Hatena::ブログ(Diary)

南国の隅っこ RSSフィード

メキシコ南部でカメとイグアナと犬と猫と鳥とその他いろいろ生きものと暮らしてます。日々の記録。
カメたちの成長記録はこちら。カメイグ産卵記録はこちら

拍手ボタンはこちらから。お気軽にどうぞ。匿名コメントもできます。

 またまた更新滞ってすみませんでした。何とか帰宅しましたが、今日の更新はサボらせてください。うちの獣民たちはみんな元気です。明日にはアップします。

2017-06-28(水)

5日間の留守ののち、甘えてきたのは……

 またまた入院で留守しちゃいました〜。

**病院ぐちぐち

 いやあ、とんでもない週末だった〜。金曜の昼過ぎに医者との面談(先週金曜の面談予約が9時だったのに11時半になっても順番廻ってこなくて延期にした分、そのときは具合よかったんだけど)、月曜くらいからじわじわと薬が効かなくなってきてて、前日(木)にはかなりしんどかったので、ちょうどよかったと思って昼過ぎの予約時間に行ったら……今日は先生午後からだから、6時20分に変更ね、と言われ……。ジョーダンでしょ。

 なんかもうそれより、隣町の心臓専門医にちゃっちゃと予約入れてくれよぉ〜(一ヶ月近く前から申請してるがなしのつぶて)、と担当の人に訴えに行ったら、「うわ〜めっちゃ具合悪そうやん! 車椅子呼ぶから待って!」と言われ、そのまま救急部へ。そして同行していたダンナ(休暇中)は副院長に掛け合って今すぐ隣町の病院に運んでもらうようにして! と言われ……。

 金曜の午後に救急車で運んでもらえるはずが、他にもっと急を要する人がいるのであなたは明日の朝7時に、となり、結局土日に連れてっても先生いないから月曜日ね、と言われ……。そのあいだずっと入院(その間も血圧下がったりしてちょっと大変だった)。月曜の朝には運転手と助手と医者一名に看護師一名、それにダンナが付き添いで救急車で片道3時間の隣町の病院まで運ばれ、どんな大名行列だよッ! ていうか、普通にちゃっちゃと予約入れてくれれば自力で行けるんですが……それだと予約が入らないんだろうな……。

 到着して15分ほど待っただけで診察室に入れてもらえて(予約なし)、これまで肺炎だ胸水だって言ってたのもぜーーんぶ化学治療の後遺症で心臓がやられた結果。と言われ。専門医が見れば一目瞭然なんだけどねえ、って、申請してもしても予約入れてくれなかったのはどこの誰だよッ!(`ε´)

 とりあえずそういうことで、そのまままた救急車でカルメンに戻って、処方された薬でまた血圧下がったりしないか24時間チェック、まあ大丈夫そうだねってことで(ちょっとまだ不安もあったけど、半日でも早く帰りたい理由が別にあったので)昨日(火)の午後帰宅しました。

 6種類の薬を時間帯ずらして飲まなきゃいけないのでめっちゃめんどいけど、とにかく二ヵ月くらいすれば普通の生活できる程度には回復すると言ってもらえたので、頑張ります。


 で、やーっと帰宅したら、ワンコが狂ったように喜ぶのは当然のこととして、真っ先にパソコンに向かうと猫たちがわらわらと部屋に集まってきてそこらにさりげなーく寝てるのもまあいつものこととして。なぜか。

P1090370

 椅子に座ってる私のいちばん近いところにまったり寄り添ったのは、カメンコだったw マジかw いやあ、どうなんだろうねえ、たまたまか? 


 しかしカメンコ、室内飼育が板についちゃってから、なんかね、ワンコにも懐いてる気がする!?

