The four seasons


2016-05-08

teru10162016-05-08

「つるばみの杜の家に」 ぽんプラザホール


14時〜 2枚チケット一人分1500円 hen house

作・演出 今村映子

今村さんの作品はいつもなんだか不思議でふわっとしていてそれでいてシャープだ。

山奥の古い民家様な舞台セットは昔の祖母宅を思い出してじーん。
土間、おくどさん、ちゃぶ台、いい感じ〜
そこにコミック本を読んでいる若い男女。物語が始まる。。。

女優の綾子とその付き人らしき志津江、親戚の法事の為に外国から戻ってきた綾子の娘の凌。
凌の幼馴染?だったか従姉妹だったかの、めぐみとその夫一哉は冒頭の2人。
過去の綾子と凌の確執から今までの様子、誤解も含めての二人の関係。
それらをストーリーテラーのような女の子が表現している。座敷童みたいな感じ。
或いは昔からいるこの古い家の精?ときどき後押ししたりして背後霊の感じも。
こういう演出が抜群に上手いなぁ。

めぐみ、凌、綾子の絞り出す独白が迫力がある。ひたすら謝っている志津江も静かだが芯がある。
女の子は初見だったけどすごく可愛かった、衣装も妖精みたいな生成りの上下で良かった。

親子の間のわだかまりが消えてハッピーエンドになり、めぐみの妊娠で華やかに演出
そしてラストでの一哉の問いかけが絶妙で観ていてとても気持ちが良かった。

凌の「良かった、良かった、ばかり言われるのはいやだ。ちゃんと観て欲しい」ってセリフにどきっ・・・
ことばにすれば「良かった、おもしろかった」になってしまう自分。
せめてアンケートにはここはなぁと思うことは書いているつもり。
難しいなぁ〜

キャスト
綾子    中村とし子
志津江   立石義江
凌     酒瀬川真世
めぐみ   ともなが舞
一哉    櫻井舞
女の子   堤穂夏
嶋崎    石村英美子

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20160508

2016-05-06

teru10162016-05-06

「乾いた蜃気楼」 ゆめアール大橋 小劇場


20時〜 2000円 下鴨車窓 

作・演出 田辺

2014年上演の作品のタイトルを変えた再演だということ。
アフタトークでは再演とは言わずにレパートリーだと言われていたが。
静かでシンプルな舞台は落ち着くような落ち着かないような感じ。

あまりこういう舞台に慣れてないせいか、妙に息苦しく、どちらかというと
置いていかれたような気がする。←ダメじゃん。

若い夫婦様な2人の夏の日常といったところ。
ダイエットDVDをおもむろにかけて踊る妻は全然太っていなくてスリム。
なぜか水をポリタンクで必至に運ぶ夫(最初は被災地なのかと勘違い)。
さらに夫は無職だ。
やってきたNHKの勧誘員は二人の友人だった。

世界最後の日の1日前みたいな残念というかあきらめたっぽい淡々とした感じ。
何か大きな事件とか展開があるでもなく、観客にこれでもかと考えさせてくれる。
アフタートークの田辺さんはとても日常的だけど、作品的には非凡だよな〜

ちょっと身体がきつかったけど、観客に知り合いもいて観にいけてよかった。
チケット代が振込みで当日精算より安くなったのはありがたかった。
やはり当日精算ではキャンセルが困るのかもね。
福岡の劇団も試してみる?


キャスト
船田亮  藤原大介
船田真澄 大沢めぐみ
鳥飼雄二 高杉征司

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20160506

2016-04-29

teru10162016-04-29

「街灯ブルース」 甘棠館Show劇場


19時〜 1800円 劇団ピロシキマン 

ベテランサラリーマン俳優の中山ヨシロヲさんが出演するピロシキマンを初めて観た。
いやいやいや、なんで今まで見てなかったんだ?というくらい良かった。
ハードボイルドの謎解きのおもしろさが最高だった。

場所はマンホールの下の隠れ地下倉庫。ここにホームレスの面々が違法に暮らしている。
妊婦のかおる、薬中毒のミッチー、ものまねの上手いジョージ、
管理人(?)の刈谷、ミッチー大好きなポーリ、運び屋の海藤、
潜入してきた、少年探偵団もどきの小五郎と小林少年。
私の年代をくすぐるような作品のオマージュと音楽、先の読めない展開。
どんでん返しが2重、3重にしこまれていた。

