The four seasons


2017-07-02

teru10162017-07-02

「売らいでか」 博多座


11時〜  招待  喜劇 製作:東宝

原作 :岸 宏子(「ある開花」より)
脚本 :花登 筐

浜木綿子主演の人情ドラマ。花登筐の作品だと思ってたけど、脚本が彼なのね。
招待券を頂いたので、有り難く夫と観に行った。
久しぶりの2階席は観やすい〜〜!!3階よりぐんと近いし、たぶん1階後方より絶対2階のほうがいいね。

神代産業の未亡人、里子(大空眞弓)は自分にぞっこんな杉雄(井上順)に目をつけ、公私共に自分の元に引き入れようとする。
それに気がついた杉雄の妻なつ枝(浜木綿子)は亭主を売り、自身が組紐の会社を興し、活躍していく。

浜木綿子の愛らしさに驚いた、容貌だけでなく、声やしぐさなどすごく可愛い。とても80過ぎとは思えない。
姑ぎん(正司花江)の嫌味にも耐え、せっせと組紐の内職に励んでいたけれど、浮気男に堪忍袋の尾が切れたというところ。
うんうん、と激しく同意しながら観ていたけど、隣の夫はどんな気持ちで観ていたのやらww

今でこそ、女性起業も増えてはきたけれど、当時は相当の決断がいっただろう。金銭だけの問題ではすまなかったはずだ。
他の女性たち、きく子(大和悠河)や敬子(山田まりや)節子(臼間香世)らの演技もよくて、
石上(加藤茶)弘(小野寺丈)兄弟の複雑そうな話も軽く聞こえる。

とても楽しかった。
杉雄役は当初左とん平さんだったけど、病気降板となり急遽井上順さんに変更。
代役とは思えない出来栄えでした。左さんの早いご快復を祈ります。

mitmit 2017/07/16 10:00 私は同じ日の夜公演観ましたよ!浜さんのお芝居は過去3回観たことがあって、その中に「売らいでか」も入っている気がしてたんですが実は入ってませんで、今回初観劇でした。なつ枝さんも里子さんも杉雄さんも30歳代から40歳代の設定だと思うんですが、演じているのは随分高齢の皆様でしたが、活力漲っていましたね!浜さんは、ちゃんとセリフにあるんでしょうか、アドリブみたいに笑わせてくれましたよね。

teruteru 2017/07/19 06:44 mitさん、同じ日だったんですね(^^) 私は浜さんは初めてでした。最近は70〜80歳代でもすごく若い役者さんが多いですね。
そうそう、浜さんの姑さんに対するセリフでぼそっとつぶやくセリフがアドリブっぽくて面白かった。
笑いの中に働く女性の歴史が凝縮されていて胸を打たれました。「お金、お金をちょうだい」というセリフが切実だったです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/teru1016/20170702