Hatena::ブログ(Diary)

南国の隅っこ RSSフィード

メキシコ南部でカメとイグアナと犬と猫と鳥とその他いろいろ生きものと暮らしてます。日々の記録。
カメたちの成長記録 カメイグ産卵記録 孵化記録

拍手ボタンはこちらから。お気軽にどうぞ。匿名コメントもできます。

2018-07-20(金)

ワンコの後ろ足反射の謎

 今日は朝からずっと、庭の「土木工事」をしてた。ずっとと言っても、なにせもう歳なのでw、ちょっとやっては休み、やっては休み。午前は掃除のおばさんが、午後はダンナが手伝ってくれたけど、その都度汗まみれになってシャワーを浴びて。それでも今日はやっと半分。明日、続きをして、その成果?をここでご披露いたします。

 で、今日は気づいたらこんな動画しかなかった。

D

 こないだも撮った、ニャンキジに耳を舐められて後ろ足ぴくぴくの反射反応を見せるワンコだけど、今日はよく見ていたら、耳先を舐められると反射が出る? 耳の付け根あたりだと、出ない。それとも、耳の毛の流れに沿って舐めているときは出なくて、逆に舐めあげられると出る?

 で、私も指でワンコの耳をなでなでしてみたんだが、反応は出ず。うーん。ニャンキジ、恐るべし!?

2018-07-19(木)

猫家族の団欒

 ちょっと珍しい、ナナとミミのツーショット。

IMG_0155

 寝ぼけ眼してると、ミミもやっぱナナに似てるかも!?

IMG_0156

 抱き合って寝る。


 今日はこんな一幕が。ニャンタが、ご機嫌斜めだったのか、ニャンキジに八つ当たりし始めたら、ナナとネネとミミが。

IMG_0159

 どれどれ、見学しましょうかい、と二匹を取り囲んだ。

 囲まれたニャンタは、なんか気まずくなったのか、

IMG_0160

 八つ当たりをやめて、

IMG_0161

IMG_0162

 新しい爪とぎ段ボールにどっしり。まあこの辺にしといたるわい、みたいな顔w


 そのあと、本来ワンコ用のマットが走り回るネネとミミの勢いで吹っ飛んで玄関前に移動して、そこでまったりの猫一家。

IMG_0165

IMG_0168

IMG_0169

IMG_0170


 遊んでるところを動画に。

D

 みんな仲良し、かと思えば、こんなシーンもある。

D

 ナナのほうはじゃれて遊んでる気分が8割だと思うんだけど、ニャンキジはこういうの好きじゃないから!とかなり本気で怒ってる。途中、ナナに蹴とばされたミミがカメラ覗きこむのが傑作。

2018-07-18(水)

センコのその後と、群がる犬猫

 昨日、とうとう尾羽を失ってしまったセンコ……。

IMG_E0615

 まるきり別の鳥みたいだよ……。

IMG_0618

 しかしセンコ自身が、朝から晩までピヨピヨとご機嫌で歌っているので、なんか飼い主もあんまり深刻になってないのが……。とはいえ、対策はしないと、と思って、今朝から掃除のおばさん(は普通に来た)の旦那さんを待ってたんだが……。ちょっと用事あるので、あとで来ますと言われて、それっきり、待てど暮らせど来ない。

 夕方になって、もうこれ以上引き延ばすわけにはいかないし、とりあえずあるものでできるだけのことはしよう。余ってる金網(メッシュサイズ各種あるが)で、いちばん目が細かいのがどうにか使えそうだったので、それをじょきじょき切って、かごの両サイドに固定した。

IMG_0145

 さっそくネネが登ってるが、サイドからはもうどう頑張ってもセンコに手出しはできない状態。あとは裏側と、正面の上半分(タオルかぶせてる部分)にも金網つけたいけど、それは明日。

IMG_0146

 かごの中でブレまくってるのがセンコ。これだと、サイドから見えるのに接触ができないので、ネネも早々に諦めてくれた。タオルだと見えなくなるので、見えるところを探して……という行動パターンだったんだよね。

 これでひとまずはマシになるかな。今までの猫たちが、一応はセンコに興味示しても、すぐに飽きていたので問題なかったんだが、やっぱり猫も7匹となると性格いろいろ。しょうがないね。


