Hatena::ブログ(Diary)

The Life and Music Crossroad このページをアンテナに追加 Twitter

2009-02-13

Perfume

 そろそろ花粉症の季節到来。黄砂が降ってくる季節になると、決まって僕の鼻もむず痒くなってくる。毎年常用しているのはアレグラといって、『パイロットも飲める』が売り文句の眠くならない薬。

 花粉症で何が困るかっていうと、くしゃみ・鼻水は勿論だけど、やっぱり鼻づまり。息をするのもしんどいし、何といっても微妙な匂いがわからなくなる。

 脳神経は全部で12個あって(嗅神経、視神経、動眼神経、滑車神経、三叉神経、外転神経、顔面神経、内耳神経、舌咽神経、迷走神経、副神経、舌下神経)、匂いを感じる嗅神経は、脳の中で最も原始的なものといわれる。つまり、匂いは人間の本能的なところに深く結びついてるわけ。

 鼻がつまったまんまで、コーヒーを飲んでも、ラーメンを食べても全くおいしくない。味と匂い(香りといってもいい)が混然一体となって、五感に訴えてくるからだ。

f:id:tetsuyaota:20090213102826j:image:left 匂い・香りをテーマにした映画がある。「パフューム〜ある人殺しの物語」

 猟奇的な場面も結構あるので万人にお勧めではないんだけど、天にも昇るような芳しい香りから鼻をそむけたくなる醜悪な匂いまでの全てが、奇想天外なストーリーの中に詰め込まれている。美しい映像とともに、如何に人間の根源的な欲求が匂いと結びついてるかを実感できる。

 本編よりは予告編ポスターの方が、映画の内容をより深く暗示しているので、興味ある方はご覧あれ。とりあえず、僕は鼻づまりの予防に精を出そう。匂いを失わないように。