Hatena::ブログ(Diary)

Dマイナー志向 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-08-02

WoSign Free SSL Certificateが3年無料でマルチドメイン対応かつStartSSLがクロスルートと最強な件

TL;DR 申し込みはこちらから

はじめに

Let's Encryptが2015年9月14日の週から利用可能になる予定だったり、さくらインターネットがRapidSSL証明書1年分無料キャンペーンを展開するなど最近盛り上がりをみせるSSL証明書業界ですが、今ここに新たな救世主がやってきました。

それが中国系SSL認証局沃通(WoSign)が提供するWoSign Free SSL Certificateです。

http://www.wosign.com/pic/Logo_new.jpg

WoSign Free SSL Certificateの仕様

WoSign Free SSL Certificateは3年間無料、しかも1つのSSL証明書でマルチドメインに対応しています(100ドメインまで)。ま、マジで!

通常こういったマイナーな認証局が発行するSSL証明書はサポートするブラウザが極端に少なかったりするのですが、クロスルート方式でStartSSLをルート証明書にもつこともあり最近のブラウザであればそこそこカバーできているんじゃないかと思われます[要出典]

申し込み方法

申し込みはこちらからどうぞ。

詳しい説明はきっと誰かが書いてくれるんじゃないでしょうか。

導入例 matsuu.net

2015年現在matsuu.netのSSL証明書はWoSignを使っています。動作確認用にどうぞ。

SSL Labsの診断結果もこちらに貼り付けておきますね。証明書パスは脅威の3つ。

f:id:tmatsuu:20150802080727p:image

OCSP Staplingに関して

OCSP Staplingも設定可能です。WoSign用Trusted Certificate Chainはこちらに用意しました

matsuu.netはこれを使ってOCSP Staplingを設定済です。

過去の経緯

私がWoSignを知ったのは2015年2月に読んだWoSignを紹介する英語のブログがきっかけなのですが、当時のWoSignは申し込みページが中国語のみでクロスルートもSHA1しかなく、Google Chromeで見るとエラーが表示されてしまうなど残念仕様でした。

現在は英語ページも用意されクロスルートにもSHA2が用意されており、問題はひと通り解消したと思われます。

利用規約

利用規約は各自きちんとご確認ください。自己責任です。

通りすがり通りすがり 2016/11/12 10:42 おおっ、これはすごいぞ! と思ってググると残念な結果に、、、
中国最大の認証局「WoSign」が証明書発行日改竄などを行っていたとしてFirefoxがブロックの方針
http://gigazine.net/news/20160928-wosign-firefox-block/
うーん。。。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証