Hatena::ブログ(Diary)

Thirのノート このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-10-24

だから「ネット/現実」の二分法はやめろと……――「ネット中毒」について

ネット依存について思うこと | blog.yuco.netについて。

インターネットが承認欲求を充足させるものであることは前に書いたこともあるが、私はそれ以上に「ネット/現実」という二分法を未だに続けていることを問題としたい。ちなみに、この件についてもかなり昔に書いたことがある

上記記事の問題点:リアルとネットの切断をめぐって

ロハス生活をするのがそんなにエラいのか?ともかく、くだんの記事においては、インターネットを現実から遊離した存在であるという前提が貫かれている。その前提こそが、我々がまさに問題としたいところである。例えばこの記述。

クローズアップ現代で放送された韓国の子供のエピソード(親子関係に問題があり、ネットで親に対する不満を吐き出していた)を見て、やはりリアルに問題があって、逃げ場としてネット依存になるのだなぁと思った。単純にネットをn時間以下にするというより、リアルの問題を解決する必要がある。

「逃げ場としてネット依存になる」。確かにそのように見える。しかしもしインターネットがなければ、その少年*1は、おそらく他のどこかのコミュニティ、例えば「悪だくみ仲間」であるとか「日頃つるむ人間」であるとかに、その吐き出す先を見つけたであろう。しかし、「少年が悪だくみ仲間に親の悪口を言いまくっている」という時、我々はそこで「特定のコミュニティに依存している」などという言い方はしない。また、「その仲間が悪い」という言い方もしない。あくまでも悪いのは現実における家族関係であり、その吐き出し先がどこであるかは問題とならないのである。

――まさにここに、問題の核心がある。我々はインターネットと現実という二分法を好みすぎるあまり、インターネットなる単語が出てきた瞬間にそこに問題を見いだそうとする。そうではない。インターネットとは、我々の前にあるインフラであり、現実世界を拡張する存在でしかない。もっとも、yuco氏はおそらくそのことに気がついているのだろう。「リアルの問題を解決する必要がある。」その通りだ。いや、少し違う。問題はリアルの中にしか存在しない。

ネットで表現するのが楽しいと思った人は、一度は「ネットで自分を表現することで大衆に愛されたい」と思ったことがあるのではないか。実際それに成功しているように見える人もいて、その人の愛されぶりもまたネットで伝わってくる。私も、twitterでたくさんRTやfavされたとき、あるいはブログにはてブが集まったとき、「脳内にドーパミン出てる感」を味わい、ネットから身を離すことが難しくなる。

「ネットで」という枕詞をつけることで、あたかも議論は成立しているかのように見えるが、そうではない。それは、本人の記述にも現れているように思われる。

ネットと不健全な関わりをしないためにはリアルを充実させることが大切、しかし一朝一夕にリア充にはなれない。表現欲もつながり欲なども基本的には悪いことではないし、リアルにつながることもある。「結局バランスが大事」というつまらない結論になってしまう。

「ネットで表現するのが楽しいと思った」ことが講じてインターネット依存症となっているように見える者は、「現実での充足が足りない」という根本的な問題を抱えている。その者の充足がたかだかインターネットごときで得られるのであれば、それは十分に幸せなことではないか。「バランスが大事」なのではない。趣味で自己顕示欲を満たしたいのであれば、生活を切り詰めない限りにおいてそれを実行しなければならないという、ただそれだけのことである。ただそれだけのことが、インターネットなる魔法のワードを持ち出すことによって、あたかも「ネット特有の現象」であるかのように勝手に位置づけられてしまっているのだ。

件の記事の著者は、「ネット―現実」という二分法を用いているのにもかかわらず、そこにはその二分法によって処理できていない問題が多数存在していることを自分から示している。まさに、我々が「ネットの」という言葉に踊らされているに過ぎないのだ。よく記事を見てみてほしい。インターネット常用者には「そして表現にレスポンスがあるのは基本的に喜ばしいことだ――ここで、ループしてしまうのである。」という言葉は鮮烈に思えるかもしれない。しかし何気ない日常会話、飲み会の雑談、そういったものも、「ループ」で終わってしまうのではないだろうか? 記事の著者が言うとおり、我々は「知らない人から愛されたい」のだろうか? 「誰かから愛されたい」のではないだろうか? あとは単純に、その数の問題となる。当然、インターネットのほうが不特定多数に伝聞されやすく、また情報のフィードバック可視化されるため、「知らない人」の数は多くなる。紐解いてみれば、「ネット特有」とは言えなくなってくる。

