Hatena::ブログ(Diary)

地下生活者の手遊び このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-09-05 スタージョンの法則

すべてのものの90%は屑である、という絶対真理


事実とは知るものであり、真理とは信じるものですにゃ。

例えば、目の前にコップがあることを「信じる」とは言わにゃーよね。そして、信仰者は言うわけだ「目の前にあるコップよりも神の存在は確かなことなのだ」と。

科学とは「知」の体系であり、信念・信仰は「信」の体系ですにゃ。そして往々にしてニンゲンは「信」に殉ずるものですにゃ。

今回は「真理」の話であり、「信」の話ですにゃー。


これこそ、僕が奉ずる絶対真理。


wikipedia:スタージョンの法則によると


スタージョンの法則 (スタージョンのほうそく、英語:Sturgeon's law)とは、SF作家シオドア・スタージョンの言葉から導きだされた格言である。


1.「常に絶対的にそうであるものは、存在しない。」("Nothing is always absolutely so.")


スタージョンはまた、これより有名な格言も残している。それは正確な名称としては「スタージョンの黙示(すっぱ抜き)」として知られているものであるが、現在では「スタージョンの法則」といった場合、実際にはこちらを指すことがほとんどである。例えば、オックスフォード英語辞典でもそのようになっている。


2.「どんなものも、その90%はカス(crud)である。」



なのだそうだけれど、僕としては

「常に絶対的にそうであるものは、存在しない。」を基本原則、「どんなものも、その90%はカス(crud)である。」をその定式化と見なしますにゃ。


で、この「絶対真理」は役に立つのですにゃ。

所属によって自己正当化する言説を一刀両断にできるからにゃ。

  • 例1)ウヨの90%は屑である。とうぜん、サヨの90%は屑である。無論、「中立」「ノンポリ」の90%は屑である

ピンからキリまでというコトバがありますにゃ。

党派的思考においては、自らの所属する党派の「ピン」と敵対陣営の「キリ」を比較して、自分の党派の優越を確認するというオナニー言動というのは、よほど注意してにゃーとうっかりやってしまうものですよにゃ。スタージョンはそこを常に戒めるのだにゃ。

どんな党派に属しようと、それが個々を正当化してくれることはにゃーのだ、と。


僕自身はいろいろとサヨクであろうとは思うけど、それは別にサヨが正しいからではなく、サヨが僕の嗜好・志向にあっているというだけのことですにゃ。伝統主義とか保守主義ってのもきわめて「マトモ」な立場だと思っていますにゃ。



  • 例2)韓国人の90%は屑である。北朝鮮人の90%は屑である。在日の90%は屑である。日本人の90%は屑である。

やふ掲示板で差別問題などを論じていた時、在日を自称する人とも話したけど、スタージョンを否定したヒトはいなかったと記憶していますにゃ。

他民族を屑呼ばわりするのは実にカンタンだにゃ。だって、90%は屑だもん。絶対多数が屑だなんて、アッタリマエだよにゃ。日本人であるだけで偉いとか、そんなわけにゃーんだよね。日本人であることも在日であることも韓国・朝鮮人であることも、それだけでは90%の確率で屑であるというだけのことにすぎにゃー。


  • 例3)障害者の90%は屑である。健常者の90%は屑である。

差別問題には、その裏返しとしての「聖化」の問題が常にからんできますにゃ。これは、クリスタルチルドレンを論じたときにもちょこっとでた話ですよにゃ。

特定の社会集団を聖化するって、本人は善意のつもりで実は差別なので厄介なんだけど、スタージョンならここもオッケー。

「90%が屑なのは絶対真理なんだから当然でしょ。」


そして、例えばニートだろうがホームレスだろうが、90%が屑だとは認めつつ、10%の非屑を想定しなければならにゃーということでもあるんだよにゃ。


などと、党派思考・差別主義などに対して「基地外に刃物」の切れ味をもつスタージョンの法則にゃんが、適用するに不適当な対象もありますにゃ。そもそもスタージョンの法則は適用対象に多様性があるときには無類の切れ味をもつのだけれど、適用対象の多様性がないところではダメダメになるのですにゃ。


  • ダメ例)アトピービジネスの90%は屑である。専門医の90%は屑である。

アトピー治療において、アトピービジネスに10%の非屑を想定する必要はにゃーだろう。アトピービジネスの手法や思考パターンは類似しており、ほぼ全面的に屑だといっていいのではにゃーだろうか。

また、専門医にも屑が含まれるということは間違いがにゃーだろうけれど、屑の割合はだいぶ低くなるはずだにゃ。そのための専門教育なわけで。

ただし

例えば「家庭人」という判断基準をもってくれば、アトピービジネスをするものも専門医も「90%は屑である」という絶対真理が適用されることになるにゃんがね。


スタージョンの法則は、いったん適用された90%の屑(あるいは10%の非屑)に対して、さらに別基準で適用し、永遠の入れ子構造で遊ぶこともできますにゃ。

別名「肥だめ相対主義」

合言葉は「にんげんだもの」

moharizamohariza 2008/09/06 19:59 「在日」問題は、日韓(日朝)の国民感情が複雑に絡んで、
その事を記事にしている人へ、言及するのに、「たじろぐ」問題だと思います。
私は、元々、民族に、「差」と云うものは無いと思っています。
私は、また、「常に絶対的にそうであるものは、存在しない。」と云う考えの人間です。
世の中、「7:3」の法則と云うものもあったと思いますが、
「どんなものも、その90%はカス(crud)である。」と云うスタージョンの法則は、含蓄があると、思いました。
その考えの元で、「自らの国(民族)」を絶対化せず、他国の人と、お互い「90%は屑である」同士との考えで、付き合えば、
変な「軋轢」は無くなるような気がしますが…。
しかし、自分(自国)が、「90%は屑である」との考えは、一般国民としては、プライドが許さないのでしょうか?
「真理」と思いますが…。

tikani_nemuru_Mtikani_nemuru_M 2008/09/07 00:32 まあ、7:3でも 8:2でもいいんだけどにゃ。

「馬鹿はお互い様」と考えることができにゃーお歴々が多いのはびっくりだよにゃ。

moharizamohariza 2008/09/09 03:21 私のブログで、私の投稿コメントを掲載させて頂きました。

RASRAS 2008/09/13 07:44 はじめまして。
スタージョンの法則は、その後に「しかし、屑ではない残りの10%が存在する。それをおろそかに扱うべきではない」という主旨の発言が続くと記憶しています。ご存知でしたらすみません。
異なる意見や嫌いなモノ・コトに接する時に忘れてはならない良い言葉だと私は思っています。

tikani_nemuru_Mtikani_nemuru_M 2008/09/16 11:10 おはつですにゃ。おくれまして。

僕にとってはスタージョンの法則は自明だし、思考する上で習い性のようになっておりますにゃ。
例えば、歴史修正主義における10%の非屑とは何か、とか考えてみるのもいいんだよにゃ。それを認める必要はにゃーのだが、考えてみるのはいいことだと思いますにゃ。

にゃーにゃー 2010/03/17 14:32 スタージョンの法則はパレートの原理のパクリですにゃ
あ、にゃー

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close