The four seasons


2017-02-16

teru10162017-02-16

「BUNNA」 九大大橋キャンパス 多次元デザイン実験棟ホール


19時〜 2000円 認定NPO法人ニコちゃんの会

原作:水上勉 「ブンナよ、木からおりてこい」
構成・演出:倉品淳子(劇団 山の手事情社

評判に聞いていたブンナ。sold outだったけどキャンセルが出たとの連絡。
やった〜〜〜! というわけでなんとか観劇。

障がい者とのつきあいがあまりないので、その舞台の迫力に圧倒された。
話しはオムニバスで、20個ほどの短編を演じる。
健常者は高齢の女性がほとんどで、それだってよくこんな激しい動きができるものだと感心する。
中心となるテーマは強きもの(トンビ)に対する、鼠とか雀、モズ、カエルなどの弱きものの叫び、といったところか。

高齢者の悩み、それ以上にあるだろう障がい者の悩みが拡大される。
この作品では障がい者、ではなく「身体的にバラエティあふれるひとたち」と表現している。

車椅子をあやつり、セリフを発し、演技する。
現実への思いを「つぶやき」などのテーマで発信する。
正直な言葉にはっとすることもたびたび。

アフタートークでは演出の倉品淳子さんとニコちゃんの会の制作の森山淳子さんから
九大の研究者の長津結一郎さんが話を聞く。手話通訳には出演者の鈴木玲雄さん。
倉品さんはくっきりした顔立ちの美人。
公演に対する思いと厳しい稽古、私たち観劇者にも「彼らをあまやかさず批評してほしい」と。
長津さんもその研究の内容が障がいのあるなしに関わらず、遠回りをしてでも生き抜いていく方法を模索している、
と私は受け取った。

とても面白く興味深かった。何か自分でもできるだろうかと考える。
最近、自分の殻に閉じこもりがちなのだけど、そろそろ休養時間を経て発信していこうかな。ちょっとづつね。。。

キャスト
稲永 幸代
小出 直子
里村 歩
鈴木 玲雄
堤 泰子
中江 育子
中村 とし子
廣田 渓
森 裕生
山口 恭子

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170216

2017-02-15

teru10162017-02-15

「相棒」 映画 


1100円  

人気TVドラマの劇場版?。 見るのは初めてだ。
この「相棒」、水谷豊演じる杉下右京の相棒ということだけど、もう4代目らしい。
ここまでよく観てこなかったな〜
今はその相棒には反町隆演じる冠城亘だ。

7年前、英国での日本領事館で大量殺人が起こり、生き残った少女(鷺沢瑛里佳)が当時誘拐された。
そして、その犯人が現在の瑛里佳の映像を送って身代金を要求してきた。7年前のリベンジということで。
しかし、当時、身代金の要求はニュースにならなかった。政府が無視したのだった。
事件に関わったさまざまな人間が複雑な想いが絡み合って、意外な展開になる。

特命係の右京と冠城の行動は対犯人だけでなく、警察内部でも排除されているような感じだった。
これはシリーズのいままでを観ていないのでわからないのだけど、
まあ組織内で嫌われながら正義を貫く人のドラマはよく観るので、そういう感じなのかな。
病院とか警察とか銀行とか教育現場とか、それはそれはさまざまな場所で表と裏があるよね。
当事者たちはどうなのかなとちょっと思ったけれど。

TV推理ドラマでは常道の犯人側の複雑な事情が最後の数分で謎解きされ、周りはすすり泣きの数々。
根っこは戦時中の話だった。あの異常だった時代の日本を知る人は数少なくなってきている。
犯人を知るただ一人の証言者は老人ホームにの住人だった。
そういう事実のほうがちょっとぞくっとする。

なかなか面白かったけど、やっぱりTVの方が継続して観れていいのかも。
私には劇場版があって良かったけれどね。

水谷豊は若いなぁ。江守徹が全くわからなくてびっくりした。
仲間由紀恵はかっこいい。鹿賀丈史はやっぱりジャンバルジャンだった。
相棒、冠城くんの面白さはまだわからない。

また劇場版があるかな?

