Tea Junction next

2009-05-12

訛音ルカの可能性

f:id:tessin:20090419183603j:image:w200:right

 その発想はあった。

 気が付けば、ルカ様発売から早3ヶ月経過なのですね。発売日の熱さは面白かったなあ。それはともかくルカ様を我が家にお迎えしたらやってみたかったことは3つあったのでした。1 低音の歌を歌わせる、2 英語と日本語が交じり合ってる歌を歌わせる、が。まあ、今思い返せば、死亡フラグみたいなものでしたが。

 1の低音は…、日本語ルカ様って音素ごとの声質がすごくばらつくんですね。特に低音で歌わせるとそれが顕著で、扱いが凄く難しい。一音ずつ調整なんて僕には出来ないよ。あと、デモソングがああいう出来であったのも、この辺が理由なんじゃないかと推察します。魅力ある声なんだけどねぇ。高音だとバラツキが目立たないと言うかごまかし易いので、ルカ様の楽曲は発売前の予想と違って高いキーでの曲が多いような印象もあります。ミクさんのオルタナティブになりかかっててちょっともったいないかも。

 2の英語日本語ちゃんぽんは…、日本語ルカと英語ルカは声質が違いすぎて、曲の途中でひんぱんに切り替えるとキャラの同一性を維持するのが難しい。ボカロは英語が弱点であったので、ここにはかなり期待していたので無念。DTMの技術力と良い耳があれば同一性を保持するような調整もできるんでしょうけど、僕には無理無理無理。英語ルカの声もいい声なんだけどね。何かと使いづらいね>ルカ様。

 そんな感じでもんもんとしていた時に、だんちゃんPの『英語ルカでアグネス・チャン「ひなげしの花」』を観たのでした。

 しまった。やりたかったこと3のボーカフォネティックをすっかり忘れていました。ちょい悪Pのレオンが有名ですが、外国ボカロに日本語の歌を歌わせるのって独特の味があって面白いですよね。その中でもcmmzさん作の『希望の河』が僕は大好きで、多分100回くらい聴いてる。緊張感と抜けた感じが絶妙に相まって、すごく不思議な雰囲気の曲に仕上がってます。

 ところで日本語の曲を歌う英語ルカは訛のある発音から訛音ルカという仮称がついてるようですが、咲音メイコとか甘音アンとかみたいにキャラ付けがされてくと面白いよね。僕個人ではDDRアリス・イップがイメージです。桜の時の和装が特にピンポイント。アリスはオレの嫁。そういえば和服着たルカ様の絵って見たことないですね。誰か描かないかなあ。観たい。

 ということで、遅ればせながら作ってみた訛音ルカ動画ですが、最初はブラビの「Timing」を選択。これは既に非公開設定にしてますが、日本語ルカよりも素直に歌ってくれる印象です。次がDef Techの「My Way」で、これは地味に大変だった。英単語が多すぎで僕の手には余ったので途中までの未完成品です。でも、英語部分と日本語部分で声質が繋がるのは強みだなとわかった。これも数日間で非公開にする予定なので、興味のある人は観てみて〜。原曲ファンには怒られそうだけど、ボカロの可能性の一つだと思うのです。

 最後は大ちゃんの曲。というか、2の英単語多い曲ってこれをやりたかったんだよね。切り替えで使うと音素がばらついて、凄く音痴に聴こえるからお蔵入りにしてたんだけど、実験の一つと言うことで動画にしてみました。これもファンには怒られそうだけど、まあキニシナイ。浅倉ミクというマイナータグを巡回してる上級者向け。

 これはMMDで再現PVを作りたいと考えていて、割と悪戦苦闘中です。キャラはリンにするつもり。大ちゃんに似てるしね。

 ということで、訛音ルカ(仮称)の可能性のお話でした。ボーカフォネティックって結構面白いから、ルカ様所有者はやってみるといいですよ。辞書はだんちゃんPのブログで公開中です。日本語ルカで入力して、その後に英語ルカにチェンジすれば歌詞の入力もいつもどおりの大変さでしかないし。是非是非チャレンジを。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tessin/20090512/1242141301
フィードメーター - TEA JUNCTION next