英語教育の明日はどっちだ! TMRowing at best Twitter

2016-08-26 ”because you turned me upside down”

リオ五輪も終了。夏期課外講座も、夏期休業中の担当分は終了。

五輪については、競技スポーツのコーチとしてイロイロと感じることがありますので、また日を改めて書こうと思います。

今日は、生業の課外の振り返り。

高2の学級文庫活用がどの程度だったかは二学期の授業での生徒諸君の取り組みが教えてくれることでしょう。

私の場合は「名詞句の限定表現」から「助動詞と時制・相・態」に進みつつ、「意味順」を文法指導の中心に据えてシラバスを組んでいるわけですが、意味順のそれぞれの「スロット」に、どの語(句)を入れるのか、での悩み処というのは当然出て来るわけです。

高1の時の「虫の目」で、「そういうものなのかなぁ…」と渋々扱ってきた言語材料も、高2になって、同じ虫でも森の高台に立って見晴らしを得た段階や、鳥までは行かずとも、羽を持ち少し高く飛べるようになった虫なら「見える」ものがいろいろ出て来ます。

例えば、

慣用表現で覚えていて使いこなしているであろう、

  • Where are you from?

という表現も、「文」の構造として、意味順のスロットに入れる時に、ちょっと「ムムっ」となります。「どどいつ」の「どこ」にあたる <前置詞+名詞>のうちの、名詞だけが疑問詞として文頭の「玉手箱」へと移動するわけですから。

意味も分かっていて、使えるけれども、「しくみ」を問われると、ちょっとドマドマする例でしょう。

一方、「しくみ」としては、いたって簡単な次の例はどうでしょうか?

  • Where are you?
  • Where are we?

「どどいつ」としての<副詞>の扱いですから、あまり悩まずにスロットに投入可能でしょう。でも、このそれぞれの文の生息域は実感できているでしょうか?誰が、誰に対して、どこで、いつ、どんな風に、どうして言っている文なのか?

答えになるかどうかわかりませんが、私の授業での定番教材は『オズの魔法使い』なんですよ、とだけ言っておきます。


単純な「しくみ」としては、「受け身」「受動態」の文での、前置詞の扱いも「悩み処」でしょう。

  • People all over the world were surprised at the news.

で、述部の「する・です」の動詞句のスロットに何を入れるか?です。

生徒には、

a. were surprised at を「する・です」スロットに入れて、その次の「だれ・なに」スロットに the news を入れる。

b. 「する・です」スロットには were surprisedだけを入れて、その次の「だれ・なに」スロットはとばして「どどいつ」のスロットに at the newsを入れる。

という二つの「案」を示して考えさせています。

私の授業では「どどいつ」と読んでいる「副詞(句・節)」の中には、「どうして?」に相当する語句も入りますので、

  • I’m so glad to meet you.

という英文での、 to meet you は「うれしい」のは「どうして?」の合いの手を入れて、「どどいつ」のスロットに入れていますから、ある程度英語の姿が見えてきた高2(あくまでも私が今教えているクラスの話ですよ)だと、上述の受け身も、プランbの方が「頷くことの多い」考え方となります。

当然、when やbecause などの接続詞に導かれる「副詞節」も、この延長線上で扱うことになります。

接続詞で文が長くなると、「意味順」では、「二階建て」や「三階建て」にするわけですが、住宅建築とは違って、下に階を重ねていくことになります。これは、私も慣れるのにちょっと苦労しました。副詞節の場合は、並び順で最後のスロットである「どどいつ」のスロットに接続詞だけが入り、その下の階に、SVが並ぶことになるので、建て増し増し…していくことになります。ここが悩み処です。

  • On July 20, 1969, as the whole world was watching, Neil Armstrong left his spaceship and walked on the moon.

文としては、頭にある「イントロ」や「スポットライト」の「どどいつ」を扱う際、一番右のスロットに入れるのに抵抗があったりします。「玉手箱」としてのスロットを使う場合に、副詞節を導く接続詞を入れるか入れないか、も悩みます。

この文の場合に

  • on July 20m 1969 と as SV は同じ「どどいつ」のスロットに入れるのか?
  • 等位接続詞のand を玉手箱に入れるとしたら、 as SV も 玉手箱でいいのではないか?