「カリギュラ」福岡市赤煉瓦文化館


19時〜 演劇書を読む会

アルベールカミュ著 岩切正一郎訳

f:id:teru1016:20170221224205j:image:w250:left
狂気の暴君、カリギュラの話。
イメージは数年前の蜷川演出小栗旬の舞台なので、ネットで検索したらなんとありました、舞台の全編が。
それを再生しながら読んでいくと一字一句同じだ。これは蜷川カリギュラの台本だったのね。

視覚とも合わせながら本を読み進めていくと、カリギュラの狂気や彼を慕う若者たち、疎む老貴族たちの様子がよくわかる。
不条理劇と言われているが、ちょっと違うようなイメージもある。
苦悩しながらも残酷な采配を振るうカリギュラは何を救いにしていたのだろう。

自分の最期を演出したかったのかな。それにしても出演者のイケメン揃いなことか。
それだけで観てしまうよね〜 

読書会にはちょっと難しい本だったかもしれないけど、映像と一緒に観れたので良かったかも。

次回は4/19「ミュージカル史」(小山内伸著)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170215

2017-02-12

teru10162017-02-12

「面会謝絶」 湾岸劇場博多扇貝


14時〜 1800円 クロックアップサイリックス

脚本・演出 川原武浩

4月1日から明太子のふくやの社長に就任が決まった川原さん。
すごいなぁ、社長と劇団主宰って兼任できるものなんだろうか。

そして久しぶりのクロサイ、面白かったなぁ〜
いつもストーリー的なものはよくわからないのが多いけれど、
今回は比較的わかりやすかったかも。

5人の出演者はトランプのエースからキングまでの仮称があって、
病院の入院患者であったり、医師看護師であったり。
「確率」という不確実なものを楽しんだり悲しんだり。

長岡さんと上瀧さんの賭け勝負はおもしろい。トランプとか、他人の病状とか。笑える。
なんでも楽しみに変えるのがツボなのかも。
仮病で入院した三浦さんに病巣がみつかってしまうのはよくあることだ。
それすらも早期発見でよし、と捉えるかどうか。

笑いながらも考えさせられた芝居だった。

年令的にも長沼嬢以外は不惑の年代のようなので少しこちら側に近づいてきた感じがする。
顔艶などはとてもいいんだけどね。演劇をやる人はしない人より若いと思う。
膨大なセリフを覚えるってだけで尊敬するもん。ボケ防止にいいと思うし。
またクロサイの芝居を観たい。
あ、DMを申し込むとDM割が活用できますよ〜

キャスト

A/長岡 暢陵

十/三浦 としまる

J/笹本 順子

Q/長沼 里佳

K/上瀧 昭吾

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170212

2017-02-07

teru10162017-02-07

2017.2月落語茶屋ソネス  「香りまで真白く潔し 花水仙」 カフェソネス


20時半〜 1500円 ワンドリンク付き

今年初のソネス落語は小鈴ちゃんとマンデーさん、もちろん、タケダ2000GTさんははずせない。

一、古典落語「紺屋高尾」 椿亭小鈴 /小湊倫子
小鈴ちゃんの紺屋高尾、これほんとに大好きだわ。
今回は黒地が基調のステキなお着物、髪も地味にあげてちょっと抑え気味。もったいないくらい。
リアルに結婚が決まったという報告も聞いてなおさらほっこり、ご自身、高尾に思い入れがあったかも。
おめでとう!小鈴ちゃん(^^)v

一、幕間歌謡「NEO タケダ2000GT WIDE」  タケダ2000GT
このタイトルから笑えるわ。
自分の曲は封印してなつかしの曲をご披露
いつか彼のライブも観たいな。

一、古典落語「元犬」  曽根巣家月曜/光安和幸
マンデーさん、久しぶりの古典? 
人間になりたくてなった犬の話。似たような話はいろいろあれど、落語のそれはやっぱり面白い。
疲れからちょっとうとうとしてしまった^^;ごめん、マンデーさん。

今月のお題の水仙、探し求めたけど売っていなくて花屋さんが裏の空き地から取ってきてくださったそうだw
なんだかおもしろいよね(^^) また行くよ〜〜ソネス落語、次は3月7日だよ〜〜

f:id:teru1016:20170221223032j:image:w360:leftf:id:teru1016:20170221223137j:image:w360:leftf:id:teru1016:20170221223104j:image:w360:left

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170207

2017-02-05

teru10162017-02-05

「岩屋城の戦い」 プラム・カルコア太宰府


13時〜 1000円 (劇)池田商会

原作 (劇)池田商会 「白梅悍馬」瀧本雄壱 演出 瀧本雄壱

史跡のまちの“生”歴史ドラマと銘打って打たれた公演。
主催が公益財団法人太宰府市文化スポーツ振興財団なので、
チケット代も安く、太宰府市民が多くかけつけた公演となった。

2007年上演の「白梅悍馬」のリメイクかな。
内容は詳しく覚えていなかったけど、とにかく迫力があったと覚えている。
今回も評判に違わず、スペクタクルな内容で、とても面白かった。
太宰府という原作の地元で、たくさんの人が観劇できて良かったと思う。こういう試みが大事なのかもね。
これをきっかけに池田商会を始めいろんな劇団の舞台を見てくれるといいのになぁ。

