Hatena::ブログ(Diary)

dandy-papaの休日

2017-06-18 「少女キネマ」

tetu-eng2017-06-18

「少女キネマ」

| 15:26

少女キネマ」 

(或は暴想王と屋根裏姫の物語)

一(にのまえ) 肇(はじめ)

平成29年2月25日第1刷発行

角川文庫

入梅してから、ちっとも雨が降りません。それどころか、乾燥注意報が発令されています。天気予報でも、雨の降りそうな気配がありません。いわゆる「空梅雨」なのでしょうか?長期予報では、6月は、平年より多い。7月は、平年並み。ということだったと思いますが・・・・??雨が降らないと、お百姓さんは困ったことになるでしょうし、夏場の水不足も心配です。

一人と一匹の生活がスタートして1週間。ぼくは、段々と、単身赴任生活のリズムに慣れてきました。一方、相棒は、どうなんでしょうか?忠犬ハチ公みたいに玄関のドアの前で、飼い主の帰りを待ちわびています。彼のストレスが溜まらないように、朝と夕方は欠かさず、散歩に連れて行っています。夜も、彼とジャレアッテ遊んでいますが、どうなんでしょう。雨が降らないのは、朝夕の散歩には、好都合ですが・・・・・。

「共謀罪」法の強行採決で、国会は大騒ぎです。今、オウムのサリン事件が起これば、おそらく、「共謀罪」全党一意で可決だったのでしょうか?「忘却とは忘れ去ることなり」赤軍派のハイジャック、爆弾テロなど、30年前の日本は騒然としていました。何時また、日本でテロ事件が発生しても、おかしくない情勢ですが・・・・。身内の者が、被害にあってから、騒ぎ出しても遅いと思いますが・・・?司法の独立を信じましょう。

さて、読書雑感ですが・・・

そのまえに、この小説の作者の苗字が奇天烈・・・なり。一(にのまえ)さん。何て読むのかな??と考えたら、一(いち)、二(に)、三(さん)で、二(に)の前だから、(にのまえ)と読むのでしょう。本名なのか?ペンネームなのか?それは、知りませんが、また、他に同姓の方が、実在するのか?日本語って、面白いね。ユーモアがあります。英語などの外国語には、同様な洒落た用法はあるのでしょうか?

天井裏に少女が潜んでいて、突然、現れたら、あなたは、どうしますか?作者の名前が奇天烈ならば、小説の舞台設定も奇天烈です。ぼくの家は、マンションなので、そんな心配はありません。少女の名前は「さち」。5年前から天井裏を住処にしていたらしい。下の住人は、大学生の戸倉和成(20歳)。

「FUJIKA―Single8−ZC3000」

これは、八ミリカメラの名前です。和成は、高校時代の親友である才条と同じ大学に入学して、彼の遺作で未完の映画を完成させるために奮闘します。その映画のタイトルは、「少女キネマ」。そして、この映画には、天井裏の「さち」が深く係わっていました。

『「少女キネマ」の空白のラストシーンに何を入れるべきなのか、延々思考する。が、まさに空白である。何も思い浮かばない。ずしりと重い罪悪感で身体が地に沈むようであった。

「ミロのヴィーナスは腕がないから評価される、か」

伊祖島氏の言葉を反芻してみた。当たり前のことだけれども、観客それぞれの嗜好を持つ。その想像力で補完された映画こそが完璧な映画ではないのか。観る人のそのときの状況に合わせられて、観る度に違う印象を受ける映画、ずるいではないか。そんなの勝てるわけがない。

「才条、おまえはそこを目指していたのか」

僕は天井を見上げて呻いたが、誰も答えてくれなかった。』

この小説、一(にのまえ)さんの処女小説だそうです。スピード感がある面白い作品だと思います。

2017-06-11 相棒との生活

tetu-eng2017-06-11

相棒との生活

| 14:13

と、或る事情で、一人と一匹の生活がスタートしました。独身生活を謳歌できると思ったら大間違い。平日のタイムスケジュールは、自由時間は、夜の2時間のみ。こりゃ、大変です。

