Hatena::ブログ(Diary)

孺子の牛(じゅしのうし)

2018-12-05

守大助さんと千葉刑務所で面会、茨城県議会選挙

15:14 |

 昨日(12月4日)、千葉刑務所にいる守大助さんとの面会に連れ合いと行ってきた。連れ合いと前に行ったのは2015年6月であった。札幌から来た人と3人で大助さんに面会した。前回は頭が丸刈りで精悍そうな顔立ちだったが、今回は頭を散髪する前なのだろう、髪もあったせいか温和な顔をしていた。高知で開かれた日本母親大会のことを連れ合いは話して多くの母親から最高裁宛の再審開始を求める署名の協力をもらったこと、高知の支援する会の人達とお母さんとの夕食交流のことなどを報告した。札幌から来た方は今回はじめての面会で、大助さんに伝えたいことをメモにして話していた。お互いに激励しながらの話しは30分であったが、あっという間に終わってしまった。刑務所ではTさん夫婦が私達を待っていた。徳島から私たちが行くというのを聞いて、ぜひとも会いたいということであった。話を聞いて納得、彼女は徳島に4年間住んだことがあり高校は城東高校で、彼女の兄は今は亡くなっていないが徳大のI教授であった。私たち夫婦もよく知っている方であった。

 私はその後も17年11月に行っている。この時は大忙しの日程であった。11月12日に徳島にを出発して、13日に千葉で開かれた日肝協総会に参加、翌日には千葉刑務所で守さんに面会。晩には水戸に行って翌日はきのこハウスの横田理事長らと娘の紹介で茨城の芋工場を見学。更に16日には千葉県柏にある両親の墓参りをして、東京で行われた肝炎サポート集会に参加して帰徳。翌日17日は大坂でB型肝炎訴訟傍聴。18・19日は岡山で行われた守大助さんの会の中四国集会に参加している。これでは身体が持つハズがなくダウンしている。

 守大助さんに面会するついでに、茨城県議選挙に立候補している(11月30日告示、12月9日投票)娘の様子を見るために水戸に12月1日から行ってきた。連れ合いは11月12日から食事の世話などで行っている。何しろ高校3年の受験生がいるので選挙とは言え、娘ができないことをきちんとサポートしなければならない。2日は地域のお祭があったので孫たちと見てきた。夕方からは小池晃共産党書記局長を迎えて街頭演説があった。水戸駅南口には400人ほどが集まった。「新市民会館建設を見直す会」の皆川眞則夫さん(元自民党員)、学童保育ママの方、二見伸明元公明党副委員長からの応援の挨拶があって、みなさんが娘の当選に向けて協力しあっていることがよく理解でき、心強い限りであった。

f:id:tetuo0208:20181202160952j:image

今年の目標

|羚餮豸…2級合格 果たして結果はどうであったか。

魯迅全集全20巻読了 現在、第6巻50ページまで読了。検定試験も終わったのでそろそろ読むのを再開しようか。

仙台北陵クリニックえん罪事件の守大助さんをご支援ください!

B型肝炎訴訟は全国B型肝炎訴訟弁護団へご相談を!

「山家鳥虫歌」(近世諸国民謡集 岩波文庫

○高みに残る月影を 宿せし袖は変わるまい

○いかで忘れん逢ひ馴れて 後世の契もあきの山

○臼は回さで嬌態(しな)ばかつくる 嬌態で回ろか此の臼が

○待つが辛いか別れが憂いか 待つは楽しみ別れは辛い

○わしとお前は諸白手樽 中のよいのを人知らぬ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tetuo0208/20181205/1543990484