太宰府、四王寺山に『岩屋城』という城があり城主は“高橋紹運”
忠節を尽くす義将の彼と相反するのが“筑紫広門”
彼が「肥前の悍馬」と呼ばれていた。
その両主の敵が薩摩の島津。すごく頑張ったけれど最後は多勢の勝利と相成った。
時代劇はあまりわからないのだけど、池田のドラマは人を際立たせる。
凄く面白かった。また次回にも期待します(^^)

それから一般社団法人になった池田商会。
これってメリットがあるんだろうか?
今度詳しく聞いてみよう。

出演者(多いっ汗)

☆池田商会
瀧本雄壱、安倍祐馬、三原宏史、久保大輔、矢野真由美、松本裕子、山中麻美
郄橋名都美、松山彩香、江藤君佳、岡本澪、郄橋来人、都地みゆき、山野祐作

☆客演
伊森大祐、植田理、大淵雄一朗、小澤和史、小野萌花、梶川竜也、川崎和哉
木下正義、國廣欣孝、久保志織、河野ひかる、高田知学、だにえる、辻裕一
寺本遥香、土佐のぶゆき、藤野大成、松村来夢、的場翔平、皆口湖雪、守谷茂之
愛敬実佳子、伊藤琴海

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170205

2017-02-01

teru10162017-02-01

「本能寺ホテル」 映画 


1100円  

映画の日、会社の試みで親会社の出勤日以外で休みを作ろうと実験的に始めた休暇。
急に休みになったので、観劇できるものを探したけれど、博多座も入れ替え時期で休演。
こないだ、「沈黙」を観て感動したので何か映画を観よう!

「本能寺ホテル」「キセキ あの日のソビト」「破門 ふたりのヤクビョーガミ」
「恋妻家宮本」「ドクター・ストレンジ」いろいろあって迷う。

で、堤真一が好きなのでこの作品をチョイス。

昔、本能寺があった場所に建っている本能寺ホテル。
ふとした拍子に、客の倉本繭子(綾瀬はるか)はエレベータを出入り口として
1582年の戦国時代へ移動してしまう。
そこで出会った、織田信長(堤真一)と森蘭丸(濱田岳)らとの交流していく中で、
繭子は歴史を変える覚悟で「本能寺の変」の歴史を教えてしまう。
さて、歴史はどうなったか・・・

よくあるタイムスリップ物だけど、信長と蘭丸のキャラが面白くて、
歴史的にもこれだけの人気を誇る信長だからきっとこんな感じの人だったのだろうな、と想像した。
そんな信長が現代人の繭子の心を動かしたのだから、時代が変わっても人の心は普遍だということ。

面白かった。能動的に観る映画はTVより感動するなぁ。
監督は鈴木雅之監督、あまり観ていない監督だけど、なかなかいい感じだった。
今年は観劇があまりできなかったら映画を観ることにしよう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170201

2017-01-25

teru10162017-01-25

「沈黙」 映画 


1100円  レディースデイ

久しぶりの映画、というか1月は観劇すらできていないけど。。
マーティン・スコセッシ監督の話題作。原作は遠藤周作。

長崎が舞台ということもあってすごく興味を持っていた。
実際は長崎ロケはなかったようだけど、「海」はキーワードだった。

島国である日本。海を隔てなければ外国へ行けない。
海は厳しい境界線だ。

江戸初期のキリシタン弾圧下での外国神父の布教活動。
あえて困難が予想される国(日本)へ渡る彼らには使命感があった。
隠れキリシタンたちとの接触。
だが、奉行たちに見つかり棄教を迫られる。
そして死に至る拷問。。。

この「棄教

これをめぐって、2人のパードレ、その師匠のフェレイラ、意志の弱いキリシタンのキチジロー、強い意志を持ったキリシタンたち。
日本の官僚(?)井上様他。。。
目を背けるような拷問の数々もあれど、歴史や運命に翻弄されながらも自分に忠実であろうとするキリシタンや日本の官僚
一方的に弾圧をしてきた日本人が間違っていたのかというとそうは思われない描写もある。
むろん、今の時代であれば許されない者もいるのだけど。。。

洋画とはいえ、多くの日本人役者が出演しているこの作品。
私が日本人として受け取った感想はあるけれど、海外ではどのように受け取られていたかが気になる。

日本には日本のしきたり(?)がある(はっきり覚えていないんだけど)
それからキチジローが放った「アンフェア」という言葉。
神は区別なされるのか。なぜ黙っておられるのか。なぜ救ってくださらないのか。
ロドリゴの慟哭のような叫びが今も耳について離れない。

