今日の英語 このページをアンテナに追加 RSSフィード

      気になった英語を一日一個。例文はオンライン英英辞書からの引用が多いです。

2008-05-31 But rest assured it’s not happening.

[] But rest assured it's not happening.  But rest assured it's not happening.を含むブックマーク

(でも、ご安心あれ。そんなことにはなってないから。)

 netlearningで配信のpodcast「English Aya Pod」書籍『AYAのリアルトークリスニング』トピック4より。中国オリンピックが開催されるにあたって、英語標識が増えてるけれど、それってちゃんと英語を話す外国人が監修してるんだよね?という問いかけに、皮肉まじりに「ご安心あれ・・・」との回答。

[][] 今更〜できない/ほんの一口飲み物)( 第7回-08/5/23 今更〜できない/ほんの一口(飲み物)( 第7回-08/5/23)を含むブックマーク

  • 今更〜できない/it's too late now for me to... ※そうか、〜するのは遅すぎる、と考えればいいのか。
  • ほんの一口/just a sip ※食べ物だったらbiteだけど、飲み物だったら何だろう・・・?と思いつつ調べずに行って案の定言えなかった (08/5/26)

●知ってたのに言えなかった英語

  • close down
    • The shop closed down some time last year.
  • resemble ※のどまで出かかってたんだけど、なんか言えなかった。
  • I can relate to that.(06/7/31)

[] 第7回-08/5/23 words & expressions   第7回-08/5/23 words & expressionsを含むブックマーク

●覚えたばかりの英単語が役に立った

  • out of body experience
  • blessing in disguise
  • attempted kidnap/誘拐未遂 ※attempted murder を知っていたのでぱっとわかった。

●使いたかった英語を使ってみた

  • care for
  • way back ※We go way back (04/6/16)を使いたかったのに、goじゃなくてhaveと言ってしまった!惜しい!
  • I would say!
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tiki-tiki/20080531

2008-05-26 Just a sip.

[] Just a sip.  Just a sip.を含むブックマーク

(ほんの一口ね。)

 ちょっと苦手な飲み物を人にいただいた話をして、ほんの一口だけど、飲んだよ、と言いたかった。

[] 残高証明/ひそひそ声で話す/チェーン店  残高証明/ひそひそ声で話す/チェーン店を含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tiki-tiki/20080526

2008-05-25 I hear you can out drink everybody!

[] I hear you can out drink everybody!  I hear you can out drink everybody!を含むブックマーク

お酒がすごく強いって聞いたよ!)

 カナダ人のお友達が、私と共通の友人と会った時にこういう話になったとメールをくれた。

  • canの後にout?動詞でoutってあるの?それとも何か動詞が省略されているの??と最初悩んだけれど、"outdrink"(もしくは"out-drink")という単語があった。「お酒を(他の人より)たくさん飲める」という意味。単語はわからずとも、その共通の友人だったらこう言ってんだろうな、と予想してた通りの意味だった・・・。
    • I could outdrink everybody with teqila.
    • I was pumped that night and determined to outdrink everybody. ※pumped/興奮して
    • Why Men Can Outdrink Women ※記事見出し
    • UK to out-drink France by 2008.(Beers--Wines--Spirits) ※記事見出し
  • "drink someone under the table" も同じく「〜よりもお酒が強い」という意味
    • He could drink nearly anyone under the table.
    • Paris Hilton Drinks Elisha Cuthbert Under the Table. ※記事見出し
  • 基本、動詞の前に"out-"がつくと「〜の度合いが上回る、〜を越える」という意味合いになる。
    • He’s outdrunk us and outdanced us all.
    • you can out-perform someone at work.

[] を含むブックマーク

  • issue/(v)〜を支給する ※issueは名詞しか知らなかった
    • The US State department issues millions of passports each year.
    • All the workers were issued with protective clothing.
    • The policy document will be issued to all employees.

ごるびーごるびー 2008/05/30 22:32 outdrinkって知らなかった!!今度使ってみます^^ out-は、ほかに、outdo,outnumberなんかもありますね。

issueも意外な意味があるのでビックリです。動詞だと「発行する」なんてよく使いますけど。

tiki-tikitiki-tiki 2008/05/31 20:02 >ごるびーくん
outdo、outnumber、知らなかったので勉強になった〜。アリガト!!
issueは対象がdocumentだったら「発行する」equipmentだったら「支給する」と、同じイメージから来ている使い方です^^

2008-05-23 Don’t wait up!

