『チロリン村』の日記

訪問者数(ユニークアクセス数):

2018-04-29

2回目の真夏日

今日も暑い一日でした。

気温は30度と記録され、今年たしか2回目の真夏日となりました。

山々の新緑も刻々と濃くなり、まさに新緑の季節です。

ヤマボウシももう開花を始めました。

正確には、ヤマボウシで白く見えるのは本当は花ではなく総苞片(そうほうへん)というものらしいです。

それにしても今年は何もかもが早いですね。

f:id:tirorinmura:20180429224048j:image


4月も終わりに近づき田んぼの準備です。

f:id:tirorinmura:20180429224041j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180429224035j:image:w260:right

昨日、この春2回目の耕運を済ませました。

あとは2週間先の代掻きまで休ませます。

水路の掃除を済ませた田んぼの畦草も刈ってひとまず完了。



畑の方も草が伸びてきました。

f:id:tirorinmura:20180429224027j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180429224017j:image:w260:right

今朝、きれいに刈って〜

ジャガイネも、不揃いですが少し大きくなりましたので、

1回目の土寄せをしてやります。


午後は和田山町の「白井大町藤公園」に行ってきました。

好天に恵まれたのとゴールデンウィークに入った直後とあってかすごい人でした。

車列が約2キロにわたって続き、駐車場へ入るまでには約1時間のろのろ運転です。

園内に入るとパッと藤の花が開けます。

「藤棚」きれいですね!!

f:id:tirorinmura:20180429225109j:image


フジ(藤)独特の強い香りが一面に漂っています。

f:id:tirorinmura:20180429225102j:image


たいがい薄紫いろですが、白い藤も珍しいですね。

f:id:tirorinmura:20180429225055j:image


池の噴水には、風に吹かれた霧に虹がかかっています。

暑い日で、日蔭の方には涼を求めて人が集まってきます。

f:id:tirorinmura:20180429225048j:image


f:id:tirorinmura:20180429225941j:image


水車がゴトンゴトンと音を立てて回っています。

いい感じですね。

f:id:tirorinmura:20180429225934j:image


上の貯水池のえん堤には長いロープが張られ、たくさんのこいのぼりが泳いでいます。

f:id:tirorinmura:20180429225926j:image

2018-04-27

遅い春

おとといの雨から急に寒さが戻りました。

朝晩は相変わらず寒いくらいですが、連休にかけて日中気温は徐々に持ち直しそうです。

春も終盤になり、季節に相応しい花々のイベントを目にするようになりました。


我が家の遅い春です・

モッコウバラが今満開です。

f:id:tirorinmura:20180427083310j:image


f:id:tirorinmura:20180427083304j:image


こちらも

f:id:tirorinmura:20180427083258j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180427083252j:image:w260:right


ミニウツギです。

そしてホクシャです。




シャクナゲもやっと満開を迎えました。

f:id:tirorinmura:20180427083245j:image

2018-04-23

最後の山菜

今年もたくさん春〜初夏にかけて楽しめるとてもおいしい自然の恵みをいただきました。

フキノトウに始まり、ワラビタラの芽ヨモギコゴミフキそしてタケノコ・・・


そして最後は、山菜の女王とも呼ばれる「コシアブラ」です。

昨日、早速てんぷらにしてもらってビールのお伴としていただきした。

シャリっと歯切れがよく初夏の香りがしてビールにぴったりで、いつもよりたくさん飲んでしまいました。

もっとも昨日は1万7千歩近くも歩いたのですから、おいしいはずですね。

f:id:tirorinmura:20180423213637j:image


このところの暑さつづきで牡丹が開花しました。

f:id:tirorinmura:20180423213623j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180423213617j:image:w260:right

