初心忘るべからず このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 07 | 08 | 09 | 10 |

2008年06月22日(Sun)

各種アンパンマン詰め合わせ 各種アンパンマン詰め合わせを含むブックマーク 各種アンパンマン詰め合わせのブックマークコメント

f:id:tihoujiti:20080622205436j:image

 アンパンマンって、いろんなタイプがあるんですね。

 左上から時計回りに、アメパンマン→はるまきアンパンマン→クリアンパンマンホットケーキアンパンマン→アンパイマン

 ↓に載ってます。

 

「クスリ嫌い」 「クスリ嫌い」を含むブックマーク 「クスリ嫌い」のブックマークコメント

 ここ一ヶ月の間、娘が立て続けに病気を患っている。

 最初は、アデノウイルス感染し、40度超の発熱。

 次は、中耳炎をわずらい、鼓膜切開。

 その次は、気管支炎であり、かつ肺炎の一歩手前。

 まさに、病のオンパレード。

 とはいえ、その度に大騒ぎになるのだが、その度に順調に回復してきている。

 また、それぞれが、子どものうちに罹患しやすい病気であるということで、対応も決まりきっている。

 まー、その対応というものが、主に服薬と睡眠なのだが、服薬については、とにかく大変。

 なにが大変かというと、クスリを飲むことをめちゃめちゃ嫌がる。

 クスリを水に溶かせて飲ませるのだが、嫌がるので、やむを得ず、ある程度実力行使で口にいれることとなるのだが、それを飲み込まない。ずっと口に入れっぱなし、というか、への地口にしっぱなしで口を閉じようとしない。当然だが、よだれ垂れ流し。クスリも、あまり飲み込むことはなく、よだれとともに流れ出る*1

 これでは服薬効果が薄いので、何かに混ぜようと画策。

 アイスクリーム、プリン、ゼリーなど、いろんなものに混ぜてみるが、最初の数口でクスリが混ぜ込められていることに感づき、以後食べようとしない。

 ところが、チョコレートであれば、その味が強烈で、クスリの味をほとんど消してしまうことを聞き、チョコレートに混ぜてみることに。具体的には、サインドイッチ用の食パンに、チョコレートクリーム及びクスリを塗りつける。そうすると、けっこう食べることが判明。とはいえ、味が多少代わってしまうことは避けられず、完食には至らないことも多いが、それでも7・8割くらいは服薬しているのだろう。

 最近は症状も快方に向かっていて、飲みやすいクスリになったのか、チョコレートに混ぜずに無理やり飲ませても、以前のように「口を開けっぱなしにして飲み込まない」ということはないが、どうやら抗生物質のように苦さが口に残るものについてはかなり辛いようだ。

ソーラーパネル義務付け ソーラーパネル義務付けを含むブックマーク ソーラーパネル義務付けのブックマークコメント

 ドイツ中部の大学都市マールブルク市で22日までに、新築建築物すべてに温水暖房用のソーラーパネルの設置を義務付けるドイツ初の条例が採択された。違反者には1000ユーロ(約16万7000円)の罰金も科す徹底した規制策となる。

 童話のグリム兄弟も居住した丘の町である同市の人口は約7万9000人。新条例は20日の市議会で採択され、10月1日に施行される。住宅や事務所などを新たに建てたり増改築したりする際、太陽光を利用したソーラーパネルを同時に設置しなくてはならない。

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080622/erp0806221810002-n1.htm

 幾つかの自治体で24時間営業を何らかの手法で規制しようとする動きがあるんだが、24時間営業を継続するのであれば別の条件を備えるべし、といった手法も考えられるべき。

 その1つがソーラーパネルなのかは分からないし、常にソーラーパネルを設備できる環境にあるとは限らないが、カーボンオフセットという考え方が定着しつつあるなかで、24時間営業を行うことを相殺するだけの「何か」を備える・行うのであれば構わないのではないか。あるいは、それ相応のCo2削減率の達成を課すなどの対策を求めていくという手法でも構わないのではないか。

 今の日本の都市生活にとって24時間営業のコンビニという存在は、無くてはならないところまで来ているように思える。個人的には、ここ数年、24時以降にコンビニへ行ったことはないので、24時をもって閉店したとしても生活上の支障は特にないのだが、24時間営業は地球環境にとって悪だから規制するべきだ、という強行的な姿勢では業界の理解は得にくいのであるから、「24時間営業をする場合はこれだけのハードルを越えてくださいね」的な考え方の方が受け入れられる気がする。

 まー、何も、24時間営業のものに限る必要はないのでしょうけど。

*1:これ、最初はかなり驚いた。何せ2時間開けっぱなしだったから。