Hatena::ブログ(Diary)

dandy-papaの休日

2017-03-26 「黒書院の六兵衛 上・下」

tetu-eng2017-03-26

「黒書院の六兵衛 上・下」

| 14:57

「黒書院の六兵衛 上・下」 

浅田 次郎

2017年1月10日第1刷発行

文春文庫

『「もしもし、○○議員の秘書の○○と申します。」

「はい、お世話になっています。」

「実は、××の件で、□□さんから、お話を聞いて欲しいという依頼がありまして、そちらで、お話を聞いていただけますか?」

「○○先生のご紹介なので、お話は聞かせていただきます。」』

なんて、遣り取りは、何度、経験したことだろうか?与党、野党を問わず、国会議員、地方議員からの口利きは、行政などにとっては、日常茶飯事です。そもそも、国民の声を拾い上げて、行政などへの橋渡しをするのは、議員の皆さんのお仕事の一つでしょう。「口利き」というと悪いイメージですが、国民の声を届ける役割もあると思います。

森友学園問題」が世間をにぎわしていますが、その話題の一つが、政治家が金を貰ったのではなく、政治家が寄付した・・・していないという「いい合い」になっているということです。奇妙な話です。そんなのどっちでもいいと思うのですが??この程度の話で、一国の総理の言うことと、胡散臭い関西のおじさんの言うことと、どちらを信じますか?国会で、ドタバタする必要はないでしょう。

本題は、国有地の8億円の値引きが適正だったか否かでしょう。これが、適正な値引きなら、まったく問題ないのに、なぜ、この議論を置き去りにしているのか?政治家も、マスコミも、どうかしちゃいませんか?森友学園の周辺地も、同じように値引きしていたらしいですが、これも含めて、適正な国有地の売却であったかを検証する必要があるでしょう。

仮に、不適当ならば、なぜ、不適当な価格になったのか?この検証が必要になります。議論の順番が違うように思えます。

余談は以上です。

時は、幕末江戸城の明け渡しのとき。御書院番士の的矢六兵衛なるものが、江戸城の黒書院に鎮座してピクリとも動かず、いわゆる居座りを決め込みました。城明け渡しのお先手として送り込まれた尾張徳川の徒歩組頭の加倉井隼人は、ニッチサッチモ動かない六兵衛に困り果てます。

力づくでも六兵衛を動かすことを躊躇する勝安房守。なぜ、力づくがダメなのか?無血開城にこだわる西郷隆盛。天朝様が、お入りになる城内を汚してはならない。すべて、納得詰めでなくてはならない。

西郷隆盛が厳に命じたのである。江戸城明け渡しの儀において、腕ずく力ずくは一切まかりならぬ、と。

熟々慮(つらつらおもんばか)ったあげく加倉井隼人はついに決心した。

西郷の真意に思い至ったのである。旧幕の旗本御家人に不満のなかろうはずがない。誰しもがかろうじてその不満をおしとどめているのだから、些細な悶着で一気に爆発するやもしれぬ。

ましてやこの西の丸御殿には、やがて天朝様が玉体をお運びになる。天照大神より一系に続く現人神のお住まいを血で穢すなど、恐くの至りである。』

なんとも奇妙なストーリですが、幕末に多くの旗本御家人江戸にいながら、江戸城無血開城という事業を成し遂げるのは、突拍子もないことだったということです。不満分子は、上野の山に押し込める。誰が、設計したのか?この物語をとおして、江戸城無血開城の偉業を、あらためて、認識することができて、拍手でした。

それにしても、なぜ、六兵衛は、黒書院に居座ったのか?

