Hatena::ブログ(Diary)

Thirのノート このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-03-14

"Google Phone"NexusOneを一週間使ってみた感想

箇条書きします。

  • 動作はとにかく早い(もたつきが無いという面ではiPhoneと互角)。さすがsnapdragon1GHzを積んでいるだけのことはある。ただし、その「動作」が逆にユーザーの負担となっている重大なケースが一つだけ存在する。それはブラウジングの際のFlashの描画。Flash広告を描画してしまうことで、逆にメモリを食いつぶし、ブラウザごと落ちてしまうという経験が多々あった(mixiとか、ね)。iPhoneがFlashをサポートしないというのは、こういうのを防ぐためなのかもしれない。
  • タッチパネルの感度が致命的なほど悪すぎる。たとえば、「フリック入力」用のアプリとしてsimejiとOpenWnnの2つを使用してみたが、左下をきちんと押しているのにそのさらに下を押していると誤認識することがある。
  • 日本語入力と英文入力、記号入力の3種を切り替えるのが大変。「simeji」の場合、英文→記号の切り替えの際と、記号→英文の際で押す場所が異なる。iPhoneではこの辺がうまく整理されており、その完成度の高さを改めて感じることとなった。
  • メールアプリの出来が致命的に悪い。さっきから致命的致命的話しているが、メール・ウェブ・入力の三種類がうまくできないモバイル端末は悪いモバイル端末である(異論は認める)。メールのインターフェースは、タイトルが上、下にメールアドレスが表示されるという形になっているが、表示されるメールアドレスがアドレス帳との関連付けがされていないため、差出人が誰か分らない。相手先が表示名を指定している場合はそれが表示されるが、日本の携帯電話事情を考えた時に、そうしている人間はおそらく少数であることから、関連付けは早急に行われてほしい。
  • 下にある4つのボタンがハードボタンではなくタッチパネルになっているため、非常に押しづらい。この部分はアンドロイドの操作体系においてはかなり重要な役割を果たすものであるのに……。
  • 連絡帳で振り仮名の登録が出来ない。これはGmail連絡帳でもかなり以前から言われている「不具合」である。
  • カスタムROMを色々入れて遊ぶことができる。「[Nexus One Android Development」あたりに必要な情報はすべてそろっているので、iPhoneのようなガチガチの縛りから抜け出して自由に自分の好みに合う電話を作ることが(一応)可能(ただしGoogle側からの保証はなし)
  • サードパーティー製のアプリケーションは本当に何でも揃っているので、その点は評価できる。
  • その他、mapアプリが回転しないとかSwiftというTwitterクライアントは便利だとかEn2chという2ちゃんねるブラウザは使いやすいとかあるわけだが、総じて印象はGoogle謹製の部分と入力機能がうまく使えないよね……という感じ。

一週間NexusOneをいじってみた限りでは、NexusOneは「詰め込みすぎた」という印象を持ちます。「余分はいらない、十分が欲しい」という発想が好きな僕としては、やはりiPhoneに戻ることを選択することにしました(といってもソフトバンクには戻りませんが)。しかし、正直な話、GoogleはiPhoneを捨ててAndroidへ突っ走る用意をしているとも思えません(そこまで完成度の高いものではありませんでした)。今後どうなっていくのか、Androidの次の手(Xperia*1ともいう)とiPhoneの次の手が国内でガチバトルをするであろう今年4月〜6月、モバイル業界から目が離せそうにありません。

*1:Android1.6ベースだけど……

2008-06-24

iPod touchとイー・モバイルで幸せになろう

iPhoneの価格体系が発表された。Life is beautifulでは「ソフトバンク頑張った」という事が書かれているが、僕はちょっとがんばりが足りなかったかな……という印象を持つ。パケット定額フルの値段を5985円まで下げてきたのは評価に値するが、それでもiPhoneを契約すると必要になる月間使用料は980円(ホワイトプラン)+315円(S!ベーシックパック)+5985円(パケット定額フル)+960円(割賦金)で8000円程度。iPhone一台持ちならそこまで気にする必要もない金額ではあるが、中には「いろいろと不安要素があるから既存の携帯と二台持ちでいこうと思っていたけど」という方もいるだろう。そこで今回は、第四のキャリアことイー・モバイルの端末とPHS300というモバイルルーター、iPod touchを使用して、「iPod touchを既に持っているから、こいつを有効活用したいなあ」という人向けに「通話機能とGPS、BluetoothのないiPhone」を実現してみる。