[] Don't wait up!  Don't wait up!を含むブックマーク

(先にはじめてて!)

 1年間ワーホリロンドンに行っていた弟が帰国したので家族で食事をしようと言われたが、今日英会話の日なので先に食べててと言った、というエピソードを話すと、先生がこの表現を教えてくれた。

  • wait upを辞書で調べてみると、もともとは「〜の帰りを寝ないで待つ」という意味があるらしい。あと載っていたのは「誰かが追いつくようにゆっくり歩く」というもの。今回教えてもらった「先に(〜を)はじめずに待つ」という用例は辞書では見つからなかったので、同じ状況で使っている用例をweb検索してみるとけっこうあった。これぞ生きた英語だね!
  • (追記 2014/1/31)英英辞書にこの内容の項目を発見:to stop moving forward so that someone who is behind you can join you米国英語):この使い方では、先に歩いている人などに「追いつくまで待って」というのがよく使われる用例のよう。
    • Don't wait up for me; I may be late.(先に寝てていいよ。)
    • 'Wait up!' he called.
    • Hey, wait up (for me)! I'm going with you.
  • 他に「先にはじめてて」の表現は以下。私はいつも"I'll join you later"しか使ってなかったので、バリエーション増やしたいな。"Don't wait up for me. Start without me." のように続けて使うことも。
    • Start without me.
    • I'll join you later.

[][] 幽体離脱/臆病/臆病な (第6回-08/5/20 幽体離脱/臆病/臆病な (第6回-08/5/20)を含むブックマーク

  • 幽体離脱out-of body experience
  • 臆病/cowardice(いくじなし)、timidity(小心者)
  • 臆病な/cowardly、timid ※cowardを使ったけれど "easily frightened" の意味があるtimidのほうが言いたかったニュアンスだったな。

●知ってたのに言えなかった英語

[] 第6回-08/5/20 words and expressions  第6回-08/5/20 words and expressionsを含むブックマーク

 この日はレッスン振替でいつものintermediate classからsemi-intermediate classへの参加。いつもよりベーシックな内容だったけれど、いつもは放っておいてしまうような小さなところもきちんと直してもらえるキメ細かさはよかった。

  • I'm bad at names. ※先生はこう言っていたけれど、withを使っている例も多い。英英辞書の例文はbad at names。(08/5/21)
  • let me see...は教科書的な表現で実際にはあまり使わない。もしくは本当に時間がたくさんかかるような状況で。
  • still ※you're still a stranger here. と言いたくてyetを使ってしまい、stillと直された。
  • this city is very convenient.
  • newlyweds/新婚さん ※一人なら a newlywed
  • got trained at work/仕事をしながらスキルを身につける
  • specific
  • recall/(一度忘れていたことを)思い出す
  • How should I say.../How do I say...
  • traumatized/トラウマを受ける
    • I was traumatized.
    • I've experienced very traumatizing things.
  • "I would get scared if I saw a ghost." と "I get scared when I see a ghost." ※whenを使う場合は実際に見たことがあるのが前提。
  • I'm scared of spiders. ※名詞複数形
  • I don't know it's real or not,... ※自分が体験したことが本当かどうかわからない、という意味で"I don't know it's a true story or not,..."という言い方をしたものを "real or not" に直される。true storyじゃ話自体が嘘か本当か、っていうことになっちゃうもんね。
  • that's amazing...!
  • recital は小さい発表会でも使う。大きいのはshow。 ずっと「recitalって小さい発表会でも使うけど、日本語で言うところの"リサイタル"は同じ単語でいいのかな〜?」と思ってたのが解消。

●使いたかった英語を使ってみた

  • qualification ※licenseとqualificationの違いを最近podcastで聞いたばかりだったのでうまく使えたと思う。

●発音が不安で言いよどんでしまった英単語

re-bornre-born 2008/05/25 00:07 はじめまして。
いつもこちらで英語を勉強させてもらわせていますが、表現の考え方がすごい参考になります。
今は受験英語をできるだけ生の英語に近づけようと日々精進中です。