それにしても出産シーンとラストの大どんでん返しにはびびったなぁ〜^^;
それから死人が結構出たのはショックだった。
中山さんはとても味のある役者さんだ。あてがきのようにぴったりだった。

ピロシキマン、次回も観たいな。

キャスト
海藤    篠田昌人
ジョージ  中山ヨシロヲ
かおる   杉山英美
刈谷    中山大介
ミッチー  ERI
ポーリ   中島浩志
小五郎   篠崎絵里
小林少年  永友裕梨

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20160429

2016-04-17

teru10162016-04-17

スーパー歌舞伎2 ワンピース博多座


11時〜 5000円 

おもだかや、市川猿之助さん主演のワンピース
ワンピースをちらっとしか読んでないので、あらすじはほとんどわからない。
知っているのは主人公がルフィーという麦わら帽子をかぶった男の子で手が伸びる。
仲間が数人いて海賊王になる!と叫んでいる。
・・とせいぜいこのくらいだから、先入観はなしに楽しめたかも。

猿之助丈は亀治郎名のときから数回舞台を観ているはずだが、あまり覚えていないのが情けない。
最近ではTVや普通の舞台にも多く出演されているようで、そちらのほうになじんでいるのかも。
オールマイティな歌舞伎役者さんが増えてきたのは双方で利点があると思う。
まあ、当人は切り替えが大変だろうけど。

さて、ワンピース。衣装やメイクの奇抜さや演技のおもしろさにはまった。
まるで新感線を見ているようなスピードと華やかさ。
しかし、さすがに殺陣は歌舞伎の型にあてはめた感じでもうひとつかな。

歌舞伎役者以外にも多くの俳優さんが出演されていて、特に目をひいたのが浅野和之平岳大
浅野さんは本当に上手いなぁ、素顔は普通のおじさんなのに。
平さんは初めて観たけどすごくかっこいい!これからが楽しみです。

そしてやっぱり目立っていて好きだったのは歌舞伎女形の面々。
サンジ役の中村隼人丈、ナミ役の市川春猿丈、ニョン婆役の市川笑三郎丈。
もう惚れ惚れ。。。。

関係ないけど、中村隼人さんって林雄大さんに似てる?と思うのは私だけかしら。。

久しぶりに友達と一緒に観て、あれこれやじをとばしながら観劇。
C席だったけど、宙乗りの真横の席で、到着のルフィーに大興奮!
これも面白いものだ♪


覚え書き
歌舞伎観劇前日の早朝、4月16日1時半 熊本地方で震度7の地震発生。
その前々日の4月14日には21時半ころに同じく熊本で震度7の地震発生。
16日のほうが本震、14日は前震と言われ、両方の地震で多くの被害が発生。
1ヵ月たった今でも余震は1000回を超え、避難所や他地区で過ごす人がまだ1万人いるという。
福岡での被害は小さく、我が家では16日に食器が数枚割れた程度。

熊本の演劇人で被害にあった方も多いらしくて心配な日々が続く。
募金をするぐらいしかできることがない。
ちなみに歌舞伎の幕間に役者さんたちが募金箱を持って客席や店を回っていた。ありがたい。
復興を祈ります。仕事でへたれている場合じゃないわ。

mitmit 2016/05/21 20:50 私は前日の16日公演観ました。この日の未明に本震がありました。そんな日に観劇など悠長にしていていいものかどうか、とも思いながら劇場に向かったのですが、帰りには「観劇してよかったなあ」という思いにしてもらえてました。義援金募金もさせてもらっいました。ちょっとコスプレっぽく過ぎて、おかまショーかと思うような場面もありましたが、早変わり、宙づりなど、これぞスーパー歌舞伎って感じでしたよね。私は前から2列目だったので、滝のシーンでは随分水をかけられましたあ!迫力ありましたよね。

teruteru 2016/05/22 21:45 mitさん。地震には本当に心痛めています。親戚や知り合いも多かったので。
スーパー歌舞伎は私もちょっとええええ?ってところもあったのですが、歌舞伎に興味を持ってもらうにはうってつけかなと思いました。
2列目だったなんてすごい!!!上から水のシーン、ひえ〜〜〜と見てました笑
6月の歌舞伎はちょっと日程的に見れないのですが、mitさんの感想をどこかで観たいなぁ〜〜〜

