英語教育の明日はどっちだ! TMRowing at best Twitter

2016-12-01 「それは美しいゴカイ」

「呟き」で大量に投下していましたが、この一週間は「山口県英語教育フォーラム」の足跡を振り返っていました。昨年までの8回のフォーラムの述べ参加者数は、今回の全英連・山口大会の参加者と同数くらいなんでしょうね。

そんなことを考えていた今週の実作をば。

高2は、一足先に期末試験。範囲は「条件節のタイプ2と3」「even though とeven ifの使い分け」「しくみ」の3項目です。

最後の授業では、「目の見えるしくみ」で相応に苦労しましたね。その甲斐があるといいのですが。

高3は、writing a better argumentative passage とでもいうべき「学び」。

まあ、何のことはない、巷に 蔓延る 溢れる「大学入試『自由英作文』問題の解答例」にダメ出しをし続けて、よりよい「つながり」と「まとまり」を感じるだけです。

これまでにも、このブログで紹介してきましたので、再録はしません。ただ、このブログで指摘するだけではなく、密林レビューでも、「呟き」の方でも指摘しつづけて、古いものではもう十年近く経とうとしているのに、旧態然というか、英語に成り切れていない「エイブン」を解答として用意し、そこから逆算で後出しじゃんけんをするような教材が新刊で出てくる状況を見ると、「ライティング」はやはり、英語の目利き腕利きの教師と共に、教室で課題に取り組み、自分の目と腕を鍛えないと上手くいかないのではないか、という思いを強くしています。

私のシラバスでは、

テクストタイプ別の指導

テクストタイプ別のアイデアジェネレーション

テーマ語彙の指導

同輩間並びに教師からのFBをもとに書き直し

「誤りログ」の記録と見直し

授業と並行して取り組む「表現ノート」

とでもいうものが基本となっていましたから、

  • 「テクスト」としてのダイナミズムを感じられない、ただ5W1Hのquestioning を行う

とか、

  • 主題への収束を自ら難しくするような、「マッピング」と称した、ただのアイデアの拡散

には全く魅力を感じません。

今日の授業では、前日に、四軒家忍先生と「呟き」でやりとりをした、ディスコースマーカー、つなぎ語、などと呼ばれる語句に関する「戒め」を。

私も、拙著『パラグラフ・ライティング指導入門』では「頭だしチャンク」のリストを紹介していますが、あれが活きるのは、「テーマ語彙を充実に基づく内容の確からしさ」と「アイデアジェネレーションに時間を掛けたことによる論理の確からしさ」があればこそです。

四軒家先生も、ご自身のブログで同じ項目を取り上げ、書かれていました。問題意識を共有できる方がいるのは嬉しいことです。

拙ブログのこのエントリー (http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20160224) でも指摘しましたが、まだまだ「つなぎ語」の空所補充のような指導で終わっている指導者や教材が多い気がします。

ということで、「つなぎ語、指導するならこんな風に」とでもいう練習問題。

f:id:tmrowing:20161202053106j:image:w360

ダウンロードはこちらから。↓

on the other hand.jpeg 直

これは、拙著の英文の再加工で、呟きの最中に急いで拵えたものですが、とかく、1 のような空所補充で、適切なディスコースマーカーを選び英文を完成して「論理」が分かったというような錯覚が積み重なっているように思います。同じ空所補充なら、まだ2 のタイプの方がマシかと。

その後、9年以上前の過去ログの山岡大基先生の研究授業での取り組み (http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20070928) を印刷して、高校生の目指すことができる「英文ライティング」の姿を眺めつつ、「地道に英文を読む」ことの重要性を説いて終了。

高1は、「リスニングテスト制覇の旅」の続き。

「つながり」と「まとまり」を支える、「話型(話形)」の重要性をずーーーーっと説いています。

今日は、これまでに扱った「素材文」で「つながり」と「まとまり」が保たれている(希有な?)ものはそのまま、主として私がリライトしたものを使って「対面リピート」。中には、200語を超えるものもあるので、一つのピースで5分間に区切ってやってみました。当然、復習の覚束ないところは読み手もしどろもどろとなりますから、リピートどころではなくなります。

まあ、それに気づいた後で盤石の基礎を築く取り組みへとつながるか、が一番重要なのですけれど。

英語が苦手、という以前に、「人の話」を聞いてその内容や主題が掴めない、という生徒を多数見てきたので、この活動を高1で行っているわけです。

例えば、先日紹介した「バスツアーでのアナウンス」(http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20161125) を考えてみると、その話型(話形)は、

ガイドの自己紹介

ツアーの目的(地)

所要時間

見どころ

遵守事項・禁止事項

質疑

などとなることが多いでしょう。

これが、「修学旅行」になれば、

班別・個人での自主研修の諸注意

集合時間

緊急連絡先

などが加わるか、と思いますが、そう思うのは、「そういう文化」「そういう社会」の実体験や常識を持っているからです。

「公立高校入試リスニング」あるある出題とも言える、「ALTの離任挨拶」であれば、

帰国のお知らせ

在任期間

着任のbefore / after での心境

学校行事での想い出

地域社会での悲喜交交

「最後の授業」とでもいうべきアドバイス

感謝のことば

などが「典型的な話型(話形)」となるでしょう。問題の解法などは後でやればいいので、まずは、その「ベタな」話しをしっかりと追っていき、話しを聞けることが重要だと思います。

石川県の2013年の出題がこちら。

Hello, friends. I’ve had a great time with you here at Ishikawa High School. I came here last September. This was my first visit to Japan, and everything was new to me.

I can’t forget the school trip to Tokyo last year. It was wonderful. We went to Shibuya and enjoyed shopping there. And we went to Asakusa, too. Some people were wearing kimonos. They were really beautiful. I remember that night at the hotel in Ueno very well. I enjoyed talking with two girls. We had some language problems, but I tried to understand them and they tried to understand me. We talked and talked in our room. And we became good friends.

Today is my last day here at Ishikawa High School. I have to go back to America tomorrow. I’ve had a very nice stay in Japan. I’ll never forget you all. Thank you for everything. (149 words)

私のリライト版がこちら。

Hello, friends. I’ve had a great time with you here at Ishikawa High School. I came here last September. This was my first visit to Japan, and everything was new to me.

I can’t forget the trip to Tokyo with you during New Year’s holidays. It was really wonderful. We went to Shibuya and enjoyed shopping there. A lot of girls walking on the street looked like Kyarry Pamyu Pamyu. And we went to Asakusa for something traditional. As we had expected, there were some people wearing kimonos. They were really beautiful.

I remember that night at the hotel in Ueno very well. I enjoyed talking with two girls, Tomoyo and Kumiko. We had some language problems, but I tried to understand them and they tried to understand me. We talked and talked in our room. And I feel we became a little closer to each other.

Today is my last day here at Ishikawa High School. I have to go back to America next week. I’ve had a very nice stay in Japan. I’ll never forget you all. Thank you for everything. (183 words)

この石川県との比較対象で、こちらの大阪の2011年の出題を。こちらがオリジナル。ツッコミどころ満載なのは大阪だから?

Hello, everyone. I will leave Japan tomorrow. I enjoyed teaching you English for three years. I came to Japan five years ago and lived in Kyoto for two years before coming to Osaka. I could not speak Japanese well when I came to Japan but I tried to speak Japanese with many people. People around me were always nice to me. I enjoyed speaking Japanese with them and my Japanese is much better now. So, when you learn English, please enjoy speaking English. Do not think it is difficult. When I go back to America, I am going to tell many people about Japan. Thank you.  (101 words)

次に示すのが私のリライト版。これは、以前、達セミや福岡県の私学教員対象のセミナーでも紹介していたかと思います。

「大阪に来る前の京都時代の話が何もないのは、なぜ?」という私自身の素朴な疑問に自分で答えたものです。

あくまでも話型(話形)をハッキリと理解させるための脚色であって、京都の方に対しての他意はありませんので、何卒ご理解を。

Hello, everyone. I have to say goodbye to you today. I’ll leave Japan next week. …. Yes, so soon. I’ll come back home. I have been teaching you English for four years, and I’m loving every minute of it.

I came to Japan five years ago and taught English to high school students in Kyoto for a year. I couldn’t speak Japanese well, and I always tried my best to communicate with the local people, but …. I don’t want to talk much about the year in Kyoto, though.

Then, I moved to Osaka. I hoped that people in Osaka would be cheerful and friendly. And here, I met you. …. In fact, everyone was really nice to me. Here in Osaka, I enjoy, for the first time, yes, it’s true, I enjoy talking with you in Japanese. My Japanese is much better now. I’m really happy I have been with you for four years.

Now, I’ll give you one last advice…, or that could be a kind of request. When you have some trouble about learning English, don’t think it’s too difficult. You don’t have to enjoy “speaking” English. Go and look for someone who you can enjoy “being with”. If you “are” with such people, you will soon start talking with them. That’s what I have learned here in Osaka.