朝は、分刻みのハードスケジュールですね。

6:00・・・起床・・・ベッドの上で瞑想

6:10〜20・・・ベランダの草木の水遣り

6:20〜30・・・朝食準備(ドッグフードの準備も)          

6:30〜45・・・朝食(定番;卵かけごはん、みそしる、納豆、梅干、のり、ヨーグルト青汁

6:45〜50・・・お片づけ

6:50〜7:15・・・相棒のお散歩

7:15〜7:35・・・出勤準備

7:40・・・出勤

f:id:tetu-eng:20170610221706j:image:w360

夕方は、自由時間もありますよ。

18:20〜18:30・・・「そごう」でメインの惣菜を調達

18:45・・・帰宅

18:50〜19:20・・・相棒のお散歩

19:20〜19:30・・・夕食準備(ドッグフードの準備も) 

19:30〜19:50・・・夕食(定番:ごはん、みそしる、肉or魚、冷奴、サラダ、ヨーグルト

19:50〜20:00・・・お片づけ

20:00〜21:00・・・自由時間

21:00〜21:30・・・入浴and洗濯

21:30〜22:00・・・ストレッチ

22:00〜23:00・・・自由時間

23:00・・・消灯

この生活が続きますので、夜のお付き合いは、当分の間、ご勘弁をお願いします。

あしからず。

2017-06-04 「桜ハウス」

tetu-eng2017-06-04

「桜ハウス」 

| 16:11

「桜ハウス」

藤堂 志津子

2009年3月25日第1刷発行

集英社文庫

木曜日の夜のこと。

ちょうど、お風呂から上がって、錦織の試合を見ていると、突然、外が騒がしくなりました。大風と大雨。すると、ベランダで大きな音がしました。「やや、植木鉢が花台から落ちたかも?」窓を開けて様子を窺うと「やはり!」しかし、あまりの横殴りの雨でベランダに出ることもできません。

しばらくすると、風がおさまったので、そっと、ベランダを窺ってみると、案の定、「藤の花の植木鉢」が花台から落ちていました。下にあった「オリーブの鉢」を抱えるようにして、オリーブの鉢の横の別の鉢の上に、上手に乗っかっていました。なんとも不思議な光景です。幸運にも、オリーブの木に損傷はなく、また、藤の花も損傷なし。植木鉢も割れていない。

「藤の花の植木鉢」(直径30センチ、高さ40センチの鉢)は、1メートル以上ある花台の上から、スライドするように飛ばされて、上手に着地をした様子です。まことに、不思議な現象ですが、事実です。細君と2人、おっと、もう一匹と首をかしげながら、この現象を眺めていました。

やや、雨が小降りになったので、ベランダの不思議な現象を片付け始めたら、今度は、青い稲妻とともに大きな落雷の音「ドッカーン」。「ワンワン」「キャンキャン」・・・「ピッカ、ピッカ」「ゴロゴロ」まったく、騒がしい。テレビは、ピンポーン「竜巻注意報」のテロップ。これも、地球温暖化の影響でしょうか?

おいおい、毎年毎年の異常気象。こうなってくると、異常ではなく、普通になってしまう。今世紀末には、デング熱が北海道で流行とのこと。今世紀末には、生きてはいないが・・・・ひょっとすると、生まれ変わって北海道に住んでいるかも?すると、お騒がせのアメリカ大統領トランプが「パリ協定から脱退表明」。そのうち、アメリカは世界の異端児・・・いや「ジャイアン」になっちゃいそうです。