息子が10年前に還暦旅行に連れて行ってくれた際、記念に買い求めた牡丹ですが、この時期になると毎年咲いてくれます。

シャクナゲはあと一息で開花ですね。




こちらはブルーベリー

畑に移してやろうと思いながら、毎年植木鉢のままで花を楽しんでいます。

かわいい花ですね。

f:id:tirorinmura:20180423213611j:image

2018-04-22

向山連山を縦走

今日も気温は高く27度まで上がりましたが、真夏日には至らずホッとしましたね。

降水確率ゼロ

今日の但馬山友会例会は、丹波市氷上町向山連山の縦走です。

八鹿町高柳の道の駅で集合し車の整理をした後、氷上町の「水分かれ公園駐車場

直接現地へ向かった一行と合流した50名での登山です。

3月の終わりには満開だった「福田寺」のソメイヨシノは、もうすっかり葉桜に変身しています。

今日はそのお寺の左手の登山道から登り、右回りにぐるっと周回する形で縦走する向山連山の縦走です。

f:id:tirorinmura:20180422225335j:image


最初から結構な急こう配で、先頭を歩く今日のリーダーMさんに歩行速度の調整を何回もお願いしながらのスタートです。

f:id:tirorinmura:20180422225327j:image


滝山古墳

f:id:tirorinmura:20180422225319j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180422225308j:image:w260:right

この古墳は、標高298mの滝山山頂下に位置しており、眼下には、日本一低い谷中分水界が広がっています。

暑さを心配しましたが、新緑の木々からの木漏れ日が射す程度で時折吹く爽やかな春風で快適な登山でした。


途中、柏原町氷上町などの街並みが一望できます。

左下の池の近くから登ってきました。

f:id:tirorinmura:20180422231606j:image


途中、岩がむき出しのきつい登りが何箇所かあります。

f:id:tirorinmura:20180422231559j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180422231552j:image:w260:right

三の山(470m)山頂です。

こうして、登山口…二の山…岩座展望所…三の山…亜炭展望所…四の山…松の台展望所…深坂北峰…ツツジが岡展望所…向山向山平展望所…五の山…蛙子展望所…蛙子峰…珪石山…(ロープ場)…318m峰…分水界展望所…林道…水分れ公園へと往復4時間の縦走です。


ヒカゲツツジ(日陰躑躅)