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20160417

2016-04-05

teru10162016-04-05

「想屋立直お披露目 立直一発 桜の雀」 カフェソネス


20時半〜 1500円(ワンドリンク付) 

2,3月と行けなかったので、待ちわびておりました、ソネス落語
やはり年度初めはフレッシュマンシリーズということで、
想屋立直(りいち)さんの若々しい落語とタケダ2000GTにより初めての漫談
そして締めはリアル師匠の「厩火事」の三本立。

一、「初天神」想屋 立直/立田 直也
想組という劇団で芝居をされている立田直也さん。
まだ芝居を観たことがないので、いつか観なければ。
落語は不慣れなところもあるけれど、頑張って合い務めた「初天神
いや〜小生意気な子どもを憎々しげによく語りました。ほんとこんな子どもは欲しくないわw
想組のメンバーが心配そうに見守っておりましたよ(^^)

一、「初陣!ギター漫談」タケダ2000GT
今までのとほとんど変わらない気が?
漫談といいつつも演奏も数曲いれて楽しいMCで盛り上がり。
すっかり常連となったタケダ2000GTさん。
彼の大ファンだというT嬢にも会えてうれしかったな♪

一、「厩火事」痛風亭 本物/山下 晶
今年度もリアル師匠は健在です。
夫婦不破をやたらと連発されているのが気にはなるけれど、
本当に不破なら言わないよね〜〜と、それを受けての「厩火事
世の中の夫婦はそれぞれの形態があるもんだと。
自分のことを考えながら聞き入った。

楽しかった♪次回は5月3日です。行けたらいいなぁ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20160405

2016-04-03

teru10162016-04-03

「逆鱗」 北九州芸術劇場大ホール


13時〜 9800円 NODA-MAP

作・演出野田秀樹

満員の大ホール、期待に違わない作品だった。
野田秀樹の「逆鱗」 前回の「エッグ」もおもしろかったけど、メッセージ性は今回のほうが強力だったのではないだろうか。
松たか子瑛太のビッグコンビは前回の深津、妻夫木コンビにまさるとも劣らないすごさで圧倒。

野田秀樹ももちろん、初っ端からばりばり全力投球、よくこんなに動いて大声が出せるものだと感心した。
私よりも年上だよな〜〜驚く。。。
こんな様を見せられるから私もまだ頑張らないとな〜と勇気づけられる。
そして恐れを見せずに世情を批判する姿勢。ほんとに感動する。

人魚役の松たかこ。めっちゃ魅力的で惹きつけられる。
足あるやんのツッコミはあったけど、全く問題なしで見惚れる。
映像が結構重くて、鰯???なんだかこれがメインなのか?って感じの映像にはまる。

そしてまさかの展開。人魚は魚雷だったのか?
怒涛の展開に唖然としながら目を離せない。

なんともドキドキ感が止まらないままに格安1000円のパンフレットを購入。
ここは安いのに内容充実のパンフレットでお買い得。

福岡出身の菊沢さんも堪能できた、満足。世界に物申す野田地図大好き。また観たい!

mitmit 2016/04/18 20:12 私は2日の夜公演観ました。人魚が人間魚雷だったとは・・。なんだかはちゃめちゃなストーリー展開なのに、わりと心揺すぶられたですよね。松さん、瑛太さんに加えて井上真央に阿部サダヲ、主役級の人がごろごろ出てきて楽しめましたあ。

teruteru 2016/04/20 10:21 mitさん、観てるだろうなと思っていました。すごいキャスト陣でしたね〜 ベテランの銀粉蝶さんも良かったですね〜 元気をもらいましたよ(^^)v 最近ついていけなくてもいいかと開き直って観るようにしたら楽になりました(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20160403

2016-03-27

teru10162016-03-27

「まんが池田商会」 FUCAイベントスペース


17時〜 1300円?(早割り) (劇)池田商会企画

作・瀧本雄壱 三原宏史 安倍祐馬 演出・(劇)池田商会演出

池田商会15周年記念公演

池田の役者総動員で臨む2.5次元?
まんがらしく舞台にはコマ割りのパネルがあってそれを移動したり映像を映したりして工夫がなされていた。
池田のメンバーの年齢層の広さから多くの観客が楽しめるものとなっていた。

