thru the wia

2017-01-25

[]花は散るのがさだめ 08:31

YouTubeのあなたへのおすすめでひたすらおすすめされてたので久しぶりにラルクを聴いてみたら変わらず最高だったので昨日スタートで『Dune』から順に通勤時間を割り当ててるんですけど。

とりあえず『Tierra』が素晴らしい。学生時代に聴いたときは特に引っかかりがなくて印象が薄かったんだけど、瑞々しさと神秘の狭間で夢見心地になる幻想的な名盤だと昨日初めて知りました。遅っ。

やっぱり若い頃は大きい曲を欲していたからね。シングル曲もアルバム曲もガッツリしたものが好みで、さりげないヤツに惹かれることはほとんどなかった。だからあの時Tierraを好んで聴くことはなかったよ。

まぁこの先もこれを聴き続けるのかっていうとそれも微妙だったりする。あのアルバム聴こうっていう動機付けになるのは、なんだかんだ大きい曲なわけで。


あらためてTierraを聴いて、大きさを感じた曲は"Blurry Eyes"と"Inner Core"。この2つに関しては昔から好きな曲で、今回聴いた際もやっぱり別格だなと感じた。

"Blurry Eyes"は説明不要でしょう。ラルクのファーストシングルで、tetsuらしい王道ド真ん中のポップスと、hydeの美意識が融合する、珠玉の逸品。

そして"Inner Core"。昔この曲を友人が「変な曲」と評していたがとんでもない。複雑な構成でありながら一本の筋を通らせているのは、sakuraの感性の賜物かもしれない。破壊の中の美しさ。序盤のシンプルな流れも綺麗だし中盤のジャズスウィングもまた格別な荘厳さを産んでいて、sakuraの懐の深さが垣間見える。


僕はユッキー好きだし"trick"好きだし"get out from the shell"も"Drink It Down"も好きだけど、やっぱりsakuraが抜けたことで失った音楽もあるよなぁと思ったりもする。脱退後の歴史も素敵だから問題はないんだが、パラレルワールドも充分に魅力的で。

誰かパラレルワールドからsakuraがいるラルクのアルバムたちを持ってきてくれんか。この世界線に残ったまま、存在し得た新作たちを聴いてみたいです。


あんまり大した内容書けなかったな。申し訳ない。