The four seasons


2017-05-05

teru10162017-05-05

「人間の種類」 ぽんプラザホール


19時〜 1500円(先行早割) 劇団Hall Brothers

脚本・演出 幸田真洋

今回も脚本が良かったなぁ〜
セリフのひとつひとつが心に沁み込む。

若いルナは同期の中でも向上思考が高い。
それは頼り無い母親とひきこもりの姉といった家族のせいかもしれないし、
バイト先の同僚に紹介された啓発セミナー?の人のせいかもしれない。
頑張っても頑張っても、それでも何年たってもうまくいかない。
同期の女子には結婚や女優業などで幸せそうだ。
全然、ルナは笑わない。。。

ルナ役の子は本当に最初から最後までしかめ面で眉間にしわが寄っていた。
可哀想なくらいに自分を追い込んで辛いんじゃないだろうか。
それともそういう自分が好きなんだろうか。そんなはずはない。
若い子は笑ってほしい。それだけで幸せになれる。

勝ち組負け組ということばは今でも流行っているのだろうか?
そのことばの響きだけに踊らされるのはまっぴらだ。
でも、ある程度の向上心は必要だろう。
要は自分で納得できるかどうか、ってことだよね。
他人の眼を気にして不幸な結果になっては本末転倒だ。

ちょっと思考があちこち飛んでしまうけど。

身近な問題だけにいろいろ考えさせてくれるホールの作品がとても気にいっている。
幸田さんのごあいさつ文も幸田さんらしいというか好きだ。
あと、岩切役の役者さんががたんたんとしていて良かったな〜

ところで、最近のHall Brothersは博多弁のセリフが多いように思う。
あえて、設定が福岡ということは示してないのだけれど、地元に根付いた劇団という印象がますます強くなった。
私は支持します(^^) さあ、次はどんな人間観察をされるかな?


キャスト
堀内葵、松田華佳、大塚雄太、唐島経祐、永倉亜沙美
ロドリゲス・シャロン、をとん。、萩原あや、坂井操、幸田真洋

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170505

2017-05-03

teru10162017-05-03

「帝一の國」 映画 


1100円
 
噂の菅田将暉主演映画。原作はアニメコミックということ。
最近、アニメや小説を映画化するの流行っている?

めちゃくちゃありえない設定だらけだったけど、こんなのもありだよね。
難しいこと言ってるけど、難しいこと考えずにゲラゲラ笑える。

名門校、海帝高校では生徒会長になった者が将来の政治の中核を担うとされていた。
赤場帝一(菅田将暉)は同じ高校の出身で現大臣に1票差で敗れた父の敵を討つべく、
総理大臣さらには自分の国を作るという野望を持って、生徒会に乗り込む。

CMでちらっと見たくらいの菅田将暉だけど、なかなかの存在感
この信念に基づく目力の強さは武器だよね〜
それでいて、恋人の白鳥美美子(永野芽郁)を見つめる優しいまなざしとのギャップがますますおもしろい。
彼女のキャラも面白かったけど、やっぱりここは魅力男子のラインナップ!

ライバル東郷菊馬に野村修平、腹心の部下?榊原光明に志尊淳、良き?ライバルの大鷹弾に竹内涼真
他にもいろいろいるけど、目立つのがこの4人。ていうかイケメンばっかり!!!
そして忘れてはならないのが帝一の父親、赤場譲介(吉田鋼太郎
無茶振りをくりかえす父親だけど、愛情を感じる。それに比べて東郷菊馬は可哀想だったな。。。

ラストのどんでん返しのどんでん返しも予期しないもので面白かった。

目の保養になって気持ちがすかっとする、かなり満足度の高い映画でした(^^)v

「星降る夜になったら」 キャナルシティ劇場


13時〜 3800円(ペア券一人分) 万能グローブガラパゴスダイナモス

作・演出 川口大樹
f:id:teru1016:20170514085239j:image:w250:right
福岡を代表する劇団となった万能グローブガラパゴスダイナモス。
なんとキャナルシティ劇場で舞台を上演。作品は2013年にイムズで上演されたもの。

正直、ちょっと広すぎることないかな?と思っていたのだけど、実際の舞台を観たらばっちりはまっていたよ。
両サイドをちょっと手前に折り曲げて、閉じた部屋感を演出
2階にも両サイドに部屋、中央には最初だけ?の穴掘りの場面(戸外)のイメージ。
なんとなく見ているうちにストーリーを思い出してきた。
事故ったね〜 泥棒いたね〜 喧嘩してたよね〜
そして。。。死んでたんだね。。なつかしい・・