初めてお目にかかりましたが、きれいな花ですね。

ここのヒカゲツツジは有名で、この時期多くの登山客が訪れるそうです。

今日も数組のパーティーに出会い、京都から大型バスでやってきたという方もおられ、平地の昼食場所はいっぱいになりました。

f:id:tirorinmura:20180422234447j:image


急に暑くなりぼつぼつ終わりのお馴染みミツバツツジ(三葉躑躅)ですが、こうしてまだ咲いている個所が何箇所かありました。

f:id:tirorinmura:20180422234439j:image


こちらは春日町方面の展望です。

前方右手の山の少し平たく見えるのが黒井城跡です。

f:id:tirorinmura:20180422234424j:image





しばらく歩くとベニドウダン(紅満天星)に出会いました。

もう少しするとかわいい花が開くそうですが、画像が悪くてちょっと見づらいですね。

f:id:tirorinmura:20180422234414j:image


これも時期が過ぎだいぶん散ってしまい赤い葉っぱになったものが多かったですが、まだこうして健在なものもありました。

名前の通り鹿の食害に合わないため結構な大木も見られる、お馴染みアセビ(馬酔木)ですね。

f:id:tirorinmura:20180423000616j:image


向山平展望所を過ぎ五の山まで来ました。

これで全行程の2/3強は進んだでしょうか、残りあと少しですね。

f:id:tirorinmura:20180423000610j:image


ここからしばらくは急な坂が続き、したが大変滑りやすいのでロープ伝いに慎重に下山します。

f:id:tirorinmura:20180423000604j:image


全員無事水分かれ公園まで下山できたところで、終わりのミーティングとストレッチ

そして例によって、さっき登った向山連山をバックに全員で記念撮影です。

何よりも天候に恵まれ、いろんな花木にも出会えて、今日一日楽しい登山となりました。

お世話願ったリーダー、サブリーダーの方々に感謝します。

f:id:tirorinmura:20180423000557j:image

2018-04-21

真夏日

徐々に上がってきた気温も今日は一気に上昇し暑くなりました。

外気温は、午後1時30分には31.8度と発表されています。

湿度は19%と低く風はさわやかに感じますが、直射日光にさらされると熱く感じるほどです。

いきなりの外仕事は気をつけないと熱中症にもなりかねませんね。

気温の上昇とともに花々も一気に開花が進みます。

先日ちらほらと咲きだしたモッコーバラです。

f:id:tirorinmura:20180421144649j:image


近所のお庭で咲いていたハクモクレン(白木蓮)はずっと前に散りましたが、今度は赤紫花のモクレンがきれいに咲きだしました。

f:id:tirorinmura:20180421144643j:image


オオデマリ(大手毬)も咲きだしました。

もうしばらくすると真っ白になります。

こんな暑い日は青い葉っぱの木陰が恋しくなりますね。

f:id:tirorinmura:20180421144637j:image

2018-04-19

衣替え

このところ朝は少し寒いようですが、日中は暖かい日が続きます。

空は晴れ渡り青空がいっぱいに広がっています。

今日はさらに25度まで気温が上がり夏日になりそうです。

ちょっと大げさですが、半袖のTシャツ一枚でも過ごせそうですね。


山々は徐々に新緑の景色に変わっていきます。

桜も花見の季節の役目をりっぱに終え、もうすっかり葉桜に衣替えしました。

f:id:tirorinmura:20180419083523j:image


モッコウバラがちらりほらりとつぼみを広げだしました。

今年は何もかもが1週間から十日ほど早いように感じますね。

f:id:tirorinmura:20180419083515j:image


数日後には黄色い花で埋め尽くしてくれるでしょう。

f:id:tirorinmura:20180419083509j:image

2018-04-17

旬の味

朝は少し寒いですか、日中は春らしい期間が続いています。

しかし週末にかけては日増しに気温が上がり、半袖でいられるような陽気になりそうですね。

オダマキ(苧環)かせ咲きました。

「苧(お)」という繊維を、中を空洞にして丸く巻き付けたもの(苧玉(おだま))に花の形が似ているところから。

”苧(お)、玉(たま)、巻き(まき)”が「苧環」という漢字で「おだまき」と呼ばれるよう

になったそうです。(季節の花300より)

f:id:tirorinmura:20180417075306j:image


旬の味

f:id:tirorinmura:20180417075259j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180417075252j:image:w260:right

先日採ったタケノコ(筍)

知人からいただいたコゴミ(屈)

それぞれ早速食卓へ上がりました。

春の香りがする旬の味、いいですね。

2018-04-15

春の恵み

春の恵み、ワラビ(蕨)にシイタケ(椎茸)

これからいろんな山菜が楽しめる良い季節ですね。

先日はいただきもので初めてタケノコ(筍)を食べました。

コゴミコシアブラ・・・天ぷらにしてもおいしい季節です。

f:id:tirorinmura:20180415103640j:image


午前中は、親戚の竹やぶにタケノコ(筍)をいただきに行きました。

f:id:tirorinmura:20180415153844j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180415152153j:image:w260:right

ありました!!

まだ少し早いようですが、それでも十数本見つかりました。

食べごろの太くてりっぱなものが・・・美味しそうですね。


帰りにワラビを採っていたらこんな花を見つけました。

野生のアネモネのようですね。

f:id:tirorinmura:20180415155743j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180415155735j:image:w260:right

地中海原産で、語源ギリシア語「風」を意味するとのことで、

光がないと花を閉じ摘むとすぐにしおれてしまうそうです。


ハナミズキがやっと花つけました。

f:id:tirorinmura:20180415152147j:image


そしてドウダンツツジも咲きだしました。

ミツバツツジが燃えるように目の保養をさせてくれましたがバトンタッチですね。

f:id:tirorinmura:20180415103633j:image


モッコウバラつぼみも少し黄色くなってきました。

今年は、桜も1週間ほど早かったですが何もかも早いようですね。

f:id:tirorinmura:20180415103625j:image


シャクナゲ(石楠花)の開花もあちこちで聞きますが、我が家のものはもう少し先になりそうです。

f:id:tirorinmura:20180415103606j:image


ギボウシ(擬宝珠)も鮮やかなグリーンの葉っぱを広げました。

f:id:tirorinmura:20180415152209j:image


家の周りをざっと巡っただけで4種類!!

種類はたくさんあるようですが、名前は知りません。

眺めているだけで疲れた目の保養になりますね。

f:id:tirorinmura:20180415152216j:image

f:id:tirorinmura:20180415105505j:image

f:id:tirorinmura:20180415105524j:image

f:id:tirorinmura:20180415105514j:image

2018-04-13 花もも このエントリーを含むブックマーク

tirorinmura2018-04-13

2018-04-11

溝掃除

今日は24度まで気温が上がり暖かい一日となりました。

でも午後には少し雨がぱらつき、風も少し寒く感じます。

午前中は久しぶりに田んぼへ出勤すると〜

雑草の中にこんな花が咲いています。

ツルウリソウかなぁ?

