www.textfile.org RSSフィード

2009-03-08

授業で使うはてな

無料で簡単にはじめられる、安心・シンプルなはてなのブログサービス「はてなダイアリー」は、シンプルで落ち着いたデザイン、無料でも自分のページ内に広告が出ないなど、教育機関でのご利用に最適です。ゼミや研究室のコミュニケーションツールとして、情報の授業の教材や学生による情報発信の訓練の場として、はてなダイアリーをぜひご活用ください。

教育ソリューション:授業で使うはてな ?はてな

へえ、こんなページがあったんだ。

追記:

2009-03-06

リマインド:ドメイン更新は大丈夫ですか?

三月ですね。少しずつ、春。

ところで、ドメイン管理者のみなさん、ドメインの期限は大丈夫ですか?

これはtextfile.orgからのリマインドです。

Bluetoothで山手線の乗降パターンを追跡してみた

たった3回計測しただけで、しかも時刻は同じではないのに、同じ車両に乗り合わせた人がいたことが判明してしまった。今まで、東京の電車に乗っていて、同じ人がいるなんて思ったことは一度もなかったのに……。

503 Service Temporarily Unavailable

さすが高木さんというレポート。これはすごい。高木さんの昔の懸念が現実になりつつある。

ユニークな番号だけで人間の名前などを特定することはできないだろう。しかし、あるとき読み取った番号と同じ番号を持った人がいま通りかかることはわかるだろう。それは特定といえるのではないか。

というわけでお約束のページの紹介。

2009-03-03

茨城県の高校生向けの公開講座

茨城県の開催する「午後のMathematics Cafe」という企画で、県全体の数学に関心のある高校生を対象にした啓蒙的なレクチャーだ。100人もの高校生が聴きに集まってくれた。

(中略)

今日お話しさせていただいた数学の先生の1人が、「なんとか東京に匹敵する教育をということでこのようなレクチャーを開催している」と、おっしゃっていたが、東京の少年少女だって、そういう点で恵まれているとはあまり耳にしない。むしろ、教員たちの手弁当の努力で、こういう企画を享受できる茨城県の高校生は幸せだとさえ思える。

やっぱり高校生への講義は楽しいの巻 - hiroyukikojimaの日記

こういう機会ってとても大事だと思う。参加する生徒たち、企画を立てる先生たち、小島寛之さんのような講師たちを応援!

2009-02-23

益川さん「勉強よりstudyを」 母校で語る

勉強という言葉には苦しみを強いる意味があって私は大嫌い。でも英語studyの語源には知る楽しみという意味がある。本来、知ることは楽しいこと。ぜひ楽しみ方を覚えてください」と熱弁を振るった。

朝日新聞デジタル:どんなコンテンツをお探しですか?

「知る楽しみ」いいですね。ニページ目も良い味出しています。

2009-02-18

13歳のハローワーク 公式サイト この人に聞きたい!(冨田勲氏)

そうすればいいんですよ。もっといい演奏をするなり、機械を使いこなせばいい。「シンセサイザーで打ち込む音に負けてしまうからやめてくれ」とは情けない。後ろ向きの考えでは駄目だと思います。まねされたって、消えないものは消えない。だから、大変だけれども消えないものの部類に入るようになるべきだと思う。

冨田勲氏 第1章 | インタビュー 第7回 | 13歳のハローワーク 公式サイト

トミタさん。かっこいいなあ。

2009-02-15

新春座談会 このコンピュータ書がすごい! 2009年版 動画公開。

ちなみに『数学ガール』への言及は[2/3]の最後のほう、29分のあたりですね。ご紹介感謝。

2009-02-10

一瞬で素因数分解

なるほど!これはおもしろい。アンケートもまたおもしろい。

2009-02-07

2009-02-05

2009-02-01

ORがわからない

でも、この教科書に書いてある OR 回路では「晴れ かつ 曇り」も真となってしまいます。

これって論理的におかしいんじゃないですか?

この論理表を OR と呼ぶのは間違っていると思います。

「晴れ または 曇り」という論理命題にピッタリ合うのは、むしろ次に出てくる XOR だと思うんですが?

Wataru’s memo(2009-01-31)

西田亙氏のこの文章を読んで、拙著『プログラマの数学』の第二章「論理」はどうなっているかな、と思った。

読み返してみると、冒頭がまさにinclusiveなORとexclusiveなORの違いについての対話から始まっていた。

SocialWeb Japan

SocialWeb JapanはOpenStackやFacebookを中心とした、ソーシャルウェブにまつわる技術の情報交換、勉強会の開催を目的としたコミュニティです。

http://groups.google.co.jp/group/socialweb-japan