ということを考えた上で、 最小限の建て増しで済むように、as SVのas は玉手箱を使っています。

その場合に、as と and の機能の差を、どのスロットに入るかのみで識別することが困難になるので、私の授業では、接続詞は○で囲む、という補助的な記号付けをすることと、並列やペアはナンバリングをすることで対処しています。

文頭の接続詞が if やbecause の場合には、「どどいつ」での「どうして」や「どのように」「どんなふうに」「どれくらい」という日本語の「意味」がうまくあてはまらないので、「玉手箱」を用意して、スムーズに文をスタートしておくことの方が大事かな、というのが現状認識です。

こんな手順で進んでいくと、ある程度進んで、振り返り、見渡し、見晴らして「それまでのルール」を修正していくことを余儀無くされるのですが、多くの学習者にとって、(さらには、少なからぬ指導者にとっても)これはなかなか「キツイ」のだろうな、とは思っています。ただ、言葉の学び、ってそうやって、アップデートしていくものなのでね。「デジタルネイティブ世代」で、アプリが頻繁に更新されるのに慣れている生徒には理解可能な比喩かな、とも思います。


今年度の高3は、DCTを一度経験してから、「イカソーメン」と「副詞節シリーズ、マッチングでの対面リピート」をやっています。

イカソーメンは、「つなぎ語」が多用されていなくても、「この順番で並べないとダメだよね」ということが分かる「素材文」を用意することが大事です。

今回イカソーメン導入に使ったのは、こちら。

Title: The enemy, man

0. Man is an enemy to many animals.

1. Baby seals are caught and killed for their skins.

2. Crocodiles are also caught and their skins are used for handbags and shoes.

3. Elephants are destroyed for their ivory that is used for jewelry.

4. Whales are hunted for their oil.

5. Whole species are being endangered for fashion or human desire.

(Ruth Wajnryb (1990). Grammar Dictationより一部改編)

0を提示して、1から5までを整序させるか、0から6までを整序させるかは、グループの人数にあわせて微調整します。

Generalな情報提供 からspecificな具体例での「列挙」の部分の処理をした上で、「まとまり」を作る最後の文へと繋げることができるか、を見ています。

このパラグラフだと、動物の例は、大きさを基準として、小から大へ、という順序となっています。

次の例では、締めくくりへと向かう最後の3文の並べ方が大事です。

(Ruth Wajnryb (1990). Grammar Dictation より一部改編)

Title: Yuri Gagarin

0. It is nearly fifty-five years since man’s first flight into space.

1. This was performed by the Russian, Yuri Gagarin, a farmer’s son and father of two.

2. Gagarin became a hero not only to the Russians but also all over the world.

3. His life was cut short in a tragic plane crash in 1968.

4. However, his name is kept alive in the many streets and parks.

5. They were named to show great respect for him.

オリジナルでは、最後の2文は関係代名詞を使った簡潔な一文で示されていましたので、整序完成したあとで比較検討です。howeverでの対比での焦点を考えると、関係代名詞を使うことで、メインの動詞の時制が遡らずに締めくくることの出来るオリジナルの方が優れていると思います。

  • However, his name is kept alive in the many streets and parks that were named in his honor.

とまあ、こんな具合に「つながりとまとまり」を行きつ戻りつですね。

副詞節のマッチングに関しては、過去ログの、

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20151028

や、有嶋宏一先生のブログなどをご覧下さい。

http://arishima.hatenadiary.jp/entry/2015/01/18/072726

本日はこの辺で。

本日のBGM: Yesterday, when I was drunk (Gangway)

2016-08-17 「素晴らしき世界」のために

リオデジャネイロ五輪も佳境。

日本代表のメダルの数に一喜一憂するのはメディアにまかせて、スポーツ人たる者、どの国の選手であれ、良いパフォーマンスに拍手を送り、勝利を祝い、健闘を讃えたいものです。

ネットでの記録動画配信やアプリで放送と同時に配信というこれまでの五輪では経験できなかった「見方」ができた大会でもありました。国に拘らず、全競技全試合オンデマンド視聴とかができる日も近いでしょうか。巨額の放映権量を考えれば、CMの広告収入に頼るより確実ではないかとも思います。