P1090363

 これは病院行った金曜の写真だけど。寝そべってるワンコにずんずんずん。

P1090366

 ワンコがたまにビビるから、大丈夫だよーと手を添えつつ写真撮影。

P1090367

 ワンコだけじゃなく、私の足もがしがし踏んづけて進むカメンコ。


 そして帰ってきた私のスリッパを抱きかかえるニャンタ……と言いたいところだけど、嘘w これも出かける日の写真。

P1090369

ポチベビーたちの成長線?

 留守のあいだいちばん心配したのがポチワンとポチツー。やーっと生まれたのに、すぐに私が留守しちゃって、しかも世話の仕方を掃除のおばさんに伝える暇もなかった……。それでもしょうがないので、何とかケータイメッセの文面で説明して、どうにかうまくやってくれることを祈るしかない……。ポチツーは出かける前に、餌付いてるのを確認してたんだけど、

D

(音楽鳴ります)


 意外なことにポチワンのほうがビビリーだったみたいで。まだはっきり餌付いた確認ができてなかったので、いくらフードを入れて減ってても、ポチツーばっかり食べて、ポチワンは飢え死にって可能性だってゼロじゃないし……。

 でも帰ってきたら、とにかく二匹とも無事生きてた。他に孵化してないかのチェック、ポチオとミゾッチがそろそろ次の産卵してもおかしくない時期だったのでそのチェックも頼んでたけど、なかったみたい(ポチオはわからないけど、土掘ってみないと)。


 パッと見、ポチツーのほうがやや大きくなったように見える。まずはポチワン。

P1090374

 まだ甲板に成長線は見えない? うっすら出てる……かもなあ、くらい。腹甲板のほうは、

P1090375

 うん、こっちはちょびっと白っぽく出てる出てる。

 ポチツーも背中のほうは目立たず。

P1090377

 腹甲のほうがはっきり出てる。

P1090378

 そして、ポチツーのほうが暴れん坊。腹甲の色、やっぱだいぶ違うよなと思って一緒に撮ろうとしたら、

P1090379

 ポチワンのほうはおとなしくひっくり返ってるのに、ポチツーは暴れる暴れる。

P1090380

 どうにか押さえて撮影。やっぱりだいぶ色違うねえ、面白いねえ。


 もちろんミゾベビーたちもみんな元気だった。まだちょっと体がだるいので、しばらくは掃除のおばさんに毎日来てもらって、動物の世話の基本的なところはお願いする。けど、私も様子を見られるだけで大違い。次は7月13日に隣町の心臓専門医(今回診てもらった先生)と正規の予約入ってるので、それまで薬で何とか調子を少しずつでも上向きにしていけるよう頑張ります。

2017-06-22(木)

ポチワン、ポチツー、1日目

 今朝は起きるなり、ポチワンポチツーの様子を見に。夢じゃないよね? 夜のあいだにぽっくり逝ったりしてないよね? 大丈夫でした。


 ポチワンとポチツー、改めて写真。比較していきます。

P1090310

P1090315

 やっぱりポチツーのほうが黄色味が強い? 一緒に撮ればよかったんだけど、いじりすぎてもいかんので(今さら)。

P1090311

P1090316

 幼体は、まだ腹甲の蝶番が動かないのかな?

P1090312

P1090318

 どっちもウィンクしてるけど、ポチワンのほうはウィンクと見せかけて瞬膜のみで、その向こうからこっち見てるw シロクチと言っても口元、白くないのはママとパパに似たのかな? それともこれから変化していくのか。

P1090313

P1090317

 上から見るとほとんど区別つかないんだけど、椎甲板の真ん中にある薄い点が、ポチワンは第3と第4しかはっきり見えないのに対し、ポチツーは第5にも割とくっきり見えるので、これでまあまあ区別つけられそう。

