Hatena::ブログ(Diary)

さり海馬 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-03-03

おまけ:Pdic の自動検索ダイアログに「forvoで検索」を追加する

英辞郎などで使われている辞書ブラウザソフトpdicですが、クリップボードコピーした単語自動的に検索する「自動検索」という機能があります。そして、そのダイアログには、他のサーチエンジン検索することを選択できる箇所があります

これに forvo で検索するためのメニューを追加してみました。

設定は簡単。

  1. pdic を起動する
  2. tools > 設定 > 自動検索 > Web検索 を選択
  3. 追加 を選択
  4. 名前に ”forvoで検索”を入れる
  5. URLhttp://ja.forvo.com/search/&C($w,utf8)/ と書き込む
  6. おしまい

以上、メモでした。

2009-07-10

FreeMind が起動しない件はPATH追加で直るよ

FreeMind というのは、コンピューター上でマインドマップを描くためのフリーウェアです。紹介記事は以下に:

ちなみにインストール方法はこっちに詳しい

でまぁ、インストールしたんだけど、ものの見事に動かない(笑)。ちょうちょのアイコンクリックしても、ちょっと何かした後に何事も無く終了。

原因

いろいろ見てみたら、どうやら起動しようとしているJavaバージョンが違っているようだ。俺の環境はいくつかのバージョンJava が載っていますが、FreeMind はそのうち最も古いものを見つけて「そんなバージョン知らねぇよ」ってログをひそかに吐いて死んでいる模様。

対策

環境変数 PATH を修正する。今回 FreeMind 用にダウンロードしたのは JRE6なので、こいつへのパス環境変数 PATH の頭に挿入する。

  1. マイコンピュータープロパティ>詳細設定タブ>環境変数ボタンとやって環境変数を表示。
  2. 下のウィンドウシステム環境変数から PATH という変数を探す
  3. そいつを選択して「編集」する。このダイアログはえらく編集がしにくいので、「変数値」は別のエディタコピーしてから編集し、コピペして書き戻すことを推奨。一番先頭に「C:\Program Files\Java\jre6\bin;」を追加
  4. あとは OK する。
  5. ウマー(再起動も不要)

余談

個人的には俺、マインドマップは紙にがしがし手描きがいいと思ってますPC だと:

  • 全体を俯瞰するのがどうしても難しい
  • 自分で絵を描かないので、脳への刺激が乏しい気がする
  • 表現力に限界があって、どうしても自分脳内イメージとズレて気持ち悪い

といった問題があるせいです。だから自分で作業するときはA3用紙一枚にぐわって手描きするのが好き。でもそれにも弱点があって:

というもの。特に会社ブレーンストーミングなんかやるときにはこの弱点がモロに出ます。今回は特許ネタを探るのにみんなでマインドマップ使おうってことになったんですが、そうなるとこういう弱点が無視できないため、やむを得ず PC に入れることにしました。

画面の狭さは、実験からパクってきた液晶ディスプレイを2面作ってマルチディスプレイ環境とすることで逃げてみようかと思います

でびぃでびぃ 2009/07/11 09:25 皇帝が背後からびりびりビームだしてあやつってるんですね>オーダーしそうに

ダークサイドは落ちかけがサービス満点でおいしい(まだ覚えている・・・あれルール間違ってたと思うけど)

2009-05-18

日々是アルジャーノン

Debugging is twice as hard as writing the code in the first place. Therefore, if you write the code as cleverly as possible, you are, by definition, not smart enough to debug it.

デバッグは最初にコードを書くことの2倍困難だ。 できるだけ賢くコードを書くなら、あなたは定義上それをデバッグできるほど賢くない。

  • Brian Kernighan
プログラミング格言集

ものすごく身に覚えが。

コード書いているときって、一瞬だけ(俺基準で)天才になるときってないですか? そういうときに書いたコードって、その天才タイムが過ぎた後にはもう、理解できない。メンテするときになって読み返してみて、しばらく考えて、「……!! ああ、そういうことか。俺天才だ(ったんだ)な」とか思う。

