『チロリン村』の日記

訪問者数(ユニークアクセス数):

2018-06-06

大山夏山開き

そして二日目の6月3日(日)、今日も好天に恵まれ絶好の登山日和です。

修学旅行を思い出す旅館での雑魚寝から這い出すも、時刻はまだ朝の3時?

みなさん落ち着かない様子で、軽い朝食や洗面も済ませ予定より少し早く宿を出て登山道へ。

いつもの軽いストレッチ(今回はラジオ体操)とミーティングを済ませて5時10分登山道をスタートしました。

f:id:tirorinmura:20180606104610j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180606104552j:image:w260:right

一木一石運動に協力するため、一個ずつ小石をリュックに詰めて登山開始ですが、早速階段です。



脛を気遣いながら一段ずつ登ります。

f:id:tirorinmura:20180606104544j:image:w240:left

f:id:tirorinmura:20180606104537j:image:w240:right

先は長〜いです。

ぼつぼつと・・・。

このあたりは気温が低くまだタニウツギが盛りです。



大山とは総称、頂上は弥山(みせん)三角点峰(標高:1709.3m)で、最高峰は剣ヶ峰(標高:1729m)だということです。

今日は夏山開きの神事が執り行われるこの弥山を目指します。

今年は大山開山1300年を記念してさまざまなイベントが企画されていますが、今日は登山者も例年になく多く、相当の混雑が予想されます。

結果的に、この早い出発が混雑からの回避に役立つことになります。


5合目を通過し〜

f:id:tirorinmura:20180606105510j:image:w240:left

f:id:tirorinmura:20180606105503j:image:w240:right

6合目へ

朝早かったですが、青空が広がってきました。

暑くもなく寒くもなくちょうどいい感じ!!

頂上は寒いくらいとのことですが・・・


前方には切り立った岩山が連なっています。

f:id:tirorinmura:20180606105456j:image


木陰が多く楽な登山道をもくもくと登ります。

f:id:tirorinmura:20180606110839j:image


足元は岩と急な階段がずっと続き展望が開けてきました。

f:id:tirorinmura:20180606110832j:image


足元に注意しながら慎重に登ります。

いい展望です。

f:id:tirorinmura:20180606110825j:image


イワカガミが群生しています。

f:id:tirorinmura:20180606110818j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180606110811j:image:w260:right

頂上付近にはダイセンキャラボクが群生していて、自然環境を守るためこのあたりから頂上まで木道が続き一気に楽になります。



間もなく頂上です。

f:id:tirorinmura:20180606113537j:image


麓で拾った小石をリュックから出してこの場所に集積し、一木一石運動へ協力します。

f:id:tirorinmura:20180606113529j:image


頂上付近の環境保全いくらかでも役立てると思うとうれしいですね。

f:id:tirorinmura:20180606113522j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180606113515j:image:w260:right

1300年祭のPR活動をされている方の横断幕をお借りし、班ごとに記念撮影、パチリ!!



昨日出会ったアドベンチャーレーサーの田中陽希さんも参加されていて、取材NHKのカメラマンでしょうか、ドローンがプンプンと飛び交っています。

このあと頂上付近で神事が行われます。

まだ9時過ぎくらいですが、旅館が準備してくださった2回目の朝食?のおにぎりを食べて〜

これから登ってくる多くの登山者との混雑緩和のため下山します。

f:id:tirorinmura:20180606113508j:image


下山するグループはまだ少ないですが、登ってくる方の登山者は列をなしています。

幼い子を抱っこして登ってこられた勇敢なママさんもおられるかと思えば、80歳

半ばの方も・・・。

どちらも「凄い」の一言で、尊敬してしまいます。

f:id:tirorinmura:20180606113501j:image


行者谷別れまで下山してきました。

f:id:tirorinmura:20180606115346j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180606115339j:image:w260:right

ここからは行者道の方に進路をとり、昨夜のたいまつ行列の起点となった大神神社奥宮の方角へと下山します。

連なる雄大大山をバックに、賽の河原では思い思いにもう一度記念撮影!!



神山神社まだ帰ってきました。

昨夜のあの厳粛な火祭りの行列が、この階段いっぱいに炎の河を成したのが脳裏に浮かびますが、今はしんとして元の静かな神秘さに戻っています。

f:id:tirorinmura:20180606115332j:image


良い思い出を心に刻むことのできた二日間でした。

一生の思い出になることでしょう。

40名が一人の脱落もなく無事下山を遂げることができたのも、役員の方々の下見を始めとする入念な下ごしらえがあったからこそだと深く感謝いたします。

さくらさくら 2018/06/07 08:41 夏山開き!凄いですねー 初めて知りました。 47年前 蒜山に行きたこと、家族でキャンプ紛いをしたことを、懐かしく思い出します。
なんと女性が多いんですねー
天候にも恵まれ、無事に下山出来て良かった( ◠‿◠ )

tirorinmuratirorinmura 2018/06/07 08:55 快晴に恵まれ最高の思い出ができました。
また機会があれば行ってみたいですね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証