2017-03-19 「光秀の定理」

tetu-eng2017-03-19

「光秀の定理」 

| 17:53

「光秀の定理」

垣根 涼介

平成28年12月25日初版発行

角川文庫

「LUNCH PASSPORT」

超ランチ本の第11弾!以前から、こういう本があることは知っていましたが、紀伊国屋平積みされていたので、手にとって見ると、かなり利用価値ありと判断して購入しました。

日本国神戸版(1000円)。500円ランチパスポート。要するに、このパスポートを提示すると、ランチが500円で食べられるという優れ本です。通常、750円のランチが500円というのが、平均的な価格帯です。問題は、ぼくのランチエリアに、利用可能なお店がどのくらいあるかということです。

調べました。三宮センター街の地下エリアで10店舗、三宮から二宮エリアで8店舗。全店、制覇すると、250円×18店舗 ― 1000円=3500円。うむ、3500円のお得。ただし、パスポートの有効期限が、5月18日までなので、今から、二周りぐらい利用可能とすると、7000円のお得。

それ以外に、レストランガイド的な利用価値も加味すると、お徳はあっても、損はない。ということで、現在、3店舗でパスポートを利用しました。お昼休みに出かける前に、どこへ行こうかと、本をめくる楽しみと、新しいお店とお料理を開拓できる楽しみがあって、満足満足。

ただし、肉料理、カレーラーメンパスタが主流なので、そこは、これから編集部の努力に期待したいと思います。

余談は、おわり。「光秀の定理」ですが、ちょっと、風変わりな歴史時代小説

兵法者の新九郎、辻博打の破戒僧の愚息そして浪人中の明智光秀。信長の侍大将となった光秀、長光寺城攻めのとき、愚息の4つの椀の博打を思い出す。城攻めには、四つの攻め口がある。そのうち一つに伏兵がいる。伏兵のいない攻め口は、四つに一つ。

『四つの椀がある。石が入っているのは、四つに一つ。石が入っている椀を選べば子の勝ち。まず子は、二つの椀を選ぶ。入っていなければ、残り二つのうち一つを選ぶ。』

胴元と子と、どちらが勝つでしょうか?キーポイントは、子に入っている椀を選ばせるということです。胴元は、残った椀。とした場合に、胴元が勝つ確率は???

『三つの賽のうち、一つでも六の目が出れば、相手の勝ち。出なければ胴元―――

一つの賽で、六の目が出るのは、六つに一つ・・・・これは確かだ。

その賽が、三つある。ということは、どれか一個でも六の目が出る場合は、その三倍・・・二つに一つだ。だから胴元と子が勝つ割合は、どう考えてもそれぞれ半々のはず。』

これを算式にすると、1/6+1/6+1/6=1/2=50%となる。

それなのに、どうして、最終的には胴元が勝つ。なぜでしょう???

これを算式にすると、1−((6×6×6)/(6×6×6)−(5×5×5)/(6×6×6))=58%かな?

垣根涼介さんの初めての歴史時代小説。歴史時代小説ですが、主題となっているのは、確率論。読者は、小説のはじめから終りまで、ずっーと、「なぜだろう???」と首をひねるでしょう。ぼくは、数学なんて、高校時代から、ずーーーーーーと、縁がないので、チンプンカンプン。

これじゃ、面白くないので、この小説から、心に残った一節。

『「真理(ダンマ)だ。時さえ経てば、生きとし生けるものは、すべてそれなりに収まっていくという真理だ」

ダンマ?」

そうだ、と愚息はうなずく。「どんなに辛かろうが、そこであがこうがあがくまいが、やがて今という時間は過ぎていく。すべてはすぐに過去となり、良ければ良いなりに、悪ければ悪いなりに収まっていく。その世界で安定して、また気楽に息ができるようになる。気楽に息ができるようになれば、また新しい世界もみえてくる」』

2017-03-12 「しんせかい」

tetu-eng2017-03-12

「しんせかい」

| 14:34

「しんせかい」 

 山下 澄人

 文藝春秋3月号

第156回芥川賞直木賞(平成28年下半期)の発表がありました。芥川賞は、「しんせかい」(山下澄人)、直木賞は、「蜂蜜と遠雷」(恩田陸)。山下澄人さんは、ぼくにとっては、初見のかたです。恩田陸さんは、「夜のピックニック」で本屋対象を受賞して、その他にも、「六番目の小夜子」「ネバーランド」「訪問者」などを読んだ記憶があります。