当時のキャストと大幅に変わっているけれど、ガラパの精神がしっかり受け継がれている楽しい作品だった。
変更がなかった杉山さん演じるリリコはやっぱり大人だったな〜 

いろいろな登場人物がさまざまな事情を抱えて、それをさらっと書きつづっている。
再演だけど、新しくてやっぱり胸がじーんとなる作品だった。

2回カーテンコールのち、気の毒そうに出てきた役者さんたちw←慣れていない。
そこでの椎木さんの挨拶にはほんとに涙が出そうになった。
昔の劇団員が去っていく寂しさがあるだろうに、「地元で!」と声を大にして。
うん、応援しますとも!! 頑張れガラパ!(^○^)


キャスト
椎木樹人
石橋整
横山祐香里
早樋寛貴
山崎瑞穂
柴田伊吹
針生あかり
西山明宏
隠塚詩織

杉山英美
入江真潮
岡武史
高野由紀子
田坂哲郎
三好美優
JUMPEI
馬越琢己
有佐
永野宗典

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170503

2017-05-01

teru10162017-05-01

「マミー・ブルー」 ぽんプラザホール


19時〜 1800円(先行早割) 劇団ピロシキマン

脚本・演出 みかんひろし

ピロシキマン2回目の観劇。 ストーリーが結構凝っている。
代表のみかんひろしさんは出演していない?のでどんな方なのか不明。

シリアスな推理ドラマのようなコメディのような。
テーマとしても交通事故、恋愛、不倫依存症、家族、刑事、、かなりのてんこ盛り。
それぞれにクローズアップする部分は面白いのだけど、繋がり方が性急で焦ったなぁ。
 
主役の木村義男(中山ヨシロヲ)一見すごく優しそうで誠実そうなのに、まあこれでもかというくらいに
ダメな部分を押し出していく。家族も会社も恋人もズタズタに傷つけていく。
妻の依存症にしても彼が原因であることが垣間見える。

偶然を装った交通誘導員の横川(古賀今日子)との件はサスペンスドラマ的な展開ではらはらどきどきだった。

ぎょっと引きそうになる菊池学(怪優、石橋半零w)あの呆けた表情は絶品だ。

ダメ親にもめげずにけなげに振る舞うしっかり娘木村そら(根岸美利)かなり好み。嫁に欲しいw

漫才コンビのような刑事の梶本(中山大介)平坂(小湊倫子)美男美女だけにずっこけ度激しい。

他の役者さんもみんな個性があり魅力的だった。

次回も期待しています。ピロシキマン(^^)

キャスト
篠田昌人
羽山ショー
中山ヨシロヲ
古賀今日子
大國千緒奈
中山大介
篠崎絵里
中島浩志
ERI
小湊倫子
大津留直人
石橋半零
根岸美利

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170501

2017-04-30

teru10162017-04-30

「美女と野獣」 映画 字幕


1800円
 
ミュージカルで最も好きな作品「美女と野獣」の実写版。
主役の野獣にダン・スティイーブンス ベルにエマ・ワトソン。

実写版らしい豪華さと風景の広がり、CGテクニックの駆使した魔法の数々。
舞台ミュージカルも良かったけれど、映画も良かったなぁ。

ストーリーは四季版で熟知していたので、ちょっとだけ違うところを・・

図書館のシーンで野獣が「高等教育を受けている」と言って知的さを示すところ。
実のところ、舞台で王子が「字を読めない」なんてありえないでしょう。と思っていたので、
大いに納得な部分だった。

ガストンの子分のル・フウに人間味があったところ。
行動するまでには至らなかったけどね。

タンス夫人に旦那さん(ハープシコード)がいたところ。
この旦那さん、オケのマエストロだったという設定。なかなかいい役どころだった。

ベルの母親(モーリスの妻)のエピソード。その場までタイムワープするところ。
ちょっとだけベル親子の内情に踏み込んだエピソードで感動的だった。

ビーストに呪いをかけた魔女が途中とラストで出てくるところ。
ラストの感動的な展開をさらにパワーアップしてくれた魔女。キャスト表に載ってない!?

音楽もおなじみのナンバーからちょっと耳新しいナンバーまで隅々まで楽しめた。

それにしてもエマ・ワトソンの歌が上手かったなぁ、口パクじゃないよね?

