Hatena::ブログ(Diary)

てれさの雑記

2017-03-17

2017.3.12 ハナマル岬で念願のヒメホシダカラ

知り合いの沖縄での貝拾い結果を聞くにつけ、
我慢ができなくなり行ってきました。


1日目は南部名護湾。2日目は北部メインです。
空港でサータアンダギーを買って、食べながら南下。
この2日、粗食でしたねー。めんどくさいから。

それにしても、予報が外れて晴れて良かった。
暑くもなく、寒くもなく。
とても気持ちのいい、ビーチコーミング日和です。

ハナマル岬に到着。
とりあえず目の前の薄い貝溜まりをほじくります。
成果がこちら。

f:id:teresa_pkmn:20170319013547j:image:w300
クロダカラ、ハナマルユキ、カモンダカラ、アヤメダカラ、
サメダカラ、ツマムラサキメダカラ、カミスジダカラ、
ナツメモドキ、ヤナギシボリダカラ、クチムラサキダカラ、
マメシボリダカラ、チドリダカラ、コゲチドリダカラ、
サバダカラ、ホンサバダカラ
その他、ベニアラレボラ、シロミオキニシ、ムカシタモト、ニシキノキバフデ

クロダカラ、サメダカラ、ハナビラダカラFDを確保。良い感じ。
サバダカラは黒々としています。

そして。
f:id:teresa_pkmn:20170319014040j:image:w300
ヒメホシダカラ幼貝(FD)!!!
幼貝だけど嬉しい。めっちゃ嬉しい!!!

でも貝溜まり少ないな。
そして、ネットに上がってる写真とは場所が若干違う。
じゃあ、周辺の崖下の掘削でも。

しっかし、貝溜まりを掘るも成果はイマイチ。
タカラガイにしか目が行かないからだろうか。

ちょっと飽きてきたところで、
せっかく大潮の干潮に合わせたのだからと沖の方へ。
今回はひと味違います。
濡れても汚れてもいいスニーカー履いてますもんね。
一気に波打ち際へ。
これ、リーフエッジとはまた違うんですよね?多分。
(と思ってましたが、しんけんパパさんの同じ日同じ場所のブログを見て、
行ったところはリーフエッジみたいです。
なるほど。歩いて行けるリーフエッジがあるから素晴らしい産地になるのかぁ。)
定義がよくわかってません。

途中の潮溜まりを覗いてまわりますが、
岸辺の打ち上げと比べると何も無い。
ハナビラダカラくらいいないかなーと思ってたら、
f:id:teresa_pkmn:20170319014456j:image:w300

キイロダカラ
なんだかんだでキイロダカラらしい個体は持ってなかったので、
これは嬉しいです。外套膜出てますね。

f:id:teresa_pkmn:20170319014601j:image:w300
そこかしこに。あまり沢山採取しても後が大変なので、
2匹だけお持ち帰り。

続いてハナビラダカラキイロダカラと同じようなとこに。
こいつらは波打ち際より岸辺寄りにいますね。

f:id:teresa_pkmn:20170319014621j:image:w300
沖の方に来るとハナマルユキがたっくさん。

そこそこ大きなタイドプールも幾つかあります。
魚もいてサンゴも生えててちょっと泳ぎたくなりましたが、
まあ準備もしてないし無理です。
何かいそうではあるんですが。

さあ、ここまで大物はなし。
ここのタカラガイがどういう場所にいるのかが分かったのは大きな収穫だなーと思いつつ、
時間を見てそろそろ戻るかと歩きながら探してたところ。

f:id:teresa_pkmn:20170319014639j:image:w300
いよっしゃあああ!!!!ホシキヌタ!!!!!
今までFDには恵まれてなかったので、これには小躍り。

f:id:teresa_pkmn:20170611235532j:image:w300f:id:teresa_pkmn:20170611235543j:image:w300
お腹の色が濃くて、赤に近いです。
背中は闇夜の星空が如し。生は綺麗ですね。