やはり、人類は、地球温暖化を抑制するための英知を結集した努力が必要でしょう。

愚だ愚だと、ここまで、書いてきて、漸く、「読書雑感」です。

『喧嘩別れしたとかの、気まずい理由から四人そろって再開できなかったのではなかった。

ただ四人それぞれが、過去をなつかしむという、そういう時期の訪れが必要だった。

その年月は短すぎても長すぎても実現しない。

おそらく、ちょうどいまなのだろう。自分たち四人にとっては。

ベランダから見える黄色味の濃い月を、これにそっくりな色の月を、どこかで見たことがあるけれど、いつ、どこでだったか、蝶子はいくら記憶をたどっても思い出せなかった。』

3年間、年代の違う女四人がハウスシェア。そして、7年ぶりに「桜ハウス」で再開。年代、仕事、性格などバラバラの四人、でも、ホンネで話すことができる四人のお話。

3年間、いっしょに暮らしていて、7年間会わなければ、もう、他人でしょう。なんて身も蓋もないことを言ってしまいますが、四人の大人の女の恋愛小説・・・といっても、ドロドロ感のないスッキリした恋愛小説を得意とする作者らしいです。4編の短編連作なので、あっ、という間に読み終わって、あとは、おぼろ!あとは、おぼろ!

この本も、長らく本棚の肥やしになっていたのですが・・・もう一冊、「夫の火遊び」というタイトルの続編もありますね。でも、もう、読まないかも!残念!これが、ぼくの感想です。あっ、大人の女性向の小説なのでしょう。失礼しました。

2017-05-28 「旅猫リポート」

tetu-eng2017-05-28

「旅猫リポート」

| 13:38

旅猫リポート」 

有川 浩

2017年2月15日第1刷発行

講談社文庫

不安=こだわり

人間、「こだわり」を捨てれば「不安」は解消される。物事に執着しなければ、そこから雑念が消え、ストーリーを妄想しなくなる・・・ということらしいです。「物事に執着しない」ということは、余程の聖人君主の為せる業であり、ぼくなど、凡人中の凡人は、何事にも「こだわり」そして「執着」して、頭の中は、妄想であふれかえりそうになるものです。

そんなおことを考えていると滅入ってしまうので、土曜日、久しぶりに西神テニス(会社の仲間のサークル)に行きました。午前中、何も用がないので、まだ、お休み中の細君と相棒に気づかれないように(まあ、気づいていると思うけど)、家を出ました。初夏の爽やかな早朝、デイリーヤマザキでサンドウィッチを食べながら深呼吸。気持ちいいですね。

f:id:tetu-eng:20170527081401j:image:w360

そのまま、テニスコートに行ったら、駐車場でIくんが車の掃除中。ついでに、ぼくの車も掃除していただき、ありがとうございました。持つべきものは友達です。テニスコートも、新緑につつまれて、風も心地よく、今が、一番、素敵な季節です。約2時間、テニスに興じたり、ガハハハッと笑いながら、世間話に花を咲かせたり、ストレス解消の妙薬です。

f:id:tetu-eng:20170527085030j:image:w360

ということで、今週は、ぼくの大好きな有川浩のロードノベルです。

吾輩は猫である。名前はまだ無い。・・・と、仰ったえらい猫がこの国にいるそうだ。

その猫がどれほどえらかったのか知らないが、僕は名前があるという一点においてのみ、そのえらい猫に勝っている。

もっとも、その名前が気に入っているかどうかはまた別の話である。何故なら僕につけられた名前は僕の性別に合致していないこと甚だしいからだ。』

僕の名前は、「ナナ」。野良猫である。ある日、僕は車に轢かれて、瀕死のケガを負ってしまった。助けてくれたのが、「サトル」。「ナナ」という名前は、「サトル」がつけてくれた。ある日、サトルは、ナナと旅に出ることにしました。その旅は、ナナを引き取ってくれる飼い主探しの旅です。なぜ、飼い主探しか?それは、この本を読んでください。

サトルと暮した五年間、僕はいつだって聞き分けのいい猫だった。たとえ、僕の一生の鬼門である病院に連れて行かれるときだって、ケージに詰め込まれるのに抵抗して大騒ぎなんかしない猫だった。