吹き替えではミュージカル系のキャストが多かったのでこちらも観たかったけど、DVD待ちかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170430

2017-04-29

teru10162017-04-29

「ドブ恋九州vol.1」 甘棠館Show劇場


12時〜 2800円 ドブ恋九州

脚本 金沢知樹、藤原珠恵
演出 金沢知樹、山下正行

折込みチラシも見なかったけれど、地元の女優さん馬場阿紀子さんが出演ということで参戦。
東京では話題の「ドブ恋」らしい。
オールダブルキャストで、ネズミチームとダニチームに分かれる。
出演者はみんな地元の役者さんなのかな?よくわからない。

アパートの一室で繰り広げられる若い男と女の物語。
過激なシーンが多くてちょっとビビリ気味だったけれど、
割とあっけらかんとしていてひとつひとつにドラマがあって面白かった。
恋愛や不倫をおもしろおかしく取り上げているけれど、納得できる部分も多かったな〜
結局、男と女は互いをわかりえない、というのが私の結論だけどww

それでも恋愛や結婚はしたほうがいいし、不倫はしないほうがいい。
働いて年金や保険を支払ったほうがいい。
とは言え、そううまくいかないのが世の中だけどね。

馬場さんはキュートでセクシーで魅力的だった。
演劇以外での活躍が多いようだけど、もっと役者アキコを観たいなぁ。
その他ではNORIPANDAさんはインパクトがあって面白かった。
壇世理奈さんも個性的で好きだった。
12個の話しの中では「ちょうちょ」「毒舌」が印象に残った。
男子? うーん、一人くらい強力な男子がいても良かったかな。

ネズミチーム キャスト
上野聖和
土居祥平
ハレルヤ緒方
東ヨシアキ
柳鶴マコト
町田悠宇
工藤采佳
壇世理奈
津山愛理
NORIPANDA
馬場阿紀子
湊谷笑夢
藤原珠恵

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170429

2017-04-23

teru10162017-04-23

Magnet Room.07「ダンスと演劇のパフォーマンス」 リノベーションミュージアム冷泉


13時〜 2000円 Magnet Room

シーン8からなる、ダンスや演劇など。
目的は「The ちゃぶ台」の木内里美さんのとめばぁさんだったのだけど、他のダンスも良かった。
久しぶりにダンス公演を観たような気がする。
この日の朝に自転車でこけて、怪我だらけの状態で心もささくれていたのだけど、癒されたなぁ。
あまりに酷い顔になっていたのでキャンセルしようかとも思ったのだけど、それでも観たいと思って。
行って良かった。

Scene.1 「ココニアルコト。」福島由美
いきなりショーツ一枚の女性のダンス。おおお〜〜初っ端から度胆を抜かれるなぁ〜
ダンスの味もさることながら、これだけのプロポーションを保つ努力にも頭が下がる。

Scene.2 「鼻、脱走。」RIKAKO
顔のパーツの作り物を従えて、可愛い女性ダンサー登場。
ちょっとしたセリフと客いじり。こっちこないでよ〜と念じる^^;
しっかりした意志を感じた。

Scene.3 「雀始めて啄む」小笠原
ゆるやかな音楽なしの動きから徐々に活動的になっている自然の様子が感じられる作品。

Scene.4 「とめばぁさんのある一日」 The ちゃぶ台
待ってました、木内(きない)里美さん。
久留米でちゃぶ台の公演を観た友達からも熱狂的オススメがあってわくわく。
期待通りのおばぁちゃんで、実年齢も近い(?)と思うので、話題もなつかしく、古き良き時代の回想にふけった、笑った。 
倫子ちゃんをひっぱりこんでの卒業とベルバラは最高!
現代への風刺もきいた作品だった。

Scene.5 「ひとり独り」 児玉義光×福島由美
手のひらに赤い絵の具?それを踊りながらいろんなところになすりつける(表現が難しいw)
紙に書くペインティングのパフォーマンスは見たことがあるけれど、肌や髪、床につけるのは
あとが気になってしまう。まだ修業が足りないな^^;

Scene.6 「蟹とフローレンス」 小湊倫子×福島智恵子
福島さんの二胡に合わせて倫子ちゃんが躍る。
衣装もなんとなくアジアンテイストで表情豊なダンスが心地よい。
原案は石橋半零ばっちょさん、いまだに理解できない謎の題名w

Scene.7「儚く永遠に・・」 落描(水上初佳、宮原佑香)
音楽に合わせてオーソドックスなバレエダンス。衣装は上下黒。
暗転後、上着を脱いで真っ赤なドレスに。インパクトあるね〜

Scene.8「躍る170423」 山本泰輔
パンツ一枚と赤いソックス。
前日の公演とは内容が変わっているらしくて、説明しながらのパフォーマンス。
今はやりの裸芸人ともちょっと違う感じで自らの体験を語りながら、なんだか結構ひきこまれた。