私の本業でもあるボート競技は、男女とも軽量級ダブルスカルという種目に出漕。女子が12位、男子が15位という結果に終わっています。日本で最も速いクルーが五輪に臨んでの結果ですから、真摯に受け止めつつ、選手、コーチングスタッフ、バックヤードのスタッフにお疲れさまでした、と言いたい気持ちです。

今大会で個人的に一番注目していたのは陸上の男子100mに出場した山縣亮太選手でした。前回のロンドン五輪から4年越しで自己ベスト更新。決勝進出はなりませんでしたが、インタビューでの受け答えも、自己分析・自己評価が的確で爽やか。「大人だな」という印象で、人間としての成長がパフォーマンスの安定を生む好例だと思いました。東京五輪(がもし予定通り開催されればの話ですが)まで続けてくれると嬉しいですね。


さて、

英語教育関連分野で、「小学校英語教育」とでもいうカテゴリーがあります。「児童英語」とか「早期英語」ではなく、「小学校英語」。そうです、公教育の中に正式に位置づけられた「英語教育」に関する一連の理論、実践と議論です。

このブログで私が主として発言しているのは、「小学校英語教育」の中でも「文字指導」、とりわけ「手書き文字の指導」に関してでしたが、最近のメディアを賑わす文科省、教育界の動きを見ていると、危惧が募ります。

絵に描いた餅はそれなりに美味しそうに見えるかも知れません。

小学校部会におけるこれまでの議論のとりまとめ(案)(2016年3月)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/074/siryo/attach/1368818.htm

2016年5月27日 教育課程部会小学校部会参考資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/074/siryo/__icsFiles/afieldfile/2016/06/13/1371955_14_3_1.pdf

小学校5年、6年の2学年分は「教科」化を目論んでいます(「教科化」は、ワーキンググループの叩き台がまとまって、ユーシキシャ会議からの提言、モンカ大臣に諮問とか答申するとかの途中であって、まだ何も正式には決まっていないというのが私の認識なんですけれど…)。しかも、それぞれ、週2時間に増やして年間70時間にする、というのです。当然、新たに35時間分を確保する必要があります。教えることは増えたのに、入れ物の容量を増やさなければ「中身は入らない」のが道理でしょう。

「外国語活動」を前倒しで入れることを目論んでいる3年生、4年生では、週1時間、年間35時間相当を新たに確保することになります。

ところが、「週28時間」という時間割の中に、増えた分が収まらないのです。

公教育での英語教育に関わって、英語力フィージビリティ調査、高大接続での外部試験など、大きなマーケットを見越している(というか現時点でかなり大きなマーケットとなっている)B社のサイトにこんな記事が載っていました。2016年4月13日にアップされています。(リンク切れの際はご容赦を)

2020年度からの小学校英語 増加分は朝や土曜日、夏・冬休みに!?

http://benesse.jp/kyouiku/201604/20160413-1.html

入れ物の容量は増えないので、すき間に入れられるように「モジュール化」を図るのだそうです。それって図るじゃなくて「諮る」じゃないの?と思いますよ。

その後、中学年での「読み聞かせ」教材案が文科省サイトで公開されるタイミングで、昨年の段階で既に出ていた高学年での「文字指導」教材も、新たに公開されたかのように揃ってアップされていました。

中学年

http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/1370103.htm

http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/__icsFiles/afieldfile/2016/05/02/1370109_1_1.pdf

高学年

http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/1355637.htm

このような「センモンカ」による、度重なる審議のまとめが、8月1日にリリースされました。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/053/siryo/1375316.htm

そのまとめの発表を受け手、文科省の担当責任者はこんなことを言っています。(8月12日付、『教育新聞』電子版より)

次期学習指導要領審議まとめ案 合田教育課程課長に聞く(2)

https://www.kyobun.co.jp/news/20160812_01/

そういった背景を踏まえ、「小学校英語の教科化」「新指導要領での時間割」に関連して、私の呟いたこのツイートが2日間で、200RT、150いいね、を超えました。

これまで小学校の先生が教科として教えてきたことで、新たになくなるものってどれ位あるの?下世話な話ですが、もし減らないのなら、英語を増やした分、給料が上がって当然だと思うんですよね。 人と予算と時間を考慮していない「教育課程」の改革や「指導要領」の改訂は、いつも現場にしわ寄せです。

