Hatena::ブログ(Diary)

tkmovの日記

2017-08-11 インカム SENA S20(追記)

インカム SENA S20(追記:電源のもち)

| 11:23

SENAのインカム(S20)を主に街乗り、通勤で使ってきて1回目の充電を機会に、これまでのデータを記録。(ちょっと記憶に頼る部分もあるのであまり正確でないですが)
  日数:18日
  移動距離:約520km (GPSの記録から推定)
  稼働時間:約15時間 (平均35km/hとして。バイク運転時以外は電源OFF)
  使用状況:半分は待ち受け、半分は音楽再生。インターコム使用は無し。

カタログスペックでは、待機10日、通話13時間なのでこんなものかと思います。

その他の気づき点

  1. バッテリが無くなると音声ガイダンスで知らせてくれますが、30秒ぐらいで電源が切れます。InterphoneのF5はだいたい30分ぐらい残った時点で警告が出てたのですが、S20は割と容赦ない設定です。
  2. バッテリ残量を知るにはボイスコマンドで指示できるんですが、このボイスコマンドがうまく働くことが無い。まあ、あとは電源投入時にボタンを3秒長押しという手はあるんですが、F5の様にオープニングメッセージの時に知らせてくれても好いのにと思います。

今後の課題は運転使用中の充電がうまく行くのかどうか。一応カタログスペックでは可能になっていますが、F5の時も何かと癖がありましたので*1、試してみない事には何とも言えませんね。

*1:電源ONで充電開始すると再起動してしまうとか、実際には充電残量が減らないだけで満充電にはならないとか

2017-07-23

インカム SENA 20S購入 (追記あり)

| 22:42

スマホとGPSナビ(Garmin Zumo660)を同時接続できるインカムを探してましたが、カタログスペックでは判断できず、販売店員やメーカー(SygnHouse)の人に聞いても同時接続は保証できない、というお話。
結局、使えそうな可能性が一番高い SENA 20Sを購入してしまいました。(いわば人柱というものです)
以下、1日使ってみた評価をば。*1

1. 今まで使っていたInterphone F5-TX との比較

  1. ・起動/停止が簡単。Interphoneは起動時に3秒長押し、停止時に5秒長押しなのですが、この長押しが結構面倒。単車を停めて降りようという時もそうですが、GPSナビとの接続がうまく行かなくて、走行中にインカムを再起動しようと左手で5秒長押しするのは結構大変です。それに比べれば1回押しで起動/停止できるSENAは簡単です。
  2. ・音量操作が楽。SENAはジョグダイアルで音量調整できるので、急に周りの音を聞きたい時などにボリュームを絞るのが楽です。
  3. ・クランプユニットが邪魔。SENAはメット帽体を下から挟み込むように取り付けるので、帽体から下にクランプユニットがはみ出ます。しかも今のメット(SHOEI SYSTECH)は頬当てパッドの端を帽体の内側に挟み込むので、このクランプユニットと干渉して取付に苦労します。どのくらい下にはみ出るかは下の写真の通り。クランプユニットの下が傷だらけになりそうなので、何か保護パッドを付けた方が良いかも。

f:id:tkmov:20170723215557j:image:w360

  1. ・充電ケーブルが1つ。Interphone F5-TXでは充電コネクタがUSBに似た特殊コネクタでしたし、ヘッドセットと接続した状態で充電するには別のコネクタ(Φ2.5オーディオジャック)が必要でした。SENA S20はマイクロUSBで充電できるので、スマホともケーブル共有できて便利。

2. やりたいことができたのか。(GPSナビとスマホの両方で音楽再生(A2DPプロファイル)が使えるのかどうか)
以下の条件で試してみました。
・GPSナビ : Garmin Zumo660
・スマホ : au TORQUE G01
・インカム: SENA 20S
・接続状態:20Sとスマホは電話ペアリング(HFP&A2DP)
      20SとGPSナビは2台目の電話ペアリング(HFP&A2DP)
使用状況:
・GPSナビでMP3音楽再生とナビゲーション
・スマホでMP4映画再生 またはradiko実行
・インカム(20S)でFM受信
動作結果:

  1. (1) 音源の優先順位は取説によると、ボイスコマンドモード > アンビエントモード > 電話(HFP) > インカム通話 > 有線オーディオ > Bluetoothミュージックシェア機能のオーディオ(A2DP) > FM > Bluetoothオーディオ(A2DP)
  2. (2) 今回の実験は上記の赤字部分の2項目が該当し、詳細は下記の通り

ナビゲーション > GPSナビの音楽再生 > スマホの音楽再生 > インカムのFM
GPSナビで音楽再生すると、スマホの映画再生(またはradiko)は一時停止。GPSナビの音楽停止するとスマホ側が再生再開。ただし再開しない時もあり、もう少し様子見。

  1. (3) FMは優先上位のアイテムがとまってから5秒後に再開します。デフォルト設定では再開のたびに受信周波数を読み上げるので、この読み上げ設定は解除した方がよいです。でないとナビが交差点を指示するたびに20Sが「FM 83.3です」と読み上げて耳障りです。

結論:
数時間使ってみた限りでは、GPSナビとスマホの音楽再生の切替はうまくゆくようです。ただしBluetoothの接続順序などで動作が変わる可能性はあり、もう少し使ってみて組み合わせのクセを見る必要はあるでしょう。

3.その他気づき点

  1. (1) アンビエントモード:ヘルメット外の音をマイクで拾ってメット内のスピーカで再生するモードですが、実際に使ってみると風切音しか聞こえません。停まっている状態でも余り周囲音は聞こえない。たぶんメットのフェイスを上げた方がよく聞こえると思います。
  2. (2) ボイスコマンド:自分の発音が悪いのか、1〜2割くらいしか反応してくれません。だいたいボイスコマンドモードに入るために"Hello SENA"としゃべっても反応してくれないので、スイッチを押すことになってしまい、ボイスコマンドの意味がないのですが。

<以下は2017/07/24追記>

  1. (3) FM受信のためには後部のフォンボタンを2秒押しなのですが、短すぎるとタップと見なされてスマホで音声ガイド機能を呼び出してしまいます。スマホ側の設定に依りますが、私の場合はVoiceRecorderが起動してしまって、音声入出力を握ってしまったのでアプリを一度削除するはめになりました。とりあえず起動アプリ選択のダイアログが出て音声を占有しなくなったので、しばらくはこれで様子見です。

*1:この評価の中には他のインカムとの接続については入っていません。私がソロツーリングしかしないためですので、悪しからず

2017-07-22

インカム検討(続編)

| 21:21

GPSナビとスマホの同時接続できるインカムを探していましたが、
インカムを探す - tkmovの日記
今使っているナビ(Garmin Zumo660)は、ナビに電話を接続できるので、スマホ(TORQUE G01)で再生した音楽が聞こえるかを試してみました。

  • ・スマホとZumo660の接続プロファイルはHFPなので、音楽音声はZumo660に送られず、スマホ側で再生される。
  • ・副作用なのか、Zumo660の音楽再生が電話品質(HFP)で再生される。
  • ・スマホ接続時にZumo660がアドレス帳を要求するのが少々気味悪い

結局、この接続方法ではスマホの音楽(A2DPプロファイル)をインカムで聞けない、という結論です。

2017-07-16 ETC2.0の特典

ETC2.0の特典

| 10:59

山口方面ツーリング途中、山陽道 徳山西IC近辺にはR2の道の駅への誘導広告がいっぱい。ETC2.0で1時間以内の外出なら継続料金になるという売り込みで、誘われて道の駅ソレーネ周南に行ってみました。が、朝7時前では店が空いているわけでもなく、GSが有るわけでもなく、トイレを借りただけになりました。まあ手前のGSが24時間営業なんで、そちらを使えば良いのですが。
f:id:tkmov:20170717103734j:image:w360
f:id:tkmov:20170717103730j:image:w360