でびぃでびぃ 2009/05/18 19:25 014 シナリオは忘れましたがアドリブは気がきいてました。(塩) たぶんしゃどうらん3版だったな。

民主が政権なんかとったら村山政権よりだめだめなほうに10CP

びじうびじう 2009/05/20 05:54  民主のアレって小学校の時に良くやったよね。割と楽しみにしてたんだけどなぁ・・・>席替え

thalionthalion 2009/05/20 11:18 いらっしゃいませ

>でびぃ
コメントありがとう。ただ俺、SR3はやったことがないので、多分SR2だと思います。

民主が政権取ったら、実際マジで終わると思うな、きっと。

>びじう
笑った。確かに楽しみだったな、席替え。

でびぃでびぃ 2009/05/23 13:11 よく考えたら私もやったことがなかった>SR3
1と2しか経験ない

2009-05-07

DEFINT A-Z

…何という爺トラップ。

昔のBASICの高速化のテクニック(?)として、

  • ログラムの最初でDEFINT A-Z
  • よく実行されるコードは最初の方においておく (行番号を先頭から線形探索しているから?)
  • 変数名は短くする
  • 複数行はマルチステートメント化する
  • IF I=29 THEN X=X+1 ELSE IF I=30 THEN X=X-1の代わりにX=X+(I=30)-(I=29)とする。

とかいうのを思い出しました。

もうやらなくていい昔のコーディングテクニックあれこれ - スラッシュドット・ジャパン

あー、俺はN-BASIC*1ネイティブ言語なので(笑)、このへんはよくやりましたね。あと「NEXT 文には変数名書かない」とか……

   ∩___∩         |
   | ノ\     ヽ        |
  /  ●゛  ● |        |
  | ∪  ( _●_) ミ       j
 彡、   |∪|   |        J
/     ∩ノ ⊃  ヽ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

……えーと、Fighter-KOUさんとか、くらはしさん、すずきさんあたり、お待ちしております

おまけ:N-BASIC ON Macintosh

あ、ALPHOS!、アルフォスじゃないか!

http://www.hi-ho.ne.jp/hideaki-i/n_on_mac/n-index.html

*1:N80-BASICとか書くのは邪道。PC-8001現役時はNECのBASICと言えばN-BASICなのだ

TareObjectsTareObjects 2009/05/07 20:19 DEFINT A-Z なつかしー。やってたやってた(老眼…じゃなくて遠い目)。
でもすまん、私はpeek, poke, user(addr)の鬼だった。TK-80上がりじゃけ。

でびぃでびぃ 2009/05/08 07:49 釣り針の前でぴくぴくしている諸氏の姿が目に浮かぶようです。Apple-Basicだった(若干誇張)私はもちろん釣られませんが!
・・・ところで私立高校ネタでは「あのころの俺に謝れ!」と思う人多数ですな。なんかもう「一斤400円のパンが食べられないのでクロワッサンをちょうだい」というレベルに見えちゃう。

Fighter-KOUFighter-KOU 2009/05/08 15:06 いゃ〜、PET BASICや6K/10Kといった、6502上がりの私には何のことだがさっぱり(笑) <コラコラ

てか、あの当時は高速化よりも『いかにメモリ食わないか』の方が重要だったと思うんだが....と、DIM取りすぎでOUT OF MEMORYを何度見たことかという私が通ります。

thalionthalion 2009/05/12 11:04 いらっしゃいませ。今回は主に遠い目でお届けします。

>TareObjects
若干ギャップがありましたな。あの時代は1年違うとまったく見える景色が違いますし。初めてZ80の機械語を使ってみたとき(当然、人間アセンブラ)、LDIRの思想と実行速度に感動したのを覚えています。8ビットCPUの遍歴で行くと、Z80->65816->μPD78K/x→H8(初期)みたいな流れですね、途中から仕事ですが(笑)。

参考:http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090116/164180/?ST=print

>でびぃ
そうか、Appleさんだったのね。当時は憧れの機種だったなぁ。あの虹色林檎と"]["のロゴが懐かしいねぇ。東京の電気通信科学館で実物を見たときには思ったより大きかったので驚いた記憶が。

>Fighter-KOU
来たな大御所(笑)。PETはねー、あのデザイン(台形ディスプレイ)からして憧れたなぁ。2001年っぽくて。最初に触ったのはどこだったか…、今は亡き八重洲コンピューター・センターだったか。

メモリ消費を上手に迂回するために、自分自身を書き換えるプログラムなんてのもありましたね。最初はブートストラップとローダーだけ持っていて、必要に応じてモジュールをスワップ(…というかテープドライブだからアレですが)していくやつ。うーん、すげえ懐かしい。