極北データモデリング このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-08-09

[]「社外でも通用するスキル」のくだらなさについて


自分が長い間勘違いしてたから言うんだけど、

最後に「Firm Specific Skill」と「Portable Skill」の違いについて。前者は直訳すれば「企業特殊技能」と

いいまして、社員がその企業ならではの技能を磨き、所属企業とのコミットメントを高めながら共に進んで

いくというものです。でも、ホントに若い人が気をつけるべきなのは、自分が所属している企業外に「持ち

運び可能な技能」ではないでしょうか?


大企業で働くと毀損されるいくつかのコトについて - GoTheDistance

ここで言うポータブルスキルの正体が何なのかは、よく考えなくてはならない。

ポータブルスキル=「社外でも通用するスキル」「転職時に潰しの効く技術」ぐらいに考えていると大損する。


大企業の人はそう言うけど

業界大手のお客さんと話をしていて、「(うちの会社名)さんは技術があるからいいですよねえ。私らは技術がないから転職もできない...」みたいに言われたことがあるけど、そう言うお客さんの給料は俺よりはるかに高いのだ。

なぜそうなるのかというと、俺が持っているといわれている「技術」は市場があって金を払えば買って来れるものでしかないのに対し、この方が持っているのは、どこにも売っていない、まさにその会社専用のスキルだからだ。


市場があれば競争があり、俺の持っている「技術」は常に安値に向かう圧力にさらされている。対してこのお客さんのスキルは外部調達できないから競争とは無縁だ。ゆえに俺の給料は安く、お客さんの給料は高い。事実はこうなのだが、

角度を変えて見ると、俺が持っているのは「社外で通用する」スキルで、お客さんが持っているのは「その企業から一歩出たら全く役に立たない」スキルだ、ということにもなる。ここで勘違いすると生涯地を這う。


ポータブルスキルの正体

「社外でも通用する技術」なんてくだらないものなのだ。理由は2つあって、

市場で求められている技術は常に価格競争圧力にさらされているので、そんなものを追っても金銭的に報われることはない、ということが一つ。

もう一つは、技術が売れなくなる日が誰にでも来ることだ。例えばITエンジニアが40歳になると、求められている技術を提供できても、買ってくれる人が激減する。IT関係の求人をチェックしてみればわかる。40歳以上のエンジニア求人なんてほとんどない。


会社員の一生を支えるポータブルスキルの正体は技術ではない。くだらない作業を含めた全ての仕事に対して常にタイムアタックすることであったり、情報が足りない中でも即座にできる/できないの判断をして責任を取ることであったり、そういった技術自体よりも一段メタな能力を追わなくてはならない。

これらの能力は「自社の外ではまったく通用しない」仕事の渦中にあっても育てることができるから、仮に大企業でそういった仕事がアサインされてしまっても、まったくハンデにならない。結論、大企業でも別にいいんじゃないか。働いたことないけど。

keiskeis 2011/08/10 20:28 ポータブルスキルっていうのは、転職紹介会社の人がよく言うんですよね。採用する側の会社は、それほど気にしていないんじゃないかなあ。逆に、ポータブルスキルを追求していることが見え見えの人は、ジョブホッパーじゃないかと警戒するような気もします。そりゃ転職会社は人材を商品化しているわけだから、何かわかりやすいポータブルスキルがあったほうがよいと感じるでしょうけどね。

tgktgk 2011/08/11 08:48 おはようございます。経営者視点だとそういう感想になるのですね。
大手のお客さんを見ていると、当たり前ですが会社のやり方に精通した人=どっぷり染まっている人が中枢にいて事業を回していることがわかります。
この人たちを指して「よその会社では同じ給料が取れないから、ダメな人」みたいに言うのはズレてるなー、というのが実感です。

