ティン・パン・アレーのSIDEWAYS このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006-03-19 薬師丸ひろ子さんは、ティン・パン系歌姫でもあった。 このエントリーを含むブックマーク

tinpan19732006-03-19

ハードディスク内蔵DVDレコーダーを購入してから、以前のVHSレコーダー時代に比べて、遥かに録画予約をするようになった。

興味があれば気軽に録画して、つまらなかったらそのまま消去すればいいし、テープの頭出しとか、重ねて録画してどのテープに何を録ったかわからなくなったりとか…、いろんな不便がクリアになった。


先週木曜日(3/16)『音楽・夢くらぶ』、薬師丸ひろ子さんとHISがゲストだそうなので、予約しておいた。今日、ようやく観ることができた。


薬師丸ひろ子さんは、1981年「ねらわれた学園」から84年「Wの悲劇」まで、薬師丸さんが17歳から20歳ごろまで、本当に好きだった。ファンだった。私は薬師丸さんより1つ年上、アイドルに夢中になる年齢ではもうなくなっていたけれど、薬師丸さんだけは別格だった。輝きが、他の女優や歌手とは明らかに違っていたと思う。

歌手活動においては、はっぴい〜ティン・パン系の音楽家たちとの関係も深い。

初めて歌ったシングル「セーラー服と機関銃」こそ本来、来生たかおさんが歌うはずだったので来生姉弟コンビ作品だったが(角川春樹氏のひと声で薬師丸さんが歌うことになったらしい)、続く三作品は次の通り。

●「探偵物語」詩・松本隆/曲・大瀧詠一

●「メイン・テーマ」詩・松本隆/曲・南佳孝

●「WOMAN〜Wの悲劇」詩・松本隆/曲・呉田軽穂

考えてみれば第二次ユーミン・ブームは、薬師丸ひろ子主演映画「ねらわれた学園」(81年)の主題歌「守ってあげたい」のヒットから始まった。

そういえば第一次ユーミン・ブームは、秋吉久美子主演ドラマ「家庭の秘密」の主題歌「あの日に帰りたい」のヒットからだった。

●その時代旬の女優の主演映画かドラマの主題歌であること

●ドラムを林立夫氏が叩き、しかもレコーディング時スティックを落とすこと

●曲のタイトルが「〜たい」であること

以上の条件が揃うとユーミン・ブームができあがるらしい。


話が逸れた。薬師丸さんに対する松本隆氏の力の入れ具合も半端じゃない。

この頃は松田聖子さんの絶頂期で、他にも多くの人に詩を書かれていて、売れっ子ぶりも忙しさもハンパじゃない時期だったと思うが、薬師丸さんへの詩は「別格」との発言を、松本氏ご本人がされていたと思う(出典は『Kazemachi Cafe』か『風街図鑑』)。『古今集』『花図鑑』あたりの薬師丸さんのアルバムは、プロデュースも松本氏だったはず。

アルバム『古今集』収録曲に「元気を出して」があって(たぶん)、この曲を竹内まりやさんがセルフ・カヴァーした87年のアルバム『REQUEST』では、この曲のエンディングのコーラスで薬師丸さんが登場する。「いい声だな」と思う。


昨年は、「ALWAYS〜三丁目の夕日」等で女優として再びいい味を出されていた薬師丸さん。40歳を過ぎて、また新たなピークを作り出されているのは、同年代の元ファンとしてうれしい。新しい勇気と元気を与えてもらった気がする。これからもがんばってほしい。


あれ? どうやらHISについて書くスペースが無くなってしまったようだ。

amed-recamed-rec 2006/03/20 00:12 私も音楽夢くらぶを見ましたがまったく同じ事を考えました。当初はHIS目的だったのですがはじまったら薬師丸さんにすっかり見入ってしまいました。松本さん、大滝さん、ユーミン、筒美京平先生、そして来生姉弟と・・・これは聴き入ってしまうはずです。南佳孝の「メインテーマ」は出だしのピアノが印象的でした。あと大貫妙子、竹内まりや、矢野顕子、坂本龍一も楽曲提供してますからかなりティンパン〜シュガーベイブ度が高いですよねー。

tinpan1973tinpan1973 2006/03/20 11:41 松本氏プロデュースの後は、長門芳郎氏プロデュースのアルバムもあった気がします。87年か88年ごろ。大貫さん「色彩都市」カヴァーが収録されていたり、吉田美奈子さんが2曲提供されていて、美奈子さんがオリジナルをずーっと出さない時期で、バック・コーラスが聴けるというだけでうれしかった気がします。

farlongestfarlongest 2006/03/22 02:19 薬師丸ひろ子さんは、相米監督の「翔んだカップル」と「セーラー服と機関銃」で、相米監督もこの2作で、映画界に大きな足跡を残しました。これらの映画で薬師丸さんがドタドタと少し足を広げ気味に歩き立つ姿に、TV女優ではない映画女優としての天性を見たように思います。映画女優は小手先の演技ではなく、スクリーンに立つ立ち姿が勝負です。昨年は3丁目もありましたが、「レイクサイドマーダーケース」も役所広司、柄本明、豊川悦司らの演技バトル的な演出方法の中でも彼女の存在感は拮抗し得た素晴らしい物でした。
歌もここで書かれているように、松田聖子と共に、松本隆ワールドの具現者の一人だったのですが、僕自身は松田聖子に魅せられていたので、この記事を読むまでそれほど重要視していませんでした。これを機に再考してみます。

tinpan1973tinpan1973 2006/03/22 11:40 farlongestさん、その「レイクサイド〜」、私の映画好きな友人も絶賛していました。それから、実は薬師丸さんのアルバム『古今集』『花図鑑』はちゃんと聴いていないのです。誰かが持っていたりしたのを一聴くらいはしたことがあるんですが、あの美しく澄んだ声をアルバム一枚通して聴けるほど、私は心清らかじゃない…と思ったのが理由でしょうか

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tinpan1973/20060319