いろんな作品をリーズナブルな料金で観ることができて良かった(^^)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170423

2017-04-19

teru10162017-04-19

「ミュージカル史」福岡市赤煉瓦文化館


19時〜 演劇書を読む会

小山内伸著

大好きなミュージカルの歴史がその始まりと思われる時代から書かれている。
始まりはオペラ、オペレッタから。1700年代、日本は江戸時代だ〜 芝居。。日本も盛んだったころ?
私が観ているのはほとんどが四季のミュージカルなので、そんなにたくさん知っているものはなかったけれど、
「ショーボート」から「ハミルトン」まで有名なミュージカル作品のほとんどを列挙しあらすじと役者スタッフを記してあった。
著者はは演劇評論家という肩書ではあったけれど、本業は大学教授で本当にミュージカルが好きなんだなぁと思うラインナップだった。
知らない作品でも読んでいると舞台が思い浮かべられるし知ってる作品は「うんうん」と頷きながら読めた。
薙野さんもミュージカル好きなのでいろいろな話にまた脱線して最後はかなりばたばたと読み終えた。
まだ行ったことがないブローウェイやウェストエンドに思いを馳せた。

次回は「日本の現代演劇」扇田昭彦著 
扇田さんも演劇を心から愛していた方でした。


日にちはさかのぼって4月12日水曜日
夫も休みだったので、佐賀県立美術館へ「ホキ美術館名品展」を観に行った。
これかなり良かったな〜 写実絵画ってすごく引き込まれる。
若い女性のモデルが多かったのも良かったけど、お年寄の死顔もなんともいえず素晴らしかった。5/14まで。
f:id:teru1016:20170423093639j:image:w360:left

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170419

2017-04-09

teru10162017-04-09

「桜吹雪だ!サムライマッチ」 ろまんの道


11時〜 1000円 主催:秋月劇場実行委員会

作・演出 石橋半零

桜吹雪どころか、こぼれんばかりの桜満開となったこの日!
例年より開花が2週間ほど遅れ、満開となりました♪

結婚されたばかりのバッチョさんとりんこちゃんを祝うかのように。
おめでとう!お二人さん(^^)v おひねりっ!

チャンバラ芝居は2回目だそうで、私はこの場所にも初めてきたので、
初めてづくしでとても楽しい芝居と桜を満喫できた。
しかも美味しいものもたくさん!ふふふうふ。。
地元の後援などを得てこれからも定期的に続けていきたいとのこと。

第一部は 助さん格さんデモクラシー
ちょっとエッチで横暴な黄門様に反旗を翻す助さん格さん。
女の子も可愛かったし、いやー笑ったわ。

第二部は 七転内蔵助〜助太刀しまSHOW30分1本勝負〜
待ってました!「私が主役です」のたすきをかけたバッチョさん登場。
りんこちゃんの躍りも着物姿も優雅だったわ〜
あーそれなのに写真撮り損ねた、私のばかばか

芝居前に桜並みきを観て、100円でお酒の試飲ができるとあって、4〜5杯ぐびぐびw
いろいろ飲んではほろ酔い観劇となりました(〃▽〃)いやー昼酒最高!

楽しくて気楽に観れる芝居だった。
でもかなり時間をかけて作って稽古して臨んだことと思う。
本当にみなさん、ありがとう!すてきでした♪

ここはいいところだ〜機会があればまた遊びにきます。

キャスト
石橋 半零
石丸 聡史
小川 勝也
小山 椋汰
下枝 聖治
半田 和則
垣内大
秋村 有紀
小湊 倫子
茉衣

f:id:teru1016:20170423092440j:image:w250:left f:id:teru1016:20170423092439j:image:w250:left

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170409

2017-04-04

teru10162017-04-04

2017.4月落語茶屋ソネス「痛風亭、大型新人はいりました」痛風亭魚弱ご披露 カフェソネス


20時半〜 1500円 ワンドリンク付

いわしさん、確かに横書きの文字を読むと鰯だ。
痛風亭に入門したからには「弱」をつけなければならない、と。
全然弱そうに見えないなぁ笑 あ、でも奥さんには弱そうな感じ(いい意味で)

一、古典落語寿限無」 痛風亭 魚弱/矢野 勝久
席亭との出会いからなぜ落語するようになったのかの流れ。
ほんとに出会いって一期一会だよね〜
お題は落語の入門。寿限無
これって覚えるだけで大変だし、それを笑に替えるってのも大変だと思う。
役者さんだけあって、お上手でした。見た目もなんとなく落語っぽい。これから楽しみです♪

