キャプチャー画像ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-12-07

[]宇多田ヒカルvs工藤静香 ボウリング対決 HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP キャプチャー画像 13:03 宇多田ヒカルvs工藤静香 ボウリング対決 HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP キャプチャー画像 - キャプチャー画像ブログ を含むブックマーク


宇多田ヒカルvs工藤静香 ボウリング対決 HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP キャプチャー画像2

宇多田ヒカルと工藤静香による夢のボウリング対決!! 工藤&浜田雅功チームと、宇多田&松本人志チームに分かれて対戦することに。これまで松本とは対戦することが多かった宇多田が、初めて松本とチームを組むことになったのだが…?また、「ボウリングの腕前はなかなかのもの」というウワサだった工藤は、本人いわく「全然ダメ」。対戦開始前にチームメイトの浜田から「うまいんだって?」と言われたことが、ものすごくプレッシャーになっているとか。
 さて、じゃんけんで先攻後攻を決めた後、いよいよ対戦が開始されると、自信なさげな発言はどこへやら、工藤&浜田チームは絶好調のスペア連発! 押されムードの漂う中、焦る松本。と、そこで、宇多田の一投が見事ストライク!! 番組史上まれに見る好勝負となったこの対決、勝てば10万円の賞金獲得。しかし負ければ、恥ずかしい罰ゲームが待っている。果たして勝利の行方や如何に!? 乞う、ご期待!!

2005年12月5日 20:00〜20:54 HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP (司会)ダウンタウン ほか


 ダウンタウンと豪華アーティストが繰り広げる爆笑トークが人気の音楽番組。臨場感あふれるライブも必見!

☆司会
 ダウンタウン

☆ゲスト
<夢のボウリング対決>
 宇多田ヒカル
 工藤静香

<ジュークBOX>
 TOKIO  

[]宇多田ヒカルvs工藤静香 ボウリング対決 HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP キャプチャー画像 13:03 宇多田ヒカルvs工藤静香 ボウリング対決 HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP キャプチャー画像 - キャプチャー画像ブログ を含むブックマーク

宇多田ヒカルvs工藤静香 ボウリング対決 HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP キャプチャー画像

宇多田ヒカルvs工藤静香 ボウリング対決 HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP キャプチャー画像2

宇多田ヒカルと工藤静香による夢のボウリング対決!! 工藤&浜田雅功チームと、宇多田&松本人志チームに分かれて対戦することに。これまで松本とは対戦することが多かった宇多田が、初めて松本とチームを組むことになったのだが…?また、「ボウリングの腕前はなかなかのもの」というウワサだった工藤は、本人いわく「全然ダメ」。対戦開始前にチームメイトの浜田から「うまいんだって?」と言われたことが、ものすごくプレッシャーになっているとか。

 さて、じゃんけんで先攻後攻を決めた後、いよいよ対戦が開始されると、自信なさげな発言はどこへやら、工藤&浜田チームは絶好調のスペア連発! 押されムードの漂う中、焦る松本。と、そこで、宇多田の一投が見事ストライク!! 番組史上まれに見る好勝負となったこの対決、勝てば10万円の賞金獲得。しかし負ければ、恥ずかしい罰ゲームが待っている。果たして勝利の行方や如何に!? 乞う、ご期待!!

2005年12月5日 20:00〜20:54 HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP (司会)ダウンタウン ほか


 ダウンタウンと豪華アーティストが繰り広げる爆笑トークが人気の音楽番組。臨場感あふれるライブも必見!

☆司会

 ダウンタウン

☆ゲスト

<夢のボウリング対決>

 宇多田ヒカル

 工藤静香

<ジュークBOX>

 TOKIO

2005-11-18

[]宇多田ヒカル HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP 画像 14:02 宇多田ヒカル HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP 画像 - キャプチャー画像ブログ を含むブックマーク


宇多田ヒカル HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP 画像2

宇多田ヒカル HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP 画像3

[S]ヘイ!ヘイ!ヘイ!▽超豪華!!宇多田ヒカルの会いたいさだまさし登場でスタジオ騒然[ゲ]宇多田ヒカル[ゲ]さだまさし[ゲ]嵐[ゲ]根本寛[司]ダウンタウン
チャンネル: 1ch : 東海テレビ
放送日時: 11月14日(月) 20:00-20:54
Gコード: 82578

[詳細] ヘイ!ヘイ!ヘイ!◇チャンプは宇多田ヒカル。彼女が一度会って話をしてみたいと願っていた、さだまさしをスタジオに迎える。話術にたけたさだが相手とあって、クールな宇多田も暴走気味に。盛り上がり過ぎの爆笑トークとなり、スタジオは騒然とする。

宇多田ヒカル(うただ ヒカル、本名:岩下 光(いわした ひかる、旧姓・宇多田)、1983年1月19日 - )は、日本の女性歌手。藤圭子の娘としても知られる。

所属事務所はU3 Music、レコード会社は主に東芝EMI。「ヒッキー(Hikki)」という愛称はニューヨーク時代に友人からつけられた。由来は、英語の俗語で、「ちょっとエッチなキスマーク」という意味の"hickey"から来ている。