 仔猫たちはやっぱり活動量がオトナ猫より格段に多いので、いろいろ遊びの可能性を与えてやらないといかんのだよね。で、昨日の麻酔から覚める前のネネとミミを温めていた毛布が、今日はおもちゃになってた。

D

 この暑いのに、よくそんなところに潜って遊ぶなあ……。


 晩、私が自室にいると、珍しくワンコがやってきた。私の顔を見て何か訴える。何? ご飯はもう食べたよね。水がなかった? と一緒に部屋を出ていくと……

IMG_0148a

 女の子たちに囲まれてご機嫌のダンナw ワンコは舌なめずりで近づく。ニャンリンが、ちょっと〜!と迷惑がって、

IMG_0149a

 ワンコに猫パンチ。

IMG_0150a

 それでもワンコがめげないので、ニャンリンは……

IMG_0151a

 もうっ! と下りてしまった。そのあいだずっとヨーグルトを舐めているのはミミ。でも、そのあといったん容器を捨てに台所へ行きかけたダンナ、ニャンリンはどこだ? と探して、テーブルの下にいたニャンリンに残りを舐めさせてた。ワンコは結局もらえず。ワンコが舐めると、一瞬で全部なくなるからねえ……。私もせっかく呼ばれてきたのに、写真撮るばっかりで役に立たず、ごめんよ〜。

友人宅のケレウスサボテンの花

 ここんとこしばらく留守にしている近所の友人Sが家の前に置いていった植物たち。雨季でよく雨が降るから、潤っているんだが、それもあって、サボテンにつぼみが出てた。この辺によくある、太いハシラサボテンで棘がほとんどないやつ。これは夜だけ大輪の真っ白い花を咲かせる。

 最初、月下美人と書いていたけど、別のところで、これは「袖ヶ浦」というサボテンではないかと教えてもらった。検索していたら、袖ヶ浦かもしれないけど、いずれにしてもケレウスサボテンのどれかかな。サボテン本体をよく見てないので、同定は難しい。


 友人に、咲きそうだよ〜と知らせ、咲いたら写真送るね、と約束してた。夜のワンコ散歩で、友人宅とは反対方向に行くことが多いんだが、三日に一回くらいはそっちに行って状態チェック。今日はそろそろかもと思って、反対に行きたがるワンコをなだめすかして、そっちに向かったら……咲いてた〜!

 散歩にはカメラを持っていかないので、あとで一人で戻って撮影。

IMG_0154

IMG_0153

 きれいだねえ。

 つぼみはもう一個、ごく小さいのがあって、友人ももうすぐ帰ってくるので、そっちは直に見られるかな。

2018-07-17(火)

センコの尾羽が……

 昨晩はまだちょっと心配しながらも、避妊手術の麻酔からほぼ覚めたネネとミミをそのまま置いて寝た。夜中にベッドの上を駆け回り飛び跳ねる2匹に起こされて、あーわかったわかったw もうすっかり元通りだねw

 とは言ってもお腹切って翌日なのに、いいのかそんなに暴れて。

D

 ミミは、ちょっとワンコにもじゃれついて遊ぶようになった。

 ネネのほうは、センコ相手の戦いがやめられず、今朝起きてみたら、センコの尾羽が1本しかない……?

IMG_0093

 もしかして夜のあいだに抜かれた? 確かにその辺に、センコの長い尾羽が落ちてる……。これはヤバいでしょ、ともう一枚タオルを、今いちばん激しい戦いが繰り広げられている正面に縫い付け。

IMG_0092

 でも、どうやっても、空いてるところからネネは覗きこむし、センコがそこに攻撃しかけるから、どうにもならん。ていうか、センコやめろやw


 とりあえず掃除のおばさんの旦那さんに明日来てもらって、かごの周りに金網でも貼るしかないなこりゃ、と連絡して。

 ところが、夕方。

IMG_0118

 とうとう、最後の一本も!!!!(>_<、)