https://twitter.com/tmrowing/status/764742781038305280

普段の英語教育関連の情報発信では届かないところへのリーチがあったということでしょう。

朝や帰りのHR前後、昼休みの前後とかのすき間、ニッチに「モジュール」を入れようにも、にっちもさっちもいかない現場が多いことを伺わせる反応・反響です。

新聞、TVなどの大(手)メディアでは、「平日5日間、1限から6限まで、といった物理的な時間を無視した暴論」という論調には全くなっていません。

  • 人・金・時間

の工面・調達は現場に丸投げでは上手くいくわけがありません。

物的・金銭的支援や人的加配のある研究指定校や地域の拠点校、特区にてとっくに専科教員対応をしているような学校ではない、一般の現場の声をもっと広く知らしめることが大事でしょう。

先日も、私の地元で「国際交流」というキーワードのつく催し物があったとローカルニュースが報じていたのですが、キーワードが「国際交流」なのに、中国の教育事情を視察してきた人の報告で「中国は小学校の1年生から英語を…」などということばが出て、それをフロアで聞いていた人がインタビューで、「やっぱり日本も小学校から英語を…」などと答えているところだけが切り取られているのを見るにつけ、「国際交流」が上手くいかない責任を「英語教育」に転嫁するなよ、「国際交流そのもの」を語れよ、と思います。

いったい、いつまで、「中国がががが…」、「韓国がががが…」、「フィンランドがががが…」、「ロシアがががが…」と国内の事情や実態を踏まえない、先進諸国のレポートをし続けるつもりなんだろうか、と思います。

中国に限って考えるとしても、彼の国の人口を日本の10倍と仮定してみましょう。学齢期の児童1学年であの広い国土の中に約1000万人いるわけです。仮に日本と同様に小学校が1年から6年まであるとすれば、小学生の総数は6000万人です。その6000万人に対して、どのように教科書や辞書を遍く行きわたらせているのか?教科書検定は?印刷製本はどうしているのか?ましてやICTや反転授業で使うタブレットなどはどのように調達・配布しているのか?教師養成は?全国的な英語力テストは?

私がぱっと思いつくだけでも、たくさんの「?」をクリアーしなければ、日本の土壌に移植などできません。

英語教育の文脈に引き寄せるにしても、東アジアでの比較とか「競争」をキレイさっぱりと忘れて、

・10年前はTOEFLのスコアでそれほど差のなかったイタリアと、この10年でなぜ、差がついたのか?

・中東のイランや、南米のチリなど、ELTやTESOLさらにはSLAの研究成果が、どのように国内の教育政策に活かされているのか?

みたいな目の付け所で調査した方が、現状を改善するヒントが得られるような気がしています。

「にっちもさっちも…」の話に戻ると、大阪では、モジュール用に作られたフォニクスのDVD教材を1年〜6年まで使う計画らしいですが、教えられる先生がいないので代わりにDVDを流せば解決する問題ではないでしょう。

開発に着手、というニュースリリースは2014年でした。

mpi松香フォニックス/大阪府と共同で英語学習パッケージの共同開発

http://ict-enews.net/2014/09/18mpi-j/

大阪府の公表が2016年4月。

大阪府公立小学校英語学習6カ年プログラム(Dream)

http://www.pref.osaka.lg.jp/shochugakko/dream/

この教材の開発にあたったMPIは教材として同じものを市販するそうです。大阪で上手くいけば、他の自治体でも採用を検討するだろうという「皮算用」ですね。このニュースは6月です。

内田洋行、小学校英語の「短時間学習」に対応したコンテンツ「小学校英語 SWITCH ON!」を提供開始〜教育のICT化に対応して教育用コンテンツ配信サービス「EduMall」で提供〜

http://www.uchida.co.jp/company/news/press/160617.html

いやー、この「内田洋行」っていうのが気になります。

学校買い取りのパッケージ版の単価が、1学年分で6万円。現在計画中の「教科化」で、3年生から使い始めるとしても、4学年分で1校当たり24万円。全国に公立の小学校は約2万校ありますから、その5%のシェアを取れば1000校。2億4千万の売り上げになる商品ですよ。そりゃ、盛り上がりますよね。将来、小学校1年生からになったら?シェアが増えたら?公教育で何か新しいことをやる時の「特需」があるのは分かるんですけどね。

直山木綿子 英語教育改革を語る。 〜3年間の外国語活動、その成果と課題を踏まえた改革です。

https://www.manabinoba.com/index.cfm/6,20218,12,html

直山木綿子さんって、文科省で「小学校英語教育」の中心にいる人ですから。その人の思いを熱く語っている、このサイト、どこがやっていると思いますか?

