Hatena::ブログ(Diary)

きれいさっぱり、逝くぜ! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-10-21 ~/.bash_profileでPKG_CONFIG_PATHをexport

Consider adjusting the PKG_CONFIG_PATH environment variable

| Consider adjusting the PKG_CONFIG_PATH environment variableを含むブックマーク Consider adjusting the PKG_CONFIG_PATH environment variableのブックマークコメント

Fedora 9 ではレポジトリに収録されているGIMPがバージョン2.4系なので、最新の2.6系を「--prefix=/opt」以下にインストールした。関連記事:GIMP 2.6のFedora 9 へのインストール他

この結果2.6以降のGIMP向けのプラグインビルドするとき、「./configure」すると以下のようなメッセージが表示されて止まってしまうことがある。

...省略...
checking for XMC... configure: error: Package requirements (xcursor glib-2.0 gimp-2.0 >= 2.6
 gimpui-2.0 >= 2.6) were not met:



Requested 'gimp-2.0 >= 2.6' but version of GIMP is 2.4.7

Requested 'gimpui-2.0 >= 2.6' but version of GIMP UI is 2.4.7



Consider adjusting the PKG_CONFIG_PATH environment variable if you

installed software in a non-standard prefix.
...省略...

これはGIMP-2.6.*のpkg-config用の「.pc」ファイルは/opt/lib/pkgconfig以下にインストールされているが、「man pkg-config」すると分かるように環境変数「PKG_CONFIG_PATH」が未指定だと「.pc」ファイルを/usr/lib/pkgconfig及び/usr/share/pkgconfig以下からしか検索しないからだ。*1

上のエラーメッセージからも分かる通り、単に「./configure --prefix=/opt PKG_CONFIG_PATH=/opt/lib/pkgconfig」するなり、「export PKG_CONFIG_PATH=/opt/lib/pkdconfig; ./configure --prefix=/opt」するなりすればよいが、新たにシェルを立ち上げる度に行うのは面倒だ。

自作プラグインならconfigure.acに--prefixに指定したディレクトリを自動でPKG_CONFIG_PATHに追加するマクロでも書けばよいが、そのようなマクロは見つからなかった。

そこで「~/.bash_profile」にPKG_CONFIG_PATHをexportする設定を書いておくことにした。

~/.bash_profile:

# .bash_profile

# Get the aliases and functions
if [ -f ~/.bashrc ]; then
        . ~/.bashrc
fi

# User specific environment and startup programs

#PATH=$PATH:$HOME/bin
export PATH=$HOME/bin:/usr/kerberos/bin:/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/usr/local/sbin:/sbin:/usr/sbin
unset USERNAME
export PKG_CONFIG_PATH=/opt/lib/pkgconfig

いったんログアウトしログインしなおすと設定が有効になる。


10/22追記

修正:PKG_CONFIG_PATH=/opt → PKG_CONFIG_PATH=/opt/lib/pkgconfig

*1:ちなみにautoconfのPKG_CHECK_MODULES、PKG_PROG_PKG_CONFIG、PKG_CHECK_EXISTSマクロの使いかたも載っている。

最近のコメント