果を発揮できないのでしょう。それこそ下北沢駅地下の緩行線外側に、通過線を一本作って準急はそっちを走らせるようにするぐらいじゃないと効果が出ないと思います。準急走らせるためのそんな大工事が、本当に必要かどうか微妙なところですが。

 

現状、まったくの企画倒れに終わってると思われる朝ラッシュのダイヤは、早晩改善されることを望みます。経堂通過線の積極活用は、朝ラッシュではなく平日昼間や休日ダイヤで活用すればいいのではないでしょうか?

小田急側の英断を期待します。

2015-04-21

狛江市議選はどうなるか 波乱の4年間と未来

| 23:32

全国の地方選から一足遅れて、狛江市市議選が始まりました。

この4年間は、市議モラルに揺れた狛江市だったと思います。

 

市議市民税滞納700万円の衝撃

「市税滞納した東京狛江市民主・正木市議会議員に3度目の辞職勧告」

正木議員については、平成16年から約10年間に渡って、市民税固定資産税など、延滞金を含めて約700万円の滞納があり、本人によれば分納したなどどしていたものの、事実確認ができていない。

また政治資金報告書の会計責任者として、既に死亡していた実母の署名があるなど、不自然な内容があったことも指摘されている。

http://irorio.jp/agatasei/20141220/189449/

市議市民税滞納って意味がわかりません。他にも固定資産税国民健康保険税も滞納していたようです。

記事では事実確認できていないとしていますが、正木氏は「分納しただけ。それは議長にもすでに報告している」と説明していました。

ところが当の議長が「そんな事実はない」と否定。さらに読売新聞が「指摘を受けてから全納」と報道し、説明が虚偽だったことが判明。大騒ぎになりました。さらには、政治資金報告書にも死んだはずの母親が署名しているなど、適当すぎる会計処理が明らかになり、問題に拍車を掛けました。

市長逃亡に続き、またも全国紙狛江市の汚点を報道されてしまったわけで、正木氏の責任は極めて重いと言えるでしょう。

本人は立候補する気満々だったのですが、後援会の方が力尽きて解散してしまい、結局引退ということになった模様です。

 

■もう一人の問題児はどうなるか

幸福実現党の辻村ともこ女史が当選してから、4年が経ちました。本人はもう幸福実現党を脱退したと宣言していますが、かつて幸福実現党都副代表という要職にいた人間が、そう簡単に無関係になれるのでしょうか?

平成23年2011年)第2回定例会一般質問を見てみましょう。以下は本人のブログです。

「第2回定例会一般質問 3問目(いじめ撲滅)」

昔と今のいじめの違いを分けるポイントは、「限度の無い残忍性」と「継続性の増加」、「ゲーム・あそび感覚」です。「文部科学省」の調査データ類、いじめ対策全国組織「いじめから子供を守ろうネットワーク」などの研究データ等を参考に、まとめてみました。

http://tsujimuratomoko.jp/2011/08/teireikai-2-3.html

ここに出てきた「いじめから子供を守ろうネットワーク」が、幸福の科学系列の団体であります。以下のように、幸福の科学ホームページに社会活動の項目に公開されています。

http://shoja-irh.jp/link_m.html

実際に、辻村女史はこの「いじめから子供を守ろうネットワーク」の狛江の代表だったそうで、過去には議員の公式プロフィールにも記載されてました。

とはいえ、今は消えています。もう幸福実現党とは関係なくなったのでしょうか?

 

平成25年(2013年)6月3日に一般質問に立った辻本議員は、「佐賀県武雄市」の行政改革を持ち出しました。これも本人のブログにも全文が載っております。

平成25年度第2回定例会一般質問2問目 武雄市に見る行政改革狛江の比較」

【辻村質問】

質問7

武雄市では市の借金400億円を3年間で90億円削減。税収も増やし、さらに水道料金15.84%値下げ、固定資産税 1.55%→1.48%に下げ、介護保険料ピーク時より200円約値下げ、改革をどんどん進めているそうです。

http://tsujitomo.blog.fc2.com/blog-entry-243.html

なぜ突然佐賀県の小さな市の話?