 かわゆい尻尾の写真も……と思ったらw

P1090314

 ポチワンめ、シャッター切った瞬間にウンチしたw 小さすぎて洗えなくて、断念。

P1090319

 ポチツーのほうは尻尾をぎゅっとしまい込んでいて、見えないしw


幼体飼育について

 いやもうまったく予期してなかったので、去年はポチコポチオの卵が発生し始めたころいろいろ読み漁ったけど(でもそれも主に孵化までの日数に関してだったけど)、もう忘れてた……。昨日ポチワンポチツーを容器に移してから、夜になっていろいろ読み返してみたら……。

『医・食・住』では、産卵から4ヶ月過ぎても孵化しなければ死んでいる可能性が高いのでチェックしましょう、って。前も書いたけど、ニオイガメ中心だからかなあ。

 性決定は温度依存(高温と低温でメス、中温でオス)、となると、今回同時に生まれたのは同じ性別の可能性が高いかな。どっちかな。


 そして、この本にも、それと前にリンクしたスペインのサイトにも、同じことが書いてあるんだが、孵化直後の仔ガメには卵黄が付いてるって……。数日から一週間もしたら吸収するので、そうなってから水に移しましょう、とある。

 てことは、ポチワンポチツー、一週間も前から孵化してたのか!? いや、いくら何でもそんなに長期チェックしなかったはずはない……と思うんだけどね。とにかく、あんな固い土の上で卵黄抱えてよく無事でいてくれたもんだ。それともやっぱり、卵黄は吸収し終えてから孵化したと見るべきか?

『医・食・住』には、孵化直後の幼体をすぐに水に入れるとその後の発育が悪かったり、死亡率も高くなる、と書いてある……( ゚Д゚)ガーン でも卵黄、もうすっかり吸収してたから大丈夫? と思いたい……。

 餌は、最初は生きたイトミミズとか、砕いた乾燥オキアミとか、そして徐々に配合飼料と。うーん、乾燥エビ買ってくるべきか? と思いながら今日、ベビーフードを目の前にちらつかせたら、ポチツーは食いついた! ポチワンは食いつかなかったけど、アレだけウンチしてるしw、そのうち食べてくれるんじゃないかな。


 幼体は、一年くらいは手がかかるとのこと。5cmになるまでは油断禁物と。いじりすぎに注意(はいっ!(`・ω・´))、水質悪化に敏感、温度急変は体調不良のもと。などなど。

 ザルと二重にして、持ち上げるだけでカメに触らず水替えができるというのも、この本からもらったアイディアだったけど、甲羅はわりとしっかりしてるようだし、隙間からフードが外に出てしまって食べられなくなるので、陸地とシェルターを簡単に作った浅いアクアリウムに。

P1090331

 スペインサイトでは、幼体はほぼ水棲で陸地は必要ないとある。石の上に乗れば、甲羅が半分以上水から出るくらいだから、それで充分かな。

P1090321

 右がポチワン。写真撮ったときのウンチがようやくお尻から離れたところw

P1090322

 ポチツー、鼻提灯。

P1090324

 ポチワン、その角度だとすごい頭でっかちに見えるw

P1090327

 まあ実際、頭でっかちだけどね。これはポチツー。


D

(音楽鳴ります)

 石の下に隠れようとぽちゃぽちゃするポチワン。途中でちょっと落ち着いたかと思ったら、下半身が浮いてズッコケたw

P1090355

 お、カッコいい! と思ったら、カメラの気配にビビってへっぴり腰にw

P1090356

大きさ比較あれこれ

 まずはミゾたちから。

P1090343

 並んでほしいのに、落ち着かないヤツが一匹。どうにか手で牽制しつつ並んでもらった。

P1090344

 右から、ミゾタン(生後1年)、ミゾヨン(5週間)、ミゾロク(6日)。ミゾッチも並べたかったけど、スペースなかったw

 で、このちっこいミゾロク(生後6日)をポチツー(生後1日)と並べると、

P1090345

 この差w

 ポチワンとポチツー、身体測定してみたけど、甲長はどちらも29mm、体重は……10kgまでのデジタル秤では「0g」としか出ませんでした。


 ママ(ポチオ)との対面。

P1090346

 ちょうどね、ドロガメって背中の真ん中にくぼみがあって、子ガメ乗せるのにいいよねw

P1090347

ミゾロク、ミゾシチもまた同居

 ポチベビーたちのところからミズゴケを撤去、古くなったフードが絡んで掃除しにくいしね。同じ理由で、ミゾロクとミゾシチのところからもミズゴケは取っ払って、シェルターを入れることに。

