Hatena::ブログ(Diary)

Dマイナー志向 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-08-02

無線LANのステルスAPにLinux(wpa_supplicant)から接続する

ステルス設定の無線LANアクセスポイントにwpa_supplicantからうまく接続できなくて悩んでた時期が私にもありました。

でもふと調べてみると、wpa_supplicantのサンプル設定ファイルに書いてあった。

wpa_supplicant.conf

# scan_ssid:
#       0 = do not scan this SSID with specific Probe Request frames (default)
#       1 = scan with SSID-specific Probe Request frames (this can be used to
#           find APs that do not accept broadcast SSID or use multiple SSIDs;
#           this will add latency to scanning, so enable this only when needed)

beaconを吐いてるならscan_ssid=0の方が検知は早いので、ステルスAPのときだけscan_ssid=1を明示的にすればいい。

ということで、wpa_passphraseコマンドで生成した結果にscan_ssid=1を追加すればok。

network={
	ssid="stealthAP"
	#psk="himitsuhimitsu"
	psk=3f2133e0515cdb39bcc46534179bd402e9425e5194afd4793107b9619941f33b
        scan_ssid=1
}

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証