When I come home, I’m going to tell my family and my friends a lot about Osaka, the city I’m most proud of. Thank you. (247 words)


最後には、生徒への私自身のメッセージも込められています。ただ「楽しめ」と言われて、楽しめるくらいなら誰も苦労しませんって。そこに至る道だって、「それぞれ、それなり、そのうち」ですから。

本日のBGM: ぼくらが歌をうたう理由 (Musement featuring 野見山睦未 & 鈴木祥子)

2016-11-25 ”What is it that I’ll be achieving?”

今週の実作のハイライトをば。

高1は、恒例の「全国縦断リスニングテスト制覇の旅」だけれど、タイトルとは違って、行きつ戻りつ。

先輩達がやっていない新しいものから、ということで、今春の2016年の出題からいくつかを聞かせてみました。

まずは、北から。

北海道 2016年スクリプト

Last month I had three-day work experience at a hospital.

First, the doctor and the nurses told me about their jobs. And I helped them by talking with sick people and taking them to their beds. I was very glad when I saw their smiles. Then, a nurse showed me around the hospital building. She said doctors and nurses are not the only workers in hospitals and many other jobs help sick people there too.

On the last day, I worked with an old man taking care of the hospital garden. When I was helping him, he said he likes his job because sick people in the hospital look happy when they see the beautiful garden.

At first I didn't think the garden was important for helping sick people, but after talking with him, I found his job also makes them happy. Through this experience, I learned each job in hospitals is important and helps sick people in different ways.

(160 words)

2006年のものと比べると、この10年で大きな変化があったことが分かります。

でも、いかに新課程とは言え、このスクリプトの隅々まで分かる中学生は極々少数に留まるでしょう。ただ、より英語に近づいたのなら大歓迎。リライトの必要がなくなりますから。


もう一つ興味深かったのは、都立国際高校の独自問題。

沢山課されるリスニング問題のうちの最後が、ある程度まとまった分量のアナウンス。アナウンスですから、モノローグで230語以上ありますが、一回しか聞けません。しかしながら、私が面白いと思ったのは、その難しさではなく、話しのつながりとまとまり、そして話型(話形)とでもいうものでした。

こちらがオリジナルのスクリプトになります。

都立国際 2016

Welcome to the Animal Tour Bus. Hi, my name is Kelly and I will be your guide today.

Our tour is one of the most popular tours in the world. More than ten thousand people from all over the world visit our park every month. There are about five hundred different kinds of animals in the park. Our park is the second largest natural park in the country.

Before we begin, I'd like to tell you some rules we would like you to keep during the tour today.

First, please do not eat anything on the bus. Before the tour starts, please put any food you have in this box, animals will come near you if they see that you have food.

Next, please keep children under six away from the windows because it is very dangerous. The bus sometimes shakes very much. Please keep your arms and legs inside the bus at all times, and don't stand up while it is moving.

Also, please turn off any sounds from your phone because animals will be surprised at the phone sounds.

However, you can use your phone to take pictures and movies. And please wear the caps that we are passing out now, especially when you get off the bus to rest. If you need any help during the tour, please raise your hand. The tour is going to start soon. We hope you enjoy it.

(236 words)

結構長いので、受験生にとっては気が抜けないのですが、設問は内容一致選択なので、まだ対処可能なレベルですかね。


で、この「バスツアーガイド」の話題に似たものが過去に他県で出題されているのでした。

岩手県の2013年の出題。オリジナルはこちら。

Welcome to the Forest Bus Trip. My name is Mike. I'm very happy we have many people on the bus. Today we will go into the forest, so you will see such animals as birds, monkeys, deer, and foxes. There are over 50 animals. The trip takes about 30 minutes. Before we start, I’m going to tell you some important rules. First, this is a long trip, so you can eat and drink in the bus. Second, some animals will come near the bus, but please don’t give any food to them and please don’t put your hands out of the windows. Of course, you cannot get off the bus. Third, don’t stand up while the bus is moving because the bus may stop suddenly. Any questions? Now, let’s go!

(130 words)

話しのつながり、まとまりがちょっと欠落していて、短いのに分かりにくい話しとなっています。


このアナウンスを私がリライトしたものがこちら。

2014年から授業で使っています。達セミでも一回披露していたかしら。

Welcome to the Forest Bus Trip. My name is Mike, your guide today. I’m very happy we have so many people on the bus who are interested in wildlife.

Today we will go into the forest, where you can see a variety of animals: birds, monkeys, deer, and foxes. Sorry for you, but we do not have any lions or tigers. No elephants or giraffes. There are over 50 kinds of animals, though. The forest is so large that the trip takes about 90 minutes.

Before we start, I’m going to tell you some rules here. If you don’t follow these rules, you may risk your life. So listen very closely.

First, do not get off the bus until we get back. Animals, even small birds, may attack you if they feel threatened.

Second, some animals will come near the bus, but please don’t open the windows. You may not put your hands out of the windows or give any food to them.

Third, this is a long trip but we do not have a bathroom on board. There is no public bathroom along the course. Please make sure you go to the bathroom before departure.

Fourth, keep seated while the bus is moving. We drive safe but the bus may stop suddenly.

Any questions? Now, let’s go and enjoy the forest!

(221 words)

都立国際のスクリプトとほぼ同じ話型(話形)になりましたね。バスツアーのガイドが提供するアナウンスでの典型的な話型(話形)って、こういうものになるんじゃないのかな、とも思います。

「話しの内容を理解する」ということがAI以上に苦手な中学生や高校生は、このスクリプトの違いや類似性に「気づく」ことも難しいのかも知れません。高校教師として、中学校の教育内容や成果に注文をつけても仕方ありませんから、自分のところで教えて育てるまでのことです。


高2は、「もののしくみ」第2弾。

前回の「耳が聞こえるしくみ」のあと、グループごとに違うネタを割り当てて、というのが年度当初の目論みでしたが、残り授業時数との綱引きで、クラスで一つだけ扱うことに。グループリーダ同士のじゃんけんで、見事「目が見えるしくみ」になりました。

例によって、学級文庫の「お子様用」から「大人の楽しみ用」まで、図鑑・図解・百科事典を読み比べての四則演算。いいとこ取りで英文を完成させます。まずは、「お手本」となる英語表現をしっかりと読むことから。英作文眼ですね。

how eyes work_1.jpeg 直

how eyes work_2.jpeg 直

how eyes work_3.jpeg 直

週明けに、代表作品決定で、期末テストへ突入です。



高3は「ディスカッションもどき」の続きで、センター試験の過去問から。

英語の表現で crucial という語が出てきたので、”AAO” について語っておく良い機会だからと、2009年の所謂「長文読解」、第6問の英文を読むことに。

過去ログの抜粋と『英語青年』の拙稿を印刷して事前配布。

「隔靴掻痒」

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20090119

「英英の弱り目、和訳の効き目」再録

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20110210

この2009年の出題の素材文は、英語としては2014年以降の英文よりはまだマシかな、と思いますが、それでもちょっと無理のある設定だったと思います。

私たちは、外国語や第2言語として日本語を学ぶ人の「読解力」の試験で、日本語を学んでいる大学生の書いた日本語を素材文として使うでしょうか?また、日本語を母語とするとしても、一般の大学生4年生が書いた文章を、大学入試の国語の試験で課すでしょうか?

何故、日本の大学4年生の書いたエッセイを読まされて、英語の学力を問われるのか?

日本人の英語での表現力のお手本、というのだったら、「ディスカッションもどき」の方でやっておくべきネタでは?という気がします。

例によって、私の手書きコピーを。

2009_6_1.jpg 直

2009_6_2 and 3.jpg 直

2009_6_4.jpg 直

2009_6_5.jpg 直

2009_6_6.jpg 直

2009_6_7.jpg 直

2009_6_8.jpg 直

いつものことですけど、「より良い英語で、より良い教材」「より良い英語で、より良いテスト」なんです。

この後、「ディスカッションもどき」で「定義」ネタが扱われた、2010年の本試験を読んで、教室であれこれ考えてみました。

この「…もどき」の出題は、センター試験では測定することのかなわない「ライティング」の代替出題と考えれば、テクストタイプで、narrative, descriptive, argumentative をカバーすることが望まれますから、この年のような「定義」を扱う議論というのは非常に面白かったとは思いますけれど、多分、不評だったんでしょうね。生徒には、もうセンター試験はなくなることが分かっているんだから、何が出題されても慌てないように、とは言っています。

最近は「高大接続」や「ヨンギノー」の観点から、有識者に散々ダメだしされています。でも、そんな酷い言われようをしている「センター試験」をまだ数年間、作らなければならない人たちがいるわけです。本当に、作問チームのモーティべーションをどう保っているのか、頭が下がります。