さあ、行こう。サトルのルームメイトとして申し分ない猫だった僕は、サトルの旅の道連れとしても申し分ない猫であるはずだ。

サトルは僕のケージを提げて、銀色のワゴンに乗り込んだ。』

サトルとナナは、銀色のワゴンで、サトルの小学校、中学校、高校、大学の友達を訪ねますが、なかなか、ナナのお見合いは成功しません。この旅は、サトルの人生を振り返る旅でした。そして、その旅の最後に待ち受けていることは・・・・。

また、泣いてしまいました。とにかく、最近、ちょっとしたことで、涙が滲みだし、そして、ポロポロと頬を伝って流れ出します。子役と動物には勝てないといった大俳優がいますが、小説も、子供と動物には勝てません。有川浩さんの真骨頂を垣間見た小説でした。お薦めです。

2017-05-21 「リバース」

tetu-eng2017-05-21

「リバース」

| 16:18

「リバース」 

湊 かなえ

2017年3月15日第1刷発行

講談社文庫

ナウ、金曜夜10時TBS系で放映中の連続ドラマの原作。小説を読んだので、ドラマは観ていません。サスペンスドラマで、結末が判っていたら、観ないでしょう。

『「深瀬和久は人殺しだ」

いきなり突き付けられた息の根を瞬時に止めてしまいそうな言葉を、どうにか受け止めることができたのは、今日一日の流れがここに収束するのではないかという予感が、胸の片隅に無意識のうちに芽生えていたからかもしれない。』

この一片の手紙は、深瀬(事務販売会社勤務)が付き合っている美穂子(パン屋)のアルバイト先に届いた。同じ内容の手紙は、大学のゼミの同窓生の浅見康介(高校教師)、村井隆明(建設会社勤務)、谷原康生にも届いていた。3人とも、もちろん「人殺し」と謗られる心当たりはないが・・・・共通の気になることが一つあった。

大学生活の最後、深瀬、浅見、村井の3人と同じゼミの同窓生である広沢由樹は、斑丘高原にキャンプに出かけたことがある。そのとき、広沢は、自動車事故で不幸な死を遂げた。嵐の夜、広沢は一人で、遅れてやってきた村井を迎えに行くために、不慣れな自動車で別荘を出発したが、その途中、崖から転落したのである。

なぜ、広沢を一人で行かせたか?深瀬、浅見、谷原は、それぞれ、後ろめたさがあるが、それが、「人殺し」か?村井が、迎えを強要しなければ・・・でも、それが「人殺し」か?4人の心は、この一通の手紙を巡って、ちれぢれに揺れ惑う。そして、「リバース(逆転)」。そして、「リバース(逆転)」。

そんなサスペンス小説ですが、主人公の深瀬は、幼い頃から友人関係に悩んでいた。この小説では、つねに、友人とはなにか?という命題が、手紙の届いた4人の友人関係の中で、問いかけられている。夏目漱石「こころ」、武者小路実篤「友情」、森鴎外「青年」などなど友人、友情は、永遠のテーマです。

『小学生の頃から、親友と呼べる友だちは一人もいなかった。もしも、友人の名前を五人挙げろという場面が生じたら、三人ほど、深瀬の名前を書く者はいたかもしれない。だが、一人だけ挙げろと言われたら、誰も深瀬の名前を書かなかっただろう。深瀬がたった一人挙げる人物は、五人中にも深瀬の名前を挙げていなかったかもしれない。』

さて、ここからが、本題です。

福沢諭吉は、晩年に「我に莫逆の友なし」とぼやいていたそうです。そもそも、友人とは、「ともだち」の漢語表現。「ともだちと」は、「一緒に何かをしたり遊んだりして、親しくつきあっている人」(「広辞苑」。

ぼくに、あなたに、「ともだち」はいますか?

しかも、双方向に「ともだち」と言い合える人がいますか?