ロドリゴとガルペ、フェレイラ役の役者さんはすごく良かった。
それぞれの苦悩が伝わってきた。
日本人役者はキチジロー、モキチ、じいさま、他たくさんたくさん、素晴らしかった。。

特に、一度は観たかった笈田ヨシさんを観れて感動した。83歳なんて思われない。

今年初の映画だったけど、いい作品を観れて良かった。

またいろんな映画を観たいな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170125

2017-01-18

teru10162017-01-18

「王女メディア」 福岡市立博多市民センター


19時〜 演劇の映像を観る会

平幹二郎の「王女メディア」、2016.10.22亡くなった平さんの追悼企画だ。
演出は故蜷川幸雄氏。 
どちらの作品もいくつか観ているけれど、この組み合わせは初めてかも?

それにしても王女メディア、男だけのこの作品、えぐいな〜
女の業のすごさは王女だからとかは関係ない。
だけど、ここまですごい復讐を成し遂げるのはメディアの愛の深さ故なのかもしれない。
特に、夫の再婚相手を殺す方法なんか恐ろしすぎて声も出ないわ。
実のこどもを殺してしまうのも言い訳はしてるけれど理解できないし。

口から赤いリボンを引き出すお得意の演出はいつ観ても衝撃的。
今回は血というより慟哭という感じではあった。

生の舞台の迫力には敵わないけれどとてもおもしろかった。
なかなか舞台を観れない状態が続いているので、テンションを上げるためにも
いい作品を提供してくれる薙野さんに感謝しています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170118

2017-01-08

「タンパク質みたいに」 山口情報芸術センター内 図書館


相対性理論×やくしまるえつこ×YCAM特別企画「天声ジングル―∞面体」の一環として開催するインスタレーション展 

17時25分〜 無料 

湯田温泉に旅行に行ったときに近くにYCAMがあることに気がついた。
ずいぶん前に行ったきりだったけど、あの建物がすごくステキだったのでちょっと立ち寄ってみたら、
冒頭の展示があっていた。

正直・・・・・・何これ?というタイトルと内容で、
図書館を上から見て、その全体に音楽と映像とことばを混ぜて表現しているというか。。。
流行りのプロジェクションマッピングというものなのか。
帰って調べてみたら、斬新な企画だったんだな〜と思った。
ただ、ちらしを読んでも理解できないカナモジが山ほどあって、かなりのアウェー感が。。^^;

ライブや上映会は既に終了していたけれど、これらを観たらもう少しわかったのかもしれないな。

音楽は好きだけど、特殊なジャンルのものは難しくてわからない。
子どもらが好きな音楽もさっぱり良さがわからないのと同じで感性が古いのかなぁ。

このインスタレーション展があったのは広い図書館だけど、こういうことを想定してつくられたのか、
体育館のように広く天井まで高かった。

また何か興味のあるイベントがあれば行ってみたい。

↓こんな感じ
f:id:teru1016:20170129214808j:image:w400:left

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170108

2017-01-01

2016年観劇総まとめ


あっという間に過ぎた2016年
職場の移転から始まって猛烈に忙しかった年度末、怒涛のような春夏からちょっとおちついた秋冬。
2017年はもう少し余裕ができると期待する。
で、2016年、きっとほとんど観劇できてないと思ってたけど、意外にも40本は観れていた。
ご贔屓の劇団や商業演劇四季とか)にちょっと偏っているけれど、なんだかほっ。
ざっと見直して、印象に残っていて好みだったのは、
ワンピース」「サンゲツキ」「愛より速く」「浮足町アンダーグラウンド」「はたらくおとこ」
一番はやはり「はたらくおとこ」素晴らしかった。
でも、観劇数が少ないのでどれを観ても舞台が思い出せる。これは良かった。
ただでさえ記憶力がなくなってきているのでこれからは工夫して脳に刷り込まないといけないな。

演劇書を読む会は先に予定を入れるせいか割に皆勤。映像を観る会も数回行けた。
知識としてはさっぱり残ってないのだけど、気持ち的に演劇と繋がっていたいという気持ちの表れなのかな。
あとはこれらを主催している薙野さんのように仕事を辞めたあとも演劇に関わっていたいなと。
定年まで1年を切ったので、その後の人生をいろいろと考えています。
月一落語は定期だし、遅くに開演なので行きやすかった。
映画は数本のみ。観たいのは多かったんだけど。。

さて今年もゆるっと観劇、鑑賞していきましょうか。
劇場でお会いしましょう。(^^)

2016年の観劇一覧

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170101