私もセンター試験に注文をイロイロつけていますが、私はどうせ課すなら、「エイブン」ではなく「英文」で、ということで、毎年「改善のために」批評をしていますので、先の「有識者」たちと一緒くたに語られるのは迷惑です。作問チームにとっては、どちらも歓迎したくないという点では同じ輩に映るかも知れませんが…。

本日の授業日誌はこの辺で。


本日のBGM:Fair Share of Breathing (Paul Heaton + Jacqui Abbott)

2016-11-20 something between the ears

全英連・山口大会の終了から一週間。

腹筋が裂けるのではないかと思うくらい酷かった咳も、抗生剤とせき止めのおかげで治まってきました。ようやく胃腸の調子も回復し、平常運転に戻りつつあります。

いくつか「お座敷」の声もかかっていますが、英語教育に関して言えば、私のやってきたことは流行とは無縁の実作ですから、気長にお付き合いください。あと、英語本や英語教育関連書籍で出版前の原稿をお送りいただき、意見を求められることもありますが、私が言えることは、その殆どが既にこのブログに書いてあることですから、あまり多くを期待しないで下さいね。

で、その実作。

高1は、「全国縦断公立高校入試リスニングテスト制覇の旅」の福島県。リライトの英文を元に、ディクトグロス。さらにはシャトルラン。高1レベルへと一段階難しくなった語句などの手当てとして、「英英辞書的定義」とのマッチング。

高3は、入試過去問素材の「読解」で、これまでの私の教材研究用手書きノートの写しを参考にして、授業中に自分で書きだしてみる課題。

  • 名詞は四角化で視覚化
  • ワニの口
  • 助動詞の番付表

など、これまでの授業で身についたものを総動員することが求められます。もっとも、生徒には1学期に既に、これを渡して、初見の英文を読むときのチェックポイントは明示しています。

2016高3読解のガイドライン.pdf 直

今回の素材文は私の手書きノートの写しでご確認を。

Unit16_1.jpeg 直

Unit16_2.jpeg 直

Unit16_3.jpeg 直

Unit16_4.jpeg 直

Unit16_5.jpeg 直

「ライティング」系の課題は、argumentative passage へと進んでいますので、センター試験の「ディスカッションもどき」の過去問を使っての、「議論」の定番となる「話型(話形)」と「表現」の確認。「解法」にはあまり深入りしませんが、巷の学参や問題集、さらには模擬試験の解説でよく見られる「本文には言及なし」「本文ではそのようなことは言っていない」という部分には注意させています。では、なぜ英語が苦手な生徒は、その設問で誤答してしまうのか?どこを読み誤るから、読み飛ばすから、読めていないのにごまかすから、その設問で錯乱肢の方を選んでしまうのか、ということを少なくとも教師は考えておいた方がいいのではないかと思っています。

授業では、ワークシートに本文を印刷します(スキャン&OCRのおかげです)が、選択肢は印刷せず、空所のままにしておきます。

課題1. まず「お題」を読む。「ゴール」と、登場人物と、それぞれの立場は?

課題2. 空所に入れるのに最も適当な内容を、日本語で考える。

課題3. 英語表現の言い換え、要約、具体例に気をつけて選択肢を見る。

というような手順です。

手始めの課題として、近年、最も難しかったのでは?と思える、2008年の追試問題から。案の定、生徒は手こずりました。

でも、丁寧に解説した後で、2009年の追試をやったら、瞬殺。同じ「センター試験」の同じ大問なのにね。


高2は、条件節の3タイプの導入を済ませ、次の課題へ。

  • the way things work

「定義のミカタ」の姉妹版というか、従姉妹版、といったところでしょうか。英語ネイティブの子供用から大人用まで、学級文庫の書籍を横断して、「いいとことどり」で英文を拵えるグループ課題です。これをレポートとか、論文とか、何かの発表原稿で使えば「剽窃」となるのでしょうが、教室内で、「英語の表現」に習熟するため、「お子ちゃま」レベルの英語から成長・成熟させるために使っています。

今回の「お題」は “the way ears work” 耳が聞こえる仕組みの説明です。

ドラフトがこちら。白板の上にコピーが貼ってある本から、足し算引き算掛け算割り算して作成しています。おおよそ、左から右へと、言葉の発達段階も上がっていきますので、どこに自分(たち)の足場を作っておくかは結構大事です。

all ears.jpeg 直

FBを踏まえた書き直しがこちら。

how ears work.jpeg 直

グループで一番習熟度の低い生徒でも、読んで、聞いて理解できる英語でまとめるように指示しています。

このあとは、音読から対面リピートまで、一連の活動が待っていますが、英語を身につける上で本当に大事なのは、学級文庫を活用し、グループでなら、「ここまでできる」というのがわかったわけですから、「自力で」何をするのか、ということです。高3の授業傍用の「表現ノート」につながるかどうかは、ここからの主体的な取り組みにかかっていると言えます。

入試を考えた学習内容の先取りなどしなくても、きちんとやるべきことをやっていれば英語力は高まるものです。椅子取りゲームのように我先に、と争うより、共に学び合う「仲間」をリスペクトしつつ、「それぞれ」「それなり」「そのうち」を心がけて欲しいと切に願います。

本日はこの辺で。

本日のBGM: Musical Chairs (METAFIVE)

2016-11-17 全英連・山口大会第19分科会御礼

去る2016年11月12日(土曜日)、山口学芸大学にて行われた、全英連・山口大会の分科会は、200余名の参加を得まして、無事終了いたしました。有難うございます。大学関係者、実行委員の皆さんにもあらためて感謝したいと思います。

私、松井が、先週より咽を痛め、直前の木曜日の授業でも声が出ない状況で、どうなることかと思いました。山口の地に赴いてから最大のピンチだったのですが、耳鼻咽喉科での処方が効き、何とか当日を迎えることが出来ました。当日もまだ充分には声のでない状態でしたので、お聞き苦しい点が多々あったかと思います。また、会場が体育館ということで机がないことや、配布資料と投影スライドでは異なるものが多いことなど、メモなども取り難かったであろうことをお詫びいたします。

指導助言者の田地野彰先生には、授業参観も含め、多大なご支援、ご助言を賜り、今回の発表に漕ぎ着けました。本当に有難うございます。当日の私の発表時間が少し延び、田地野先生のご助言の際に館内アナウンスが入ったため、「意味順」そのもののお話が途切れ途切れになったことを大変申し訳なく思っています。参加者の皆さんにおかれましては、下記の公開された資料を活用していただければ幸いです。

ほぼ一週間経ち、ようやく回復してきましたので、分科会に関連する資料で公開できるものを以下にリンクしておきます。

この資料を授業や研究でお使いになることは構いませんが、二次使用の際には、出典を必ず明らかにすることをお願いします。

また、「アイデアをアレンジした」「発想をカスタマイズした」などと言って、商用や論文での流用は堅くお断りいたします。


発表資料

松井分

・ 発表スライド関連

2016全英連山口大会松井公開用.pdf 直

・ 名詞句の限定表現類型

得手不得手.pdf 直

・ 四角化ドリル抜粋

四角化ドリル2016年版抜粋.pdf 直


田地野彰先生分

・ 発表スライド関連

意味順 PPT 全英連資料 20161118.pdf 直

当日、分科会に参加された方で、松井担当分に関する疑義のある方は、節度あるメールをよろしくお願いいたします。コメント欄を使っての質疑応答や議論は考えておりませんので悪しからず。


本日のBGM: 男子畢生危機一髪 (eastern youth)

tmrowingtmrowing 2016/11/18 02:01 田地野彰先生分のスライド資料をpdfに差し替えました。

2016-11-08 De-day-da or デレデレ?

怒濤の日々。

全英連・山口大会が刻々と迫ってきます。

全英連の分科会会場となる大学のご厚意で、祝日を返上して使用機器のリハーサル。

私の分科会だけ体育館での実施なので、組み立て式のスクリーンの準備から。

以前、山口県英語教育フォーラムで使用したこともある200インチでビニールのシートを「ぴんと張る」というよりも「ぎゅぎゅぎゅっと張る」タイプ。難儀しました。大人5人がかり。おまけに指は切るし。

プロジェクターは大学の備品は4000ルーメンの大型でしたが、レンズでのズーム/テレがないので、焦点距離が遠く、持参した高校英語科の備品を使うことに。会場は200人ということなので、着席した前の人の頭越しに見えるエリアなどを検討し、スライドのフォントの大きさなども修正。最終的に、配布資料をスライドの抜粋として、スライドの文字などがあまり見えなかった方にも概要は掴めるように配慮したつもりです。指導助言者の田地野彰先生の「意味順」概説&適用例の資料も一緒に印刷するべく、土曜日に業者に入稿。10日には製本され上がってくる予定です。

日に日に寒さが増してきているので、土曜日の朝の気温が心配になってきます。体育館には暖房はなかったと思います。私の分科会に参加される方は、マフラーやスカーフ、コートなど、着脱できるような寒さ対策をご検討いただきますようお願いいたします。暖かければ「空振り」でいいのですが、寒くて縮こまって話を聞くどころではない、というのは避けたいと思いますので。

今回は、13年ぶりの全英連発表ということになります。異なる都道府県で複数回発表した人って、どのくらいいるんでしょうか?