P1090330

 ミゾシチはブロックの下から片足の先っぽだけ出してます。

タラちゃん2周年

 ポチベビー誕生で、セカンドの扱いになってしまったけど、今日はタラちゃんがうちに来て2年目。もう2年かあ、早いなあ。3回も脱皮したもんね。

P1090349

 だけど……実は……こないだの脱皮からもう一ヶ月以上経つのに、まだ一匹もご飯やってないんだ……。ちょうどうちで繁殖させてたコオロギを切らしてしまい、ペットショップに買いに走ったら、死んだのがゴロゴロ入ってるのしか置いてなかった。いつ新しいの来ますか、と訊くと、毎度の返事、来週の木曜日には。それをもう何度聞いたことやら。一度なんか、次の木曜にはぜったい来る!って言われたけど、ちょうどその日私は入院してたもんだから、ダンナに買いにいかせたんだよ? それでも来てなかった。先週も、次には来ますって言うから、本当に来たらちょうど誕生日プレゼントになるなーと思ったけど……来なかった。

 ごめんよ、タラちゃん……。そのせいで、お腹、だいぶしぼんできてるよね。

P1090351

 私の掌と比較。ちょっとうまく手が突っ込めなくて角度悪いけど。

P1090352

P1090354

 タラちゃん、もう少し我慢してね……。

2017-06-21(水)

ポチオの卵が孵化〜〜〜〜〜!

 うおおおおおおお!


 さっき、夕方、ミゾアダルト(去年孵化仔含む)のところの餌やりと水替えをしていて、水を貯めてるバケツの横のポチオ1回目と2回目の産卵分を入れたまま置いてるたらいを、念のためチェックしておくかと(週に2,3回は見るだけは見てた)蓋をのけてみたら……

P1090300

 卵が飛びだしてる!? え? え? 孵ってる〜〜〜〜! 見えますか? 右上の軽石の縁にうずくまってる子が……。

 嘘ぉぉぉぉぉおおお! まさかまさかのドロガメ初ベビー!? しかも、軽石をのけてみたら、

P1090301

 にっ、二匹いるぅぅぅぅううう!(≧∇≦)(≧∇≦)(≧∇≦)

 それにしても、いつ孵化したのやら。最後にチェックしたのはいつだっけ……。わかんないけどとにかく、ミイラベビーを発見することにならなくてよかった……。ポチスケ、死なせてしまったけど、お前の遺伝子はとにかく何とかこの世に残ったよ……。


 大急ぎで容器を用意して、二匹を水に。

P1090305

 もう薄暗くて、ボケボケ写真ばっかりになってしまった。明日、また改めて撮るけど、とりあえず急いで撮った今日の分だけ。

 水に入れると、一匹はパシャパシャと元気に手足を動かしたけど、もう一匹はうずくまったまま……。弱ってるのか? と心配したけど、ビビってただけのようで、しばらくすると普通に動いてた。ああ、よかった(>_<、)


 さて、名前だけど。ミゾベビーたちと同じように数字を付けていこうか、でもポチイチって呼びにくいよな。ミゾタンミゾチンの流れを踏襲して、ポチタン、はいいけど、ポチチンも無理があるw それで、ポチワン、ポチツーとすることにしました。なんで英語やねん、と思わないでもないけど、スペイン語(ポチウノ、ポチドスw)ではスペイン語知らない人にわかりにくいだろうし。

