3羽の雀の日記 RSSフィード

2010-02-06

「品格」「人権問題」「職業の自由」を口にしながら矢野・朝木両「市議」に加担し続ける中村克


中村克〈朝青龍の引退問題に関してみのもんたさんに聞きたい〉に対するつっこみを6日のうちに済ませようと思っていたのですが、疲れがとれず、もう7日の夜になってしまいました。いまさら追記するのも何なので、新しい記事としてアップすることにします。


なお、東村山市民新聞では2月6日付更新(2010/02/06 19:15:28)・2月7日付更新(2010/02/07 17:21:36)が行なわれましたが、どうでもいい内容なので2月4日付の記事に追記しておきました。また、主権回復を目指す会の活動報告で例の少年の実名が繰り返し掲載されていたので、必要な修正を施した上、1月29日付〈子どもを徹底的に追い込もうとする、情けなさ丸出しの「主権回復を目指す会」〉に資料2として掲載してあります。


中村克のエントリーにつっこむ前に、もうひとつ業務連絡を(誰に?)。2009年5月23日付〈ユニセフへの寄附をめぐって新たな疑惑が持ち上がった『最後のパレード』〉でも取り上げたTBS・チャリティーTシャツ寄附金宙ぶらりん問題ですが、日刊サイゾー〈巨額の売上金にBPOも注目 TBS「チャリティーTシャツ」1,200万円の行方は?〉で続報がありました。『こんな募金箱に寄付してはいけない』(青春出版社)等の著者・筑波君枝氏のコメントを、中村克とサンクチュアリ出版にもぜひかみしめていただきたいものです。


「寄付目的で集めたお金の用途は、きちんと公表すべきでしょうね。単にいくら集まりましただけではなく、何にどう使いましたと説明するのは当然の責任。そこに何か問題が発覚すると、寄付した人は『だまされた?』と、とても裏切られた気持ちになるんだと思うんです。問題にならなくても『ちゃんと使われてないらしいよ』という噂だけで、『だから寄付なんてしないほうがいいんだ!』と寄付行為そのものの信頼を失いかねません。そういう意味でも、きちんと公表するのが集めた側が果たすべき責任です」


中村にはどうせ届かないでしょうが、支払う意思があると表明したきりダンマリを続けていれば忘れてもらえるだろうなどとは思わない方がいいですよ。寄付すべき金額も、中村自身の計算によれば約945万円で、TBSのそれ(1200万円)に近い額ですしね。


さて、それでは朝青龍引退問題に関する中村のエントリーにつっこんでおきましょう。中村はこんなことを書いていました。


私は、相撲界の今回の引退勧告は憲法違反だと考えます。みのさんは、朝青龍から「人権問題」「職業の自由」などで訴えられたら勝てるとお思いでしょうか。

それにしても、私へのバッシングと小沢一郎幹事長へのバッシング、そして朝青龍へのバッシングはよく似ています。考えていること、利他の気持ちで働いているのに、世間は全く評価しません。過去の失敗や関係者の失敗を取り上げ、マスコミや世論に「ひれ伏せ」と迫る、私は全く「品格」のない今のマスコミや朝青龍や小沢幹事長をバッシングしている人は、品格問題に関し何も言う資格はないと思います。

それにしても、人のアラ探しが大好きな国民性に本当に呆れてしまいます。

(太字は引用者=3羽の雀)


まず朝青龍の引退問題についてですが、私は大相撲を始めとするスポーツ全般に関心がないこともあり、横綱としての品位や品格をとやかく言うつもりはありません。しかし、格闘技のプロが一般人に暴力を振るったのであれば、その世界から永久追放されるのは当然だと思います。中村克は、引退の直接のきっかけとなった暴行問題には一切触れていないのですが、酔っ払って暴れることを繰り返してきた人間としては、やはりシンパシーを感じてしまうのでしょうか。


とはいえ朝青龍は、いろいろ不満はあるのかもしれませんが、「これが自分の運命」と言って引退を受け入れることにより、いちおうのけじめはつけました。酒席でのトラブルをもっぱら他人のせいにし『最後のパレード』著作権侵害問題についてもきちんとした処理をせずにグダグダ言い続けている中村克とは、対応に相当の差があります。