2003年当時は、まだ名前のついていなかった、私の授業の「定番」も紹介する予定です。「対面リピート」も「イカソーメン」も、今では私よりも、鹿児島の有嶋宏一先生の方が上手いと思いますので、今回全英連に参加される方も、都合がつかなかったけれども興味のある方も、こちらのDVDをお買い求めの上、取り組んでみては如何でしょうか?

Interesting, Funny, Empowering ENGLISH LESSONS

http://www.japanlaim.co.jp/fs/jplm/gd3611

授業者:有嶋 宏一(鹿児島県立甲南高等学校)

◆Read the passage(本文の導入)

◆[Task 1] Phrase hunt

◆[Task 2] Find words with following definitions.

◆[Task 3] Are the sentences true or false? If false, correct the sentences.

◆[Task 4] Answer the questions

◆[Task 5] Summary: Fill the blanks.

◆[Task 6] Reading aloud, and write it away!

・Summaryで使用したシート(答えを入れたもの、日本語を入れたもの、単語が抜けているもの)を使用して音読

・Quick Writing

・対面リピート

◆[Task 7] Grammar: Fill the blanks.

◆IKASOMEN

(4〜5文からなる1段落を用意し、グループに1文ずつランダムに渡し、文の順番を考えさせる)

◆[まとめ:解説]What kind of English Lessons should we have?

(61分)

2011.11

個人での購入にはいささか高額かもしれません。英語科の予算での購入など、ご検討よろしくお願いします。

イベントではない、肝心の日々の実作はというと、高1は、これまでの恒例となっている「全国縦断公立高校入試リスニングテスト制覇の旅」の簡略版、抜粋版を始めています。入学者の英語力が低下しているだけでなく、これまで以上に、習熟度のばらつきがあるので、イカソーメンもなかなか苦労します。初めは、「シャトルラン」の多様で復元完成を試みています。ただ、学年が違っても「同じ素材文」を扱うことで、「差」が見えてくることもあるので、古い年度のものも捨てずに使い続けています。

自分で作っておいてこういうのも変ですが、この「…旅」の最大の課題は、入試リスニングテストの設問に答えることでも、原文を聞き取りなどの活動を通して復元することでもないように感じています。その後で、より「つながり」と「まとまり」のある英文に、私が書き換えた(書き直した)英文を読み聞きし、原文と比較することによる「気づき」が得られるかどうか、そこにかかっていると思っています。

作成したことのある人には重々承知のことでしょうが、公立高校入試の素材文は、様々なというか、物凄い制約のもと作られています。使用可能な語彙、構文、一文の長さ、全体の長さ、などなど…。とりわけリスニングテストでは「注」が付けられませんので、さらなる縛りがあると思います。

その分、「つながり」や「まとまり」が犠牲になっていることも多いというのが偽らざる感想です。

設問も、local / global の軸で揺すぶられることは稀ですから、local & literal で直ぐに正答がわからないように、選択肢は若干書き換えてある、という程度だと思います。

高校に入学し、高校の教科書などの「素材文」に面食らうのは、初出の語彙や構文を難しい、と感じるだけではなく、「文章」「段落」「談話」の緊密さ、とでもいうようなものへの違和感もあるのだと思います。ただ、近年の高校の教科書では、レッスンによって、その英文の「質」にバラつきが大きいようにも感じています。

高2は、「副詞節シリーズ」を経て(まだ身についてはいないので「終わって」はいません)、「条件節」、「if の3タイプ」へ。これまた、定番の授業なのですが、過去ログをみていただければ分かるように、年度によって、高1の終わりに扱っていたり、高2のこの時期に扱っていたりと、まちまちです。生徒の英語力(とその伸び、そして伸び代)を勘案し決めています。

先輩達が残してくれた「白板のモノ」の記録がありますから、その資産運用に成功すれば、簡単にクリアーできる、と思いがちですが、やはり個々の「学び」には階段、発達段階があるのでしょう、時間は掛かることを覚悟してやっています。今日の私の板書はこちら。3タイプの概説です。

If のタイプ1 and 2.jpeg 直

Ifのタイプ3.jpeg 直

高3は、「意見文」「説得文」の課題と並行して、「易しめ」入試読解問題の素材文を読む活動。

以前、取り上げた Unit 11 の「経済社会学」の英文での、私の取り扱い、解釈に対する質問が「呟き」で寄せられていたので、「メールでお願いします」といったら、丁寧なメールで質問が来ましたので、そこでの「疑義」を教室で生徒に投げかけ、私の考えとの照らし合わせ。私からの返信も、生徒に示しておきました。過去ログでも、補足となる「追記」をしていますのでご覧下さい。

「追記」はこのエントリーの最後になりますが、素材文と私の手書き部分と照らし合わせて読まれることをオススメします。

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20161026

今週新たに扱った英文は、短め。ただ、「これで終わったの?」というような居心地の悪さは残ります。

例によって、私の手書き。

Unit 14_1.jpeg 直

Unit 14_2.jpeg 直

Unit 14_3_1.jpeg 直

Unit 14_3_2.jpeg 直

「英語ネイティブの発想」とか安易な一般化には慎重でありたいと思いますが、文章のキーワードの適切・正確な理解は、筆者の論理展開だけでなく、その筆者が用いる表現の選択の予測・予想にも役立ちます。英英辞典をただ引くのではなく、「活用」する、複数の辞書で定義を引き比べる、というのは中級以上の授業や学習で取り入れる価値のある方法だと思っています。

今回、shyという語を辞書で確認していた者は殆どいなかったと思います。でも、この語の適切な理解がある者とない者が、この文章を読み進めていく中でみる「景色」はかなり違うのではないか、というのが教師としての私の考えです。

やはり、一つ一つ読み進めるのが一番なのでは?


さて、以下はフィギュアスケートネタですので、とばしたい方はご随意に。

フィギュアスケートのGPSもカナダ大会に続いてロシア大会まで終了しました。

カナダ大会のアイスダンスでは、「テサモエ」こと(っていうか日本での愛称ですね)、テッサ・ヴァーチュ&スコット・モイア組が優勝。ショートダンスを見た時は、正直言って「ブランクって何なのさ?!」と思いました。フィニッシュ後の二人のローファイブとでも言うのでしょうか、バチッと手を叩きあった時の表情が良かったです。

  • やっぱり私たちって良いよね!

とでもいうかのようでした。フリーダンスではまだ持久力の面で十分ではないのか、若干ミスがありましたが見事総合での優勝。

僅差での2位には「チョクベイ」こと、マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ組がつけました。チョクベイは総合順位こそ2位でしたが、フリーダンスでは堂々の1位。テサモエよりも上に行ったことを確認したチョック姐さんの嬉しそうな顔が今も鮮やかに蘇ります。

先週末で終了のロシア大会は、波乱あり、大逆転劇ありと、悲喜交交の結末となりました。

男子シングルは、SPで自己ベストの大幅更新で首位に付けた日本の宇野選手に、フリーでミスが出て2位でフィニッシュ。世界選手権2連覇のハビエル・フェルナンデス選手が、フリーで200点超えの圧巻の滑りで大逆転。

「王者の貫録」というのは簡単ですが、注目のジャンプも高さ・幅・流れ、そして入りのステップと出での流れと次のエレメントまで、トータルな演出がなされていました。ジャンプだけが目立たない強い滑り。

男子は「4回転ジャンプを3つ入れる」とか「難度の高いジャンプ構成で攻める」という戦略では勝てない時代なのかもしれません。

注目のアイスダンス、チョクベイの2戦目は、ロシア覇者「ボブソロ」、エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ、そして、今季コーチをニコライ・モロゾフに代えてきたカナダの「ウィバ・ポジェ」、ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェの三つ巴が予想されていました。

SDを終えて、2位のボブソロに僅差の首位で発進のチョクベイでしたが、FDのツイズルでベイツ選手の痛恨のミスが響き総合で2位に終わりました。SD, FDともきちんとまとめてきたボブソロが逆転で優勝。あらためてボブロワ選手(愛称は「カーチャ」です)のアスリートとしての資質の高さを認識させられた演技でした。この素晴らしい選手に、ドーピング疑惑がかかり、昨季の世界選手権での演技を見られなかったことを本当に残念に思うと共に、次期五輪まで、怪我なく続けてくれることを願っています。

2位に沈んだベイツ選手は、キスクラでも痛々しかったのですが、彼らのフリーダンスの曲目は、

  •  Under Pressure

自らを追い込むのではなく、バネにできるのが彼らの強みのはず。まだシーズン序盤で、歌声に負けている部分もみられますが、この曲で強く滑り切れば、名プログラムになりそうな予感はあります。ファンは信じて応援するのみです。