 あと、本名も、まったく考えてなかったから焦るわー。ポチたちはKで始まる名前だから、また適当に考えます。ていうか、マジで覚えきれなくなってきそうw


 しかし、ポチワンとポチツー、見分けがつくのか!? 今は甲羅が土で汚れてるっぽいのもあって、ちんまいし、暗いし、よくわからん。明日、またじっくり検討するけど、とりあえず奥の方にいたのをポチワン、手前にいた(最初に見つけた)のをポチツーと。


 ポチワン。

P1090302

P1090303

 アダルトの腹甲はこんな黒い模様ないのに、ベビーにはあるんだ。だんだん消えるのかな。そしてポチワンには、両脇にほくろが! しばらくはこれで見分けつくかな。

P1090304

 顔、ちっちぇえー。それにビビっちゃってて、ほとんど何にも見えないw 


 ポチツー。

P1090306

P1090307

 ポチワンより黄色っぽいのは光の加減かなあ?

P1090308

 顔写真もブレブレ。


 水に入れて間もなく、ポチワン、ウンコw

P1090309

 早いな、お前w まだ何も食べてないはずだから、卵黄の栄養分かな。あと、フードを3粒ずつくらい入れておいたけど、食べてるかどうか……。


卵の状態

 実は、孵卵ケースに入れてる3クラッチと4クラッチ分はミゾッチの卵チェックするとき一緒に見るわけだけど、3クラッチめの3個は土に埋め込んでいるので状態不明。でも4クラッチめは半分くらい埋めた状態なので、見える。で、5月10日に産卵して、3週間後に洪水になって掘り出したとき、白濁部分が1cmくらいしかなかったので、発生初期でダメになったと思ってた。けど、いちおう孵卵ケースに入れたわけだけど、どうもそれが、発生が再開してる??? とちょっと淡い期待をかけてたんだよね。単に中身が腐ってきただけかもなあ、とも思いつつ。

 3クラッチめはわからないけど、こちらも可能性ゼロではないし、もしかすると後続ベビー、来るかも?


 今日孵化したのは2クラッチめ。1クラッチめは3つだったけど、最初に掘るとき一個壊してしまい、もう一個はしばらくしてチェックしたら土のなかで割れてた。もう一個は残ってるけど、たぶんダメかな。

 2クラッチめも最初は少しだけ掘って3つだと思ってたら、あとでしっかりチェックしたら4つだった。産卵は2月中旬、18日に発見したけど、たぶん数日は経ってた。14日と仮定して、実に4ヶ月以上、127日という計算に。

 残りの2個はどうかな、チェックしたとき端が黒ずんだりしてたからダメかもね。でも数日遅れで孵化する可能性もあるから、これからこまめにチェック。


【追記】翌朝、たらいの1クラッチめの1個と2クラッチめの残り2個をチェックしてみた。完全に掘り出したわけではないのでよくわからないけど、どれも端まで均等に不透明に白くなってる……。これはもしかして!? と期待してしまう。

 そしてこちらはもういつ孵化してもおかしくないわけだから、一日に何回もチェックしてしまうw どうかなあ、生まれてくれるかなあ。


 これからの成長が楽しみです。が、うんとちっちゃいので、しばらくはこまめに世話をしてやらないとなー(≧∇≦)

2017-06-20(火)

ミゾシチもどうにか

 ミゾロクと同日に孵化したけど、何だかちょっと心配だったミゾシチ。それでもどうにか、甲羅も開いてきて、ご飯も食べるようになった。

P1090283

 こうして見ると、ミゾシチ(右)のほうが幅広にも見えるなー。ご飯も、食いつきはミゾロクのほうがいいけど、まあ隔離してるし、ミゾシチもゆっくりでもそこそこ食べられてると思うので、たぶんもう大丈夫。


 しかしこうして見比べると、ミゾロクは首筋の黄色い線が太くてぼわっとしてる。

P1090286

 ミゾシチは細くてくっきり。

P1090287

ガステルハオルチア?の花

 去年2月に買ったアロエっぽいの。そのときすでに花茎が出てて、花が咲いたら属くらいはわかるかなー、と記事に書いてたけど、そのあと放置で花の確認もしてなかった……。

 こないだそのことに気付いて、また花茎出てたので(たぶんもう何度も何度も出てる……)今度こそチェックするぞ!