さらに。今日一番が出てしまいました。










f:id:teresa_pkmn:20170319014656j:image:w300f:id:teresa_pkmn:20170319014715j:image:w300
ヒメホシダカラ!!!!!ここに来てよかった!!!!!
タイドプール採集楽しいいいいいいいい!!!!!
個人的にホシダカラよりも好きです。
大味じゃないというか。上品というか。
作りが細かいのもgoodです。

f:id:teresa_pkmn:20170611235553j:image
大収穫でハナマル岬を後にし、サータアンダギー食べながら次のポイントへ。
途中、何度もコンビニに寄ってちまちま買い物をして袋を調達。
予想外に生がたくさん、そして何種類も手に入ったので、分別する袋が足らんのです。
生きてる時は殻をつくる物質が外套膜から常に分泌されてるので、
なるべく同じ種類ごと、理想を言えば一匹ずつ小分けにしたほうが良い。
(結局めんどくさくなって次の日にレジで複数枚もらっちゃったんだし、
最初からそうすればよかった。というか、ジップロックとか買ってくべきでしたね)

次の目的地はSDKです。

f:id:teresa_pkmn:20170320024354j:image:w300
アダントンネルを抜けるこの写真。撮りたかった1枚をついに。

広い海岸にサンゴ礫がたくさん上がっています。
ヒーヒー言いながら掘削開始。成果はこちら。

f:id:teresa_pkmn:20170320025720j:image:w300f:id:teresa_pkmn:20170604201040j:image:w300
クチムラサキダカラ、ヤナギシボリダカラ、
ナツメモドキ?、ヒロクチダカラ、ヨツメダカラ?、
スソヨツメダカラ、サバダカラ、コゲチドリダカラ?、
その他
右はその他のアップ。ヒメイモフデと、?

タルダカラはちょくちょく破片がありましたね。やっぱあるんだ。
スソヨツメダカラも数はあります。特段珍しいわけではないけど、
模様残りとなると・・・といった感じです。
海が荒れた直後が楽しみになる海岸でした。


そして、本日最後は。
いつか行きたいと思いつつ行けていなかったA&W浜です。
一応浜に車が入れるみたいですが、レンタカーにそんなことさせるわけにはいかず。
中心街方面に約5分歩いたとこの釣りスポット?的なとこに駐車。
そのすぐそばのテトラ帯にも既にサンゴ礫が上がっており、期待できます。
日が傾いてきているとはいえまだ時間もあるので、ここもついでにチェック。
あくまで前哨戦、お持ち帰り級はさすがに出ないかな、なんて思ってました。

f:id:teresa_pkmn:20170320031253j:image:w300
おおスソヨツメか。確認〜

f:id:teresa_pkmn:20170320031307j:image:w300
まさかの模様残り。やったーー!!!
いやあ、独特の模様ですねー。こんなの他にはありません。
いつかFDを拾いたいところです。

さあA&W浜に着きました。
ちょっと掘りまくるのは疲れて嫌だったので、
その代わりに徹底的に表面を掃貝する作戦です。
成果はこちら。翌朝の結果と合わせて。
貝の種類はさすがに豊富です。

f:id:teresa_pkmn:20170320100306j:image:w300
タカラガイ系:
コモンダカラ、アジロダカラ、ツマムラサキメダカラ、
ナシジダカラ、ウキダカラ、サメダカラ、イボダカラ、
アヤメダカラ、カミスジダカラ、スソヨツメダカラ、
ヤナギシボリダカラ、ナツメモドキ、ヒロクチダカラ、
マメシボリダカラ?、ヨツメダカラ?、サバダカラ、
ホンサバダカラ、チドリダカラ、
リュウキュウダカラ?、タルダカラ

ヒロクチ、ヨツメ、マメシボリ、ナツメモドキ、
リュウキュウ?の同定がなかなかに困難でしたね。
不慣れなもので。

f:id:teresa_pkmn:20170320204659j:image:w300
前端、後端共に斑点があるものは

f:id:teresa_pkmn:20170320204714j:image:w300
・明らかに細長くて口が広がっているものはヒロクチダカラ

f:id:teresa_pkmn:20170320204728j:image:w300
・あまり口が広がらず、歯の刻みがより細かくしっかりしてるものはヨツメダカラ