波乱は女子シングル。

SPを終わって、ロシア女子が上位を独占。ポゴリラヤ、ラジオノワ、そして3位につけていたのがユリア・リプニツカヤ選手でした。

私は個人的にはエレーナ・ラジオノワ選手の大ファンなのですが、SPの演技開始で画面に映し出されたリプニツカヤ選手のその容姿に「怖いくらいに美しい」と思いました。怪我の影響でアメリカ大会は欠場していたので、コンディションが心配されていましたが、ジャンプも高さ、流れとも素晴らしく、定評あるスピンもバリエーションが増え、新たなステージに入ったという印象でした。

期待の膨らんだフリーでの滑走順が、リプニツカヤ→ラジオノワ→ポゴリラヤ。

そのリプニツカヤ選手の演技途中で、まさかの中断。左足か左の股関節か、下半身の左側の異変を訴えて、ジャッジ席とフェンス越しにコーチのウルマノフさんのところとを往復。かなり長い中断のあと、途中から演技を再開し、ジャンプで転倒しながらもフィニッシュ。キスクラでは、涙をこらえていたであろう表情が映し出されていました。会場のお客さんでも泣いている人が…。

あのウルマノフさんがついているのだから、多分大丈夫だと思います。じっくり直して復活してくれることを信じています。

私のイチ推し、ラジオノワ選手は、この2シーズンで伸長が12センチも伸びました。世界ジュニアを2連覇した155cmから、現在の167cmへ。これって、大変なことなんです。

立ち位置での目の高さ、ジャンプでの目の高さが変われば、自分に見える「景色」が一変します。回転の軸を細くして、回転速度を高めることでスピンやジャンプが安定するのですが、身体の中心から末端までの距離が長くなればなるほどコントロールは難しく、スピードを上げようと無理な力が入れば軸は崩れます。

得意のレイバックでこれほどトラベリングするのを見たのは初めてです。昨シーズンから、最も得意とする3回転ルッツ・3回転トゥーのコンビネーションジャンプで、着氷時のフリーレッグのブレードのつま先部分が氷を擦るようになっていたのも、身長の伸びへの対処に苦しんでいたことの現れでしょう。

しかも、フリーでは、直前滑走者のリプニツカヤ選手のアクシデントでのかなり長い中断。ジュニア時代から切磋琢磨してきた二人ですから、精神的にも動揺はあったと思いますが、そんな中でも、最小限のミスでとどめて滑り切ったのは流石です。惚れ直しました。

優勝は、ショート、フリーと2本とも情熱溢れる滑りを見せた、アンナ・ポゴリラヤ選手。

ソチ五輪シーズン後、競技レベルから離れている、イタリアのカロリーナ・コストナー選手の温度をさらに上げたような演技、といえば少しは伝わるでしょうか。素晴らしかったです。

ラジオノワ選手の身長の話しをしたので、ついでと言ってはなんですが、ここでちょっと整理を。

公式プロフィールの身長と、実際に演技を見た大きさとはなかなか一致しないモノです。

ロシア女子だと、ポゴリラヤ選手が167cmでラジオノワ選手と同じなんです。リプニツカヤ選手が160cm、メドベデワ選手が157cm。ジュニアからシニアに上がったソツコワ選手と、ジュニアのトップのツルスカヤ選手が170cm。アメリカだと、グレイシー・ゴールド選手が168cm、ポリーナ・エドマンズ選手が169cm、スウェーデン女子のヨシ・ヘルゲソン選手が171cmです。日本では大型と言われる本郷選手、トリノ五輪覇者荒川静香さんが166cmなんです。

男子では、日本のスター高橋大輔さんが165cm、三冠王者羽生結弦選手が171cmです。アメリカのジェレミー・アボットが179cm、バンクーバー五輪の覇者エヴァン・ライサチェクが188cm。超人エフゲニー・プルシェンコが178cm。ロシア期待のマキシム・コフトゥンが180cm。現世界王者ハビエル・フェルナンデスが173cmなんです。

次回、TVなどで見る時に、ちょっと思い起こしてみて下さい。

本日のBGM: Under Pressure (David Bowie & Queen)

2016-10-26 「このままでは、気がかりだけど…」

フィギュアスケートのシーズン開幕で充実した「スケオタ」の夜を過ごしています。

先日のスケートアメリカの興奮がまだ続いていますが、男子シングルのヴォロノフ選手のフリーを、今朝、あらためて観て、ちょっと涙腺が緩みました。特に、3回転ルッツの着氷を決めた後、フェンス際でのカメラに映った口元の笑みが最高でした。ヴォロノフ選手は、コーチをゴンチャレンコさんに代えての新シーズン。本当に良いスタートになったと思います。ゴンチャレンコさんのところには、同じく男子シングルで、コフトゥン選手も移籍しています。ラジオノワ選手など、ゴンチャレンコ門下の若手選手に良い影響が出てくれることを願っています。

一方の日本ではプロ野球の「日本シリーズ」真っ只中。

久しぶりに野球の試合を観ましたが、面白いじゃないですか。「煽りバラエティ」をしなくても、選手の動き(仕事)自体、試合自体が面白ければいい、という基礎基本を再確認しました。ありがとうカープ。ありがとうファイターズ。

さて、

生業の英語の授業の方はというと、高3の『易しめ入試過去問を(少々)加工して再録した問題集』での悩みが尽きません。

いつものように自分で視写しながら、第4段落までは、まあまあ、癖があってもスムーズに進んだのですが、第5、第6で、「ムムっ?」となり、例によって、原文捜し。

これですね。

私の買ったkindle版だとこんな表紙です。

Freakonomics 表紙.png 直

癖があるのはいいのですが、最終段落の次のところなど、句動詞の buy off (≒ bribe) でモノゴトを目的語とするのがちょっと「?」。

But there was another problem with the day-care center fine. For just a few dollars each day, parents could buy off their guilt. Furthermore, the small size of the fine sent a signal to the parents that late pickups weren’t such a big problem. If the day-care center suffers only $3 worth of pain for each late pickup, why bother to cut short the tennis game? Indeed, when the economists ended the $3 fine in the seventeenth week of their study, the number of late-arriving parents didn’t change. Now they could arrive late, pay no fine, and feel no guilt.

あと、Ifで始まる、第4文の、sufferの主語に「デイケアセンター」が来ているので、最初は「これ、suffer (≒ (to) experience something unpleasant) ではなくて、cost ってことなのでは?」と思って再読し、親の側の負担と、デイケアセンター側の負担で、辛苦と小銭のバーター、トレードオフの関係を述べているのだろうな、と納得はしましたが、雰囲気で引っ張っている(押し通している?)感じは否めませんでした。

原文と照らして、「一番の問題だな」と思ったのは、教材の第4段落と第5段落の間に、原文では、kindle版にして、約5頁分(PB版でも2,3頁分?)の英文がカットされているということ。これでは、「つながり」は薄れるでしょう。

冒頭部分(第1段落).png 直

第2から第4段落.png 直

教材の第4段落に続く部分(その1).png 直

第4段落に続く部分(その2).png 直

第4段落に続く部分(その3).png 直

第4段落に続く部分(その4).png 直

第4段落に続く部分(その5).png 直

漸く第5段落へ続く部分.png 直

第6段落の最後とその続き.png 直

まだまだ続きます.png 直

さらには、最後の写真を見てもらうとわかるように、教材の第6段落は、セクションの終わりなどの「キリのいい」ところではなく、この後もまだまだ、話は続くところである、というのも「?」。これで、「統一した主題」が掴めるような、「まとまり」は感じられるでしょうか?この『問題集』にも、当然のように解答や解説、さらには全文訳までついていますが、本当にそれを頼りにしても大丈夫でしょうか?

教材の解説.jpeg 直

教材の日本語訳.jpeg 直

問題のsufferのところの日本語訳に「???」。

「もしお迎えに遅れるたびに託児所がたった3ドル分の苦痛しか受けないのなら、なぜわざわざテニスの試合を途中で切り上げる必要があるだろうか。」で日本語として意味&論理が整合すると思っているとしたら、そこまでの人ですね。

今回のレッスンの私の手書きノートの写しはこちら。

Unit 11_1&2.jpeg 直

Unit 11_3&4.jpeg 直

Unit 11_5.jpeg 直

Unit 11_6.jpeg 直

皆さんは、どうお読みになりますでしょうか?

いつものことばでお別れです。

より良い英語で、より良い教材。

本日のBGM: Bye Bye C-Boy (佐野元春)

※20161106追記

上記の教材の第6段落の英文に関して、呟きの方で疑義がでていましたが、私の授業の際に高3に解説したものを補足しておきます。

第6段落の

If the day-care center suffers only $3 worth of pain for each late pickup, why bother to cut short the tennis game?