ところで前回もおっしゃってたbad at names。
good at ~という熟語が頭にあるのでどうしてもwithだと個人的に違和感が軽くあります…

tiki-tikitiki-tiki 2008/05/25 00:43 re-bornさん、こんにちは。
コメント残してくれてどうもありがとうございます!

be good at/withについてですが、実は先日参加したNHK語学講座のイベントのなかで初めて「with」を使う用例というのを知り、「じゃあ、badも同じ状況なのでは・・・?」と思い調べてみたら実際に用例がたくさんあったのです。
NHKの「英語が伝わる100のツボ」という番組で取り上げていたらしいのですが(私は番組は見ていないのですが、番組講師の方がイベントで話してらっしゃいました)
●be good at〜/Englishやcooking のように科目や技術の場合 (I’m good at mathematics. )
●be good with〜/computerやknifeのように道具の扱いについて (I’m not good with computers. )
使いわけているとのことです。

「name」はどっちなのかな、と考えてちょっと調べてみたんですが、やっぱり「remembering names」の省略と考えてatが正しいのかな?と思っています。でも日本語でも文法的に間違えていても広く使われている表現があるのと同じく、withも普通に使われている表現なんじゃないかな?という理解をしています。

re-bornre-born 2008/05/25 21:59 私のために調べてくれ丁寧に教えてくださり、本当にありがとうございます。
おかげさまで非常に参考になります。
今まで得意であるならbe good at とほとんど一くくりにして使っていたので、それが間違いだったんですね…

最近のNHKの語学番組は英単語ネットワークというのしか見てませんでしたが、今度100のツボも見てみることにしますね。

2008-05-21 I’m bad at names.

[] I'm bad at names.  I'm bad at names.を含むブックマーク

(人の名前がなかなか覚えられなくて。)

 英会話スクールで振替レッスンのためはじめてのクラスに参加。先生とも初対面・・・と思いきや、実は以前友人の結婚パーティーで一緒になったことがある女性だった。会っていきなり「見覚えあるんだけど、どこで会ったっけ?」と言われてその時友人に紹介された人だったことが判明。顔はわかるけど、名前、何だっけ?という話の流れで彼女が言った言葉

  • 聞くと「そうだよね」な表現。remembering が省略されているようなイメージ。英英辞書ではatで同じ文が出ていたけれど、googleで調べると、"be bad with"を使っている人のほうが多いみたい。

2008-05-20 I’m running late already.

[] I'm running late already.  I'm running late already.を含むブックマーク

(もうすでに遅れているんです。)

 以前買った「TOEIC Test プラスマガジン」のPractice TOEIC Test 音声問題より。駅での会話。

  • 会話を流して聞いてれば状況は浮かぶんだけど、何故に "running"??と気になって調べてみるとrunには「(時間的に)〜である; happen or arrive at the specified time/to arrive, go somewhere, or do something late, early, or at the right time 」という意味で、主に進行形で使う使い方があった。
    • They were running late.(彼らは予定より遅れていた。)
    • They were running to time.(彼らは予定通りだった。)
    • They were running ahead of time.(彼らは予定より進んでいた。)
    • I'm running late, so I'll talk to you later.
    • If the train runs on time, we'll be there by ten.

[] を含むブックマーク

  • report/report to〜で「〜に出頭する」
    • All visitors must report to the site office.
    • All soldiers were required to report for duty (=arrive and be ready for work) on Friday.
    • Listeners will report to their departments.
  • plannner/計画表 ※計画者だけでなく、スケジュール表的なものも指す
  • hike/(米)物価等の抜き打ち的な値上げ
  • respective/それぞれの、各自の ※respectに関連して尊敬できる、のニュアンスがあるのかと思いきや全然違かった。ちなみにrespectableにも「尊敬に値する」という意味はないので注意。respectable=「世間に認められるような, まともな, ちゃんとした/(数・大きさなどが)まあまあの, まずまずの, かなりの」。これは以前にもとりあげている(08/4/3)
    • After lunch, you will join your respective departments for additional orientation.
    • We all went back to our respective homes to wait for news.
    • the respective roles of teachers and students
    • They chatted about their respective childhoods.
    • The two men went their respective ways.
  • post/公表する、公示する
    • a posted schedule
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tiki-tiki/20080520

2008-05-19 I think we got turned around.