「ネット―現実」の二分法はいつ見失われたのか

この方がインターネットから離れた後、若者世代とインターネットを取り巻く環境は大きく変わった。それまでは、インターネットの関係というのは、ネットから出発して現実に「オフ会」として回帰する存在であったのかもしれない。しかし若い者の間では、LINEにもfacebookにもmixiにもTwitterにも、「オン」の友人と「オフ」の友人が同居している。ネット上では、顔を合わせたこともないような者の悩み事に付き合うこともあれば、親友の悩み事に付き合わないこともある。つまり、インターネット/現実という二分法は、「インターネットから現実へ」という越境だけではなく、「現実からインターネットへ」という越境をもソーシャルメディアが引き起こすことで、完全に崩壊した。故に、何らかの問題を抱える者の原因がどこへあるかなど分からない。そのものがたまたまインターネットという場所に居場所を見つけただけである。

ソーシャルメディア時代、「ネット-現実」という二分法は完全に崩壊した。それは上述したとおり、インターネットがかつてのように独立な場所でなくなったことが決定打となったのだろう。文化や作法、表現など全てが両者の垣根を越える。インターネットはもはや我々にとって現実の一部を超えた「インフラ」であり、私が最初に「ロハスな生活を」と書いたのもまさにその意味を込めている。

二分法がもたらす問題

生活を崩壊させるのはインターネットではなく崩壊者の意識である。それはインターネットが楽しいからではない。流れ着いた場所がたまたまインターネットであった、ただそれだけのことである。

IT会社を経営する只石さん。去年まで1日100回以上書き込み。いまは、1日の利用時間をタイマーで20分に制限。ネット上のつながりは4000人以上。頻繁に連絡をとるのは100人程度に絞った。

20121022 #NHK クローズアップ現代「“つながり”から抜け出せない〜広がるネットコミュニケーション依存」 - Togetter

この事例もそうだ。この人は、昔ならワーカーホリックとなって家庭を顧みないような方になっていたかもしれない。所詮インターネットとはその程度の存在であり、「インターネットに依存している」という事実があるだけで、問題がゆがめられてしまう。この方が問題としているのは、「ネットに依存すること」ではなく「家庭を顧みないこと」であろう。それがなぜか、問題が前者の方に過度に強調されてしまっているのだ。

まさに、二分法がもたらす問題とは、問題が発生している原因や理由を顧みることなく、現実から見れば異世界のように思えてしまうインターネットが、原因のはけ口として利用されてしまう点である。インターネットはその点において、過小評価をされている面もあれば、過大評価されている面がある。つまり、良い点は過小され、悪い点は過大されている。――そのように、魔物を見つめる目線でインターネットを見つめることこそが、「新しい問題」「新しい病気」を勝手に作り出しているに過ぎないのではないか。

二分法を超えて

「インターネットは制限されなくてはならない」と考えているような老人世代には、インターネットについて語ってほしくない。「インターネットが既にインフラの域にまで達している」ということは、もはやその是非を議論する存在ではなく、既に前提となっているのだ。そして、我々の間には、もはや「現実/ネット」などという区別など存在しない。

その前提を知っていれば、「ネットが出来たからつながりへの依存が発生した」というような論調で文章を書くようなマネはしないだろう。それは、インターネットが文字を媒介とするために、単純に可視化されただけの話である。もしかすると「自分や他人がそのことに気がつきやすくなった」ことが、「中毒」を自称/他称する者を増やしたのかもしれない。

二分法がある限りインターネットは責任を押しつけられ続けるだろう。そして我々は、本当の問題を見失っていく。インターネットが持ち出されるだけで、「学校裏サイト」や「ニコニコ動画で生主の家族が」や「Twitter中毒」といったミクロな現象の背後に壮大な悪の枢軸があるように思えてしまう。しかし問題はより個別であり、より現実的である。インターネット中毒になっているのは、「つながり依存」等の問題を全てインターネットに押しつける、彼らなのである。

*1:私は放送を見ていないので、的外れになっていたら大変申し訳ない

2008-07-09

「いじめ」と「いじり」の違いは何か

「いじめ」っつーか「いじり」だろ - ニート☆ポップ教NEO」を発端に、「ニコニコ大会議」で起こった事は「いじめ」なのか「いじり」なのか、という事が、問題からスピンアウトして一つの論争となっている。実際問題客観的に見て「いじり」と「いじめ」は区別がつかないことが多く、またいじめの当事者達が彼らの行動を自己弁護するために「今のはいじりだった」と言うことは非常に良くあることであるし、その逆ももちろんある。