は、本来親の独白で、疑問文は反語・修辞疑問になるもの。親の心の中の声を補うと、次のようなものになるであろう。

1. If I arrive late for picking up my child, the day-care center will fine me.

2. Even if they fine me for each late pickup, it only takes $3.

3. They will take the trouble to take care of my child for the extra time only for that small amount of money.

4. Then, why do I have to hurry?

5. I can leave all the trouble for the time to them.

6. They are willing to suffer the trouble as long as they fine me $3 for each late pick up.

7. I can buy my time for tennis games only for that small fine.

8. That’s the deal.

これは、ここまで読んできた人が読みたい「解釈」。でも、書いてあった字句は、教材の通り。

私が「雰囲気で引っ張っている」と書いたのは、そういうことです。

私だったら、当該の一文は次のように書くでしょうか。

If all the trouble the day-care center accepts is only worth $3 for each late pick up, they will or do suffer very little, then why do I have to feel guilty about being late or feel sorry for them?

tmrowingtmrowing 2016/10/27 10:12 画像ファイルの抜けを補充しました。

tmrowingtmrowing 2016/11/07 01:30 教材の第6段落の英文に関しての補足を追記しました。

2016-10-24 No matter what

tmrowing2016-10-24

中間試験終了。

祭りの後は悲喜交交。

O. Henryならずとも、悲の割合の高い人もいれば、喜の割合の高い人もいるのが世の常。自分の学びに自分で責任を持つこと。必要な「もの=学習材」、「こと=頭の働かせ方」は全て授業の中にありますから。問題は「人」。あなたの心がそこにあるか、いるか、ということでしょう。

高1と高2は、土曜日課外講座の時に試験返却。

1年生は高校生活で最初の大きな行事である、体育祭、文化祭を経ての定期試験。行事前にも、後にも「重大さ」を告知し、釘を刺していましたが、皮膚の厚い、痛覚の鈍い人、または釘抜きの扱いに長けた人もいるようで苦労します。

「呟き」でもオープンにしていましたが、高1に伝えたのは、「身につけること」の大切さ。

総合の得点(素点)は成績に直結するけれど、本当に確認しなければならないのは、何ができていて何ができていないか。正答となったものも、本当に分かっていてできたものか、ということ。

設問は大別して二種。「理解の診断」と「スキルの診断」。前者では、例えば、問1ができるなら問3が、問2ができるなら問4ができる…、というように配置。もし問2で間違えていても問4に正答が得られるなら、その瞬間に問2の拙さに気づく。そのように設問は作ってある。

だから、ただ得点だけ見て一喜一憂してもダメだし、答え合わせだけをしてもダメ。頭の中の間違った地図、またはバグのある地図アプリを修正しないと。ただ、もともと、テストの時に、自分の頭の働かせ方の間違いに気づくように、授業では様々な種を蒔いている。

注意するのは授業中に直ぐに答えを知りたがる人、自分の選択ミスにも、いつも「そっちか!」と悔しがったり、「そっちだと思ってたんだ」と、自分の頭の働かせ方の修正をしない人。あとは、「自分が慣れ親しんだ味」のする、美味しそうな所だけをつまみ食いするような人。

高2は、直前の授業までやっていた、ホワイトボードでの「副詞節」シリーズ。通称「白板のモノ」、で得点を稼いでいた者多し。

授業の根幹である「名詞は四角化で視覚化」の得手不得手がハッキリしてくるのが、次のような英文。

  • I know the girl dancing on the stage before a large audience.
  • I saw her standing there.
  • I have a bike made in Italy.
  • I have to have my watch repaired.

これらを「意味順スロット」に配置していく際の、二つ目の「だれ・なに」スロットの役割を「自分のもの」にしないとダメ。並べ方が「意味順」でわかっているなら、次は「形合わせ」に、自分のリソースを注げるようにしないと、いつまでも初歩や入門期を脱せませんよ。

高3は、昨年度、自分が高3の担任をしている時にも感じたのですが、推薦入試やAO入試など、受験を意識して「学び」が本末転倒になる者が出てくると、集団としてのパフォーマンスが急激に低下してしまいます。高1から今までに扱ってきた「教材=学習材」が身についているか、先ほど「高1」に言ったことがそのままここに跳ね返ってきます。本当は、上級生が下級生に伝えられないとマズイのですけどね。中学生の頃の自分の英語力と、高3の今の自分の英語力を比べて、それほど「英語力」としては伸びがなかった人でも、「学力=学ぶ力」を身につけて卒業してくれれば、後は自分で学べますから。

高3で、一番出来が悪かったのは、「空所なし適語補充」。靜哲人先生の開発された手法を使っています。初見で完全に正答を得るのは流石に難しいですが、初見でも出来ないことはないように作っています。

素材文は、「易しめ」の入試問題を集めた問題集から。

私が教材研究で90年代からずっとやっている、手書きのノートの写しがこちら。

Unit 9 1.jpeg 直

Unit 9 2.jpeg 直

Unit 9 3.jpeg 直

Unit 9 4.jpeg 直

時間がかかりますが、「手書き」をしているのは、まず丁寧に読むことと、著者になったつもりで表現や論理、つながりを考えてみることも狙いにしているから。

一番大事なのは、「語義」の適切・正確な理解です。辞書は英英辞典が基本。生徒が恐らく想定しているであろう「訳語」で抜け落ちてしまうところ、「迷い道くねくね」になりそうなところ、または「分かっていないけどごまかしてしまう」であろうところを、虫の目と鳥の目で見ていきます。

自宅のMBP には、World Book Dictionary とShorter Oxford Dictionary がインストールしてあるので、高3レベルでは、適宜活用。あらためて良い辞書だと思います。

廃番となった先々代の「ペリカーノ」と「オキナ」の方眼ノートのおかげでスラスラ書けるのでしょう。以前、センター試験の第6問の講評(ダメ出し)をした時にも、同様の手書きノートの画像を貼っていますので、ご笑覧あれ。(http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20140206)


さて、

リオ五輪も終わり、本格的なフィギュアスケートのシーズンが始まっています。

ジュニアのGPシリーズは既に終了し、ファイナルを待つ段階。予想通り、日本とロシアの争いとなっています。昨シーズン、怪我で世界ジュニアを棄権した、ロシアのツルスカヤ選手を筆頭に、ザギトワ選手、グバノワ選手と、新世代の台頭著しいロシアに対する日本勢は、トリプルアクセルを跳ぶ紀平選手、「バンクーバー五輪のキム・ヨナか、ソチ五輪のソトニコワか」というくらい高さと幅のあるジャンプを跳ぶ坂本選手という希代のジャンパーに加え、土壇場でファイナル代表を勝ち取った、昨季の世界ジュニアチャンピオンとして注目の集まる本田選手。

シニアのGPS開幕戦である、スケートアメリカでは、日本選手も大活躍。男子シングルで優勝した宇野選手、女子シングルで3位に入った三原選手だけではありません。ショートとフリーで同じ曲を使うという注目のプログラムを演じた浅田選手。3Aを回避して、ステップなどで持ち味を発揮しましたが、会場の歓声とは裏腹に、ジャッジにはまだ高い評価では迎えてもらっていないようです。

男子シングルの優勝は日本の宇野選手でしたが、アメリカのブラウン選手、リッポン選手、ロシアのヴォロノフ選手、コフトゥン選手など、「4回転新時代」と煽らなくても、フリーでは充分に見ごたえのあるクオリティでした。

日本の地上波では殆ど放送されないアイスダンスでも、昨季の全米覇者、世界選手権銀メダリストのシブタニ兄妹、復帰戦となるロシアのボブロワ・ソロビヨフ組など、ハイレベルでダンスの競演が繰り広げられる中、結成2シーズン目となる日本の村元哉中(むらもとかな)&クリス・リード組もSDのミスを払拭するかのように、FDで素晴らしい演技を見せてくれました。

放送権を日本のTV局が買っているため、ISUのストリーミングなど、日本では地域のブロックがかかって、見られません。では、「民放のTV中継は?」といえば、録画にも関わらず、過去の想い出映像とか、舞台裏の人間ドラマを映すことに躍起になり、肝心の試合、競技では映らない選手が出てきます。「地上波」は最早、スポーツ中継ではなく、特定の日本人選手を特集したバラエティ番組ですね。

私は、このところIcenetworkという有料のストリーミング配信で見ているので、メジャーな国際試合では、それほどのフラストレーションはありませんが、 ロシア選手権の(ほぼ)全選手の滑りが日本で見られるのに、全日本選手権で、若いグループの選手たちの滑りを全く見られない、という近年のTV地上波放送のあり方には、不満を持っています。

東京五輪を4年後に控え「アスリート・ファースト」などという用語がメディアを賑わすようになりました。選手へのリスペクトや愛は勿論ですが、競技そのもの、試合そのものへのリスペクトが欠けてしまってはこのスポーツの未来には陰りが見えてくるような気がしてなりません。

来週は、GPSのスケートカナダ。アイスダンス界の至宝、テッサ・ヴァーチュ&スコット・モイア組が帰ってきます。

本日のBGM: 恋の5000マイル(綿内克幸)

2016-10-17 Struggling on the shoulders of ...