恩田陸さんの作品は、サスペンス、青春小説などのジャンルだと思いますが、ぼくの感想としては、青春小説のほうが「いい感じ」ではないでしょうか?この作品も、青春群像小説らしいので、ぜひ、読んでみたいと楽しみにしています。

余談ですが、先週、テニススクールでラケットのガットの張替えを発注しました。以前は、ナチュラルを張っていたのですが、すこし高額なので、最近は、ナイロンに変更して、張替え頻度をふやしています。張替え後は、球を打った感覚が、スッキリするので、今週のスクールを楽しみにしています。

テニスの話のついでですが、このあいだ、スクールの最高齢者が85歳と聞いてビックリしました。その方は、60歳を過ぎてから、ご夫婦でテニスを始められたらしいです。驚くことに、奥さんも80歳らしいです。60歳を過ぎてからテニスを始めるというバイタリティーには、二度ビックリです。

テニスは、遣り様によるとは思いますが、随分と、高齢になってもできるものですね。ぼくなんぞは、まだまだ、ひっよっ子の丁稚奉公みたいなものです。ということで、ガットも張り替えたことだし、80歳のテニスを目指して、「頑張ろう!頑張ろう!頑張ろう!」の三連呼で締めくくりです。

はなしを本題に戻して、山下澄人さんの「しんせかい」の話です。

『「俳優て」

俳優になりたかったのかどうなのかはわからない。映画は好きでよく見ていた。ブルースリーの映画や高倉健の出るやくざ映画は学校をさぼって見に行ったりしていた。かっこいいなぁと思いながら見ていた。俳優になりたいというよりブルースリーになりたかった。高倉健になりたかった。』

山下スミトは、新聞記事の「二期生募集」に応募して【谷】に行くこととした。そこは、俳優や脚本家を要請する「虎の穴」のような場所。その場所は、北の方にあった。冬は、とても寒い。そこには、【先生】がいて、演技など教えてくれる。

【谷】では、一期生と一緒に、宿舎棟を建てたり、馬小屋を作ったり、農家の手伝いをしたり、自給自足の生活が基本である。スミトは、そこで、クリスマス、年末年始、そして、成人式を迎えた。誕生日のイベントもあった。

『「ぼくは」

【先生】は自分のことをそういった。

「人にものを教えられるような人間ではありません」

「だから黙って座っていれば何かを教えてくれるのだと思わないでください」

「ぼくから盗んでください」

「ぼくも君たちから盗みます」』

山下澄人さんは、倉本聰さんの「富良野塾二期生」ということで、この小説は、山下澄人さんの自叙伝ということらしいです。青春小説としては、飛び跳ねるような爆発力はないけれど、厳しい自然の中で青春の一時期を生活する「スミト」のセピア色の映像を見ることができる作品でした。

2017-03-05 相棒・・・復活

tetu-eng2017-03-05

相棒・・・復活

| 14:47

先週、相棒の「めまい」事件のドタバタを書きましたが、1週間過ぎて、漸く、ほぼ復活しました。ご心配をおかけしました。まだ、少し、首が右に傾いていますが、それが、首を傾(かし)げたように見えて、かわいく見えますね。

それにしても、約1週間、えさを食べなかったので、ほんとうに、心配しましたが、動物ってすごいですね。具合が悪いときは、ひたすら動かずに、回復を待つということが本能なのでしょう。人間も、おそらく、そうやって持ちこたえていれば、大概の病気は自然治癒するのかもしれません。

しかし、人間は、高等動物がゆえに、薬を飲み、医者に行って、少しでも、早く、不具合を治すことに地道をあげるのでしょう。「毒をもって毒を制す」の諺のとおり、「薬」は毒なのでしょうが、楽になる道を知ってしまうと、その道をひた走るのは人情です。薬好き、医者好きのぼくとしては、あまり大きな顔はできませんね。

というご報告で、今週は、終わりです。

と思いましたが、引続き、余談です。

最近、ほしい物があります。それは、はい、4本目のウクレレです。

時間が残り少ないぼくとしては、ギターにチャレンジしてみようかなと思って、センター街島村楽器で、ギターを試しに持ってみて、弾いてみました。ところが、予想どおり、ウクレレとは、まったく様子が違うので、「こりゃ、むりだわな!」と諦観しました。