その向こうにボケて写っているのはスズメノヤリ(雀の槍)かな!!

f:id:tirorinmura:20180411174528j:image

後日、花好きの隠岐さん(匿名)から、この花は「ムラサキサギゴケかトキハゼ」ではないかとのご助言をいただきました。

ありがとうございます。



こんなことに関わっておれません、さぁ仕事仕事!!

f:id:tirorinmura:20180411174522j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180411174510j:image:w260:right

水路のごみや泥などを上げて掃除をします。

今はまだ草もあまり伸びていませんが

これから暖かくなるにつれて一気に伸び、今年も草との戦いが始まります。

2018-04-10

山菜の季節

今年も山菜の美味しい季節がやってきました。

f:id:tirorinmura:20180410213925j:image:w260:left

裏山に上ると、日当たりのよい場所にワラビが顔を出していました。

他へ目をやると、今度はタラノキが芽吹いています。

こりゃあ〜天ぷらにしない手はないということで

ヨモギシイタケも採ってきて、早速山菜天ぷらを作ってもらいました。

春の香りがしてとっても美味しいですね♪♪

次は是非ともコシアブラが食べたいですね。





道路を走っているとこんな幟が目につきます。

f:id:tirorinmura:20180410213920j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180410213909j:image:w260:right

4月15日に開催される中嶋神社の「菓子祭」の幟です。

お菓子の神様田道間守命(たじまもりのみこと)」がまつられている神社(総本社)のお祭りですね。

どちらかといえば、14日に市街地で行われる前日祭の方が賑やかになってしまいましたが、ぜひともお菓子の神様にもお参りしたいですね。

2018-04-09

ツツジ満開

ここは隣村にある「倉楽園(そうらくえん)」です。

地区の先輩方の手で作られてからもうかなりの(20年以上?)年数になるのでしょうが、私は訪れるのが初めてです。

見事なツツジがちょうど今満開で、見ごろを迎えていました。


昨日、山登りの帰り道に時間が少しあり立ち寄ってみました。

神社の境内横の獣よけ用のフェンスから登っていきます。

登ったすぐ上から神社を見下ろします。

f:id:tirorinmura:20180409220405j:image


登る途中には早速燃えるような見事なツツジが出現し圧倒されます。

f:id:tirorinmura:20180409220358j:image


しばらく上がると平地になっています。

花弁が散り葉桜に変わろうとしている桜とバトンタッチしたところですね。


ベンチも設置されていて、子供たちの遊び場になったりお弁当を広げるのにちょうどよいでしょう。

りっぱな東屋も設置されていますし、確か水道もあったように思います。

f:id:tirorinmura:20180409220351j:image


遊歩道もよく手入れされていて上がりやすくなっています。

倉見地区の若い人たちが引き継いで管理されているようです。

f:id:tirorinmura:20180409220344j:image



f:id:tirorinmura:20180409220327j:image


見下ろす視界は、雑木が邪魔していまひとつですが田園風景が見下ろせます。

f:id:tirorinmura:20180409220320j:image

維持管理が中々大変でしょうが、地区の方々の地域を愛する気持ちがあればこそ存続できている施設だと思います。

また来させていただきます。

2018-04-08

大倉部山(おくらべ山)登り

朝方は少し寒さを感じましたが、心配した雨もなく絶好の登山日和となりました。

そんな今日は、但馬山友会の行事で前回はジオウォーキングでしたが、今回は今年度初めての登山となりました。

行先は、朝来市の大倉部山(692m)です。



和田山町岡の空き地に駐車をお願いして、観音寺境内裏手の大倉部山登山口」から登り始めます。

まずは境内をお借りしてミーティングに続き軽いストレッチからスタートです。

f:id:tirorinmura:20180408195151j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180408195144j:image:w260:right