忘れていたわけではありませんが、全英連の前に2学期の中間試験があります。

只今、絶賛作問祭り開催中。

いつもは3学年6種類を作っているのですが、今回の中間は5種類。ようやく3つ作り終えました。

授業はiPadでの写真や動画など、記録を小まめにとっているので、その確認もしつつ、出題には万全を期しています。

高3の聴解・読解では、『浦島本』をこんな風に使っています。

聴き取りによるタイトル選びの概要把握から始まり、キーワード書き取り。T/Fの文は、Fの情報の修正を経て、空所のディクテーション。その後、全文(天地を逆に印刷して、ひっくり返さないと照合できないようにしてあります)の読解と音読。

ワークシートは両面印刷で折りたたみ、紙ホチキスを活用し、情報を制限したうえで、ひっくり返したり、開いたりして次の活動へと移行するなかで、概要把握から細部の表現形式の理解の確認まで行きつ戻りつすることで完結するもの。ICTに頼らずともできることをしています。

f:id:tmrowing:20161018062323j:image:w360

f:id:tmrowing:20161018062338j:image:w360

f:id:tmrowing:20161018062400j:image:w360

f:id:tmrowing:20161018062415j:image:w360

どんなことを授業中に重視し、共有したか、板書も適宜記録しています。

高2は恒例の副詞節シリーズ。学級文庫の辞書を横断的に調べて白板に「あるある」例文をまとめる作業。先輩の残してくれた「マッチングによる対面リピート用紙タワー型」を見ての例文補充もしています。先輩に感謝です。

f:id:tmrowing:20161018062545j:image:w360

f:id:tmrowing:20161018062607j:image:w360

f:id:tmrowing:20161018062629j:image:w360

f:id:tmrowing:20161018062651j:image:w360

高1は「意味順」で、二つ目の「だれ・なに」スロット(←ナカグロが肝ですね)の柔軟性を高める月間。

「モノとコトの境界線は曖昧」を実感してもらっています。あとは、とじかっこ(時制と助動詞を自在に操れる)の有用性、利便性の実感。この二枚の写真は雄弁・饒舌ですね。

f:id:tmrowing:20161018062229j:image:w360

f:id:tmrowing:20161018062227j:image:w360

作問祭りの隙間を縫うように、自分自身の「学び」も続けています。

今読んでいるのは、こちら。

  • 竹鼻圭子 『しなやかな組織としてのことば』(英宝社、2009年)

刊行時にタイムリーで読めなかったのは残念ですが、今こうして読めているので結果オーライです。

巷の『英語本』では、とかく「前置詞のイメージ」で好き勝手がまかり通るという印象なので、内外の文献を精査している本書で少し頭の整理を。参考文献にはベネットもあればダマシオもありで、研究者って凄いな、というのが偽らざる感想です。

全英連では田地野彰先生に指導助言をお願いしていますが、学習英文法の「ゆるやかな」体系としての『意味順』については自分なりに考えを深め、実践を続けてきました。その「網目」に「しなやかな組織としてのことば」というタイトルが、キーワード検索のように引っかかってきたことによって、今回のあらたな「学び」につながっています。

もう一冊読んでいるのは、随分と古い本。

  • 安井稔 『新しい聞き手の文法』(研究社、1978年)

書き手、話し手の頭に浮かぶ「意味」を形にしていくOSが「意味順」だとすれば、それを受ける「読み手、聞き手の側はどのように頭を働かせて、その形から「意味」を紡ぎ出しているのか、という自分の学び、実践の足跡を確認する作業でもあります。

「はしがき」のこのことばとの再会に襟を正しています。

本書における思考の、いわば、原点をなしているのは、上でも触れるところがあったように、外国語としての英語学習という初心の追求であるといってよいのではないかと思う。こういう問題を、変形文法を中心とする現代の言語学知識を背景に追求していくと、どんな景色のものになるか、どういう部分は、どのように耕されているのかということを、自分の足で少し確かめてみたいという趣のものである。

自分の足跡が既に、巨人の広い肩の上にあることに気づく、祭りの中休み。

本日のBGM: 20世紀鋼鉄の男 (Moonriders)

D

2016-10-08 「調子に乗っていた時期もあると思います」

全英連・山口大会も日一日と迫ってきました。

授業は上手くいかない日もあれば、順調に進まない日もありですが、「それぞれ・それなり」です。ただ、発表の日時は決まっていますから、「そのうち」ではなく、「ここまでうち」とでもいうものをお見せすることになると思います。

11月11日(金)、12日(土)に山口市で開催される、全英連・山口大会。

11日は中嶋洋一先生の記念講演と、山口県の小中高の授業発表が山口市民会館で行われます。

懇親会は11日の18:30よりセントコア山口にて行われます。

私、松井は12日の第19分科会を担当します。

  • 書くことによる英語の運動性能の養成 〜「語」や「句」のかたまりと、「文」と「文」のつながり、そして談話としての「まとまり」の観点から 〜

会場は山口学芸大学。

分科会の参加は事前登録が必要です。

参加希望・検討されている方はwebの申込みページで概要をご確認の上お申し込み下さい。

https://conv.toptour.co.jp/2016/yamaguchienglish2016/bunka.html

私の分科会は、諸般の事情で、「体育館」での開催となる模様です。実行委員会事務局によればイス席のみで、机やテーブルがないとのことですので、会場移動も含めて、参加される皆さんにはご不便をお掛けするやもしれませんが、発表形態・資料様式を検討し、できるだけ実りのあるものにしたいと思います。


さて、

私自身の全英連への参加は、私がまだ東京で働いていた頃の、2006年、工藤洋路先生の分科会発表の記録者としてサポートをしていた東京大会が最後でした。この時の指導助言者は根岸雅史先生。

私自身の発表となると、その更に前、2003年東京大会で分科会を担当しました。この時の指導助言者(モデレータ)は大井恭子先生、記録者は長沼君主先生でした。

既に13年前のことです。

今回の山口大会で私が発表する、というのも奇妙な巡り合わせですが、私の発表では、この13年前の発表で示したようなことは殆ど喋らないだろうと思います。この延長線上にあるような内容を期待されていた方には申し訳ありませんが、干支も一回り前、小学校に入学した児童が高校を卒業してしまう位の時間が過ぎていますから。

その間に、いろいろなことがありました。

今回の私の発表は、言ってみれば、

『学習英文法を見直したい』

拙稿、第7章での自らの問いに対する回答で、『意味順』というOSをどのように取り入れ、そのプラットフォームからどのように乗り降りして来たか、というようなものになろうかと思います。

『学習英文法を見直したい』で、私は次のように問いかけていました。

私の考える「新しい学習英文法」に求められる条件をあらためて考えます。

「一文主義からの脱却」で、「抜け出してどこへ?」という出口は2つあると思います。


・語・句など文を構成する際に「要素」とみなされているものを「主体」と捉えて考え直し、ヨコ糸 (= 個々の表現形式) 紡ぎのために適切に扱うこと。


・一文に過度の情報を詰め込まずに、文と文の繋がり、文と文のまとまりといった「談話レベル」の視点を押さえ、タテ糸 (= 談話・論理) 紡ぎの必要性を感じさせるよう配慮すること。


「コンテクスト」とか「文脈」とは言い古された言葉ですが、「文」が処理できない者には、文脈の把握は難しく、その前後の文の意味や状況設定、人物設定、その文の連なりでの発話の意図などを「日本語」や「理解の極めて容易な英語」で与えられることでかろうじて「脈」を採ることが可能になります。その意味で、初学者から言語運用を求めることによって、否応なく「談話」の「文脈」の中に身を置き、「文」を作るための「ヨコ糸」である形式にフォーカスを当てるという取り組みは、可能性を感じさせてくれますが、指導に当たっては周到な配慮が必要となるでしょう。

次の「局地戦」へと進む場合も、「森という完成された体系」を俯瞰する「鳥の目」からではなく、森の中の木々を一つひとつ学ぶ中で、より見通しの利く「虫の目」を育てていくことで森の中での行動範囲が広がり、自分の足場が均され、安心感や自信が増す、というのが学校現場での指導での落としどころではないかと感じています。

私ならでは、私の生徒たちならではの「落としどころ」と言ってもいいかもしれません。

今回のタイトルは、

書くことによる英語の運動性能の養成

〜「語」や「句」のかたまりと、「文」と「文」のつながり、そして談話としての「まとまり」の観点から〜

というものです。敢えて、「パラグラフライティング」ということばは使っていません。

いまだに、「和文英訳とパラグラフライティンの二者択一で悩む」とか「大学入試対策としての英作文指導ではパラグラフ・ライティングは必要ない」とか口にする人は、殆どいないとは思うのですが、そう言う人たちは、13年前に時を遡って、当時の発表資料を読んでから、拙著でもある『パラグラフ・ライティング指導入門』(大修館書店、2008年)をお読みになることをオススメします。でも、この『…入門』でさえ、既に刊行から7年以上が経っていますから。

今回、2003年当時の資料の公開に当たって、フォントを改めた他、最後の連絡先を新しいものと差し替えましたが、それ以外は全て2003年当時のままです。当然のことながら、参考文献などはその当時入手できるものしか書いていませんので、期せずして(?)絶版ということもあろうかと思いますが、ご了承願います。

2003年 全英連東京大会発表資料

Evaluating Teaching Writing (2003)

2003年 全英連東京大会 第15分科会資料(松井).pdf 直

無料でダウンロードできますし、パスワードもかけませんので、ご自由にお読み下さい。

「グローバル化」の急速に進む日本の英語教育現場において、この13年前の実践知はもう、過去のものとなっているのだろうと思います。

ただ、引用の場合には、「アレンジした」とか「カスタマイズした」とか言わずにきちんと「出典」を示して下さい。また、二次使用に際しては、商用の如何を問わず節度あるメールでご相談いただければと思います。


それでは、山口でお会いしましょう。

本日のBGM: 道 (宇多田ヒカル)

2016-10-02 「パブリックコメント」提出!