イー・モバイル「H11T」について

大変申し訳ないが、僕はH11Tを所持しているわけではないので、ここでH11Tについて語ることは出来ない。が、PHS300での動作は友人が「パケット料が」と嘆くのを横目に実験した結果成功したので全く問題ないはずだ。H11T自体

  • Felica機能以外の主要機能は全て網羅
  • 通信中の着信にも対応
  • イー・モバイル圏外では、NTTドコモ回線を使用したローミングに対応(もちろん別料金だけど)

という機能を持っているので、Felicaさえ問題なければ現在の携帯をMNPしてしまうというのもアリだろう。そのほかの機能については公式ページをご参照あれ。

なお、僕個人がH11Tを持っていないのにこいつをおすすめする理由は、H11Tは通話・通信ともに対応する非常に優れた端末であるため、これ一台で携帯契約を完結させることが大いに可能であるからだ。もちろんD01HWD02HWといった通信専用端末を使用しても良いのだが、その場合他キャリアの通話端末を所持することが必須となってしまう。そんなこんなで月々の使用料を増加させたくないなら、こういう選択もアリかな、と。

PHS300について

PHS300はモバイルルーターというやつで、H11TやD01HW、D02HWといったイー・モバイル社の製品を接続することで無線LANルーターになる優れものだ。

f:id:thir:20080624161919j:image

これがPHS300。大きさを比較するために、iPod touchと共に撮った写真も。

f:id:thir:20080624161920j:image

PHS300はバッテリを内蔵しており、電波状況にもよるがだいたい2〜3時間程度動作し続ける。正直これでは心許ないため、僕は複数の外部バッテリを持ち歩いている。MBP5400というやつを使えば、バッテリ持続時間は7〜8時間程度に伸びるので、バリバリ使いたい方はこちらのバッテリを購入するのがお勧め。なお、言うまでもなくPHS300はH11Tと繋いで無線LANモバイルルーター化するだけの存在なので、こいつを使用すればiPod touch以外のありとあらゆるWifi対応機器をモバイルで使用することが出来る。

EM・ONEEMONSTERのWMWifiRouterよりもずっと簡単・高機能だし、安定性に抜群。「そのためにWindowsMobileは」と躊躇していた人はこれでもいいのでは。なによりアドホックではないのでアドホック非対応のPSPNDSでも使用することが出来る。あるいは、オフ会などでみんなが集まったときもこれ一つあれば仲良くネットにダイブ出来ます。

価格

H11Tは新機種が出た影響で縛りなしで4000円程度まで値段が落ちている。月々の使用料金は1000円〜5000円と非常に安い。PHS300は日本で販売していないもののWirelessNWifiあたりを使用すれば21000円程度で入手できる。一応、これでsafariでのブラウジングやメール等が一通り出来てしまうため、iPhoneの通話機能やGPS・Bluetoothなどに魅力を感じないのであれば、この選択でも良いのではないか、と思う。それに、PHS300とH11Tの構成であれば外出先でMacbook AirLoox U、mylo、その他Wifi対応PDA、PSP、NDSを有効活用することも出来る。

ということで、「iPhoneは欲しいけどiPod touch持ってるから」層は、こんな選択をしても良いのではないか。というか、iPhoneを買っちゃうような層はかなりの確率でイーモバイルを守備範囲に入れている気がするので今更こんな事書くまでもない気もしたのだけど、この環境を一週間しようしてみてあまりにも快適であったため紹介してみる。