一、幕間歌謡「イワシスペシャル」 タケダ2000GT
レギュラーのタケダ2000GTさん いつ聞いても懐かしい感じがするのはなぜだろう?
イワシさんのイメージで数曲。 心地良し♪

一、関村俊介・作「マスクマン」 痛風亭 最弱/岡本 ヒロミ

あひるなんちゃらの関村さんの作品らしい。
お約束の奥様の話を少し。
そして。。。あ、あれ? どんな話だったっけ?
面白かった。。と思ったのに。。
歳ですね。。ごめんなさい<(_ _)>← 覚えてるうちに書かないから・・・反省。。。

次回は5月2日、GWの真ん中〜〜  うーん。行けるかな。。
5月は休亭になりました。みなさん、お間違えなく。
f:id:teru1016:20170423092007j:image:w250:left f:id:teru1016:20170423092006j:image:w250:left

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170404

2017-03-20

teru10162017-03-20

「SING」 映画 


1100円  

ミュージカルアニメ、吹き替えにメジャーな役者さんや芸人さんがキャスティングされていて話題作となっている。
期待通りに面白くて楽しかった!!!

その安易なストーリーすらアメリカっぽくて最高♪

傾きかけている劇場主のバスター・ムーンは誰でもスターになれるよ!という歌のオーディションで最後の勝負をかける。
高齢のミス・クローリーのミスで賞金が10万ドルになってしまいオーディションには大勢の人が。
オーディションに合格した人たちが劇場再生をかけてショーを行う!

バスター・ムーンやミス・クローリー、その友人の金持ちぼんぼんのエディらの破天荒だけど憎めない人物が中心となって、
オーディション合格のアッシュ、ジョニー、ロジータらはそれぞれに事情を抱えていて、そこから踏み出す1歩を模索する。
圧巻は像のミーナ、引っ込み思案の歌姫はみんなの後押しで舞台に立つ。

面白くて楽しかった〜〜 もう一回見たいくらい。DVD買いたいくらい。
なんだか元気もらったよ。

劇場がこなごなに壊れても、車洗いの仕事をやってるバスター・ムーンが全然元気でいいなって。
そして、ちゃんと神様は救いの手を伸ばしてくれました。
そんなに人生、うまくいくはずないよと突っ込みながらも心地よい感動をもらったよ♪

ちょっとグロっぽい動物は多かったけど、ミス・クローリーの目玉以外はセーフw
アッシュの針がぶちぶち突き刺さるのが最高!

吹き替えだったけどみんな歌が上手ですごいなと思った。もちろんミーシャたち歌手は別格ね。
字幕で生歌も聞いてみたいけど、どこでやってるのだろう?

吹き替えキャスト

バスター・ムーン  内村光良
ミーナ       MISIA
アッシュ      長澤まさみ
ジョニー      大橋卓弥
グンター      斎藤司
マイク       山寺宏一
ロジータ      坂本真綾
ミス・クローリー  田中真弓
エディ       宮野真守
ナナ・ヌードルマン 大地真央

モアナと伝説の海」 映画 


1100円  

f:id:teru1016:20170405093537j:image:w250:left
こちらはディズニーアニメ、ミュージカルかな?アニメで連荘は初めてかも。

世界の母たる女神テ・フィティの心が、伝説の英雄と言われたマウイに盗まれ、世界が闇となった。
一方、南の島の娘モアナは小さいときから海が大好き。海もモアナを愛していた。
成長後に長を継いだモアナ、そんな中、植物や海の生物に異変が発生した。
海に選ばれたモアナは、マウイを探し、テ・フィティの心を元あった場所に戻すことができれば世界を救えると告げられる。
家族の反対を押し切り、モアナは島の危機を救うために荒海に乗り出す。

モアナが実に庶民っぽくて可愛くて良かった。
モアナの家族もステキだったけど、お婆ちゃんがモアナの道を示すところが「君の名は」のお婆ちゃんのように
伝説を守りながらも未来への途を模索する、重要な人物だということがわかった。
勇気をもって荒海に乗り出すモアナはかっこよかったな〜 公のために動ける人物はそうそういない。
エゴに走るのは人間のサガだ。
マウイにしてもそうだ。みんなの英雄でいたかったんだよね。

若い若いモアナにとうとうマウイも負けてしまった。
二人で協力してやっつけた闇の生物(?)は緑のテ・フィティに姿を変えて世界は闇から甦った。感動。
テ・フィティの顔はちょっと恐かったけどねw

こういう人間になれたらいいなと思う。難しいけど。

SINGもモアナもいろんなことを考えさせられる作品だった。
アニメおそるべし。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170320