Hatena::ブログ(Diary)

放浪するエンジニアの覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-11-14

ハブはSingapore

| 10:40 |  ハブはSingapore - 放浪するエンジニアの覚え書き のブックマークコメント

Amzon Web Service(AWS)から、ニュースレターが届いた。その中に「シンガポールにアジアのデータセンターを置く」というアナウンスが載っていた(これ)。

日本からAWSを使って見ると、SSHで操作する際などで結構な遅延(latency)が発生する。特に、ラインエディタを使うときは要注意で、テンポがずれてしまってしばしば間違ってしまう。

このニュースレターから、こういった遅延を発生させないことを狙いにして、AWSデータセンターをアジア太平洋地域に置くことにしたらしい。だが、それが日本ではなくシンガポールに置かれてしまったのはちょっと寂しい感がある。AWSは今のところ英語環境しかないので、英語に不自由のないシンガポールという選択かもしれないし、ネットワークHUBとしての環境が整っているためからかもしれない。

ニュースレターには、2010年の前半はシンガポール内、後半から他地域にサービス提供となると書いてある。サービスの内容は

と書いてある。

「日本-シンガポール間のネットワークのスループットは悪くはない」と、以前、KDDIの方にお聞きしたことがある。実際、シンガポールはアジアの金融、航空のハブを提供している。だから、国際回線が悪かろうはずもない。これに対して、日本は金融のハブではなく、ハブ空港もない。

AWSの遅延は緩和されると思われるが、なんとはなしに寂しい感じがする。