「当事者が了解していたら、それはいじりだ」という言い方も出来るが、id:hokusyu氏が「いじめ/ファシズム/引きつった笑い - 過ぎ去ろうとしない過去」で述べているとおり、当事者(つまり「いじられ」「いじめられ」側)の意見が場の雰囲気によって歪曲されている場合も多く、その判定は難しいのが実情である。

なのでここでひとつ、僕が大いに同意する「いじり」と「いじめ」の決定的な違いについて、声を大にしていってしまいたい(もちろん異論は認めるし、俺定義なのでむしろ歓迎する。)。それは、

コミュニケーションの失敗をいじ(め)る側に置くのが「いじり」、いじ(め)られた側に置くのが「いじめ」

ということである。即ち、「いじり」とは、いじられる人間が外部化*1(いじる側とは違うポジションにいる、といった方がいいかも)されるかされないか、というギリギリのラインにあるが、それが「いじめ」ではなく「いじり」である時は、コミュニケーションの不全の責任は、すべて「いじり」側が持つべき、とされるのではないか。

もし、いじ(め)られる側がいじられて激怒した、あるいは「もうやめてくれ」と不快感を表明したとしよう。そのとき、「俺がやりすぎた」として、その責任をいじ(め)る側がとるのが「いじり」である。対して、その責任を放棄し、「お前何ムキになってるの?空気読めよ」と、周りの人間(集団)のために人間性の放棄を対象に求めること、これが「いじめ」である。いじめ(め)られる側は、あくまでも尊重されなくてはならない*2

これは、いじ(め)られる対象が集団に対する影響力を認められているか否か、という話と同じである。つまり、いじ(め)られる側の言説がいじめる側の言説と対等な、あるいは上位の意見として「俺が嫌なんだからもうやめろ」という感じに尊重されればそれは「いじり」であるし、行為をひとつのコミュニケーションとして両者が認識している証左であるととれる。一方、いじ(め)られる側の言説が全く無視され、全てがいじ(め)る側の論理に回収されてしまうこと、これが「いじめ」である。前者では一つのコミュニケーションが成立しているが、後者ではコミュニケーションのダシになっており、同一クラスタ上に彼は存在しない。その意味で後者は残虐性が伴うが、前者には残虐性は存在しない。*3 つまり、

いじ(め)られる側に反論の余地や主体性があり、かついじ(め)る側がそれを尊重するならば、そこにいじめはない(それはいじりである)*4もっとも、この微妙な主体性の扱いがあるからこそ、いじめといじりの境界というのは明確に設定できないし、どちらから見ても否定されてしまう現場というのが、確かに存在してしまう。

ということである。なお、この要件で「いじめ」が認定されるとき、つまり構造に加えて「主体性・尊敬の欠如」が存在するとされるとき、構造は完全に固定化されており、いじめの要件とされる「階層の固定化」と行為の継続にも合致する(というのも、いじり→いじめは存在してもいじめ→いじりは存在しない等、構造は不可逆的である)。

となると、「主体性や影響力・尊厳の欠如」の問題、つまり「彼に反論の余地や影響力・主体性、及びそれに対する尊厳が残されているのか」という問題が、構造の下部に存在することが分かる。まさしく、これが構造を完全化・固定化し、いじめの継続をもたらす第二のいじめの要件となっているのである。以下、ニコニコ大会議の現場においては「影響力の欠如」が発生しかかっており、逆に「はてなブックマーク」は同様の構造は持ちつつも「欠如」は発生していないことを示す。

(ただし、「主体性や影響力を残していても、あまりに酷かったらやっぱりいじめだよ」という意見はあると思う。その辺はやっぱりグレーゾーンになってしまうかな。完全なる二分法は不可能。)

大会議で、増田氏に「反論の余地や主体性、尊敬の念」はあったのか

はてブで件の例が批判されていたことについて、「セカンドいじめだ」という意見が散見出来たが、そこには確かに構造が存在しているものの、「多数に対して言論をもって反論する余地が残されている」という点(これはかなり大きい)や、「人格ではなく言説が理論的根拠から批判されている」という点、IDによって人格が特定できる点において、「欠如」が発生しているとは言い難く、真に「いじめ化」する危険性は僅少であるといえる。一方でニコニコ大会議の場合、既に指摘されているとおり、それが身体的特徴に端を発するものであったこと、運営側が「状態の継続」を狙うようなワーキングをしたということなど、「欠如」の要因が数多く存在しており、彼は大多数に抗う力を持っているとは言い難い。「いじめ化」する確率は、「セカンドいじめ」の言説に比べはるかに多い。

