Hatena::ブログ(Diary)

田井幾三のタイ・ゴルフ情報、ここだけの話し! RSSフィード

2015-03-26 韓国勢の強さを 探ってみようか ・・・ 25  このエントリーのブックマークコメント

米国女子ツアーの 「キア・クラシック」 が、26日から4日間、カリフォルニア州

アビアラGC で開催される。 同ツアーは来週のメジャー 「ANAインスピレーション」 の

前哨戦だと言われている。 日本勢は宮里藍宮里美香横峯さくら上原彩子・野村

敏京の5人が出場するが、この辺で、何とか日本人選手に 勝ってもらいたいよな〜


なぜか? ・・・ 今季に 入って6戦を 終え、ニュージーランド国籍のリディア・コーを

含め、全試合とも 韓国出身の選手が勝っているんだ。 世界ランク3位のステーシー・

ルイスら、米国勢として奮起が望まれるが、彼女は ここ3戦で2位・3位・2位と惜敗

している。 ここは、そろそろ日本勢の出番だろう。 今季初のトップ20のフィニッシと

競技 初のホールインワンを 達成した宮里藍に 是非 頑張ってもらいたいな。


f:id:thai_ikuzo:20120813092411j:image:w360


前週の 「ファウンダーズカップ」 では、3打差で圧勝した韓国のキム・ヒョージュは

世界ランキングを 4つ上げて4位に 浮上したが、今年の米国女子ツアーを 見ていると

韓国の女子ツアーを 見ているのかと錯覚してしまうくらい韓国勢が強い。 昨年から振り

返ると、11月の朴仁妃が 「フボン台湾選手権」 で優勝して以来、10連勝だぞ!


当ブログでも 韓国選手の強さを 探ってきているが、朝鮮日報のチェ・インジュン記者も

小生と同じように 分析している。 韓国系選手が 世界でも強い理由は ・・・


* 子どもの頃から親の主導で受ける体系的レッスンと家族総出で命を かけている。 

* 選手は選手で、親や家族に 報いるよう必死だ。

* 徹底したハングリー精神が半端じゃない。 

* 誰にも負けない練習量の多さは世界一だろう。   

これらに 「自分のことしか考えない」 という自己中心的な性格も合わせもっている。

これはゴルフという一人で戦うスポーツでは貴重な性格だ。

 

f:id:thai_ikuzo:20150325224729j:image 


これが、女子世界ランキングの上位100人中、韓国系選手が36人も入っている理由だ。

もちろん最も多く、アメリカ選手の19人の2倍近く、日本勢は4人しかいない。 この

流れが続くと、06年と09年に記録された韓国系選手の1シーズンで、ツアー最多勝

記録の11勝を 軽く超えてしまう。 さらに 韓国系選手の独走で、米国LPGAツアーの

人気が下がってしまうと、2010年に問題になった 「外国人選手追い出し事件」 の

再勃発に なりかねない、と心配する声が上がるほどだ。 


韓国系選手の優勝が、ほかの韓国系選手に 刺激を 与え、さらなる優勝を もたらす、と

いう現象日本人選手によって、止めてもらいたいな〜



ゴルフ用語を 一つ ・・・ リード (Lead

導くという意味で、フォワード・スウィングは 腰の引きと回転のリードで始めるなどと

言う使い方を する。