Hatena::ブログ(Diary)

自由のドア

2016-04-24

鉄子と行く三江線の旅—春の大人の遠足 大盛況でした

| 19:52

鉄子と行く三江線の旅—春の大人の遠足、無事に終えることができました。大きな事故もなくほっとしました。遠くは東京から、なんと定員を超える29人の方が参加してくださいました!

旅のおともは、江津本町の人気カフェ「豆茶香」のオリジナル駅弁。地元の食材を使った色とりどりのお弁当はとっってもおいしくて。しかも、手書きのメッセージや解説付きで、感激でした。すっごく悩んで考えてつくってくださったそうです!

石見川本駅で下車し、地元川本の人たちに案内してもらいながら、まちを散策。90分あったので、どう過ごそうかな…と心配していたのですが、江の川の堤防と線路沿いを歩き、喫茶店で休憩したりしていたら、あっという間!最後は、すごく慌ただしくなってしまい、ちょっと申し訳なかったです。ごめんなさい!

f:id:terumism:20160424194919j:image:w640

帰りの列車内では、私が完全乗車を果たしたときのエピソードをお話ししながら、天気もよくなってきて、川沿いをゆっくりと走る車窓の風景も楽しみました。楽しんでいただけたかなーとドキドキしましたが、楽しかったという感想もいただいたし、皆さま笑顔で帰って行かれたので、ほっとしています。でもまだまだ改善点も感じたので、改善して、秋の遠足につなげたいです。

あらためて、参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました!!そして、豆茶香さん、川本を案内してくれたむっちゃん、浪崎さん、一緒に企画運営してくれた石王観光さん、Special thanks!です◎

今後も、鉄子の秋の遠足を含め、三江線沿線でいろんなイベントを応援&企画していきますので、引き続きよろしくお願いします!

今回は三江線沿線魅力化プロジェクトの一環でもあります。こちらのページで、そのプロジェクトの詳細と、そしてご支援をお願いしておりますので(4月28日まで!!)こちらも何卒よろしくお願いしまーす!

●廃線の危機にあるJR三江線を魅力化し、利用者を増やしたい!

2016-04-06

「鉄道と地域を語る」in石見川本駅 4/10です!

| 19:00

鉄道の話題が多い今日この頃ですが…!4月10日にまじめなトークイベントします。こちらもぜひお越しくださいね〜

あ!先日ご紹介した「鉄子と行く三江線の旅〜春の大人の遠足」は、好評のため、まもなく定員に達して締め切りになりそうです!ありがとうございます◎


廃止が検討されているJR三江線。でも、本当にそれでいいの?と、なんとなくもやもやしている人も多いのではないかと思います。赤字だから、人が乗らないから…

確かにそうかもしれませんが、でも!過疎化が進む地域だからこそ、住民ができること、そして、鉄道の役割もあるのかもしれません。そんな「地域」×「鉄道」のことを一緒に考えてみませんか?

ゲストナビゲーターには、全国で唯一の復活事例であるJR可部線の復活に取り組んだ「可部カラスの会」の寺本克彦さん(広島県)と、全国のローカル鉄道取材しているローカルジャーナリストの田中輝美さん(島根県)をお招きして、JR三江線石見川本の駅待合室で開催します!

会場の周りでは、鉄道に関係があったり、なかったりする古本や、地元・川本町物産などを販売します!どうぞ、お気軽にお越しください!

■タイトル:トークイベント「鉄道と地域を語る」in石見川本駅

■日時:2016年4月10日(日)午後2時〜3時半

■場所:石見川本駅駅舎待合室

■内容:鉄道と地域を考えるトークイベント

講師 可部カラスの会 寺本克彦氏(広島市在住江津市桜江町出身)

   ローカルジャーナリスト 田中輝美氏(JR在来線全線乗車達成者)

 

■定員:20人

■参加費:無

■申し込み 参加予定に入れられましたら、弊プロジェクトよりメッセージを送らせていただきます。お返事いただき次第、申込完了とさせていただきます。または下記の問い合わせ先にご連絡をお願いします。

■問い合わせ:090・8170・9894

       morita.i4374@gmail.com

■併催:「古本と川本町物産市」を駅の周りでやります!

         正午から午後4時まで

2016-04-03

鉄道書籍の取材で元銚子商業高校生に再会!

| 18:40

東京2日目。今日は、せっせと書いている鉄道書籍の取材でした。銚子電鉄のためにクラウドファンディングで484万3千円を集めた高校生(当時)の和泉くん。ちょうど1年前に取材し、あまりゆっくり話ができなかったので、書籍化のために再度お願いしてゆっくり時間をいただきました。

場所は、鉄道好き&本好きの私にとって最高の場所である、丸の内の丸善書店の中にあるカフェ。窓際の特等席に座ると、JR東京駅を行き交う電車が見えるのです!今日も和泉くんが特等席を確保してくれてて、うれしかったなあ。

それより何より!あらためて話を聞くと、ホントにホントに面白くて!ずっと悩んでいた本の章立てや展開も、おかげで固まりました。和泉くんに感謝!こんなに面白いんだから、それが伝わるように、やっぱり、がんばって書かなきゃね!先週は毎日書いていて、気力体力ともに消耗していましたが、気力が回復。がんばるぞ。

f:id:terumism:20160403134232j:image:w360


484万3000円を集めたプロジェクトはこちら↓

脱線事故で走れなくなった銚子電鉄をもう一度走らせたい!

2016-03-24

1年間のローカル鉄道連載終わりました!そして…

| 20:03

よくこのブログでも書いていた、日経グローカルでのローカル鉄道の連載。3月21日号で、予定通り、終わりとなりました!無事に1年間続けることができたのも、取材相手、そして、日経グローカル編集部などなど関係者の皆さまのおかげです。お世話になりました。本当にありがとうございました!ちょっとじーんとしています。

f:id:terumism:20160324181152j:image:w360

経緯などは下記をご覧ください。あらためて、本当に楽しい楽しい取材の連続で、あー伝えたい!と心から思うことが多かったです。そして…実は、書籍化が決まりました!!というわけで、ぼちぼち書いてはいたのですが、昨日までは名古屋の後大学に行ったりしていましたし、ジャーナリストキャンプの準備に追われてもいまして、いよいよ本格的に執筆に入りたいと思います!!また佳境だ〜と言っていると思いますが、貴重な機会をいただいたので、私が感じたドキドキワクワクがしっかり伝わる本にしたいと思います。詳細はまだ明らかにできないので、またあらためて。楽しみにしていてくださいね!がんばります!

●ご縁が紡いだ連載。日経グローカルで連載「鉄路と地域のハッピー作戦」始まりました!

2016-02-08

青森で「酒のあで雪見列車」に乗車

| 21:32

なんかタイトル見れば、すべてわかりますね…いつもの日経グローカル取材でっす!

f:id:terumism:20160208094728j:image:w360

青い森鉄道×星野リゾート青森屋「酒のあで雪見列車」に乗車。初年度ということで、まだまだ手探りな感じでしたが、でも一生懸命な感じとか手作りの感じが伝わってきて、よかったです!地酒とおつまみは絶品でしたよ◎うーむ役得。

f:id:terumism:20160208212751j:image:w360

明日は三陸鉄道です〜ついに日経グローカルの取材も最終回。思い出たくさん。ホント心から面白かった。これもなんとか伝えたいので、なんとか書籍化しようと動いてるところです!