そもそも、読売新聞の「誤報」「捏造」とやらについて具体的な指摘をほとんどせず、やるやると言っている提訴も一向に行なう気配を見せないまま延々と呪詛の言葉を並べ続ける中村克に、「品格」を論ずる資格などあるでしょうか(いやない)。「人のアラ探しが大好きな国民性に本当に呆れてしまいます」と書いていますが、テレビ漬けになって日々アラ探しに没頭し、適当なネタを見つけては益体もない駄文をブログにアップする中村こそが、その「国民性」をもっとも醜悪な形で体現していると言えるでしょう。さすがに、「手打ちうどん」と「手打ち風うどん」の違いをめぐって市役所に「どなり込みました」と自慢する人間だけのことはあります。


そんなことを言うのなら、中村は真っ先に矢野穂積朝木直子両「市議」を批判しなければならない。東村山の問題についてはろくに触れず、もっぱら薄井市議佐藤市議のアラ探しに熱中し、両市議を、そして自分達を批判した市民を、「品格」のかけらも感じられない言葉遣いで攻撃し続けてきたのはいったい誰なのか。矢野「市議」などは、柳原さんから「重要容疑者の一人」と書かれたら「何の根拠もなく、公選による公職者たる原告矢野が、朝木明代議員の転落死に関し犯罪の重要容疑者であると決めつけ」られたといきなり提訴するくせに(「重要容疑者」裁判)、薄井市議のことは平気で何の根拠もなく犯罪(容疑)者呼ばわりしているのですよ。


中村は、そんな矢野・朝木両「市議」を批判するどころか、一貫して両「市議」に加担してきました。両「市議」の攻撃と歩調を合わせるかのように、佐藤市議のブログを荒らしまくり薄井市議に対しては朝木直子「市議」を紹介議員として辞職勧告要求請願を提出するばかりか、デタラメこの上ない請願潰し裁判においても両「市議」を全面的に擁護しています(論談TV〈「最後のパレード」と読売の社会貢献妨害(6)【中村】〉も参照)。どうして1月21日付の全面擁護記事をすぐに削除したのかは知りませんが、さっさと矢野・朝木両「市議」側の証人として提出したという陳述書でも公開してもらいたいものです。


さらに、『最後のパレード』著作権侵害問題では、著作権に関しては極めて詳しい矢野穂積「市議」に援軍を求め、彼が口汚い言葉で批判者を、さらには著作権侵害の被害者まで罵るのを、積極的に容認してきました。そんな中村克が、いったいどの口で他人について「品格問題に関し何も言う資格はないと思います」などと言えるのか。


このあたりの話については、『実業界』2009年10月号〈【社会の深層】盗用疑惑本著者と「市民派」東村山市議のただならぬ関係〉と、その概要を紹介した当ブログ〈穴の中で転げ回って泥を四方八方に飛ばす『最後のパレード』著者・中村克サンと、東村山「市議」矢野穂積・朝木直子氏との「ただならぬ関係」(実業界)〉(2009年12月1日付)も参照。なお、凪論〈実業界3月号に「請願潰し裁判」の記事が掲載 〜広まる東村山市議会会派「草の根市民クラブ」の暴挙〜〉によれば、『実業界』最新号では請願潰し裁判についても取り上げられているようです。


何と言っても呆れるのは、薄井市議に対する辞職勧告請願を出しておきながら、

「相撲界の今回の引退勧告は憲法違反だと考えます」

などとしれっと書いていることです。だったら自分のやったことはいったい何だと言うのか。中村が出した請願の全文をあらためて掲載しておきましょう(見出し等の太字は引用者=3羽の雀)。


薄井政美市議への辞職勧告についての請願


請願内容

 東村山市議会議員に当選した薄井政美氏に対し、東村山市議会が自発的議員辞職を求めるための辞職勧告を行うよう請願する。

請願の背景

「地方選で争われる政策は生活に直結するものが多く身近で切実だ」「有権者みんなが多かれ少なかれ政策の利害関係者だ」(朝日新聞4月16日社説より引用)

 東村山市の将来を決定する政策の形成と政策の決定に携わる市議会議員は、まさに私たち市民の運命を担っていると言ってよい。今般、夕張市の財政破綻や政務調査費の不正使用問題で表顕した地方議員の議員活動や議員としての資質の問題は、住民からの信頼を大きく失墜させる結果となっている。