[] I think we got turned around.  I think we got turned around.を含むブックマーク

(道を間違えたみたい。)

 先々週のNHKラジオラジオ英会話」に出てきた表現。道を間違えて、目的地に着けない!といった状況。

  • "get turned around" で「道を外れる」という説明。聞いたことがなかったので辞書を調べてみたがいまいちつかめず、用例を探してみたらけっこうたくさんみつかった。
    • if you ever get turned around, people are very helpful at telling you where to go next.
    • She learned the hard way that even the most-experienced hikers can get turned around in the wilderness.  ※"learn the hard way that 〜" で「つらい経験をして〜ということを知る、身をもって思い知る」
    • if you get turned around you get lost very easily.
    • I got turned around in the fog. I guess I flew the wrong way.
  • 会話の返答は "Maybe we went out the wrong station exit." wrongを使うあたりが英語っぽい発想との説明。確かに。昔メモした「日にちを間違える」もwrongを使っていた(06/2/19)
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tiki-tiki/20080519

2008-05-18 Best wishes!

[][] Best wishes!  Best wishes!を含むブックマーク

(お幸せにね!)

 NHK英語講座講師との集い「マスターズミーティング」というのに行ってみた。結婚式花嫁におめでとうを伝える言葉として西蔭浩子先生が紹介したひとこと。

  • congratulationsが「努力の結果手にした成果におめでとう」のニュアンスがあるので花嫁にはあまり使わないほうがいい、というのは知っていたのだけれど、"best wishes" はなんとなく、手紙の締めやカードに書くような表現で口語ではあまり使わないものなのかと思っていたのでちょっと新鮮だった。
  • 口語で使われている例はないかと探してみると、確かに "'Congratulations' is for the groom. You should say 'Best wishes' to the bride." というセリフ映画イン・ハー・シューズ」の中でも出てきている。なるほど。
  • yahoo辞書では「最近若者の間ではあまり気にせず男にも女にもcongratulationsが使われる」ということが書いてあった。日本語でも言葉意味が時代でかわっていくのはよくあることだよね。でもまあ、基本をおさえておいて間違いはないのでやはり"best wishes!"を使いたいトコロ!
  • 他に花嫁へのお祝いの言葉で使える表現は以下。
  • (08/5/20補足)英会話スクールで20代のカナダ人の先生に確認したところ、自分と自分の周りの人間は、そんな区別考えたこともない、いつも花嫁が相手でもcongratulationsを使っている、とのことだった。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tiki-tiki/20080518

2008-05-16 Once in a blue moon.

[] Once in a blue moon.  Once in a blue moon.を含むブックマーク

(めったにないことだね。)

 NHKラジオラジオ英会話」より。「英語のあるフレーズを一息で5回言う」みたいなコーナーがあるのだが、その担当最近女性ホストケイティばかりで男性ホストジェリーにまわってこなかった。この日は久々にジェリー担当ということで、メインホストの遠山顕先生がこの一言を。

  • 由来については諸説ある(ひと月の間に訪れる2度目の満月blue moonて言うとか)ようだけれど、"once in a blue moon" の意味は「めったにない(very rarely)」ということ。使ってみたいなあ。ああ、この間の英会話レッスンの前に知ってたら使えたのにな。「弟と出かける?once in a blue moonだよ〜」って。
  • 先週の「ラジオ英会話」は道案内の表現がいっぱい。聞いてる分には難しくないけれど、実際に言うとするときっと言えない・・・と思われる表現が盛りだくさんで意外と要注目だ。
    • They're across the street from Candyland.
    • Over on the north side of town.
    • You can't miss it.