とすると、ウクレレに入れあげて、ウクレレの技を磨いたほうがいいのではないかという結論に達したわけです。さすれば、道具にこだわって、すこし高価なウクレレのほうが、やりがいというか、気合が入るというか、・・・・。

そんなこんなで、4本目のウクレレの物色に突入したわけです。弾き慣れているのは、KA‘ALAという日本製のウクレレですが、なんとなく、浮気してみたい気分もあるわけで・・・!そこが、悩みの種なわけです。 

細君は、3本もあるのだから、いらないのでは・・・とネガティブは発言。まあ、当然ですかね。でもね、みなさん、判るでしょう。ゴルフが趣味の人は、もう一本、クラブを買いたい、つりが趣味の人は、もう1本、釣竿が欲しい。3本あるからいいじゃない・・・というは、人情がなさ過ぎますよね。

じゃ、なぜ、もう1本欲しがるのか?はて、本能なのですかね。判りませんが、ほしくなるのです。困ったものです。この煩悩は、何とかならないものでしょうか?もうすこし、上達してからにしようかな?うむ、残り少ない時間だからな??

と、つまらないジレンマを楽しんでいる今日この頃・・・・なり。

2017-02-26 それは、突然、起こりました・・・

tetu-eng2017-02-26

それは、突然、起こりました・・・

| 14:01


細君が東京に行っている留守中の出来事です。

それは、突然、起こりました。

火曜日の朝、5時ごろ、トイレに行った後、なんとなく、足の裏に、何かを、感じたのです。そのときは、そのまま、ベッドにもぐり、まどろみの世界に入りました。

6時20分、起床。トイレに行って、ふと、廊下に小さな黒い物体を認識しました。(あれ・・・、なんだろう)物体は親指ぐらいの大きさで、3個。廊下の電気をつけて、確認すると、相棒の排泄物でした。(えっ・・・どうしたんだろう)こんなことは、最近は、なかったのに・・・?ぼくの部屋のベッド(相棒の)で寝ている彼を見ると、ぼんやりしています。

早速、トイレットペーパーで、排泄物を拾い上げて、トイレに流し、廊下を除菌します。と・・・・さらに、よく見ると、あちらこちらに、相棒の吐瀉物(ほとんど粘着性のある液体)を確認しました。(ありゃりゃ・・・消化不良かな?)ただちに、これらの汚物もウエット・ペーパーでふき取り、除菌しました。

相棒を見ると、なんだか、ふらつきながら、こそこそと別の部屋に逃げていきます。(あっ、罰が悪くて、逃げ出した・・・)と、そのときは、思いました。そのまま、相棒を抱えて、朝の散歩(排尿・排便のため)に連れ出します。でも何だか変??首を斜めに傾げて、フラフラしています。犬特有のブルブルと身体を震わそうとしますが、うまくできません。そこで、ぼくは、相棒の身体の異変を感じました。

すぐに、細君に電話をして、相棒がおかしいことを報告。9時から病院が開くから、病院へ連れて行くように指示を受けました。

とりあえず、家に戻って、リビング・ダイニングに入ると、仰天。相棒のゲージの前には、昨夜のドックフードが、すべて吐瀉物となっていました。さらには、あちらこちらに、胃液を吐いたと思われる黄色いシミが残っています。(やれ・・・やれ・・・)相棒の異常な状態を見ると、怒ることもできず、家の中を、確認しながら、掃除と除菌です。

そういえば、昨夜、いつもなら、ぼくのベッドの横で、自分のベッドに入り込んで寝ているのに、なんだか、家の中を、コツコツと歩き回っていたようです。彼は、そのときから、あちらこちらに吐きまくっていたのです。ぼくは、すっかり、寝入っていたので、そのことに気がつきませんでした。