請願理由

(1)経歴詐称の疑念

 薄井政美氏の選挙公報のプロフィールには「毎日新聞社記者などを経て前職は出版社社員」とだけ職歴が記されているが、大手新聞社勤務はわずか1年8ヶ月であり、さらに前職は性風俗レポーターである。選挙公報において「徹底した情報公開」を二大公約の一つに掲げながら、「市議候補」「市議」としての自分に対する疑問や批判に対して、意図的に説明責任を果たそうとしてこなかった薄井政美氏の行動はまさに、「経歴詐称」にも値する大問題であると断じざるを得ない。

 また、青少年の健全な育成を責とする薄井市議の「出版社社員」としての前職が、ソープランドなど性風俗業界の女性求人誌を発行している出版会社の社員であることを知った市民は、薄井議員に主権者としての権利を信託するであろうか。答えはノーであり、多くの市民が「信託できない」と声をあげていることは紛れもない事実である。

 結論として、薄井政美氏は「人物」「経歴」を「詐称(偽り)」と言えるほど美化して当選したものであり、民間であればまさに「クーリングオフ」の対象であることは明白なる事実である。

(2)薄井政美氏の「異論の封殺行為姿勢」は市議としての的確性に欠ける

 薄井政美氏のブログや住民投票を求めた市民連絡会のブログにおいて、薄井政美氏は一貫して氏の意見と異なる言論を封殺してきた。その行動姿勢は公人となった現在も同じであり、「少数意見の尊重」「表現、言論の自由」をうたった日本国憲法の精神に反する卑劣な行為であり断じて看過することができない。

 薄井政美市議のこのような行為こそが、長崎市長が殺害された事件や加藤紘一元自民党幹事長の実家放火事件など、自由闊達な言論活動を封殺する蛮行へつながっていくのであり、氏の倫理観、道徳観の欠如はまさに市議としての適格性に欠けていると断じざるを得ないのである。

(3)知的財産権侵害を奨励する姿勢はコンプライアンス精神を無視する愚行であり市議として甚だ不適任である

 薄井政美氏のブログや住民投票を求めた市民連絡会の公式ブログにおいて、薄井氏は当方からの再三の忠告にも関わらず、違法投稿された「You Tube(ユーチューブ、11月7日に放映された報道番組の海賊版)」を見るよう勧める記事投稿を何回も行ってきた。米国が中国の著作権侵害をWTOに提訴した記事や日本でも著作権をめぐる法改正への検討が始まったという記事を目にするとき、元新聞記者の経歴を有する薄井政美氏のこの確信犯的行為はまさに断罪されるべきものであると言わざるを得ない。

 このような理由により、東村山市議会が薄井政美氏の市議会議員辞職勧告を行うよう請願するものである。

平成19年6月19日

請願人 中村 克

紹介議員 朝木直子


この請願内容に対するつっこみは、2009年4月26日付〈薄井市議に関する請願について「1分も審議されませんでした」などとウソを書く中村克氏〉およびそこに掲載した関連リンクを参照。とくに(3)のあたりは、「人のアラ探しが大好きな〔東村山パラレルワールドの〕国民性」を本当によく象徴していますよね。


また、東村山4丁目〈薄井政美市議への辞職勧告に関して〉ではゴチャゴチャと言い訳していますが、(1)に書かれていることが職業差別的発想に基づいていることは、一読して明らかです。これでよく、「人権問題」「職業の自由」などと口にできるものです。


もちろん、このような請願を提出することが憲法違反ではないのと同様に、相撲協会が朝青龍に引退勧告をすることは「憲法違反」ではありません。仮に朝青龍が自ら身を引かず、解雇という結果に至ったとしても、おそらく裁判所は解雇が合法であったと判断したでしょう。しかし、中村が「相撲界の今回の引退勧告は憲法違反だと考え」るのなら、自分もかつて同じことをやっていたわけですから、いまからでも上記請願を撤回するべきです。そんな潔いことができる人間でないことは、とっくに承知していますが。


