ティン・パン・アレーのSIDEWAYS このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006-03-03 引算の美学。適度な湿度。 このエントリーを含むブックマーク

tinpan19732006-03-03

久世光彦さんが亡くなられた。

演出家として、作家として、好きな方だった。

先週末だったか「寺内貫太郎一家DVD BOXが

出るのを知り、買おうかどうか迷っていた矢先に

こんなことになってしまった。


演出においては、「寺内貫太郎一家」最終回が忘れられない。

梶芽衣子さん扮する寺内家長女の結婚式のシーン。

カメラは、玄関に並んだたくさんの靴と、障子の外から部屋を映すだけ。

実際の宴のシーンは、音声では拾うが映像では映さない。

小津映画にも通じる手法。スバラシイ、グッとくる、引算の美学


作家としては、「聖なる春」。ちょうど10年ほど前の春に読んだ。

季節や気候に合った音楽を聴くように、小説を読みたいなと思い、

本屋に行って選んだのが、久世さんのこの本だった。

文章は美しく、適度の湿り気があった。乾きすぎず、湿りすぎず、

松本隆さんや松任谷由実さんの詩作にも通じる、適度な湿度。


梅が咲き、桃が咲こうとしている。

桜はまだ最初の開花予想が発表されたばかり。

真っ盛りでなく、かといって名のみの時期でない、

ちょうどいい春を選んで旅立って行かれた。

久世さんらしいな、と思ってお別れすることにしよう。

nyarome007nyarome007 2006/03/04 03:50 「寺内貫太郎一家」も、当然すごく面白かったのですが、私は、子供の頃見た「悪魔のようなあいつ」が一番好きかもしれません。しかし、70歳でお亡くなりになるなんて、ちょっと早すぎますよね。

tinpan1973tinpan1973 2006/03/05 00:12 「悪魔のようなあいつ」ウワーッ、三木聖子さんですよね。「待ちぶせ」を最初に歌った人。主題歌は「時の過ぎゆくままに」ジュリーでしたよね。TBS金曜ドラマ、偉大でした

tinpan1973tinpan1973 2006/03/14 11:36 昨日最終回をTBSが放送して観たところ、障子越しのシーンや玄関の靴は
ありませんでしたね。家族全員が結婚式に出払った家族それぞれの部屋を
映しているシーンでした。訂正します。失礼いたしました。