Hatena::ブログ(Diary)

ほぼ日本映画専門サイト「キネマの星座」

星による評価はあくまでも目安。5つ星で評価しとります。大体が星4つから2つまでの範囲です
★★★★★・・・映画ファンならば必ず見るべし
★★★★・・・・ぜひ見ておきたい作品
★★★・・・・・映画館で見ても損はなし。ここまでは標準
★★・・・・・・時間がないならスルーでもOK
★・・・・・・・金払う価値なんてない
星なし・・・選外。フィルムの汚れは映画とは認めない。
★・・・日本映画新作 ☆・・・日本映画旧作
●・・・聖林新作 ○・・・聖林旧作
▲・・・非聖林新作 △・・・非聖林旧作
■・・・韓国映画新作 □・・・韓国映画旧作

2005-08-21

teamamerica

星による評価はあくまでも目安。5つ星で評価しとります。大体が星4つから2つまでの範囲です

★★★★★・・・映画ファンならば必ず見るべし

★★★★・・・・ぜひ見ておきたい作品

★★★・・・・・映画館で見ても損はなし。ここまでは標準

★★・・・・・・時間がないならスルーでもOK

・・・・・・・金払う価値なんてない

星なし・・・選外。フィルムの汚れは映画とは認めない。


☆・・・旧作(関西において本年以前に公開された映画

■・・・二回見た作品

[][][]バス174

バス174 8/4 みなみ会館

★★★

2000年6月にブラジルで起こったバスジャックの事件のドキュメンタリー。あんまり関係ないですが、ちょうど日本でもその一ヶ月ほど前にあのネオ麦茶が起こってました。この事件の特徴は地元警察がすぐに終わると軽く考えて現場封鎖をしなかったせいでテレビ局が入り込んで、あさま山荘陥落のようにテレビで事件の様子が同時中継が行われていたことだ。おかげで警察も強硬作が取れずに苦労して事件はどんどん長引いていった。ブラジルの視聴者はテレビに釘付けになり、この中継はこの年の最高視聴率をマークしたらしい。ドキュメンタリー監督のジョゼ・パジーリャは中継のフィルムに加えて、犯人家族や関係者にインタビューをして映画を完成させた。映画の製作に入った時にはテレビ局から映像の使用権は得てなかったし、警察が警官に事件について語ることを禁じていたから神経を使う作業になったらしい。証言する警官はマスクかぶってたしな。。ブラジルの大きな社会問題の一つであるストリートチルドレンの現状について忌憚無く、描き出している。「シティ・オブ・ゴッド」がほぼ実話というのにも吃驚したが、ブラジルではこの問題が深い社会問題になっていることを知る。しかもブラジルは立派な先進国経済規模も大きい。国民の半分が飢えているような発展途上国の話ではないのだ。社会学者の言う「彼らは無存在なのです。社会が彼らのことを見ないようにしている」という言葉に現職の警官を含んだ殺人集団が次々とストリートチルドレンを殺した事件にも世間はほとんど見て見ぬフリで犯人に保釈金のカンパが行われている現状が激しく胸を打つ。幼くして母親を殺された犯人が事件の直前に母親と同じくらいのおばさんと同居してたというのが印象に残った。社会問題にも興味ある人にはオススメ。作品自体は中盤に少し寝た。

[][][]チーム★アメリカ/ワールドポリスTeam America World Police

チーム★アメリカ/ワールドポリス 8/4 京極弥生座1

★★★★

アメリカで公開された時から楽しみにしててやっと見れたという感じ。金正日が出てるし、日本で公開できるかが少し心配であったがまずは無事に見れたということを素直に喜びたい。サウスパークのトレイパーカー、マット・ストーンが「サンダーバード」みたいな操り人形で作ったアクション映画日本国内でも必要以上に盛り上がりまくった、昨年のアメリカ大統領選の直前に公開されて、話題になっていた。前評判はブッシュ政権を茶化す映画ということだったが実際の「チーム・アメリカ」はブッシュもその反対派も含めて熱くなっている連中に水を、ついでにクソもぶっ掛けて笑いものにするみたいな内容でどちらかと言うと反対派の方がボロカスに描かれている。イラク戦争に反対していた俳優アレック・ボールドウィンショーン・ペンマット・デイモンにそしてなぜかマイケル・ベイ(登場は無いけど)がボロカスにたたかれている。マット・デイモン人形はアホ面にしか見えないのだが、そっくりで出てきただけで笑った。トレイとマットはブッシュ大統領になった時にブッシュそっくりさんを使ったコメディドラマ「ザッツ・マイ・ブッシュ!」をやったりしてたし、マイケル・ムーアのダチだし(マイケル・ムーアの死に様は出演者の中で一番かっこいい)ブッシュのことが嫌いだと思ってたけど。でもドラマブッシュ大統領になる前からの、新大統領ドラマを作るという企画だったみたいだし、特に思い入れもなかったんだろう。「ホワイトハウス」のパロディだったこのドラマは全然人気が無くてすぐに打ち切りになってるしな。「サウスパーク」同様にいろんなもののパロディエロネタ、グロネタ満載でたっぷり楽しませてくれる。まあ見て損はないです。カップルにはオススメできんが。ゲロやセックスシーンは特にいらないのだが、やたらにしつこい。わざわざ人形にしたのはこれがしたかったからかと思うぐらいだ。この人形もめちゃくちゃ金かかってるだろうし、すごい技術なんだろうけど、使用方法がアホ。実に彼ららしい。(笑)アメリカ映倫が怒ったのは人形のセックスシーンの方だったらしい。相変わらず、使われている曲がとてもいい。パールハーバーはクソだ〜って言う歌が実にいい。サントラ出ねえかな。なお、映画の中で一人だけ人形じゃないのは金正日のパパの銅像で金ぴかに塗ったオッサンがやってるそうです。理由は「長い間、撮影してるとだんだんオッサンの手がぷるぷる震えてくるのが面白いから」だそうです。あ、それからラストの演説のシーンで日本の代表としてやんごとなき御夫婦が出ていたことに気付いてました?あんまり似てなかったけど。

