ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Psychotherapist Tetoの日記あるいはふっくらネコてとの日記 このページをアンテナに追加

2008-01-05

[] 眠る前におすすめしたい村上春樹のエッセイ


走ることについて語るときに僕の語ること

走ることについて語るときに僕の語ること


不健全な魂を見つめて長編小説を書くために、健全な肉体をつくらんとして、自らの筋肉をなだめすかし叱咤激励し、過酷に酷使しながら走り続け、書き続けようとする作家のエッセイです。


村上春樹の文章は、選び抜かれ研ぎ澄まされた、巧みな職人によるものであるので、とくに彼の手によるエッセイは眠る前にすこーしずつ、なめるようにして読むのがふさわしいと私は思っています。毎日3〜5ページ読むと、職人技につつまれて、極上の眠りが訪れます。


これが文章のまずい作家の場合、ところどころの言葉づかいにひっかかって目が覚め、いいまわしのまずさに憤って目が覚め、展開のしょぼさに「えー」とがっかりして目が覚めます…。


そう、よい音楽と似ているのかもしれませんね。よい文章は脳をリラックスさせ、α派をだすのかも!


ほかにもおすすめな村上春樹のエッセイ

旅行記もステキだし、村上朝日堂のシリーズはほんとうにいいものです。よく眠れます。他は…まだ読んでいないかも。


遠い太鼓 (講談社文庫)

遠い太鼓 (講談社文庫)

辺境・近境 (新潮文庫)

辺境・近境 (新潮文庫)

雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行 (新潮文庫)

雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行 (新潮文庫)

やがて哀しき外国語 (講談社文庫)

やがて哀しき外国語 (講談社文庫)

村上朝日堂はいかにして鍛えられたか (新潮文庫)

村上朝日堂はいかにして鍛えられたか (新潮文庫)

村上朝日堂の逆襲 (新潮文庫)

村上朝日堂の逆襲 (新潮文庫)

村上朝日堂はいほー! (新潮文庫)

村上朝日堂はいほー! (新潮文庫)

村上朝日堂ジャーナル うずまき猫のみつけかた (新潮文庫)

村上朝日堂ジャーナル うずまき猫のみつけかた (新潮文庫)