作品は3つ

三六区の勇者たち
僕らの憂鬱
魔法少女ミラクル☆ダイコ

どれもモトネタをうまくアレンジして衣装、メイクも面白く、
見てるだけでおもしろかった。
あまりまんがに詳しくはないので元ネタをしらないものがほとんどだったけど、
十分に楽しめたなぁ、作り方が上手いと思う。

パンフレットも雑誌らしく作ってあって、特別増刊号と銘打って、表紙写真が「IKD7」
あはは、可愛い、可愛い♪
中身は役者紹介や公演紹介、いろんな企画の紹介等。そしてなんと袋とじのお楽しみもあって、
会場でオープンしたところikeikeなメンバー2人のポートレイト
凝っているなぁ、と感心しきり。

今回はグッズは購入していないけれど、メンバーとのチェキ権を購入♪
ミラクル☆ダイコ役の久保さんと一緒に撮影してもらいました(〃▽〃)
こないだ結婚されたばかりの松さんとも撮ってもらえば良かったなぁ〜〜 

次回公演は瀧猫亭の「クロキモノ」
瀧本さんお得意の時代もの、ちらしがなんとなく新感線っぽい。期待♪

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20160327

2016-03-21

teru10162016-03-21

「美女と野獣」 キャナルシティ劇場


13時〜 8800円 劇団四季

何年ぶりの「美女と野獣」だろう?
懐かしすぎて、オープニングの曲を聞いただけでうるっときてしまった。
「オペラ座の怪人」の次くらいに好きな演目かも。

ビーストの北澤さん、ベルの平田愛咲ちゃん以外はほとんど名前もわからない。
ほんとにご無沙汰してました〜<(_ _)>

もう浅利さんは手を引いた四季だけど、変わらずに引き継がれていてほっと安心。
客席には小さな子も大勢で、怖いシーンもあるだろうけど、きっと心に残る舞台になったと思う。

愛咲ちゃんのベルはとても可愛くて上手でお母さんの玄海椿さんもきっと感無量だっただろう。

コミカルな部分と感動する部分がたくみに混ざっているこの作品は何度見ても飽きない。
いまどきはこんなオタク女子、珍しくもないのだろうけど、当時はまだ「おかしい娘」ってことだったんだろうね。
男社会の女性蔑視とかうわさに翻弄されて暴動する集団心理とか普遍なテーマであるのが色あせない秘訣かな、とも思う。
そして衣装や舞台装置の豪華さだ。ベルのドレスは何度見てもうっとりする。
そしてラストの魔法が解けるシーンは圧巻だ。久しぶりにCDをひっぱりだして聞いたわ。

8月千秋楽までの予約状況は決して芳しいものではないけれど、来年から常設で来てくれる四季応援したい。
以前は一人で何度も行ってたけど、今回はなるべく人を誘って行こうかなと思ってる。
8月28日千秋楽。  

mitmit 2016/04/18 20:04 私は4月9日観ましたよ。北澤ビースト観たことないので観たかったです。私の時はベテラン佐野さんでした。私も6年振り、ほんと久々だったんで、ある意味新鮮でした。あと1回は観ようと思ってます。

teruteru 2016/04/20 10:16 mitさん、私も北澤さんのビーストは初めてでした。美女と野獣はかなり観ているのですが、ビーストは柳瀬さんが一番多かったような感じ。佐野さん、石丸さんもやっていましたね。本当に新鮮で心から楽しめました♪ あと2回チケットを取っています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20160321

2016-03-06

teru10162016-03-06

「大野城 円 演劇祭」 大野城まどかぴあ 多目的ホール内特設円形劇場


11時〜 1300円(友の会割引) (劇)池田商会企画 総合芸術舎 玉屋  劇団PA!ZOO!!