名前こそ、「学びの場.com」ですけれど、母体は「内田洋行 教育総合研究所」ですから。

ホントにこういうことで進めて、大丈夫なんですかね?

その一方で、「にっちもさっちも…」な現場は困惑し、対応に追われ、教員が疲弊していく、というマイナスのシナリオは誰も言わないんですよ。

英語教育に携わっているわけでもなく、小学校教育に携わっている訳でもない方のTwitterでの反応で、「(そんなに大変なら)とりあえず、まずは教員の抱えている事務仕事の負担を減らしては?」というようなものがありましたが、それは「教科化」とは独立並行して解決すべき問題で、おそらく具体的な施策が最後まで出てこないところではないかと思います。問題は中高でも同じですから。

そう言う部分で、教員の負担を軽減しようとは思わないのが日本の教育に関する世論なのでしょう。本当に学校教育に成果をあげて欲しいと思っているのだろうか、という気さえします。

まずは、きちんとした、正確な情報(一次資料の出典も含めて)を市民に届ける必要があります。知ってもらわないと始まりません。しかし、主要なメディアには、それが殆ど期待できない状況です。文科省筋から出てきた情報を垂れ流すだけですから。大手新聞の報道記者や論説委員などが、SNSで「今度の『記事・社説・コラム』は教育問題の核心に踏み込みました、皆さん考えて下さい」、というようなことをいうことがありますが、これも「ニュースになる」ネタしか扱いませんから。「高3英語力調査」とその結果の独り歩きに関して、何回新聞社にメールしたことか。

今回の私のツイートへの反応を見て、このような個人ブログでも、情報を出し続けることに意味があるとの思いを強くしました。

  • 小学校英語を教科化できる下準備は整っているのか?
  • 教えられる教員は確保できているのか?
  • 小学生にモジュールで教えて身につくのなら、中学校の英語もモジュールでいいのでは?
  • 教員がいないからといって「DVD」で大丈夫なのか?もし大丈夫なのであれば、中学校の英語もDVDでいいのではないのか?
  • 授業は細切れの「モジュール」をつなぎ合わせて何とかなるかも知れないが、評価はいつ、どのように行うのか?
  • 45分連続の一回の授業と、モジュールで短時間の帯で実施する授業では活動が異なるはずだけれども、その到達度の指標となるCan-doは別物として作るのか?もしその二つの物差しが別物だとすると、身についた「英語力」も異なることになるのか?

などなど、考えておくべきことは山ほどあります。しかも、もう何年も山のままです。

英語に限っての対応を考えても、専科で教える教員の資格で、英語という教科に関する「公的」と思えるものは「中学・高校の教員免許(英語)」しかないわけです。その他、民間でも何やら資格を作っていたりしますし、海外でのTEFL/TESOL系の学位が認められる自治体があるかもしれません。でも、上述のように、全国で公立小は約2万校あるんですよ。中高の英語の免許を持つ教員が専科で教える、となっても先生が足りないのは自明でしょう。

で、こういう状況や背景を、一般市民は本当に分かっていますかね?

例えば、

  • 中学校の先生は小学生を教えられるのか?しかも上手に?
  • もし専科で採用するとして、「専任」で採用できるだけの財源は各自治体にあるのか?

本当に、まずは知ること、知らしめることが大切です。

今年になって、こんなニュースを目にしました。

小学校教員のための中学校英語免許取得講習(京都外国語大学)

http://www.kufs.ac.jp/faculties/license/license2.html

小学校英語教科化に向けた専門性向上のための講習の開発・実施事業(大阪教育大学)

http://osaka-kyoiku.ac.jp/foreducator/renkei/menkyo_english28.html

事業に関する詳しいpdfはこちら。

http://osaka-kyoiku.ac.jp/_file/renkei/chiiki/menkyohou/eigo/leaf_eigo.pdf

その事業へのtrailerともいえるワークショップが近々行われます。

http://osaka-kyoiku.ac.jp/kaikakukyouka/psews.html

特別ワークショップの告知リーフレットpdfはこちら。

「教科化を前に こうして教える 小学校英語」

http://osaka-kyoiku.ac.jp/_file/kaikakukyouka/koudoka_center/psews.pdf

この大阪教育大学の告知では、次の文言が気になります。

2020(平成32)年より、小学校高学年において「外国語活動」が教科となります。大阪教育大学では、教科化を前に、「会話表現」「文字指導」「デジタル教材活用」などをテーマとした、指導に役立つテクニックを紹介するワークショップを開催します。