確かに、構造があるといって「いじめだ」と言い切るのは、些か早計であった。「いじり」をはじめとする、構造を逆に利用する形で成立するコミュニケーションの存在は認めなくてはならない。しかしそこに構造がある以上、それらが危険な行為であることには変わりない。「いじ(め)られる側が尊重されている」という状況がなくなれば、状況はいつでもいじめに転落し、言説を奪われた以上状況は半永久的に持続してしまう。そして、「大会議」の状況は、まさしくそのような状態にある。例えば彼はあの場所で反論できたのか。反論したところで火に油を注ぐ結果となるだけではなかったのか。ニコニコ動画で彼のMADが作られ、永久に「いじられる」可能性はなかったのか。彼はその時点で、自らのキャラクター化に対し抗う力を認められていたのだろうか。はてなにおける彼は、影響力や主体性を持っていた。しかし大会議における彼は、まさしくそれを有していない。ここにおいて、かの件は「いじめに転落する可能性を大いに有していた」ということができる。もはや「いじり」ではない。構造がいじめに転落しようとしているまさにその時、その場が区切られることによって彼は一時的に救われ、その一時性が今も続いているのである。あの場を舞台とした動画がニコニコ動画上にもっと広く出回っていたらと思うと、恐ろしくて仕方がない。

重要なのはこれから

だが、今考えるべき事は、このような危険性を秘めた「ニコニコ動画」というシステムや利用者はどうなるべきか、あるいは「ニコニコ生放送」というシステムが今後活用されるに当たり何に注意しなくてはならないのか、といった、「先」の問題である。「増田氏は耐えた。だからお前も」「これからもああいう路線で」というのは、さすがにマズい。また、ニコニコ動画利用者の一部が普段からかのような対応を目立って行っている(対象は動画の中の人間だが)ことは紛れもない事実であり、この「動画の中の人間」に向けられた視線が外部へと向くことは容易に想定でき、それは誠に危険なことである。ニコニコ動画はどうあるべきなのか。「ユーザーと共につくるニコニコ動画」と運営側が言っている以上、この件に関しては、利用者も共に考える必要があると思う。

番外:人間はキャラクター化の現場に耐えられるのか?

アニメの中の登場人物や有名人に加え、一般人が次々とキャラクター化して消費されていくのがニコニコ動画であることは、上記より垣間見えたことである。また、一度キャラクター化すると二度と「人間」に戻ることはなく、半永久的に弄ばれ続ける可能性もある。その状況をおもしろがれる人はいるだろうが、しかし一方でそれを嫌がる人もいる。このとき、後者は自主的にニコニコ動画から消え去る、という形で、最終的に「人間をキャラクタ化して遊べる人達」が集う場所として、ニコニコ動画が固定化しやしないだろうか。ニコニコ動画はこのままいくと自主的にそのような「文化」を身につけざるを得ないのである。そのようなニコニコ動画の存在自体を、インターネット全体が許すとは思えない。このままいくと、ニコニコ動画はいずれ淘汰されるべき存在に変質してしまうように思える。

なお、過去のエントリを含め、「いじめ」についていわゆる「集団いじめ」を想定した。また、()を多用したため見にくくなってしまったのは大変申し訳ない。

(7月10日注釈追加)

*1:「過度に内部化ではないか」と指摘されたが、そういう言い方も出来ると思う。よってたつポジションの違いかな、と思ったので、今回のエントリでは混乱を避けるためにこのような書き方をする。だが、あまりこういう言い方はしない方がいいな。

*2:もちろん、ギリギリのラインにある「いじり」という行為を認めるか否か、という根源的な話は別にある

*3:さらに言ってしまうと、いじめの現場においては、「いじ(め)られる側ではない側」、いわゆる「いじめを傍観している人間」も、自ら言説するという人間性・主体性を奪われてしまった存在である。但し、いじ(め)られる側に主体性が残っていれば打破出来る状態であるから、その消失を境に「いじり」と「いじめ」を区別して良いと思う。

*4:もちろんこれは、いじ(め)られ側が「いじめだ」と感じれば、そこに「いじめ」がある、という言説をも内包する。それは「いじめだからやめろ!」という「いじ(め)られ側」の「主張」が尊重されていないことと同義だからである。そもそも、感覚的にいじめを感じるのは上のようなことが起こっている時だ。