千葉大学馬術部ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

  • ウェブサイト新入生・入部希望者の方

  • 2018-04-02(Mon)

    [][]主将より挨拶

    新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

    ブログをチェックしているということは少しは馬術部に興味をお持ちなのでしょうか…?




    大学という機関は自分で色んな選択をしなくてはならない場面が多く、

    高校生活との違いに面食らってる人も多いのではないでしょうか?

    わたしも時間割の作成など初めてのことで一年生の前期で大失敗した覚えがあります(笑)

    皆さんがする沢山の選択のなかには所属するサークルというものもあります。

    もちろんどこにも属さないという選択肢もありますが、一度きりのキャンパスライフ、やはり何かしらのサークルは入るべきだと思います。

    サークル活動を通じて沢山の出会いがあり、大学生活に必要な諸々の情報、知識はそこから仕入れておくと色々と捗ります。

    しかし、出会うのは人だけではありません…!

    我々馬術部は沢山の素晴らしい動物とのふれ合いをお届けします!!


    「馬に乗ったことなんてないしそもそも生で見たこともないゾ…」といった心配はご無用!

    部員のほとんどが大学から馬術を始めたものです。

    最初は皆、馬への跨がり方から教わります。1mを越える障害を軽々飛んだり、大会で賞を勝ち取 ったりしている部員も皆、初めは一人じゃ馬に乗っかることもままならないレベルでした(^_^;)


    馬の上から見える景色は思った以上に高く、

    また馬が歩くだけでこれほど揺れるのかと驚いたのを未だに覚えています。


    入部のきっかけは人それぞれです。

    大学に入ったら馬術部に入ろうと鼻息荒くしてた人、

    漫画銀の◯を読んだ人、

    友達に誘われてなんとなく入部して魅力にとりつかれた人、

    動物がたまらなく好きな人…

    別になんだって構いません。





    また、自分達で馬を養っていくんだという責任感や部員同士の強い繋がり、一日馬のお世話をするだけの体力(笑)といった、たくさんの物を得られるのも馬術部の魅力です。

    他の部活やサークル活動では得られないことを毎日のように得られる、そんな部活なのです。

    部員はシフト制で八街市にある馬場に泊まり込んで馬のお世話をします。

    だから自然と部員同士はまるで兄弟家族のような仲になっていき、

    普通のサークルでは得難い、友達を越えた一生ものの“仲間”ができます。



    普通、馬に乗るためには高いお金を払って乗馬クラブの会員になる必要があり、年間で確実に6桁単位のお金が飛びます。

    馬術は手の出しにくいスポーツなのです。馬術をやってみたいなら大学生の今がチャンスです!

    大学では自分でお世話をする代わりに格安で乗馬ができます。

    先輩のお古のブーツを譲ってもらったり、知り合いの乗馬用品店で安く購入することで、初期投資も少なくすみますよ!




    驚くかもしれませんが馬という生き物はその堂々たる魅力とは裏腹にとっても繊細で臆病な動物です。

    そして非常に賢く、愛情を注いだぶんだけその人になついてくれるのです。カワイイ!

    とはいえ動物の魅力なんて文字だけでは伝えきれません!是非その魅力のひとかけらでも知るために馬場に遊びに来てみませんか?

    馬5頭と猫4匹、そして個性豊かな部員一同でお待ちしています!



    それでは皆さんの大学生活の成功を心よりお祈りいたします。

    千葉大学馬術部主将

    園芸学部園芸学科3年 江川美月