 「外国語活動」の指導に意欲のある方、不安のある方、また、小学校教員、中学校教員等の校種は問いません。さらに、大学生、大学院生の方もどなたでも参加可能です。

「『外国語活動』が教科となります」という部分、誰も突っ込まないんですかね?


「付け焼き刃」?

「腹に代える背」?

という印象です。なぜ、今、こんなことに躍起になっているのか?

現在の教員免許で「小学校」の「英語」というカテゴリーそのものが存在しないからです。小学校で、「総合的な学習の時間」をつかって、「英語」が取り扱われ始めたのが、2002年ですから、その頃から免許に関わる「法的制度」の整備の必要性は言われていました。必修として「外国語活動」が始まったのが2011年。そこから既に5年経っています。免許制度を改め「小学校」「英語」の教員を作ることは、英語の「教科化」と表裏一体ですから、なかなか上手くいかないことは分かっています。

そして、「小学生に英語を教えられる免許」に関わる教員免許制度の整備も新聞やTVでは、全く情報として出てこないわけですが、その一方で、過日の「フィージビリ ティテスト」の結果だけを見て、「高校3年生の英語力が『中3レベルも怪しい』のは、日本の英語教師が旧態然とした指導法や既得権に安住してダメダメだか ら」といった批判・非難も多数出て来ているわけです。「中学校の英語の教員免許をもった先生が3年間で中学生に英語力を身につけさせられず、そのまま上がった高校で、高校の英語の教員免許を持った先生が3年間さらに教えても、中学卒業段階の英語力を身につけさせられていない」のが本当だとすれば、「免許制度」そのものの見直し、ということに早晩なるでしょう。

でもそうなった時に「じゃあ、私は小中高で英語教師になろう」と思う人が(若者に限らず)どのくらいいるのか、とっても気掛かりです。

本日のBGM: What A Wonderful World (LIVE 1970, Reelin' In The Years Archives) / Louis Armstrong

tmrowingtmrowing 2016/08/18 05:48 一部加筆修正。

tmrowingtmrowing 2016/08/19 04:11 後半部分で大幅に加筆修正。

2016-08-09 広島と長崎の間で

山口県に移り住んで10年目になる。

このブログを書き始めたのが2004年の秋。故あって、非常勤講師として東京の私学で働いていた頃に書き始めて約3年で山口行きを決め一端ブログを閉じた。3ヶ月ほど全く書かない時期を経て、この地でブログを再開して、9年余り。既に東京勤めだった頃の3倍近い期間、ブログを続けていることになる。更新頻度で言えば、昔の方が高かったのだろうと思うが、今は自分の身体と頭と声とことばができるだけ齟齬を来さないような頻度で書いているので、「今んとこは、まあこんな感じなんだ」 (inspired by 曽我部恵一)。

夏の広島の話は山口に来た最初の夏に振り返りこちらに書いていた。1995年。私にとっても忘れられない夏の一日であった。

「傘を差さなくてもいい日」

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20070815

そして、ハラトモ様の故郷でもある長崎での思い出は2年前。

「国体」とはいえ、「国民体育大会」の方だけれども。

「舟に乗る準備を」

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20141023

「山口って、この二つの街の間に位置しているのだな」と改めて実感したのが、この一週間、いや四日間。

自分自身のことばが身にしみる機会でもあった。

  • 目の前にある「ことば」を生き直しなさい。

とは、授業で私がよく口にすることばであるが、奇しくも、その自分のことばが試されることとなった。自分が聞き手として選ばれ、語り掛けられた、と思える、意味の乗った、受け止める重さのある「ことば」と、飾られてはいるものの空疎な容器だけが運ばれ、自分を通り過ぎていくことば、との間の超えることの出来ない隔たりを痛切に感じた四日間であった。生き直すには、まずはそのことばが命を持って生まれてこなければ…。


