Hatena::ブログ(Diary)

孺子の牛(じゅしのうし)

2018-03-15

シルバー大学卒業式、懇親会、あわ9条の会、きのこハウス、「ほしいも百年百話」

09:50 |

 11日(日)は恒例のマルナカ柿原店前であわ9条の会の宣伝行動を行なった。この日の参加者は5名。車から手を振って激励してくれる人もいた。私たちの地道な活動が認められて嬉しい限りである。マドンナは髪を切りに行くのでお休みであった。14日晩には我が家で阿波9条の会の事務局会議があった。徳島9条の会総会、5月3日の憲法まつり、九条改悪阻止の意見広告の取り組みなどの報告があった。次回の宣伝行動は4月8日・5月13日と決めた。

 12日(月)の午前中は徳島シルバー大学校の卒業式が、郷土文化会館で開かれたので参加した。一般教養・専門科目含めて多くの皆勤の方がいた、脱帽。しかし、卒業式の運営では残念なことが2点あった。その一つは、卒業式の時に名前を呼ぶのだが呼び捨てである。また皆さんに行動を促す時には「起立」「着席」である。なにか一昔前の軍隊調と感じさせられた。卒業証書を受け取る時に壇上に上がる仮設の階段は3段であるが、上り下りすると歪んで、しかも段差が高く均一でない。一番前の席に私は座っていたが、皆さん危なっかしい格好で上り下りをしていた。何時、足を踏み外すか心配であった。飯泉知事も壇上から危なそうに見ていた。

 高齢者には、敬意を込めた言葉遣い(せめて“さん”呼称)、「ご起立ください」「ご着席ください」とぐらい言えないものか。また安全面に配慮をお願いしたいものだ。

 午後からは中国語初級・中級の皆さんと楊先生を囲んで懇親会を開いた。先生は教材もいろいろ工夫して、私たちが楽しく学べるようにしてくれた。少しは進歩しただろう。

 懇親会の後、徳大薬学部をB型肝炎訴訟大阪弁護団弁護士と訪問して、4月4日の患者講義に向けて打ち合わせを行った。患者パートを私、B型肝炎訴訟パートを弁護士がすることになる。今回の講義の対象は薬学部1年生80名、歯学部1年生60名、医学部医学科4年生100名、医学部栄養学科3年生48名、医学部保健学科(看護放射線臨床検査)3年生144名

合計432名ということであった。

 今朝の徳島新聞「さらら」に障害者支援センターきのこハウスの取り組みが紹介されていた。

f:id:tetuo0208:20180315091702j:image

 きのこハウスでは昨年から干し芋を作って販売している。上の記事でも紹介されているが、なかなか評判が良いようだ。干し芋は、一昨年11月にきのこハウスの横田理事長と職員・私が茨城県干し芋の視察に行ったことがきっかけで、商品化された。水戸に住む長女の紹介でいくつか生産・販売地を訪問した。

 そのときに娘が貸してくれた本が「ほしいも百年百話」であった。ようやく読み終えた。著者の先崎(まつさき)さんは、長年農協で勤務し、瓜連町町長なども勤めてきて、茨城県市民連合の共同代表も務めている。芋の渡来から生産地・品種の変遷、芋の果たしている役割などをわかりやすく解説してくれている。

今年の目標

中国語検定2級合格 とりあえず3月25日が試験日

魯迅全集全20巻読了 現在、第3巻「野草・朝花夕拾・故事新編」読了。近頃は検定受験準備のため進んでいない。

仙台北陵クリニック筋弛緩剤えん罪事件の守大助さんをご支援ください!

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団へご相談を!

「光十字に」の中から「復員」瀬尾茂信

○これ程と思わぬ国の荒廃に復員の喜び悲しみとなる

○唯無事を信じて神にすがりいる老婆の姿涙をさそう

○朝もなお火照る頭に残れるは野戦で看取りし戦友の横顔

黙祷も四十五回となりし今戦争の風化心に戒しむ

○引揚時アミーバ赤痢に犯されて生死の淵に幾度立ちしか

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tetuo0208/20180315/1521075002