Hatena::ブログ(Diary)

田井幾三のタイ・ゴルフ情報、ここだけの話し! RSSフィード

2013-06-11 アジア勢の台頭で 米国女子ツアーの人気が ・・・ このエントリーのブックマークコメント

朴仁妃の優勝

ホント、強いよなぁ〜 韓国朴仁妃、初日の悪天候による

順延で、最終日は 36ホールに及ぶ決勝ラウンドが行われた

「ウェグマンズLPGA選手権」、今季メジャー2戦目は、

カトリーナ・マシュースコットランド)を プレーオフで制し、

4月のメジャー初戦 「クラフトナビスコ選手権」 も制している。 


よって、年間グランドスラムへ一歩前進している。 メジャー2連勝での メジャー通算

3勝目で、昨年は 初めて賞金女王になり、世界ランク1位だ。 今年もすでに4勝目、

圧倒的な強さを 見せて賞金レースでも トップで独走中なのだ ・・・


処で、3位になった米国のモーガン・ブレッセルが1打及ばず、プレーオフに残れなかった

瞬間、ギャラリーから 「あぁ〜」 というため息が漏れたという。 久々にメジャー優勝か、

と期待されただけに会場に 詰めかけた観客の落胆も大きかったのだ。 なぜか? 今大会

過去10年間で米国人プロの優勝は、2010年のクリスティ・カーの一人だけなんだな。 


昨年は 中国のフォン・シャンシャン2011年台湾のヤニ・チェンとアジア勢が台頭して

米国人プロの存在感がスッカリ薄れているのだ。 昨年は ステーシー・ルイスが、米国勢と

しては18年ぶりのプレーヤー・オブ・ザ・イヤー (年間最優秀選手) を 獲得して、明るい

ニュースと話題になった。 だが、その後が続かないんだなぁ〜


実際、米国人女子プロが最後に賞金女王になったのは、今から20年も前のベッツイ・キング

まで 遡らなければならないのだ。 こんな米国勢の弱さが続いている為 女子ツアーの人気

離れが止まらない。 よって、米国内ではスポンサーが集まらず、今では豪州開幕戦から

タイ・中国韓国・日本など海外で14試合も行なわれている。 国際化と言えば、聞こえは

良いが 要するに、米国内での人気凋落に歯止めがかからないのだ 。


そんな中、米国内の水面下で 新たな動きが進められているという。 明日に続く ・・・



ゴルフ用語を 一つ ・・・ インテンショナル (Intentional)

故意に、もしくは、意図 (intent) 的にと言う意味で、インテンショナル・フックと

いったら 故意に 出すフック・ショットという意味になる。