「次期学習指導要領等に向けたこれまでの審議のまとめへの意見」を提出しました。

以下、提出内容です。

「小学校」に関わることと、「外国語」に関わることで、2件提出しました。

個人情報は割愛。

氏名: 松井孝志 

職業: 高等学校英語科教諭


分類番号 3 小学校

要旨

1. 小学校で英語を2020年度に教科化するという拙速な計画は止め、全教科科目の中での授業時数の調整、教員養成も含めた十分な議論を引き続き行うこと。

2. 小学校3年生からの外国語活動導入に伴い、小学校5年から「書く」ことの指導を行う場合には、一斉実施(完全実施)ではなく、「学年進行」で、小学校3年から外国語活動を実施してきた学年が5年生になった時に初めて行うよう、計画を変更すること。


小学校英語活動の教科化に関連して

• 小学校英語を教科化できる下準備が整っていることを示す具体的な材料には何があるのか?

• 全国に約2万校ある小学校全てで教えられる教員は確保できているのか?養成は間に合うのか?

• 小学生にモジュールで教えて身につくのなら、中学校の英語もモジュールでいいのでは?

• 教員がいないからといって「DVD」で大丈夫なのか?もし大丈夫なのであれば、中学校の英語もDVDでいいのではないのか?

• 授業は細切れの「モジュール」をつなぎ合わせて何とかなるかも知れないが、評価はいつ、どのように行うのか?

• 45分連続の一回の授業と、モジュールで短時間の帯で実施する授業では活動が異なるはずだけれども、その到達度の指標となるCan-doは別物として作るのか?もしその二つの物差しが別物だとすると、身についた「英語力」も異なることになるのか?

• 教科化が取り沙汰されてから、民間の教育産業が地方自治体と提携して、「教材」を一括採用するケースが続出しているが、教科書検定制度の守備範囲外の小学校の英語に関して、教材の質や採択に当たっての公平性、客観性は担保されているのか?

• 文字指導に関連して、現在の外国語活動の指導では「音韻意識」の育成にも中途半端で、「手書き文字」の指導の体系が全く示されていない状態で、高学年で「書くこと」を取り入れることは、あまりに拙速で混乱や被害が大きくなることが懸念される。英国の National Handwriting Association で提唱している一連の指導手順、体系、左利きの児童やディスレクシアの児童への配慮など、発達段階を考慮した「文字」の扱いと、視認性が高く、手書き文字とのギャップの少ないフォントの採用や四線の間隔で、baselineとx-heightの間隔が、他の間隔よりも広くなった書式で練習するなど、英語が母語の国の初等教育で効果をあげている指導方法を積極的に取り入れるべきである。

• 仮に、小学校5年で「文字指導」を行うとしても、それ以前の学年、例えば小学校3年から現行の「外国語活動」のような指導を行い、その指導を踏まえた上で、児童が学年進行で、小学校5年生に進級してきてから行うこと。


分類番号 19 外国語

要旨

1. 「これまでの審議のまとめ」で述べられた有識者の意見の中で、「高3英語力フィージビリティ調査」の結果に基づいているものが多々見られたが、それらの意見の前提となる「フィージビリティ調査」には問題点が多く、調査そのもののフィージビリティが担保されていない。

2. 高等学校の科目再編で、とりわけ「書くこと」に関連した「論理・表現」の指導内容・目標の設計で、「高3英語力フィージビリティ調査」の結果に基づいた考察がなされているとすれば、それを一旦白紙に戻して、書くこと、話すことの「専門家」である大学の研究者の知見を取り入れると共に、高校現場での実践者たる優秀な教員の助言のもとに、「書くこと」に関するきちんとしたテストを設計・実施し、再検討すべきである。

3. 2020年に新指導要領を実施するという「改訂時期ありき」の議論ではなく、教育内容と方法の「改善」のための議論を進めることを求める。


高等学校の科目再編に関して

・ 現行の「コミュニケーション英語」と新課程の「英語コミュニケーション」の対応に大きなギャップがある。現行の「コミュニケーション英語基礎」では、習熟度の低い生徒が「学び直し」で履修する科目として設けられたにも関わらず、検定教科書が複数存在しないために、授業シラバスなどが絵に描いた餅で終わった学校があったように聞いている。今回、そのような習熟度の低い生徒を想定した「学び直し」の科目を設定しないのは、「英語コミュニケーション I」の中で吸収せよということなのか?その場合、「英語コミュニケーション I」を、学び直し想定で履修しする生徒用に、難易度や達成度を低く設定した教科書が検定を通る、という認識でいいか?さらには、その生徒たちが上級学年で履修できる「英語コミュニケーション II」の教科書も同様に検定を通る、という理解でいいか?

・ 現行の「英語表現」の「 I 」の教科書が、ことごとく「文法シラバス」の教科書となったのは、指導要領の趣旨を教科書検定で反映させられなかった、検定での失策・失政だと思われるのだが、その反省や改善なしに、「論理・表現」といったお題目だけを掲げて「発信力強化」を謳っても、絵に描いた餅に終わるのではないか?

・ 26年度、27年度と数万人規模で「高3英語力フィージビリティ調査」を行っていたが、一民間企業に丸投げしたと思しき設問で、とりわけ「書くこと」においては、テスト問題そのものに問題が多い。

・ 26年度は第1問「聞き取り要約」、第2問「課題作文」。

・ 27年度は第1問「課題作文」、第2問「聞き取り要約」。

・ 受験者の心理的、認知的な取り組みやすさを考えると、27年度の順番に解答した方が、力を発揮できるのではないかと思われるが、この2つのテストの結果を「同じ物差し」で評価分析してもいいのだろうか?

・ 26年度当初の計画では、テストの対象はCEFRで、A2-B2の英語運用力を測定すると明示していながら、ライティングで0点が大半を占めたテストの結果が速報で出てから、正式な報告書が出されるまでの間に、A1-B2へと何の断りもなしに下方修正されていた。この経緯を見るに、そもそもテストの対象の設定、問題の設計、テストデザインに大きな欠陥があったと思わざるを得ない。その部分の反省が、27年度のライティングのテストで設問の順序が変わっている部分に活かされたのだろうか?だとしたら、同じ試験として評価・分析するのに無理があるだろう。

・ そして、その二年分の「フィージビリティ調査」の結果に基づいて、新課程の科目再編の叩き台が作られているとしたら、少なくとも、「書くこと」においては、現行指導要領下での教育成果の評価分析が適切になされていないわけであるから、その不適切な根底・前提に基づいた全ての議論は、新課程の立案に活かされるべきではない。

・ 以上の観点から、現在の「叩き台」で示されている、2020年という合理的整合性のないタイムリミットに基づく計画は一旦白紙に戻して、書くこと、話すことの「専門家」である大学の研究者の知見を取り入れると共に、高校現場での実践者たる優秀な教員の助言のもとに、「書くこと」に関するきちんとしたテストを設計・実施し、再検討すべきである。

以上です。

パブリックコメントの受付は今月7日まで。お急ぎ下さい。

「次期学習指導要領等に向けたこれまでの審議のまとめ」に関するパブリックコメント(意見公募手続)の実施について

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000847&Mode=0

「意見提出フォーム」を開くと、ブラウザによっては「証明書が信頼できません」といってエラーメッセージが出る場合があります。私の場合、火狐ではエラー、クロームではOKでした。

フォームでの入力の際は、「機種依存文字」がエラー扱いになります。分類番号は丸数字で示されていますが、丸数字ははねられてしまうので、お気をつけ下さい。

tmrowingtmrowing 2016/10/04 05:28 「パブリックコメント」は既に提出していますが、このブログでの表示では一部の誤字等を修正しております。ご了承下さい。