高速本線の広告は道の駅への誘導を目的にしているような印象ですが、すぐ次には佐波川SAがあるし、営業時間が補完するわけでもないので、その意図には少し疑問です。
それよりも高速のGSが次々と休業していたりSA売店の夜間営業が無くなっている様に、高速の中だけで種々のサービスを維持しにくくなっている(特に地方の連絡路では)という事だと考えれば、一時的に高速外に出て給油や買物をする事を積極的に認めてほしいと思います。そのためにはETC2.0でGPS連動をしたりする必要は無く、そもそもETCである必要もなく、一定時間で高速にもどってくれば割引きにする事は現金支払いでも可能だと思うんですけどね。(まあ、昔からチケットのキセルとかは問題だったので、現金では許したくないんであろう事は想像に難くないですが)

ところで私のトランザルプのETCは旧タイプなので、この試行実験の恩恵にはあずかれないのでした。では最近のETC2.0対応機に替えたいかと聞かれれば、今のETCで車両番号を登録するのさえイヤなので、これ以上位置情報とかと連動するような仕組みは遠慮したいのです。
f:id:tkmov:20170717103945j:image:medium

2017-07-15 インカムを探す

インカムを探す

| 22:49

5月にワイヤレス充電器付スマホマウンタを作りましたが、ワイヤレス充電付スマホマウンタ - tkmovの日記
充電しながらスマホを使うとすればラジコか音楽を聴こうと思うのが人情。
ですが、今使っているインカム(Interphone)はA2DPプロファイルが一つしか接続できないので、同時接続できるインカムが無いか探してみました。(Interphoneも結構長く使ってバッテリもへたってきたという事もありますが)

SENA http://senabluetooth.jp/purchase/

  • SENA : 10U : ヘルメット専用機種(Neotec用あり) profile HFP,A2DP,AVRCP があるが、2つ接続可能かどうかは不明。
  • SENA : 20S : デュアルBluetooth 2台のスマホとペアリング可能(HFPとA2DP) (クランプユニットがちょっと大きい)
  • SENA : 10S : profile HFP,HSP,A2DP,AVRCP 一応スマホ2台とペアリング可能(HFP)と書いてある
  • SENAカタログによると、10S,10U,20S にはデュアルA2DP機能「計2つのA2DPを同時にBluetooth接続する機能」があるので、スマホとナビと同時接続できるのではなかろうか。
  • 疑問点:音声ガイドがあるんだろうか。SMH10の音声ガイド日本語化の記事がネットにあるので、音声ガイド自体はあるようだ。
  • 充電 : SMH5-FMの取説には「使用中に充電可能」とあるので、10S,20Sとかでも出来るのではなかろうか。

SygnHouse https://www.bolt.co.jp/
B+Com SB4X Lite : オーディオデバイス(A2DP)2台の接続は不安定になるとマニュアルに記載有り(別の個所では「A2DP のナビ、レーダーの場合、音楽プレーヤーとの同時接続はできません。どちらか1台の接続になります」と記載)。基本的には別売のトランスミッタの仕様を前提としている。

  • B+Com SB5X : 「A2DPの2台接続不可」というのは、SB4X Liteと同じ。
  • B+Comは基本的にオーディオデバイスを2台接続できない。(トランスミッタを使用する方針らしい)
  • SygnHouseの展示会で聞いてみたところ、互換性保証がとれないので2音源の同時接続には否定的。

MIDLAND

  • BTNEXT PRO の取説によると、A2DP/AVRCP/HFP、A2DP/AVRCP/HFP/HSP の2つが登録できるらしい。 → 音楽デバイスは2つ接続可能
  • BTX2 PRO の取説によると、A2DP/HFP、HFP/HSP の2つが登録できる。→ 音楽デバイス(A2DP)は2つ接続できない。
  • 充電すると電源OFFになる。(使用しながら充電できない)

総合すると、A2DPの2音源の接続はSENA(20S)かMIDLAND(BNEXT PRO)、充電しながらの使用に可能性があるのはSENA。という事で選択するとしたらSENA(20S)かな。気になるのはインカムのマウンタが大きいこと。メット帽体の下端に挟み込む形なので、どうしてもメットの下にはみ出す形が気になる所。
ところで今使っているInterphoneは最近サポートが悪く、新機種が出ているらしいけど仕様もよくわからない状態のなので、最初から選択外です。