今日の英語 このページをアンテナに追加 RSSフィード

      気になった英語を一日一個。例文はオンライン英英辞書からの引用が多いです。

2008-12-05 A few more hours before they tie the knot...

[] A few more hours before they tie the knot...  A few more hours before they tie the knot... - 今日の英語 を含むブックマーク

(彼らが結婚するまであと数時間・・・)

 映画マイ・フェア・レディ」より。花売り娘イライザの父・ドゥーリトルは、貧乏生活から一転大金持ちへ。貧乏ながらも気楽な生活を愛していた彼は、結婚なんかするもんじゃない、といいつつ、でも今の生活になってしまったら結婚しないわけにはいかんのだ・・・とグチりながら教会へと向かう。独身最後の数時間を大騒ぎしながら過ごす時の歌。

  • 久しぶりに「マイ・フェア・レディ」のサントラを聞いたら、最近英会話レッスンで習った"tie the knot"=「結婚する」(08/8/25 lesson memo)が2曲も登場していた。
  • もう1曲は女嫌いのヒギンズ教授が歌う "I'm an ordinary man" の中の "Let the others of my sex, tie the knot around their necks, I prefer a new edition of the Spanish Inquisition than to ever let a woman in my life " という部分。ここではtie the knotを文字通り「結び目をむすぶ」と「結婚する」の意味の両方にかけて、首を絞めるようなジェスチャーをしながら"around their necks"と歌っていて面白い

2005-12-21 This is irresistible.

[] This is irresistible.  This is irresistible. - 今日の英語 を含むブックマーク

(こいつは参った。)

 映画マイ・フェア・レディ"My Fair Lady"」より。娘のイライザを預けるから5ポンドよこせとヒギンズ教授に金をたかりにきたドゥーリトル。最初は追い返そうとしていたヒギンズ教授だったが、口の達者なドゥーリトルと話しているうちに、その話術に興味を持つようになる。

  • セリフは This is irresistible. Let's give him ten.(こいつは素晴らしい、彼に(5ポンドでなく)10ポンドやることにしよう)と続く。irresistible(イレジスティブル)=「非常に魅力的な/圧倒的な/抵抗しがたい(too attractive and tempting to be resisted)」こういう端的な表現をたくさん覚えたいな。
    • He found the delicious-looking cakes irresistible.
    • Tax-cutting proposals could prove irresistible to lawmakers.
    • Men find Natalie irresistible.

2005-09-02 ...before I’ve done with you.

[][] The streets will be strewn with the bodies of men shooting themselves for your sake before I've done with you.  The streets will be strewn with the bodies of men shooting themselves for your sake before I've done with you. - 今日の英語 を含むブックマーク

(私がお前と切れる頃には、道にはお前のために身を投げた男の死体でいっぱいになるさ!)

 映画マイ・フェア・レディ」[My Fair Lady]より。「正しい英語」レッスン終了後にイライザがどうなるかを、大袈裟に説明するヒギンズ教授の台詞。

  • have done with〜「〜を終える/関係を断つ」は「メリーポピンズ」冒頭の、もともといた乳母ケイティ・ナナがバンクス家を後にする時の捨て台詞で出てきた表現(I've done with this house forever. )。ところでこの表現って確か、受験の時にも割と重要って習わなかっただろうか?
    • Just buy it and have done with it!
    • I would sell the place and have done with it.
    • Steve was not done with her.
  • strewn は strew「まき散らす」 の過去分詞。be strewn with〜 で「〜が散らばっている」という使い方。
    • The street was strewn with broken glass.
    • The table was strewn with books and papers.

2005-09-01 You can’t walk over everybody like this.

[] You can't walk over everybody like this.  You can't walk over everybody like this. - 今日の英語 を含むブックマーク

(こんな風に人の権利を踏みにじっていいもんじゃありませんよ。)

 映画マイ・フェア・レディ」[My Fair Lady]より。花売り娘イライザに対してあまりにもひどい態度のヒギンズ教授をたしなめるように言った、家政婦のピアス婦人の台詞。これに対してヒギンズ教授は "I walk over everybody! My dear Mrs. Pearce, my dear Pickering, I'd no intention of walking over anybody." と言い返す。偉そうなくせに子供みたいな一面を持つヒギンズ教授をよくあらわしたやりとりのひとつ。

  • walk overにはもともと、「楽勝、簡単に勝てる」といった意味があるみたい。そこから転じて(?)「人をばかにして、軽んじて扱う/横柄な態度で接する/不親切な態度で接する」という意味に。「walk all over」と all が入っている形でも使われるよう。人を踏み付けて歩くイメージだから、まあ、わかりやすい。
    • I don't know why she puts up with the way he walks all over her.
    • Don't let those aggressive people in sales walk over you.

2005-08-31 Hold your tongue.

[] Hold your tongue.  Hold your tongue. - 今日の英語 を含むブックマーク

(黙れ)

 映画マイ・フェア・レディ」[My Fair Lady]より。ギャーギャーうるさいイライザを黙らせるためにヒギンズ教授がぴしゃりと言った一言。

  • 読んで字のごとく。あくまでも印象だけど、これって相当高慢な言い方、というか、高いとこからものを言う時の言葉だと思う。ああ、もう、邪魔くさいなあ!とか、お前ちょっと黙ってろよ、とか、そんな雑な印象。直接的な表現だしね。イライザとヒギンズ教授の関係から言えば適当でしょう。
    • I reckon you've just got to learn to hold your tongue.