満開の桜とみごとな八重の椿に見送られていよいよ出発です。

今日の参加者は54名だったか。

相変わらず女性群の多さに驚かされますね。



しばらく登るとミツバツツジのお出迎えです。

f:id:tirorinmura:20180408195133j:image


引き続き山桜の歓迎を受けます。

空は青空、最高ですね♪♪

f:id:tirorinmura:20180408195127j:image



最近松くい虫などの被害で少なくなったアカマツがたくさん群生する珍しいルートです。

秋の松茸がどれだけ出るのか人ごとながら心配になりますね。

f:id:tirorinmura:20180408195120j:image



今度は(馬酔木)が出迎えてくれます。

今が一番きれいな時期でしょうね。

何とアセビツツジアセビ属だそうですよ。

f:id:tirorinmura:20180408195107j:image


頂上付近に近付くと〜

何と昨夜降ったとみられる雪が薄らと雪化粧しています。

下界では桜が散り、名残を惜しむように花見をしている時期に珍しい雪ですね。

アセビと桜とツツジ、そして同時に雪・・・初めてみる取りあわせです。

風に乗ってちらりと雪が舞いましたが、不思議とそんなに寒さは感じませんでした。

f:id:tirorinmura:20180408201957j:image


途中の景観です。

真下を近畿道豊岡線が走り、その前方には右岸道路が見えます。

f:id:tirorinmura:20180408201949j:image

あと一息!!

f:id:tirorinmura:20180408201940j:image


登ってきました。

頂上からの景観です。

はっきりしませんが、真正面に竹田城跡、その前方中ほどに立雲峡の桜が見下ろせます。

違う角度から竹田城跡を見下ろすのは初めてです。

f:id:tirorinmura:20180408201934j:image


頂上の岩の上から望遠鏡で下界を見下ろす人写真を撮る人、みんな楽しそうですね。

f:id:tirorinmura:20180408201926j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180408201916j:image:w260:right

そして恒例の写真撮影

会長のMさん

シャッターを押して、急いで今度は被写体側へ

いつもお世話様です。


そして、少し早いですがお弁当です♪♪

山で食べるおにぎりは最高です。

みなさん美味しそうですね。

f:id:tirorinmura:20180408203910j:image


そして再び、小鳥のさえずりを耳にしながら下山です。

f:id:tirorinmura:20180408203900j:image


春の訪れを知らせるツツジなどの花々を愛でながらの楽しい山登りでした。

f:id:tirorinmura:20180408203855j:image

2018-04-04

桜の季節も終盤戦

今年はあちこちで一斉に咲き、見ごたえのあった桜ですが

f:id:tirorinmura:20180404211025j:image:w260:left

風に吹かれて、もうヒラヒラと散っていきます。

f:id:tirorinmura:20180404211019j:image:w260:right

散る花弁と入れ替わるように、今度は新しい葉っぱが顔を出してきます。

あっという間に葉桜へと姿を変えていきます。

何となくさみしいですね!!




田んぼの準備で春一番の仕事は田起こし。

いよいよ農作業の始まりです。

f:id:tirorinmura:20180404211012j:image:w640

2018-04-01

4月の初日

今日は4月1日

依然、春の心地よい陽気が続きます。

そして桜は満開です。

風が吹くたびに花びらが風に舞います。

今年も桜の季節が去っていくのかと思うと、一抹の寂しさを感じますね。

でも花の季節はこれからで、始まったばかりです。

f:id:tirorinmura:20180401200714j:image

春の山々は、山桜アセビ(馬酔木)それにコブシ(辛夷)などが咲き乱れで賑やかですね。

こちらは我が家のピンクのアセビです。

f:id:tirorinmura:20180401200658j:image


こちらはボケ(木瓜)

f:id:tirorinmura:20180401200705j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180401200652j:image:w260:right

そしてシュンラン(春蘭)ですね。

本来は山野などに生えますが、生前に叔母からいただいて鉢に植えたものがこうして毎年咲きます。

「春に咲く蘭」から「春蘭」となったそうです。


午後は裏山に上がって久しぶりに雑木の整理をしました。

てっぺんに登ると、アセビ(馬酔木)がたくさん自生しています。

これだけは鹿などが食べずに年々増えて、きれいな花をつけます。

下界では桜が満開ですね。

畑はジャガイモを植えたばかりのようです。

田んぼにはトラクターや人影は全く見当たりません。

機械化が進み効率が良くなり、早春から田を耕すなどの風景は見られなくなりました。

のどかな田園風景ですね。

f:id:tirorinmura:20180401200646j:image


そしてイワナシ(岩梨)

確か、小さい頃食べた記憶があります。

懐かしいですね。

f:id:tirorinmura:20180401200632j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180401200639j:image:w260:right

こちらは、ショウジョウバカマ(猩々袴)

赤みを帯びた花が猩々(中国の伝説上の動物で酒を好むらしい)に似ており、 根性葉を袴に見立てられこの名がついたとか。