P1090215

 にょろろろろん、と伸びてる花茎。

P1090216

 つぼみはこんなんで、アロエかガステリアっぽいけど、でもなんか色が薄い。

P1090279

 咲いてもこんな感じで、先っぽ半分はハオルチアっぽいねえ。

P1090281

 ネットでガステリア、ガステラロエなどの画像検索してて、似てるっぽいのを見つけたら、ガステラロエもしくはガステルハオルチアのロイヤルハイネスとかってやつ。

 こちらのフォーラムの写真だと、花がよくわからないけど、見た感じは似てる。こちらだと、花の拡大写真もあって、ハオルチアっぽいところもある。また、こちらの英語ブログでは、これなんだろうと議論してるっぽいが、やっぱりガステラロエかガステルハオルチア、おそらくは後者じゃないかと言われ、ロイヤルハイネスの名前も挙がってる。

 というわけで、いちおうロイヤルハイネス(すごい名前だなw)ということにしておこう。


 ところで花茎の根元のほうに、

P1090217

 こんなのが伸びてて、先っぽは、

P1090218

 こんなんなんだけど、何だろう? 高芽……にしては茎が長い気がするし。謎。

今日の駒猫

 今日はニャンコとニャンキジが。

P1090290

P1090291

P1090294

 最初はぜんぜんそろってなかったんだけど、最後には

P1090298

 いちおう左右対称に。寝そべり駒猫w

2017-06-19(月)

雨季になると家に入ってくるヤツラ……

 雨季になると、外の地面がしょっちゅう洪水になるからか、家のなかにアリが増える増える。まあ毎度のことだから、アリがたかって困るようなものは外に置きっぱなしにはしないけどさ。

 しかしアリだけじゃなくて……こないだは部屋の隅にこんなヤツ発見。

P1090179

 夜だったので、ブレブレ写真しか撮れなくて残念。でもまあこれは庭にいっぱいいるやつで、もっとでかいのもいる。タランチュラ本についでにムカデヤスデも飼い方とか載ってるし、ちょっと飼ってみようかなと思わないでもないけど、餌の確保が大変そうだから、これも外にポイ。


 そしてさっき、ダンナ(休暇中)がトイレから出てきたところでなんか言ってる。が、何と言ってるのかさっぱり聞き取れない。それ、何語だ。と見に行ったら、今度は、

P1090275

 コイツでした(ダンナが発していたのはスペイン語だったw)。これもよく見かけるヤツ。見た目、ムカデよりはヤスデのほうがなんか好きだなあ。でもこれも、飼うのはちょっとめんどいので、外にポイ。

 これからどんどんこんなのが入ってくるんだろうが、猫たちにおもちゃにされないよう、気を付けないとね……。

育ってきたサンゴアブラギリ

 一本は元気に花を咲かせたりしてるけど、もう一本はいまいち……と思っていたらやっと花茎を出したサンゴアブラギリ。

 このところの雨でどちらもぐんぐん育ってる。

P1090210

 これまでにないほど葉っぱを茂らせている一本目。花茎もまた出てきてるし。なにより、枝分かれしてる!?

P1090211

 どういう加減かはわからないけど、勝手に分かれて伸びてきてる。


 もう一本のほうも、

P1090212

 葉っぱがじわじわと増えてる。

P1090213

 このまま枯れちゃうんじゃないかと思ってたので、よかったよかった。

【追記】実は上の写真は二日前ので、今はもう花咲いてます。

P1090278

 二つとも雌花。周りのまだつぼみなのが、雄花。