不思議に思った人もいたでしょうが、私はこの質問内容を事前に見たことがあったんですね。

幸福実現党(2013年05月04日)

「今こそ、減税!――行政に民間の力を取り込む発想を」

武雄市TSUTAYA図書館運営を委託――市民、行政、企業の三者にメリット

武雄市人件費を30億円削減し、市の400億円の負債を5年間で100億円圧縮しました。

そして、市民への還元として、水道料金15.84%安、固定資産税1.55%から1.48%、介護保険料200円引き下げ等を行い、武雄市への人口流入も始まっています。

http://blogos.com/article/61595/

市の負債の書きっぷりが若干違うだけで、水道料金、固定資産税、介護保険料の順番も一緒ってのは、どうなんでしょうね。

議員が無関係を装いつつ、実態は全く逆ということなら、極めて不誠実なことだと言えるでしょう。

ちなみに、実の弟さんである鶴川晃久さんは、幸福の科学幹部として、「幸福の科学大学」認可を巡って、文科省とバトル中であります。要するに家族ぐるみで幸福の科学に関係しているわけで、辻村女史だけが関係していないとするのは、むしろ難しいのではないでしょうか。

 

■辻村女史の自民公認は妥当な判断だったか

さて、そんな中、今回の市議選で辻村女史を、自民党が公認してしまいました。いくら人材がいないにしても、この判断は失態だったと考えます。自民内部でも、これまでの4年間、いきなり飛ばす電波な行動に、若干引いてたはずです。

矢田部さんなんて、「こちらが挨拶したのにガン無視された」と怒ってたではありませんか。

上記で少し触れた「幸福の科学大学」認可を蹴られた幸福の科学側は、下村文科相霊言検証を敢行。辻村氏の弟の鶴川氏も参加しました。

「下村文科相守護霊霊言

鶴川氏

「あくまで私の感覚ですが、道端で出会った妖怪で、少し水を含んでベチョッとした感じ。また、人を小馬鹿にしたようなニヤニヤ感がありました。以前、ある偉人の霊が入ったとき、自分の意識をのっとられそうなほどのパワーを感じたのですが、今回はそのようなことはなく小物に感じました」

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8767

えらい言われようだな下村文科相

認可されなかったからと言って、こんなことやっちゃうわけで、「なんか普通とは違うな」と感じるのは、本当に「普通とは違う」からなのだと思います。

自民側は、目の前の票数に惑わされずに、普通の判断をして欲しかったですね。

 

この4年間における狛江市の混乱を、是非この選挙で一掃して欲しいと思います。未来ある4年間へ。みなさん、適切な投票を行いましょう。

   2015/04/27 18:44 >NX愛
だからどうした?
結局WiiUや3dsのソフトをそのまま移植するなんて発表されてないんだが

PS大好きっ子クンにはブレブレに見えるのか?
それならスマホゲーに参入したのに1年持たずさっさと撤退したソニーこそブレブレですよ〜
今年のソニーの株主総会が楽しみですねぇ

2015-04-13

中央環状線開通から一ヶ月。都内の渋滞状況はどうなったか?

| 21:30

現在工事の入札が行われ、凄い勢いで着手されている外環道。狛江市の北側をかするように大深度地下を通過し、東名高速道路につながります。以前は、世田谷通りにインターチェンジが作られる予定でしたが、片側1車線しかない世田道では、とても通過需要を消化できないとインターチェンジ計画はなくなりました。

外環道が開通した暁には、一度東名に入った後、環八インターチェンジから降りて世田谷通りを戻ってくる経路になると思われます。

 

さて、3月7日に一足先に全面開通した中央環状線。そろそろ公式に開通効果が発表されると思います。一ヶ月経って、どのくらい渋滞が解消されたのか、最も混雑する木曜、金曜の午後5時30分の渋滞状況をキャプチャーしてみました。

 

■グーグルで渋滞情報をキャプチャーしてみる

まず開通前、3月5日(木)、6日(金)の2日間の様子です。

f:id:tenten99:20150412233545p:image:w500

f:id:tenten99:20150412233612p:image:w500

最初に目に付くのは、関越道から都心、またその逆に出て行く猛烈な渋滞です。木曜、金曜非常に目立つ渋滞ですね。板橋・熊野町JCT間の3車線部分は慢性渋滞の一つでして、拡幅工事が着工しています。

次に気になるのは、金曜日に目立つ羽田方面から都心に入ってきて、中央道、東名に出て行く猛烈な渋滞です。今回の中央環状線全面開通で、最も渋滞緩和が期待される部分ですね。

最後に、上記の二つほどではないですが、中央環状線の東側で慢性的に渋滞していた堀切、小菅ジャンクション部分。ここも拡幅工事が着手されますが、これまで羽田から常磐道に行くのに集中していた部分が少しでも軽くなればいいな、と考えられてきました。

こうした首都高の様々な渋滞箇所が、どの程度解消されたのでしょうか?