[] 振り替える  振り替えるを含むブックマーク

  • 振り替える/change 〜 to make up for ...,replace

[] を含むブックマーク

  • hesitate/to pause before saying or doing something because you are nervous or not sure ※「ためらう、躊躇する」という意味は以前調べたことがあったけれど、ニュアンスを取り違えていたように思う。私が思う通りに英語が口をついて出ない様子を "sometimes you hesitate" と言われて「そんなシチュエーションでも使えるのか!」とちょっと驚いた。"not sure/uncertainty" が原因ですぐに行動ができないことも指すというのが。前に調べた時は、何か(積極的な)理由があって躊躇しているような状態をさすのだと思っていた。

2008-05-15 I’m sold!

[] I'm sold!  I'm sold!を含むブックマーク

(乗った!)

 NHKラジオラジオ英会話」先週の内容から。「これから宿を探さなきゃ」という女性に「うちの宿はどうですか」という男性。「割引しますよ」という一言を聞いて女性が言ったことば。

  • 相手の提案に「乗った!」というシチュエーションで使えるのが "I'm sold!"。色々調べてみたけど sell の持つ 「〜に...の利点を納得させる/計画やアイデアを受け入れさせる」という意味あいから来ている表現みたい。"be sold on 〜"の形で「〜に乗り気である/[相手の提案・条件など]をよいと思う(think an idea or plan is very good)」となる。
  • 服を選ぶのを相談して、「この服は○○○だからいいんじゃない?」なんてアドバイスもらった返答や、行きたくないと言っていたテニスの試合観戦に「でも○○○だし、○○○だし、絶対楽しいよ!」と誘われて答えたり。
    • I'm just not sold on the idea.
    • Joe's completely sold on the concept.
    • I’m sold. Let’s do it. 
    • OK. Sold.(うん、いいわね) 
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tiki-tiki/20080515

2008-05-14 Thanks again.

[] Thanks again.  Thanks again.を含むブックマーク

(あらためて、ありがとう。)

 NHKラジオラジオ英会話」先週のスキットより。道を聞いて「ありがとう」、別れ際にもう一度「ありがとう」。この別れ際の「ありがとう」にはagainをつけて。

  • thanksバリエーションで "thanks in advance(お願いごとをした時)" と "thanks anyway(頼んだことがかなえられなかった時)" は使ったことがあったけれど、"thanks again" はなかった気がするなあ。簡単なことだけどこの "again" が入るだけでぐっとこなれた印象に。
  • もうすでに2度お礼を言ってしまってからでは使えない、くらいのことを言っていたが本当にそうなのか?againから? でも言いそびれたら "thanks for all the kindness" あたりで締めればいいのか。

[][] 体調 (第5回-08/5/9)  体調 (第5回-08/5/9)を含むブックマーク

  • 体調/one's physical condition

[] 第5回-08/5/9 words & expressions  第5回-08/5/9   words & expressionsを含むブックマーク

●知ってたのに言えなかった単語

  • ointment 「o」だけ思い出して言えずに断念したら、先生が察してくれた(^^; creamとどっちを使ってもokとのこと。
  • pretendとか・・・
  • nobodyを主語にしたのにdidn'tと二重否定にしてしまった
  • groceries

●覚えたばかりの英単語が役に立った

●使いたかった英語を使ってみた

  • at ○○○'s (=○○○'s house)※○○○は人名houseなどは省略して使える、というのを使ってみたかった
    • I'm going to have a party at Jane's.
  • She's really into ○○○○○. ※夢中になっている、という意味
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tiki-tiki/20080514

2008-05-12 Blessing in Disguise

[] Blessing in Disguise  Blessing in Disguiseを含むブックマーク

人間万事塞翁が馬/災い転じて福となす)

 Nikkei.net配信のpodcast 「南美布の step up with TOEIC」で紹介されていた表現。

  • 今年は自転車が手に入らなそうで落ち込んでいた私をなぐさめるかのような英語のことわざだった。直訳すると「変装した幸い」。一見不幸や不運に見えることでも、それは本当は幸運が姿を変えているだけなのかもよ!ということ。
    • "The hotel is full tonight; we will need to find a new place to stay." "Maybe it's just a blessing in disguise."
    • "I lost my job and was upset at first, but I found a better one and have been much happier since." "Losing your job was just a blessing in disguise!"
    • "My car broke down again, but maybe it was a blessing in disguise; I've been wasting too much time driving around anyway."