15時〜 1300円(友の会割引) 14+ 劇団 go to

プロデューサー 村上差斗志(14+)

演劇の祭典はいろんなところで実施されるようになったが、まどかぴあでついに演劇祭が実施された。
3日間、6団体が3公演づつ。

残念ながら全公演を観る日程がとれずに日曜の2公演のみを観劇した。
劇団Holl Brothersと1/4の公演は観れなかった。

それでも残り4団体の公演は見ごたえがあって楽しめる演劇祭だった。
2団体ずつ観て観客も投票できる。ワクワク感がある。工夫された企画だったと思う。
組み合わせの仕方など改善されればもっと多くの人が楽しめるのではないかな。

☆総合芸術舎 玉屋「青春一直線〜部活編〜」
作・演出 三原宏史
我々世代にはとてもなつかしい、「タッチ」をオマージュした作品。
お約束通り、ミナミ→ヒガシ役は三原さん。こんなに女装が笑える人は他にはいない。
玉屋の安倍さん、久保さん、そして池田の若手メンバーが彩りを添えた。
短い時間にうまくまとめたいい作品だった。

☆劇団PA!ZOO!!「スキャット」
作・演出 ぎゃお
いつものお掃除おばちゃんではない妖艶な熟女をパズーの面々が演じる。
わーすごい変わりよう。松子、竹子、エリカのコーラス3姉妹。
誰もが思う、なぜ梅子ではないのか?という謎もおもしろおかしく解き明かす。
スキャットのなんたるかも知ることができて楽しい時間だった。

☆14+「絶海」
作 かるべまさひろ 演出 中嶋さと
前作2本と打って変わったシリアスな部分が強調された作品。
ちょっと展開についていけない部分もあったけれど
14+らしい心理的にえぐりこむような作品だった。
特に朝長さんと春菜ちゃんからは目を離せない表現で圧倒的だった。

☆劇団 go to「劇団 go to THE コント」
作 別役実 演出 後藤香
別役氏の「コント検定」から9作品を上演。
途中で体調が悪くなりトイレにかけこんで2作品を見逃した^^;アンラッキー
どれも作品がおもしろいのもあるが役者が上手い!
立藤寿弥さんは初見だったけどこれからの役者さんだろう。

観客投票はどのように反映されたかわからないけれど、
審査員投票も併せて、最優秀賞は劇団 go to
初めてのコントだったそうだけど、全然そんな風には見えなかったよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20160306

2016-02-28

teru10162016-02-28

「リア王」 ぽんプラザホール


18時〜 1800円(ペア券一人分) アントンクルー

演出安永史明

魅力的な役者さんが勢揃い。
シェークスピアの3大悲劇のひとつ、リア王は子供のころに読んで
その悲惨さよりコーデリアの心根の美しさに感動した覚えがあった。
風吹の中に追い出された2人のシーンを感想画に書いたような気がする。
この舞台も違わず、いい作品だった。

今回もタイトルロールはキングリアではあるが、
目を引くのは3人の娘たち。
むろん、ゴネリルとリーガンのあくどさは折込み付きだ。
ベテラン2人の女優がこれでもかと自己中姉妹を演じる。
いやーほんとにくたらしいくらいの演技でした^^; 本当はとっても優しい女優さんなのにね〜w

そしてコーデリアの根岸美利ちゃんは、各方面で活躍中。
本当に愛らしい。チョイ役でなまいきな子どもの役もしたけれど、こちらも上手い。

間が空いてしまうと本当に記憶が戻ってこない。。
バッチョさんがカッコ良かったこと、原エドガーが優しいのに可哀そうだったこと、
大竹エドマンドのずるがしさ、ETC..

ベテラン陣もステキで大好きなアントンクルーを満喫した。
だけど、カーテンコールで舞台にあがった安永先生は
なんと。。。解散を宣言。がーーーーん・・・・
そうだよね。。。ずっと続けるなら世代交代しないとね。
アントンクルーの名前はなくなっても、ここの役者さんや演劇の記録は将来に繋がっていくと信じています。

長い間、お疲れ様、そしてありがとうございました。


リア王       岩井眞實
グロスター伯爵   栃原純司
従者、老人、医者他 東是信

ゴネリル      古賀今日子
リーガン      酒瀬川真世
コーデリア     根岸美利
オールバニー侯爵  石橋半零(綜合藝能座家 下衆會)
コーンウォール侯爵 稲口マンゾ
エドガー      原大介(劇団天地)
エドマンド     大竹謙作(あなピグモ捕獲団
ケント伯爵     梅田剛利(劇団翔空間 )
オズワルド     鈴木新平(九州小劇場)
騎士        高橋克昌

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20160228