Hatena::ブログ(Diary)

さり海馬 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-02-14

メモ:Outlook と Google Calendar と iPhone のカレンダーを全部同期させる方法について

自分用のメモとして書いておきます。たぶん、探せば他にもきちんと書いている人がいると思うんだけど。

登場するデバイス

こうしたい

実現手段

会社Outlook の予定表と、iPhoneカレンダーとを統合します。そのハブとなるカレンダーとして、Google Calendar を使います。

会社 OutlookGoogle Calendar の間は、Google提供している Google Calendar Sync を使って同期します。

Google CalendariPhone との間は、Google 側の設定と、iPhone の設定で同気します。

こういうイメージ

f:id:thalion:20120214222124j:image:w360

そんで、設定方法について。

Google Calendar を用意する

アカウントを作ったら、最初カレンダー(これを主カレンダーと呼ぶことにします)の他に、もう一つカレンダーを作っておきます。これはプライベート用です(副カレンダーとでも呼びましょうか)。

Google CalendarOutlook との同期方法

これについては、分かりやすくまとめている方がたくさんいるので、リンクだけ紹介しておきます。

ポイントは、Google Calendar Sync は、主カレンダーしか同期できないという点です。Google Calendar には複数のカレンダーを作って、それを重ねて表示することができます。しかし、Google Calendar Sync は、一番最初にあったカレンダーしか同期させられません。

あと、自分プライベート会社に公開したくないなら(当たり前ですが)、同期の方向を双方向にしないこと。

Google CalendariPhone の同期方法

これも簡単です。こっちも別の記事を参照。

ポイントは、google calendar 側の設定を使って、iPhone と同期するカレンダーを「主・副」の両方に指定することです。

あと、Google Calendar には祝日などのカレンダーがありますが、iPhone 側で祝日カレンダーを使っている場合には、こいつは同期させないことです。そうでないと祝日に同じ内容が二重に表示されてウザいです。

これでおしまいです。

 終わりに

これで

という素敵環境が実現できます。ただ、欠点が一つ。

Google Calendar Sync の更新周期は最短でも10分間にしか設定できない

ので、そこんとこ宜しく。