Hatena::ブログ(Diary)

東洋黒客は勇者である このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


 | 

2015-06-13 劇場版ラブライブ・・・100億点満点。間違いなく歴史に残る映画 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:thk:20150613191608j:image

考えうる最高のシナリオ、欠点のない最高の脚本。

花田先生は神





f:id:thk:20150613191243j:image

f:id:thk:20150613191242j:image

以下ネタバレあるよ

[あらすじ]

  • 映画上映前の注意事項はプランタン(穂乃果、ことり、花陽)
  • 穂乃果+海未+ことりの子供の頃の回想でイントロ
  • 2期ラストからの続き、μ'sに秋葉ドーム(たぶん東京ドームがモチーフ)に出場してほしいという依頼メールが届く
  • ラブライブを秋葉ドームで開催するためにラブライブの知名度を上げるためにアメリカでライブをやってほしいという依頼も届く
  • そしていきなりアメリカに出発w
  • 真姫がキスしてる相手はパパ(画面にパパは出てこない)
  • アメリカの描写は以外に少なく劇中の半分もないぐらい
  • ライブの舞台を決めるためアメリカ観光するメンバー
  • 穂乃果が電車に乗り遅れて迷子に
  • 迷子になった穂乃果はアメリカの街で歌っている女性シンガーに会う(20代っぽい髪の長い日本人女性 CV高山みなみ
  • 女性シンガーも昔はチームで歌っていたという
  • この先のμ'sの行く先を考えていた穂乃果は女性シンガーに「どう決断したか」を聞くがあいまいな答えを聞かされる
  • 女性シンガーはおっちょこちょいな描写があり未来の穂乃果を匂わせる描写がある
  • 女性シンガーに案内してもらって自分のホテルに着いた穂乃果、振り返ると女性はいなくなっていた
  • 次の日いきなりアメリカでのライブ映像(映画の予告にあるエリがセンターの曲
  • 日本に帰国するとアメリカでのライブ映像が全国放送されて大人気アイドルになってるμ's
  • ますます解散しずらくなった状況に再び「続けるか辞めるか」を悩むμ'sメンバー
  • アライズは卒業してもアイドルとして続ける道を選択することを聞かされる穂乃果
  • 秋葉原の「mAAch マーチ エキュート 神田万世橋」の裏で迷っている穂乃果の前に再び女性シンガーが現れる
  • 穂乃果がお礼をしたいと自宅の店に連れて行くが再び穂乃果に助言をして、店に入らずに消える女性シンガー
  • 3年生組が決断した答えは「やっぱりμ'sは解散するということ。あくまでスクールアイドルとして限られた時間で輝くアイドルであるべきこと」
  • 穂乃果の出した答えは「学校のためにスクールアイドルになったのだから、やっぱりスクールアイドルとしてのμ'sは解散すべきであるということ」
  • そしてμ'sは、μ'sが解散することを宣言するための最後のライブと全国のスクールアイドル+アライズと一緒にスクールアイドル共同で同じ曲を歌いスクールアイドルの素晴らしさを全国に伝えるイベントを開催することを決める
  • そして全国のスクールアイドルとの共同イベントを秋葉原で開催し、舞台は2年後に・・
  • アイドル研究部の部長?の雪穂とアリサがμ's最後のライブの歴史を伝えて終了


f:id:thk:20150613191245j:image

f:id:thk:20150613191246j:image


「ラブライブ!The School Idol Movie」スペシャル映像 秋葉原

D


[笑いが出てたシーン]

  • 上映中の注意の穂乃果の「ファイトだよ」と花陽の「ダレカタスケテダレカタスケテ」携帯着信音
  • 穂乃果のせいで廃墟ホテルに到着するシーン
  • 海未の枕にうずくまってスイーツと聞いて目を向けるシーン
  • 海未の顔芸トランプ
  • ことりのチーズケーキ
  • 花陽の「くまいが・・」のシーン
  • 成田空港での出待ちμ'sファンの「園田海未さんですか?」の問いかけに、海未「違います」
  • アダルトにっこにっこにー
  • 3年生組がグラサンをかけるシーン
  • 真姫の電車賃
  • 凛の自由の女神勧誘
  • にこのツバ真姫への嫉妬
  • 公式ママライブ発言
  • 穂乃果パパのバルログ


[総括]

このままμ'sを解散するか続けるかの決断でやっぱり3年生が卒業するからμ'sは解散にする。あくまでスクールアイドルとしてのμ'sを大事にしたいという選択がよかった。

やっぱりダラダラ続けていたらコンテンツとしてよくないからね。

最初にも書いたけど欠点がまったく見当たらない素晴らしい脚本だったと思う。

もちろん声優陣、室田君の神作画演出映像、どれをとっても最高峰だったけど今回は一番心配していた脚本がまったく欠点のないデキだったので感動して涙が止まらない。


特に未来の穂乃果?を思わせる女性の存在が日本のジョブナイル映画っぽくてよかったです。

未来は一人で歌ってるかも知れないけどそれでも、それぞれの思いはひとつで大丈夫というのが切なくででも素晴らしい。

これからのμ's、リアル世界でのμ'sの今後を真剣に考え映画の中で今後ラブライブというコンテンツはどうなっていくのかということを作品世界で見せた今作品は


「人気絶頂のアイドルグループの栄光は未来永劫続くのか?アイドルグループはどう続いていくべきものか?」


この問題を問いその答えを出したアイドル映画としても最高峰のデキになったと思われる。(花田先生は神)

またライブ映像の作画も室田神の作画が素晴らしく、「Angelic Angel」の曲が始まる前の静かなポーズをとってる映像は演出と相まって見入ってしまいました。


花田先生お得意の糞シリアスもなく、花田先生十八番の誰かを落として誰かを上げる糞描写もなく映画としてラブライブの映画として完成されたアニメの歴史に残る21世紀最高のアニメ映画だと思います。

開始30分で100点満点をあげれるデキ

開始60分でもうここで終わっても歴史に残ると思わせるデキ

開始90分でもうこれ以上の映画は作れないと確認できるデキでした。

スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。




f:id:thk:20150613191240j:image

f:id:thk:20150613191244j:image

f:id:thk:20150613191241j:image



[個人的感想]

  • にこ推しとしてもかなり満足できるデキ
  • 相変わらず矢澤パイセンはかっこいい(一度ミューズを解散すると決めた以上信念をまげないと断言する)
  • 相変わらずニコはうざい(有名アイドル版のにっこにっこにーがキモヤバイ)
  • 「SUNNY DAY SONG」のニコが可愛い
  • 真姫に顔を近づけてピアノの曲の案を出すアライズのツバサに嫉妬する矢澤パイセンが可愛い(たぶんにこまき厨はここで萌え死ぬ

f:id:thk:20150613194035p:image





 | 


itimonzi@gmail.com
プロフィール

thk

thk

にこ&花丸&ルビィ推し@東洋黒客


彼はヒーローじゃない、沈黙の守護者 我々の監視者 暗黒の騎士だ

カレンダー
<< 2015/06 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

日記の検索




MY Site

GitHub
プロジェクト:ドラグノフ
Orient Hacker Labs
東洋黒客の呟き
Picasa 秋葉の写真とか適当に
ニュース速報 アーカイバプロジェクト
WEOX/HDPV Official Website
DataCutter Foundations
Windows Vista SnapShot
C# 1.1 プログラム
Vector登録ソフト







Connection: close