2008-05-11 I’m putting up a smile...

[] I'm putting up a smile...  I'm putting up a smile...を含むブックマーク

笑顔を演じてるの。)

 英会話レッスンにて。10年以上前から欲しかったビアンキ自転車をとうとう先日オーダーしたのに、さっき品切れで今年は手に入らないという連絡があったの。すごく悲しい・・・という話をしたら、「でも笑顔じゃん。じゃあ大丈夫だよね」と言われた。そこでこれはジャパニーズスマイルなの!悲しくても笑顔でいるのは一種の礼儀なの!と説明すると、この「気持ちとは裏腹な表情」の言い方を教えてくれた。

  • "put up a face" で「心と裏腹の表情をする」となる。辞書でピッタリの説明は見つからなかったけれど 「闘志・抵抗などを見せる(to show great determination to oppose something or get out of a difficult situation)」っていうのが大元にあるのかな。
  • 用例を探すと"put up a face"や"put up a smile on my face"というような形で見つかった。
    • I pretend that I’m ok, that I’m fine. I put up a smile on my face.
    • He was trying to put-up a smile on a sad face.
    • He quietly tried to put up a face that everything was as its best.
    • Young Sakura looked at the boy and tried to put up a face of disgust.(漫画NARUTO」の説明のページにあった。)
    • I have to put up a face that showed no fear, no weakness, nothing else. I'm so tempered by being threatened, beaten up, and ignored.

2008-05-08 It’s different.

[] It's different.  It's different.を含むブックマーク

(変わってるね。)

 NHKラジオラジオ英会話」先週のスキットより。とろろそば、おいしいよ!と言われてチャレンジした外国人男性感想を聞かれて答えたセリフ

  • あんまりおいしくなかったんだけど、おいしくないとは言えないし・・・という状況で使える表現。differentには口語で "unusual, often in a way that you do not like" という意味があり、やんわりと「好みでなかった」ということが伝えられる。
    • 'What did you think of the film?' 'Well, it was certainly different.'
    • What do I think of your purple shoes? Well, they're certainly different.
  • 私だったらuniqueとか使うかなー、と思って聞いていたら、やはりバリエーションとして紹介されていた。いろいろと表現を用意しておくと、会話の幅が広がっていいね。あ、「strange」は印象がよくない語のような気がするので注意したい。
    • Not bad.
    • It's unique.
    • It's interesting.

[] を含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tiki-tiki/20080508

2008-05-04 Can I get you something?

[] Can I get you something?  Can I get you something?を含むブックマーク

(何か飲む?)

 ビデオpodcast「Gaba G Style English」より来客をもてなすシチュエーション表現。仲のいい友達同士の会話で。

  • くだけた表現。私には耳新しい表現だった。"Can I get you something to drink?"と、後ろにdrinkがつくとだいぶわかりやすいんだけど。ダイアログではdrinkはつけずに、かわりに「お茶とか、レモネードとか、、」と具体的に飲み物の名前を出して会話を続けていた。
  • 上司との会話では"Would you care for something to drink?"が紹介されていた。
  • 美容室に予約してるからいいわ」という断り文句が"I've got a hair appointment at 2."で、この"a hair appointment"というのも非常にシンプルでいいなと思った。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tiki-tiki/20080504

2008-05-01 She had one too many onion rings.

[] She had one too many onion rings.  She had one too many onion rings.を含むブックマーク

彼女オニオンリングを食べ過ぎたんだね。)

 netlearningで配信のpodcast「English Aya Pod」書籍『AYAのリアルトークリスニング』トピック3より。オニオンリングが原因でトラブルになった女性揶揄して。

  • "have one too many" で「ちょっと酔っぱらって」という意味になる。「飲み過ぎた」というニュアンスが濃い印象。
    • Don't pay any attention to him - he's had one too many. 
  • "have one too many"だけでも「酔った」という意味あいになるけれど、manyのあとにdrinksをつけて使う場合も多いみたい。ここではそのdrinksの部分をonion ringsとして「オニオンリングを食べ過ぎた」としている。これと同じで、businessとかhobbies、enemiesなどをつなげてもじった使い方をしている例もいくつか見つけた。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tiki-tiki/20080501