そういえば矢野「市議」は、ここ最近の扇情的な検察批判の中で、

「8・30総選挙で適法に政権に就いた民主等連立政権を検察の『クーデター』で転覆させてはならない」

「選挙で適法に選出された政権を守り抜くために最大限斗うべきである」

「辞表の用意はしてあるか、選挙で適法に選出された政権を潰そうと企図した『愚か者集団』よ!」

「選挙で適法に選出された政権を潰そうと企図した『クーデター』完敗」

などと連発しています。そんな矢野「市議」が、選挙で適法に選出された薄井市議や佐藤市議を追い落とそうと必死になってきたのですから、滑稽さもここに極まれりと言うべきでしょう。どうしてこういう人達は、自分達が放つブーメランに一向に気付かないのでしょうか。


〔この記事は2月7日の夜にアップしたものです。〕

2010-02-05

お前が言うか>中村克


先ほど2月4日付の記事をアップし、さて5日の裁判の報告でも読んで次の記事の内容を考えようかと思ったのですが、ふと見ると中村克がこんなことを書いていたので、脊髄反射しておきます。つっこみは後ほど(追記新しい記事でつっこみました)。


私は、相撲界の今回の引退勧告は憲法違反だと考えます。みのさんは、朝青龍から「人権問題」「職業の自由」などで訴えられたら勝てるとお思いでしょうか。

それにしても、私へのバッシングと小沢一郎幹事長へのバッシング、そして朝青龍へのバッシングはよく似ています。考えていること、利他の気持ちで働いているのに、世間は全く評価しません。過去の失敗や関係者の失敗を取り上げ、マスコミや世論に「ひれ伏せ」と迫る、私は全く「品格」のない今のマスコミや朝青龍や小沢幹事長をバッシングしている人は、品格問題に関し何も言う資格はないと思います。

それにしても、人のアラ探しが大好きな国民性に本当に呆れてしまいます。

(太字は引用者=3羽の雀)


〔この記事は2月6日午後1時半ごろアップしたものです。〕

2010-01-30

お知らせのお知らせ


一月遅れの年末年始休暇を取ることと、業務上の問題(威力業務妨害被害)等の理由により、当面の業務を一時停止させていただきます。ブログに関してはできるだけ書いていきたいと思います。

事情ご賢察の上、ご理解賜りますようお願い申しあげます。


てっきりブログの更新が主要な業務だと思っていましたけれども、違ったのかな。「威力業務妨害被害」云々と言っても、前にもこんなこと↓を書いていた以上、何の説明もなしに「事情ご賢察の上、ご理解」してもらうことは難しいんじゃないですか。もともと「不定休」だし、休むのはご自由ですけれども。


東村山通信 ついに被害届を提出へ

平成21年5月6日

株式会社外部の専門家によると、2日の20時ころから、同社のホームページに記載されているメール機能が完全に停止し、現在も全くメールの送受信できない状況であることが分かった。

同社担当者は、5日東村山警察所と相談、サーバー管理会社が7日の業務再開後に事件性の有無を確認後、正式な被害届を提出したいとしている。

同社代表は、「当社は不定休で営業している。関係者にご迷惑をかけて申し訳ない。今後、被害が生じた理由を明らかにしていきたい。」と話している。

(外部の専門家〈東村山通信 ついに被害届を提出へ〉)


この記事(削除済み)をまとめWiki〈『最後のパレード』著者の言い分(1)〉に入れていなかったので、追加しておきました。下記の件できちんとした対応が行なわれていないと批判が出ているようですが、まさかそれについての正当な問い合わせを「威力業務妨害」と言ってる、などということはないでしょうね。



実際に威力業務妨害に相当するような被害を受けているなら警察に相談すればいいと思いますが、同時に、読売新聞香山リカ氏とKKベストセラーズ丸善等についての問題にもさっさと決着をつけるべきだと思いますよ。

2010-01-22

矢野穂積・朝木直子「市議」(草の根市民クラブ)の仲間達は本当にどこまで行くのか


宇留嶋さんによる鍵束問題の追及が佳境に入りつつあります(エアフォース西村修平事件第6回口頭弁論〉その16その17)。「東村山市民新聞」の迷宮〈「東村山市民新聞」ページ一覧(3)〉でも、〈「鍵束の捜査をしていない」と追及され、元副署長(チバ)は隠匿していた重大事実をついポロリ!〉というページ(page274)の参照先リンクに加えておきました。


東村山市民新聞はといえば、宇留嶋さんの追及から逃げるかのように、検察批判をヒートアップさせています(1月22日付更新、2010/01/21 16:22:52)。ちなみに、「薄井政美本人調書」の公開はまだのようです。


東村山市民新聞(無所属・政権交代派)は告発する!