こいつらは比較的わかりやすいかな?

f:id:teresa_pkmn:20170320224808j:image:w300
少なくとも後端に斑点が無く、前端の斑点が無いか目立たないものは
・歯の刻みが荒くやや口が広がるものはナツメモドキ
f:id:teresa_pkmn:20170320222817j:image:w300
(まあ模様残ってる、というか今回ブロッチすら残ってるし一目瞭然か)
・上記に当てはまらず、且つ背中に点列があるものはマメシボリダカラ
f:id:teresa_pkmn:20170320223257j:image:w300

これらすべてに該当しないもの:リュウキュウダカラ
f:id:teresa_pkmn:20170320223607j:image:w300
こんな感じでしょうか?

特にマメシボリダカラとリュウキュウダカラは難しいですね。
点列が〜なんて書きましたが、リュウキュウダカラもちょっと若い個体だと点列あるみたいですし。
でも完全に模様が無くなってほぼ白一色になっちゃうようなのって
他にはカノコダカラくらいしか無いんですよね。まあ形全然違いますが。
 ?擦れたマメシボリダカラの点列がどのくらいまで残り得るのか。
 ?リュウキュウダカラの点列はどの成長具合まで残るのか。また、擦れた時に下地として現れ得るのか。
?については、かなり遅くまで点列があるならあり得ますが、
そうでなければ擦れても点列はそもそも現れないでしょうね。

タカラガイ以外については希少性とか全然わかりませんが。
その他:
f:id:teresa_pkmn:20170322065421j:image:w300
1段目の右2個:キンシバイ、イモフデ、
2段目:アラゴマフダマ、イタチイモ、コモンイモ、ヒラマキイモ、ムカシタモト
3段目:ガンゼキボラ×2、クモガイ(幼貝)、トゲレイシダマシ、?、?
4段目:クチムラサキオキニシ、ウミウサギの仲間
どーーーんと置いてある右の立派なクモガイ。
A&W浜に漁労屑?としてマガキガイシラナミガイ?やらと一緒に捨ててありました。
今でこそ綺麗ですが、海藻と石灰が大量に付着してる上中身たっぷりだったので、
匂いも相当キツかったです。何食わぬ顔でカバンに突っ込んで飛行機に乗りましたが。笑
これでも肉抜きはタケノコガイに比べたら絶対楽(1年かかるらしい・・・)ですし、
クリーニングもガンゼキボラみたいな凹凸の激しい子からしたらとってもやりやすかったのでした。

翌日の北部遠征に続く〜

ゆうこゆうこ 2017/03/23 07:40 こんにちわ!!前からブログ、読ませていただいてます^_^ ゆうこと申します。
いいですねぇ、沖縄。読んでる&見てるだけで、気分あがります(o^^o)実はわたしも、今日から沖縄なんです!
たくさん拾えるといいな。拾った貝殻はブログであげていきます(o^^o)

teresa_pkmnteresa_pkmn 2017/03/23 08:56 >>ゆうこさん
はじめましてー。読んでくださって、ありがとうございます!
今の時期は皆さん沖縄に行きますね〜。
こないだ行ったばかりですが、また行きたくなってきちゃいまきたよ笑

沢山拾えるといいですね。ブログ、見せていただいてもよいでしょうか?

kiikokiiko 2017/04/09 18:44 やはり沖縄はすごいですね! 南房総ではお目にかかれない貝も沢山ありますしね。いつか、ねこじゃの会で拝見させてくださいね。といいつつ最近なかなか行けないんですけどね・・・

teresa_pkmnteresa_pkmn 2017/04/13 20:05 >>きいこさん
所変われば貝も変わりますね!
たまに行くと、ほんといい刺激になります(^ω^)

ねこじゃの会、次行くとしたら5月か?
なにせ、GWにまたも沖縄を計画してますので。
さすがにちょっと節約しなきゃです( ̄▽ ̄;)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teresa_pkmn/20170317/1489708664
ページビュー
5091