9時に、かかりつけ医に診てもらうと、すぐに、「めまいですね」「目がぐるぐる回っています」「首が傾いています」「典型的な症状です」正式には前庭神経炎という病名らしいです。「安静にしていれば治ると思います」「吐き気止めの注射をします」「お薬も処方しますが、エサは食べないと思いますので、無理して飲ませなくてもイイです」「なんせ、グルグル、目が回っているので・・・」ということで、命にかかわる病気ではないことが確認できたので一安心です。

それから、5日間、彼は、まだ、食事をしません。もう、目は回っていないようですが、食べることを忘れてしまったのでしょうか?今、ペースト状の高カロリーのエサを、口の中に押し込むようにして、食べさせています。早く、今までどおり、エサを食べるようになって欲しいのですが・・・・?14歳・・・人間に例えると72歳らしいです。高齢化すると、予期せぬことが突然に起こります。犬も人も、同じですね。

2017-02-19 「家日和」

tetu-eng2017-02-19

「家日和」 

| 14:32

「家日和」

奥田 英朗

集英社文庫

2014年6月7日第6刷発行

確定申告の季節ですよ。

みなさん、給与以外の所得がある場合は、必ず、確定申告をして、納税しましょう。by 国税庁。

なんちゃって、ぼくも、昨年から確定申告をしています。

「どうせ、分かりっこないから、確定申告なんか、やらなくてもいいよ。」というご意見も聞きましたが、ぼくは、「愛妻・納税・墓参り」がモットーなので、悪魔のささやきを振り切って、パソコンで申告書を作成しています。

昨年は、初めてだったので、税務署に行きましたが、今年は、税務署から「納付書」が送られてきたので、申告は郵送で済ませて、「納付書」で払い込もうと思っています。

税金は、年末調整で、還付されるのが常識だったのに、源泉徴収以外に納税するのは、なんとなく、取られる気分ですが、これは、国民の義務なので致し方ありません。

ちなみに、ぼくの場合は、給与所得以外に公的年金個人年金が収入の対象となっています。まあ、「貰う以上に納めることはないから」が、慰めの言葉です。

そうそう、「愛妻・納税・墓参り」は、ぼくのオリジナルではなく、亡くなった政治評論家の三宅先生の口癖です。ぼくも、このフレーズが気に入ったので拝借しています。泉下の三宅先生、申し訳ありません。

と、余談はここまでで、ぼくの好きな作家の一人である奥田英朗の「家日和」を読みました。「家日和」 の続編である「我が家の問題」は、たしかテレビドラマになったと思います。

『十四年間勤めた会社が倒産した。三十六歳の湯村裕輔は、それを遅刻した朝礼で社長の口から知らされた。』

できた奥さんがいたもので、裕輔が帰宅すると、妻の厚子は、すでに以前に勤めていた会社への再就職を決めていました。

『翌朝は六時に起きた。厚子が働きに出る以上、家事は自分がやらねばならないと思った。それについて話し合いはしなかったが、暗黙の了解で、裕輔だけがそっとベッドを降りた。』

できた旦那がいたものです。夫婦の鑑みたいなものです。

『「ママ、どこ行くの?」昇太が指をくわえて聞く。「会社だよ」裕輔が答えた。

「パパの代わりに?」

「そうパパの会社は倒産しました」

「トウサンって?」

「ずうっと夏休み」

「ふん」』

子供は、無邪気でいいね。

『「人間(にんげん)いたるところに青山(あおやま)ありだ」・・・・「青山(あおやま)」ではなく「せいざん」ですよ。』

『「人間(にんげん)いたるところに青山(せいざん)ありだ」・・・・「せいざん」はあっていますが、「人間」のところは・・・』

『「人間(じんかん)いたるところに青山(せいざん)ありだ」・・・「人間(じんかん)」は世の中のことで「青山(せいざん)」は墓場のことだ。だから、「人間到る処青山在り」とは、「世の中、どこにでも骨を埋める場所がある」という意味なのだ。』

ことわざは、正確に覚えていないと、赤恥をかきますので、要注意。軽妙なタッチで、家族を描いた「家日和」、間違いなく、面白いです。