 

■絶大な効果があった中央環状線の開通

f:id:tenten99:20150412233643p:image:w500 f:id:tenten99:20150413205225p:image:w500

見てわかるとおり、圧倒的に違います。

木曜なんか、都心環状線も含めて、渋滞がスコーンと全部なくなってしまいました。いくら何でも少なくなり過ぎなので、ちょっと調べたんですが、年度末の交通需要が4月を越えて一段落した分も入っているようです。だいたい2割ぐらいは減っているみたいですね。なので、こんなスカスカな状況は、さすがにこれからも多くないと思われます。

とはいえ、それでも激減と言える状態であることは間違いありません。

最初に注目した板橋の渋滞区間は、都心から出て行く車が減り、渋滞の規模が減りました。中央道、東名の渋滞も、全く動かない状態がかなり解消されています。羽田から各地に出て行く渋滞も解消されました。そして、東側の渋滞も羽田や横浜に行く車が西回りに分割されたため、渋滞が減っています。

総合すると、予想以上の絶大な効果があったと言えるのではないでしょうか?

 

■今年もつながる高速道路

今後も首都圏は高速道路開通ラッシュが続きます。5月までに圏央道東関東自動車道がつながる予定ですし、一応年度内に圏央道の桶川北本IC〜白岡菖蒲IC区間が開通する予定です。ただ、保護動物のオオタカの繁殖が確認されたため、現在工事が止まっています。再開は早くても9月ごろになる予定ですので、もうちょっと待つ必要があります。

他にも一般道で、東京港トンネルも年度末までに開通予定ですし、調布保谷線が延伸しています。狛江を取り巻く交通環境は、東京オリンピックに向けて、これからも進んでいくでしょう。

名無し名無し 2015/04/19 08:19 3月と4月の違いが大きくすぎるので、3月の開通直後で比較していただきたいです。

2013-02-16

小田急複々線化 ついに下北沢が地下化

| 21:21

いよいよ3月23日に、下北沢周辺が地下化されます。

「3月23日、在来線を地下化します!」

http://www.shimochika-navi.com/No27/01_feat/index.html

これに伴い、下北沢駅の井の頭線への乗り換え階段も移動します。これまで先頭車両ばかりに偏っていた井の頭線の主要駅の改札口ですが、これでまた一つ分散化されることになります。良かった良かった。

2012-07-30

今度はランチ! 狛江逸品コンテスト開催中

| 22:48

スイーツ、ラーメンと開催されてきた狛江独自のオリジナルメニューの味を競う「狛江逸品コンテスト」。現在開催されているのは、「逸品ランチコンテスト」です。種目が「ランチ」と幅が広いため、今回参加店も千差万別。カレーからパスタからツケ麺から、ケーキ、キッシュまで。凄いことになっております。

「わくわく元気!「狛江ランチ逸品」コンテスト開催 」

期間 7月1日(日)〜9月30日(日)

市内16店が参加し、将来狛江の名物となるような新たなオリジナルメニューを考えていただきました。

皆さんもぜひ参加店のランチを食べてコンテストに投票し、ランチ券が当たるスタンプラリーもお楽しみください。

 

http://www.city.komae.tokyo.jp/index.cfm/28,48116,291,html

参加店中で珍しい店が、「tutti」です。

http://www.tutti.kirara.st/home

西野川の住宅街のど真ん中。それもそのはず自宅を改装して作った、一軒家の店です。しかも土日は定休日。平日しか開いてないレストランです。マイナー中のマイナー。知ってる人数百人いないんじゃね? っていう店であります。

他にはスイーツコンテストで最優秀を獲得した「ボンボニエール」と、優秀を獲得した「キャラウェイ」が参加しているのも見所です。

特に「ボンボニエール」のキャラメルクリームのプリンは、優勝を取っただけあって、非常に美味しいです。是非買ってみてください。


アクセス解析