IMG_0120

 ひな鳥スタイルになっちゃった……。でもセンコは、多少バランス取りにくそうな以外はまったく平気で、ピーチクご機嫌で歌ってる。

D

 まったくもう〜。まあ、金網で保護したら、尾羽はまた生えてくるとは思うけどさ。爪で怪我させられないよう、それだけは気を付けないとね。

 犯人(猫)は、

IMG_0128

 ベッドで大股開きで寝てるしw

IMG_0129

 と写真撮ったら、気配を感じたのか、寝返り打ったw

 一方のミミは、

IMG_0116

 早くもおっさん化w

IMG_0117

 お腹の糸を自分でぎゅーぎゅー引っ張ってて、冷や汗。抜糸まで、大丈夫なんかな……。

 あと、アイスクリーム食べてたダンナに、寄こせ〜!とよじ登ってたw

IMG_0095

暑い日の花

 アデニウム、一度幹が一部腐っていた赤花の株、どうにか持ち直したようで、植え付けてから二度目の開花期。

IMG_0099

IMG_0103

 そして、ちょっと出かけたとき通りがかった小学校の塀越しに咲いていた、大きな木に咲く花。

IMG_0100

 これは、何だろう? 名前、わかりません。

IMG_0101

 青空に似合う花。

2018-07-16(月)

ネネとミミの避妊手術

 もう4ヵ月半のネネとミミ、体重も2kg近くだし、そろそろ避妊しようかな。今までのところは、ニャンコもニャンリンもナナも、発情しちゃって鳴き声が〜〜! ってことで慌てて避妊に連れていくパターンだった。やっぱり手術は、万が一ってこともあるし、なかなか気が進まないもの。でも一応、初めての発情が始まるより前にやったほうがいいらしいしね。早い子は5ヵ月とかで発情することもあるらしい。それに、今はダンナが休暇中なので、術後の通院も楽だし。


 というわけで、昨晩から断食させて、今朝9時過ぎに獣医さんへ。ナナを手術してもらった、近いほうの獣医さん。お願いしますと、問診票を書きこんで、お金払って。夕方6時くらいに迎えに来てくださいとのこと。

 帰宅したら、ナナが子供たちいなくなって、探し回ってる……かと思ったら、

IMG_0068

 のびのびと寝てたw もうさすがに子離れしてるか。

 あー、なんかチビたちがいないと静か……と思うが、日中は普段もこんなもんだっけねえ? 

 そして夕方、言われた時間よりちょっと早い気がするけど、ダンナが行くぞ!というのでしょうがないw 行きますか。二匹一緒に、連れていったケージの中でまだうとうと寝てるのを引き取ってきた。明日から三日ほど通院予定。

 帰ってきて、さてどうしようかと考えたけど、とりあえずそのままケージの中で寝かせる。ただ、体温がかなり下がっているのと、ネネは口が半開きでベロが横っちょに出てて、それを押し込んで口を閉じてやったんだけど、めっちゃ乾いてる。それで、帰ってすぐに別のタオルを突っ込んで上から覆ってやり、シリンジで水を少しずつ口に流し込む。そのときはちょっと活発になったけど、またすぐにぐうすか。

IMG_0073

 ナナが覗きこんで、この子たち、どうしちゃったの? と尋ねてくる。まあもう少ししたら元気になるからね。

IMG_0074

 見守るナナ(しばらくだけね)。

IMG_0075

 私もときどき覗きこみ、チェック。水を与えたり。

 そしたらニャンキジもやってきた。

IMG_0076

 もしかしたらフーフーシャーシャー言うかな? と思ったんだけど、そんなこともなく。

IMG_0078

 しばらく2匹(と一人)で心配しながら見守る。

 で、帰宅してから一時間半ほど経って、ケージを開けたら、よろよろと出てきた。まっすぐご飯へw

IMG_0079

 まだよろよろして、たまにフードにずしゃっ!と顔を突っ込んだりしながら、食べる。えーと、獣医さん(前にシャツかぶせる方法教えてくれた若い女医さん)、ご飯は無理に食べさせないで、明日まで食べなくても大丈夫だからとか言ってたけど、自分から食べる分には食べてもいいんだよね?