▼手がない「検察」(オール「霞ヶ関」官僚最後の残党)ブレーキなしの大迷走、結局、自ら墓穴掘ることに!

▼マスコミ内旧体制抵抗勢力と2人3脚で、小沢幹事長と民主党の政治的抹殺を企図(これはクーデターだ)!

▼「法と正義」とは全く無関係!捜査権濫用のオンパレードだ。音だけやかましい「動かぬ証拠もない空砲」(「疑惑リーク」)連発だが、「政治資金規正法違反(不記載)」は別件逮捕にもなりえない。自信があるのなら、正々堂々と、即刻「動かぬ証拠」を明示し「贈収賄(涜職罪)」で立件してみよ。▼これだけ違法に「疑惑」情報を垂れ流しておきながら、「泰山鳴動して鼠一匹」(「不記載」だけ)の責任をとる覚悟はできているのか(これまでとは事情が違うことを、「検察」は気づいてないようだが。)

総務相は正しい。与党は、検察内部の「リーク作戦」実行行為者らを断固特定し、即刻、国家公務員法第100条違反で告発を!法務、検察に政治任用人事を。

▼法務、検察に政治任用人事と「可視化」の断固法制化を。最後は議員立法だ。

▼民主党同期生は、ぐずぐずせず石川議員を「東拘」から救出する発議を!

◎政権交代の歴史の逆回しを許してはならない!

▼ 「東拘」にいる石川議員側のファックス無視して、「『小沢幹事長の不記載共謀の事実』を石川供述」の大誤報をたれ流した下手人は誰だ!絶対に見逃してはならない。

(太字が加筆箇所、取消線は削除箇所/最後の加筆箇所は1月23日付更新〔2010/01/22 18:35:08〕で加えられたもの)


さんざん決定的事実などと騒いで「『疑惑』情報を垂れ流しておきながら」おしぼりエレベーターの話しかできずに読者をずっこけさせる連中が、「泰山鳴動して鼠一匹」とはよく言ったものです。「これまでとは事情が違うこと」、すなわち矢野・朝木両「市議」の虚偽宣伝や情報操作はもはや片っ端から暴かれていることに、そろそろ気付いてもよさそうなものですが。


民主党の応援をしたいなら勝手になさればよろしいと思いますが、最高裁にスパイがいるなどと荒唐無稽な騒ぎ方をして撤回もしない連中に応援されても、かえって迷惑なんじゃないかなあ。


当の矢野・朝木両「市議」がこんな調子ですから、朝木明代市議「殺害」事件の時効が着々と近づいていることに注意を喚起するのは、いまや日蓮正宗妙観講所属の「集団ストーカー被害者」、レックス氏ぐらいしかいなくなってしまいました。



ちなみに、彼が設けている別のブログには、こんな写真が掲載されています(1月21日付の記事)。



なぜかアメブロでkwoutしようとすると変なところに帯が入ってしまうのですが、「昨夜の電磁波照射で出来た傷跡です!」だそうです。


そうかと思えば、那田尚史サンが4連発で似たような記事を(追記:また新しいブログを立ち上げたらしいので、いちおうRSSリーダーの〈ゼリーのパレード〉に追加しておきましたが、そのうち〈「集スト被害者」ブログ〉の方に移すかも)。



あら、中村克サンまで参入だわ。



何なのこの人達。


中村克は請願潰し裁判の件についても何か書いているようですが*1、基本的には論談TV〈「最後のパレード」と読売の社会貢献妨害(6)【中村】〉(2009年6月4日付)の使い回しですから、ほっときます。逃亡を余儀なくされた矢野・朝木両「市議」のために援軍を買って出たんだか何だか知りませんが、3月17日の判決言い渡しをおとなしく待っとけばいいんじゃないですか。それより、原告(矢野・朝木両「市議」)側の証人として陳述書も提出したという話ですから、それを公開してくださいよ。


なお、2009年12月23日付〈矢野穂積・朝木直子「市議」(草の根市民クラブ)の仲間達はどこまで行くのか〉、同12月24日付〈続・矢野穂積・朝木直子「市議」(草の根市民クラブ)の仲間達はどこまで行くのか(『最後のパレード』著者・中村克編)〉も参照。