U3 Musicは、音楽プロデューサーの父:宇多田照實と、歌手の母:藤圭子が所属し、宇多田一家の音楽活動およびそのサポート業務を行っている。
米国居住時代の1993年、U3(父:宇多田照實と母:藤圭子とのファミリーユニット)名義で『star』を発表。また同じく米国で1997年にCubic U としてソロシングル『Close to You』とアルバム『Precious』を発表。なお、日本では1996年に藤圭子 with cubic Uとしてシングル『冷たい月〜泣かないで〜』を発表、1998年5月28日にCubic UとしてNHK-BS2「真夜中の王国」という番組にテレビ初出演をしている。

1998年、シングルを発表して宇多田ヒカルとしてデビュー。CDデビュー前のラジオ出演に始まり、その後の多くのヒット曲及びテレビのスポットで流されるプロモーションビデオで、その存在を多くの人々に非常に強く印象づけたとされる。彼女の人気は若年層だけにとどまらず、幅広い年齢層にまで及ぶ。それは、彼女の母親がかつての演歌歌手の藤圭子であったことが理由にある。藤圭子の娘ということで、J-POPには見向きもしない中高年の興味もひいた。

デビューシングル『Automatic』は8cm盤と12cm盤(マキシシングル)の2パターンで発売された。欧米にならった12cm盤が若者に受け入れられ、以後は演歌やアニメソングなどを除く日本のシングルCDのほとんどが12cmとなった。

1999年に発売された初アルバム『First Love』は日本で860万枚以上、全世界で970万枚以上を出荷しており、2005年10月現在日本人歌手のアルバム作品としては最大のヒット作となっている。

当初は関東の一部、北海道、福岡のFMラジオ放送でしか彼女の声を聴くことは出来なかったが、1999年夏頃からミュージックステーションやHEY!HEY!HEY!などに出演。そのひょうきんな性格が、日本のお茶の間に知れ渡った。

2000年、日本のインターナショナル・スクールを飛び級で卒業し、米国の名門コロンビア大学に入学し話題となったが2002年から休学中。

2001年3月、2ndアルバム『Distance』が浜崎あゆみのベストアルバムと同日発売となり、「歌姫対決」と話題を集める。いずれも400万枚を超えるヒットとなったが、最終的に宇多田に軍配が上がった。

なお、2001年にリリースされた『FINAL DISTANCE』は池田小児童殺傷事件の被害者で、彼女のファンである女の子に捧げられた曲である。この曲をレコーディングしてる最中に事件が起こり、被害者が彼女のファンだという事を父から聞いたことがきっかけとなった。

デビュー当時からR&B路線のサウンドで、米国の著名プロデューサー・ジャム&ルイス(Jam_and_Lewis)と共演したこともある。2001年11月の『traveling』あたりからはR&B路線が影をひそめ、いわゆるJ-POPの範疇に入る楽曲を発表している。

2002年5月、3rdアルバム『DEEP RIVER』発売の直前に体調不良。卵巣腫瘍(良性)と診断され、摘出手術を受ける。テレビ出演などプロモーション活動の中止を余儀なくされた。じつは、笑っていいとも!への出演予定と重なっていた。急遽代理で父親が出演。

2002年6月、3rdアルバム『DEEP RIVER』発売。テレビ出演はなかったが、雑誌・ラジオ番組でALBUMのプロモーション活動を行った。発売一週間の売り上げ枚数は235万枚を記録した。

2002年9月6日、CDジャケットやプロモーションビデオを手がけた紀里谷和明(写真家・映像作家、本名:岩下和裕)と電撃結婚。

2003年、米国のIsland/Def Jam Groupとレコード発売契約を結ぶ。大物アーティスト並みの制作費用が話題となった。のちに米国でのアーティスト名を「Utada」にする。

2004年3月、初のベストアルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』が発売される。しかし新曲の収録はおろかジャケット写真やプロモーションにも本人は一切参加しなかった。レコード会社および父でプロデューサーの宇多田照實が計画したもので、本人の意向には必ずしも沿っていなかったと言われる。

2004年4月、夫・紀里谷和明の初監督映画『CASSHERN』に主題歌『誰かの願いが叶うころ』を提供。自ら音楽番組などで映画のプロモーションに務めたおかげで興行的に成功したが、内容については皮肉な評価を受けることがあった。(→CASSHERN参照)

2004年10月、幾多の延期を経てアルバム『EXODUS』を発表して全米メジャーデビュー。『Devil Inside』のリミックスシングルがクラブチャートで1位を記録するが、アルバム自体は総合チャートで160位を記録するにとどまった(ランキングはすべてビルボード誌によるもの)。 なお、このアルバムをリリースするにあたって全くといっていいほど米国ではプロモーションをしておらず、一部のファンからは「本当に米国で売る気があるのか」という声も出た。

一方日本国内では、ベストアルバムのヒットで存在感を保っているが、2003年以降は新作が極端に少ない時期が続いた。その上『EXODUS』がミリオンセラーを記録。初回出荷は100万枚。ノート参照してください。

日本国内では3枚のオリジナルアルバム(宇多田ヒカル名義)と2004年のベストアルバムがいずれもその年の年間アルバム売上ランキングで1位となった。前人未到の記録である。

2005年9月・12月に国内で2曲のシングルを発売し、本格的に国内での活動を再開するものとみられている。
  続きを読む