 ニャンキジもまた来て、

IMG_0080

 大変そうだねえ、とネネの背中を舐めてやったり。

 ある程度食べると、ミミは自分から横のかごに入って、バタンキューで寝ちゃった。その前に、水飲む?と水入れに誘導したけど、いらんって。ネネはかなりしつこく食べてたけど、なんかもう口に入ってないし、一休みしなさい、とこちらも水入れに誘導したけど、飲まずに寝た。かごの上から毛布をかけて、30分ほどしたら、また出てきてフードをカリカリ……。また寝て、また出てきて食べて、の繰り返し、ここまで3回くらいかな。

 最後のほうは顔をフードに突っ込んで寝てるしw そのたびに抱き上げてかごに戻して、毛布をかけて。

IMG_0081

 ナナも食べてる子供たちの背中をせっせと舐めてやったりしてた。やっぱりお母さんだねえ。


 このまま、今夜は私の部屋にナナと一緒に閉じ込めておいたほうがいいかなあ。私が寝るまでに、どれくらい回復するか次第かな。まだよろよろしてるようだと、ニャンタたちに遭遇したらややこしいから、ドアを閉めることにします。

 それにしても、手術をしたのは何時ごろ?と訊いたら、ちょうどお昼ごろと言われたんだが、こんなに麻酔切れないもんかね……。体小さいからかなあ。


追記】夜10時ごろには2匹とも水を飲み、台所まで遠征し、テーブルにもどうにかよじ登ったり、どうやってか下りたり、、そしてまたご飯を食べて寝落ち、の繰り返しながらも、じわじわと回復している様子。ナナとニャンキジもサポートしてるし、もう大丈夫かな。

 水飲み始めたころは、いつもの椅子に飛び乗ろうとぴょん!と跳ねても下半身が応答しないのでまったく届かずw 載せてやったら、そこにいたナナに甘えてたんだけど、体がまだ思うように動かないので、エビぞりにのけぞって頭から落ちそうになるのを私が危うく受け止めたり……てなこともあったけどw

アストロフィツムの種収穫

 このところ、連日夕方のスコール。アストロフィツムの種がまた飛ばないよう、何かかぶせないとな〜、でも何をかぶせたらいいんだろう……と毎日悩んでた(悩みながら放置w)。

 今日も夕方、気温がグーッと下がって、空が暗くなり、遠くで雷がゴロゴロ。これはまた降るな。カメンコを回収してから、アストロ親株を雨がかからないところに一応移動。でもどうなんかなあ、そうだ、コオロギの入ってたタッパーに入れればいいんじゃない? 空気穴あるし、光も通るし! と思いついて入れてみたら……高さが足りなかったw

 じゃあ高さを少し足して、さかさまにかぶせるか……と思いつつ試しに逆さにかぶせたら、当然入れ物の底が、花ガラ(種鞘)に軽く当たって……取れた〜! え? もしかして、今まで大事にしてたけど、これも受粉してなかった!?(三つあったうち一つはしぼんだ翌日に落ちて、受粉してなかった模様)


 落ちたのをいじってみると、花びらがしぼんだ細長い部分がその下のほんの少し膨らんだ……かな?くらいの部分から外れた。

IMG_0069

 その下の部分を爪で割ってみると……。種が出てきた。うーん、どうなんだろ、もう熟してたのか、それとも早すぎたか? わからんけど、どっちにしろもうどうにもならん。

 全部取り出してみたら、一個にはそこそこ入ってたけど、もう一個には4つくらいしか入ってなかった。合計15粒。

IMG_0072

 どうしようか迷ったけど、4号鉢に土を入れて、15粒、一個ずつピンセットで植え付け。土はかぶせず、上から軽く押さえるだけにして、腰水で水を吸わせました。

 発芽してくれるといいなあ。ところで種からひょろひょろ出てるの、詰まってたときの緩衝材みたいなもんかと思ってたけど、写真で見ると、もしかして根っこ? だとしたらちょっと期待できそうだけどな〜。

実生を植え替え

 18日、実生の3本を植え替え。

IMG_0138

 2号角鉢に一緒に植わっていたのを抜いて、土はあまり落とさず、そのまま。

IMG_0139

 一個ずつ。

IMG_0140

 しかし、今年2月に植え替えてたんか……。それからぜんぜん成長してなかったな。いや、見比べると、一応成長してるのか?


 2月の植え替え時点の写真。

IMG_6026