別冊映画秘宝 チーム☆アメリカ/ワールドポリスインサイダー

別冊映画秘宝 チーム☆アメリカ/ワールドポリスインサイダー

[][]甲子園に行って来た

f:id:tetorapot:20050820095337j:image


 昨日は甲子園駒大苫小牧京都外大西高校の決勝を見てきました。とにかく、関西勢の決勝進出だし、あの明訓高校ですらもできなかった連覇で、まあそれは漫画なんだが(まあ水島新司先生の頭の中だけでは現実だけどな)すごい記録もかかってるし、世間の注目度も高いわけです。2時間も前に行けば大丈夫かなと思っておりましたが同行の友人が言うには9時までに行かないと内野席は無理、と。この暑い中、無料とは言え、日陰の無い外野席で見るのはしんどいなと早朝より行って参りました、甲子園


8時半にはもはや長蛇の列。

f:id:tetorapot:20050820092457j:image

あちゃっ、もう無理かなと思いますが9時半の開場で券を入手。中に入ると案外に広いのでありました。思えば今までプロ野球を含めて外野でしか野球見たことなかったわね。しかも銀傘の下は日陰で(当たり前か)風の通りも良くて案外に涼しかった。

 驚いたのは三塁側(苫小牧)の応援の多さ。

f:id:tetorapot:20050820115119j:image

地元の京都に比べると北海道だし、圧倒的に京都のファンばかりと思ってたんですが。やはり、連覇を狙えるチームにはファンが多く、長年の高校野球ファンと思われる年輩の方が一生懸命に応援しておられました。アルプス席が一睡の余地が無いほどの満員で苫小牧の人がみんな来てるんじゃないか、と思うほどであった。もちろん、一塁側(京都外大西)も満員で試合開始の頃になると外野もぎっちりぎっちりと寿司でもこんなに詰まらんと言う感じであった。数年前に京都成章という坊さんの学校松坂大輔横浜高校の決勝も見に行ったことを思い出した。あの時は試合開始前の二時間前に行ったんだが内野は売り切れ。外野の上の方で座ってたんだが通路までぎっちりぎっちりでトイレも行けずに売り子さんも立ち往生状態であった。内野が取れてよかった。。難は出入りできないので、ずっと甲子園の中でプレイボールまでの3時間半をつぶすことぐらい。記者席の上に陣取り、話をしたり、甲子園カレーを食ってるうちに時間は過ぎ去り、試合開始であります。

 のっけから苫小牧のエラーで一点先取して喜ぶもつかの間、その裏でこちらもエラーして同点に。京都外大西の方が幾度もランナーを出すんだが点につながらん。今にして思えば、ランナーは出してもホームだけは踏ませない野球苫小牧がしてたことに気付く。7回に追いつくもその裏に本田投手が乱調で2点取られてあとはあっけないもんだった。ホームランは出ないし、長打も少ない試合でしたが息が詰まる試合で一度も席を立つことがなかった。やはり見に行ってよかった。

 帰りに梅田ジュンク堂にて久々の散財。前から欲しかった「脇役本」「脚本家橋本忍の世界」を入手す。しかし見る映画がねえなあ。。暇だ。

脇役本―ふるほんに読むバイプレーヤーたち

脇役本―ふるほんに読むバイプレーヤーたち

脚本家・橋本忍の世界 (集英社新書)

脚本家・橋本忍の世界 (集英社新書)

PREMIER SHOT #3 CLIP&LIVE COLLECTION [DVD]

PREMIER SHOT #3 CLIP&LIVE COLLECTION [DVD]

Bohbo No.5

Bohbo No.5

人気blogランキングへ登録しました。

tkrtkr 2005/08/24 22:56 トラックバックありがとうございました。
「徒然雑草」のtkrです。
お久しぶりです。

わたしは「モンタージュ」の曲が完全にツボでした。
今後の映画鑑賞に問題が出るくらいの驚愕の曲でした。

日本映画ですが、「サマータイムマシン・ブルース」は結構面白かったです。本広なので、莫迦にしてやろうと思って試写にいったのですが、問題はあるものの結構楽しめました。

tetorapottetorapot 2005/08/25 23:09 コメントありがとうございます。
お元気そうで何よりです。いつも読ませていただいています。

「チーム・アメリカ」はすごい映画でしたね。音楽も実に良かったです。「ベンに演技学校が必要なように僕には君が必要だ。キューバ・グッディングJrはやたらに大役を欲しがるけどベンよりはマシだろう。今日の僕はクソだ。パールハーバー並みにクソだ。でもこんな僕よりもパールハーバーの方がクソだ」という歌詞で大笑いしてました。「私はエイズ」も笑いましたが。サントラ売ってないんですよね。実に残念です。

「サマータイムマシン・ブルース」は予告を見る感じではどうかなと思ってたんですが出演者が大変に楽しそうでちと興味はありました。見てみます。日本映画のマスコミ先行型は「ゴーストシャウト!」もそうなんですが、なんかダメそうと思っても意外な傑作であることがありますしね。だからファンをやめられんのですが

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tetorapot/20050821