ティン・パン・アレーのSIDEWAYS このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006-05-17 昨日の宝島社と、90年代末の『BRUTUS』と、大人のママゴト。 このエントリーを含むブックマーク

tinpan19732006-05-17

昨日の宝島社の新聞広告を、

ご覧になられただろうか?


朝日・読売・毎日・産経の各紙

朝刊に掲載されたスペースの大きい

カラー広告だったため、目に付いた

方も多いと思う。

詳細は下記URLでご覧いただける。

http://tkj.jp/dankai


宝島社は、私にとって15〜20年前の豊島園のような存在で

(「プール、冷えてます」「史上最低の遊園地」等)

印象的なグラフィック広告を届けてくれる、

今となっては貴重な企業である。


今回の広告は、「団塊は、資源だ」というキャッチフレーズから

わかる通り、団塊の世代の方々をテーマにしている。

ボディ・コピーまでざっと目を通して、

この世代の方々への視点に今ひとつ「愛情と尊敬」が足りないと思った。

実際のこの世代の方々は、読まれてどのような感想を持たれただろうか?


「私たちは、ビートルズを口ずさむ老人になる」。

これは、90年代末の雑誌『BRUTUS』の特集タイトルだ。

団塊の世代の“老い”にいち早く目を付け、このタイトル・フレーズ。

さすが『BRUTUS』、腐ってもマガジン・ハウス。

坂本龍一氏がブランコに揺られている写真が表紙で、

本文にはムッシュかまやつ氏の還暦パーティの様子が掲載されていた。


ここから話は変わります。

オランダ薔薇さん、例の“作詩ごっこ”、

ちょっとマジメにあそぼうと思っています。


私、糸井重里氏の高校の15年ほど後輩で、

面識はありませんが影響はかなり受けていまして、

糸井さんのように矢野顕子さんの詩を書けたら…

などと大それた願望を密かに抱いたりしたものでした。そういえば。


●ターゲット論

●アルバム・テーマ

●想定アーティスト

●10曲入りとして各曲の切り口

●何曲かの詩

この辺りを考えて、次回“nov46sさんの音楽塾”に臨もうと思っています。

その内の一曲は、ズバリ“団塊賛歌”。

宝島社の広告以上、『BRUTUS』級の作品をご用意したいものです。

(といいつつ今月末から怒涛の日々となる予兆有り。

 準備できなかったらゴメンなさい)


コピーライターとしての日々よりも、

コピーライター養成講座に通った日々が面白かった。今思うと。

予算も、何の制約もなく、自由に物事を考えることができて…。

アソビやママゴトが好きなんだろうな。きっと。いくつになっても。

オランダの薔薇オランダの薔薇 2006/05/17 18:27 お任せしました。
言い出しぺの私が、一番楽みたい(笑)。

薀蓄タレ雄薀蓄タレ雄 2006/05/17 23:28 ●ターゲット論

●アルバム・テーマ

●想定アーティスト

●10曲入りとして各曲の切り口

●何曲かの詩

この辺りを考えて、次回“nov46sさんの音楽塾”に臨もうと思っています。

ここら辺のお話、当日イキナリ提出されるよりも、何か思い浮かんだらブログにアップして頂ければ、打ち合わせの時間が省略できると思います。宜しくお願いします。
大々的にブログであ〜でもないこ〜でもないと議論しましょう!
もしかすると、“こんなアイディアがあります”ってコメント下さる方も居るかもしれませんから。

tinpan1973tinpan1973 2006/05/18 21:13 オランダの薔薇さん、薀蓄タレ雄さん、了解いたしました。
いつの間か、ユニット名が決まりプロジェクトが動きだして
しまったようですね。

取り急ぎ、わかりました。
Web上、ヴァーチャルでのみ存在する音楽ユニット、
おもしろいと思います。

多くの人とキャッチボールできるような進行を心がけます。
最初にボールを投げるのが遅れたらゴメンなさい。
その歳は、だれか別の方に、ぜひ…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tinpan1973/20060517