【追記】

そういえば、「接触欠損パラノイド」という概念があるらしいです。


「社会からの孤立こそ問題」「増える高齢者の自殺」竹中星郎さん(朝日新聞2008年7月27日付「オピニオン」欄)

(前略)

 孤立による精神症状の一つに「接触欠損パラノイド」がある。「家の中に誰かいる」「体を触られた」「ものを取られた」などと訴える。一人暮らしの高齢の女性に多いと言われるが、高齢者に限ったことではない。30代から50代で、派遣労働や生活保護で暮らしている人が「隣の男が壁をがんがんたたく」「殺すと言っている」と訴える。安アパートでの独り暮らしで、社会的に孤立している場合が多い。

 ところが、病院や施設に入って人とのつながりができると、症状はすっと消える。精神病でなくても、貧困や孤立に追いつめられると、幻覚や妄想が生じてしまう。医療や福祉のサポートでかなりの部分が救われるのだが、そこへ行き着かない人々がいるという現実がある。

(ソースはこちら

*1【追記】すぐに削除したようなので、まとめWikiの方ともども、リンク先を魚拓に差し替えておきました。本当に進歩がない人ですな。昔から「手紙は一晩寝かせて投函しろ」と言われますが、中村克も、せめて会社のブログぐらいはそれに倣った方がよいでしょう。そんなことができるぐらいなら、数々の問題を引き起こしてはいないと思いますけれども。

2010-01-18

まともな説明ができずに「理解責任」を持ち出して国民を馬鹿にする『最後のパレード』著者・中村克


久しぶりのヌログ更新が、これですか。


それが、タイトルの「国民の理解責任」です。「ためしてガッテン」ではありませんが、説明しても「合点(うなづくこと)」できる能力がない、つまり「理解できない」「頭が悪い」国民が多すぎるということです。


自分では、『最後のパレード』著作権侵害問題に関する説明責任を果たしてきたつもりだと思ってるんですかね。こんな二転三転七転八倒する説明しかできない人に、「『理解できない』『頭が悪い』国民が多すぎる」と言われても困るんですけれども。


なお、「理解責任」という言葉は私もあまり耳にしたことがありませんでしたが、中村克の造語というわけではないようです。


だからといって、「『理解できない』『頭が悪い』国民が多すぎる」などと(しかも中村克が)言ってしまっては、こういう考え方を唱える人達にとってはかえって迷惑なんじゃないかと思いますけれども。矢野「市議」もしばしば次のような捨て台詞をかまして逃げてしまいますが、これは「説明能力」がないことを自認しているようなものですよね。


いちいち説明のいらないお話です

説明は不要だ

説明がいらない話だ

いまさらいうまでもありません

諸君らのそのレベルでは理解は不能だ、引っ込んでなさい!


【追記】

記事を書いている間にもう1本来ました。今日は怒涛の更新になるのでしょうか。


〔前略〕

改めて読んでみると読売の邪悪さを思い知らされます。「最後のパレード」事件では、読売新聞は2ちゃんねらーにだまされるという大失態を犯しても反省もしていません。私からの「質問状」にも回答しません。すべての読売の「邪道への道」は江川事件から始まった、私はそう考えます。


「東村山市民新聞」の迷宮〈『最後のパレード』著者の言い分(3)〉にようやくひとつ記事を付け加えられましたが(追記:その後あらためて検討し、最初から「遺言」と書いておけばいいものをわざわざ「遺書」と書いている記事もいちおう追加)、ちょっとパンチ不足ですね。早く読売新聞提訴の報告を聞かせていただきたいものです。


【追記2】(1月21日)

説明責任の問題について橋本玉泉さんが次のように書いていましたので、メモしておきます。


だから、同様に、不必要な説明というものも存在しない。いかに明白な事実であっても、説明を行うという作業は必要であり重要なものだ。もし、「そんな必要は無い」などと説明を行わない事件や事象の当事者がいるとすれば、人格的に怠惰な者か、知能と論理的思考力の点において著しく劣っているか、もしくは何らかの「説明することが困難である事情」が存在するかの、いずれかであることは間違いなかろう。

(断片的な日々〈現実から逃亡し続ける中村克氏〉)