wwwwww 2011/08/11 12:22 Go to the distanceの著者が言いたいのは、「大企業から出た時の自分」に価値はあるのか?ということではないでしょうか。 企業に居続けられる限り「その企業にすっかり順応したサラリーマン」はその企業にとって代替できない大切な人材だということは承知のうえでしょう。しかし大体の企業がこれから崩れていくってのが著者の前提なわけで。しかし確かにポータブルスキルばっかり求める人材だらけの企業は恐ろしく生産性が低いでしょうね。

kokorohamoekokorohamoe 2011/08/11 13:20 リストラされなければ、という一言に尽きるのでは? それを、どちらにギャンブルするか?という選択だけのきがします。

gcdgcd 2011/08/11 15:03 スキルがあるか否かではなくて、どれだけ希少性があるか?だと思います。
市場で求められているにもかかわらず、極めて希少なので、
全く価格競争に巻き込まれない、という技術もありますよ。

誰でもできる技術なら、ポータブルでも意味がない、というのはおっしゃる通り。

gcdgcd 2011/08/11 16:14 Google+ にもコメントを書いてみました。
よろしければご参照ください:
https://plus.google.com/115826285346738411970/posts/C5VNhiKWeqv

shmmtyshmmty 2011/08/11 22:26 「社外でも通用するスキル」よりも「社内でしか通用しないスキル」の方が価値があるという話かと思って読み進めたら、「金を払えば買って来れる技術」よりも、「判断力などのメタ能力」の方が大事という話に変わってしまったようで、良く分からなくなった。
要するに言いたいことは、大企業で長く働いていると、自然と責任範囲が大きくなっていくので、マネジメント能力とか、調整能力とかのメタ能力が身についていくけど、技術力を売りにした派遣社員とかで、下請け的な仕事しかしていないと、メタ能力が身につかないまま年をとってしまうということかな?

あ 2011/08/11 23:38 そんなことはない。
ぼくは大企業にいて、おっさんどもは、1000万以上もらっている。
君からすれば、このおっさんどもは、高給かも知れないが、うちの会社は、外資のITベンダーやコンサルには、2000万は払っている。
彼らは社内文化などなにも知らないが、プロパーの100倍の優秀さで仕事をしていく。

い 2011/08/12 00:51 その筋において世界中で5本の指に入る人と、社内でくだらない仕事を早く終わらせることができる人。
どちらが良いかと言えばどちらでもなくて、この二人を使って価値のある商売を立ち上げるスキルがある人は潰しが効くかなと。

bathrobebathrobe 2011/08/12 01:25 転職市場に出るのがそもそもの間違い。
できるヤツは転職市場に出なくても声がかかるものなのさ。

本当のポータブルな価値ってのは、技術や知識を追い求めるスタンスだったり、
プロジェクトマネジメントでリスクをいち早く察知できるスキルだったり、
お客様の意思決定プロセスを把握する力だったり、
その人の働きっぷりを見たことがないと評価できないものなんだよね。

そういう働きっぷりを見て、できるヤツには声がかかるんだ。

laclefdorlaclefdor 2011/08/12 08:38 >その会社専用のスキルだからだ。

会社が潰れたら?リストラされたらこの人はどうするんですかね。
社外で通用するスキルってすごく大事だよ。

yoshiyayoshiya 2011/08/21 03:19 経営者ですが 経営者からすると、そのとき金を増やす手段の部品をどれだけ早く円滑に動かせるかが社員(という部品)の価値。部品は単機能だと単価は安くなる圧力が掛かり続けるから、ポータブルスキルってのはスキルコンボの構成をするってことと同義でしょ。コンボなら低価格化バイアス速度を超えて高付加価値を構築するのは難しくない。金を増やせる手段は複雑化しつづけるが コンボになってるとユニークで強いよ! 英語×IT×○○ で まだ10年は日本人給与で飯食えるでしょ。

みおみお 2011/09/24 05:29 意味不明。
どこにも売れない(買う客が自分しかいない)ものなら、いくらでも安く買い叩けるじゃん。

tgktgk 2011/09/24 09:43 そう言えばそうだな。