ぼくには、いないでしょう。なぜか?えっ、みなさんには、いますか?この機会に、考えてみたら、福沢諭吉のように「ぼやき」の一つも出るかもしれません。そもそも、ぼくは、人付き合いが苦手な性格なのでしょう。そして、人からみたら、きっと、嫌味な性格なのでしょう。それじゃ、ぼくのことを「ともだち」と言ってくれるもの好きな人はいないでしょう。

所詮、人は、一人でしょう。ただし、細君と息子にとっては、ぼくは、夫であり、親であることは間違いないことです。それで、十分なのかもしれません。あとは、欲張りなのかもしれませんよ。福沢先生!

2017-05-14 「天使は奇跡を希(こいねが)う」

tetu-eng2017-05-14

「天使は奇跡を希(こいねが)う」

| 16:24

「天使は奇跡を希(こいねが)う」 

七月 隆文

2016年11月10日第1刷発行

文春文庫

雨の土曜日。久しぶりに阪急電車に乗って「逆瀬川」まで、お出掛けしました。「仁川」の阪神競馬場には、ときどきお邪魔しますが、「逆瀬川」で下車したのは初めてです。西宮北から仁川までは、低層のマンションしか見ませんが、逆瀬川から宝塚方面には、結構、高層マンションが目立ちます。

何のために「逆瀬川」に来たかというと、某先輩たちとランチを共にするためです。それも、ぼくには不釣り合いなフランス料理のフルコースです。お店は、コンクリートの打ちっ放しのお洒落なレストラン。でも、外見からはレストランには見えません。看板も出ていないので一見では無理ですね。

そのお店で、シニア3人がワインを飲みながらランチを共にして、いろいろと雑談を交わす。なんて、女子会みたいですが、なかなか、お洒落な2時間を過ごしましたね。たまには、こういった企画もウェルカムです。

ということで、読書雑感です。

ちゃらい本を読みました。超ライトノベルです。女学生・・・言葉が古い・・・に人気のある本らしいです。たまには、女学生気分でこういった本を読むのも気分転換になるかも・・・キモイかな。でも、コミックみたいな小説なので一気に読了です。どんなに「ちゃらい」か、冒頭を紹介しましょう。

『ぼくのクラスには天使がいる。

天使のように可愛いという比喩じゃなく、正真正銘、本物の天使だ。

星月優花(ほづきゆうか)というなんだか芸能人みたいな名前をした彼女は、その字面ほどではないけどけっこう可愛く、表情の動きが魅力的で、笑顔はぱっと光るような華がありーーー

背中から大きな白い翼を伸ばしている。』

でも、この翼は、ぼく(新海良史)にしか見えない。なぜ、天使がいるの?・・・なぜ、ぼくしか見えないの?これは、小説を読んでからのお楽しみです。

ぼくの目の前に、天使が現れたらどう思うだろう。まずは、「あれ!ぼくは死んだのかな?」って思うでしょう。つぎに、頬をつねって生きていたら、この天使は、ぼくを連れにきたのか?ってことは、今から死ぬのか?いずれにしても、天使さんは、死の世界と何らかの関係があると考えるでしょう。いずれにしても、天国だよね!!

そんな本・・・なぜ、読んだかって?舞台が、今治だからです。今治の風景が、たくさん、描写されています。来島海峡大橋も素敵に紹介をされています。

瀬戸内海にかかる、来島海峡大橋

別世界が垣間見えたかと思うような、これまでとスケールの違いすぎる景色が前ぶれもなく飛び込んできた。

天国の色彩だ、と思った。

光る雲を散らせた青空に向け、白い主塔が荘厳にそびえている。

巨大さが現実感を軽く揺るがせ、空との綺麗すぎる対比に圧倒された。

Hに似た形の主塔がいくつも立ってつなぐ大橋が、遥か先の島まで架かっている。海と島。三百六十度の非日常の広がり。あまりの鮮やかさと規模感に、幻想世界(ファンタジー)の建造物という印象さえ浮かんだ。』

いいね!!