『チロリン村』の日記

訪問者数(ユニークアクセス数):

2018-09-15

鬱陶しい日々

台風21号が去った後、2〜3日は晴れ間が見えその間に何とか稲刈りを済ませました。

しかしそれを境に、ほぼ毎日といっていいほど雨が降っています。

今日もときどき日が射すものの、すぐに黒い雲がやってきてポツリポツリと雨を落とします。

最高気温も30度、おかげで蒸し暑く鬱陶しい週末となりました。


ショウジョウソウ(猩猩草)が咲きだしました。

それよりも赤く染まって花のように見える葉っぱが特徴的ですね。

f:id:tirorinmura:20180915164024j:image


ヤマボウシも赤い実をいっぱいつけています。

f:id:tirorinmura:20180915164020j:image:w260:left

f:id:tirorinmura:20180915164016j:image:w260:right

今年はなぜかたくさん花をつけました。

その分実も多く、木の下には落ちた実がごろごろとしています。

去年落ちた実は芽を出し、木の根元にたくさんの木の苗が生えてきました。

すごい生命力で子孫繁栄に一生懸命ですね。


稲刈りの済んだ田んぼは、先日再度草を刈りました。

これで春まできれいな景色が保たれ、環境の美化に貢献しています。

f:id:tirorinmura:20180915164011j:image



そんな鬱陶しい中、午後は豊岡市立歴史博物館(但馬国府・国分寺館)へ出向き、たんたん落語会の皆さんによる酒にちなんだ落語(3題)を楽しん出来ました、

f:id:tirorinmura:20180915172835j:image:w250:left


そのあと、落語に登場する江戸時代の酒文化について当館学芸員ま方から分かりやすく解説を受けました。

時代物の本を読んでいると至るところで酒にまつわる場面に出くわし、そのころの酒ってどんなものを飲んでいたのだろうと疑問に思っていましたが、お話を聞いてなんとなくイメージできる気がしました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証