さて、

前回のエントリーで、夏期課外前半までの振り返りで高1の分をあげていた。

今日は高3から少し。

読解の基本的な取り組み方に関しては、過去ログでもファイルを公開していたので、そちらを見てもらうとして、「つながり」と「まとまり」をどのように自分で咀嚼し、理解から表現への橋渡しを図る(諮る?)のか、という部分では、高2の時点での長い長い目で見た「仕込み」が重要であり、そのために、過去ログで示したような「図解」「百科事典」「Q&As」といった英語ネイティブの子供用の書籍類を学級文庫に入れている。

その「仕込み」を経て、明示的に指導・学習しているのが、DCT。Discourse Completion Tasks(談話を整合・完成させる課題)である。

私の授業の中ではナラティブの指導で、物語りを途中まで読み、その続きを書いて締めくくったり、中盤から終わりまでを示して、その書き出しを書かせたり、という「小説前後」のような活動をさせることが多いのだが、説明文(定義文)でも、談話を整合させるような活動を設定している。

長沼君主先生や工藤洋路先生を中心として、ELEC同友会英語教育学会のライティング研究部会が、数年前にこの基礎研究に取り組み、2010年の年次大会と紀要で発表しているので、詳しくは学会か部会にお問い合わせを。

http://elecfriends.com/

私自身の授業では、「中抜き」と称する、談話・段落の途中に空所を設ける課題を主として扱っている。

前後のつながりと、全体のまとまりを考えて「そこにいるべき、あるべき」情報の「核」「肝」は何か、をまずは日本語で考えてもらい、そこを足場として、その日本語の「意味の核・肝」を「意味順」に当て嵌めて英語に移していく、という流れである。

旧課程の「ライティング」、現行課程の「英語表現」の検定教科書以外に、ESL/EFL用の教材や指導の概説書、上述の「事典」「図解」などからも、典型例となる「パラグラフ」を引用している。

集中的、明示的に扱うために、段落の中から3文を抜きだしたり、3文に加工したりしているものもある。

授業で使うワークシートはこちらからダウンロード可。

DCT2016

DCT2016.pdf 直

「つながり」と「まとまり」については、これまでにも、折りに触れ指摘し、とりわけ読解の際には、しつこく確認してきたし、高1、高2段階でも、「イカソーメン」と私が名付けたdiscourse completion の活動が定番となっている。

このところ高1で扱っている『ぜったい音読』(講談社)の旧版の英文で、つながりまとまりを考える格好の素材文に関しては、高2、高3でも必ず振り返っている。(過去ログ参照 http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20090617)

それでも、この「中抜き」になると、生徒はなかなかに苦労するのである。

alsoやtoo, as well といった高校入試レベルでの「つなぎ語」であっても、市販の「大学」入試対策読解教材では「何に何が添加されているのか」「Aという情報とBという情報がどのような観点で同じレベルとして並んでいるのか」という部分に関しては極めてお粗末な解説が目立つので、膝突き合わせの授業の中で、明示的にきちんと扱う必要性を痛感して、今日に至っている。

このDCTの指導手順や生徒の取り組みに関しては、11月の全英連にて詳しく扱う予定。おいでませ、山口へ。

本日はこの辺りで。

本日のBGM: gone ---live 2006--- 『道はつづく---特別篇----』ボーナストラック / ハンバート ハンバート

2016-08-06 何度でも…。

連日の猛暑。

流石に「何℃でも」という勇気はありません。

夏期課外講座の前半が終了。

ついうっかりすると、こんなところにも「前半戦」などと「戦いの比喩」を持ち出しそうになる自分に気づきます。自分がそのことばを使う使わない、というだけでなく、自覚があるかが大事。

戦いの比喩といえば、「受験は団体戦」などという紋切り型のことばが受験雑誌やwebで使われていたりします。初耳ですか?某予備校のキャッチコピーなのか、校是なのか、「日々是決戦」なんていうのもありましたよね?

これって、自分たちの団体が勝者になることを想定するのは結構なのですが、いったい敗者として誰を想定しているのでしょう?まさか、志望校群とか入試制度ではないだろうと思うのです。せいぜいが「他の団体」、殆どの場合は「他校」でしょう?ときに「同じ学校の他のクラス」だったりすると緊張しますね。では、「勝者」は何を勝ち取って、「敗者」の手には何が残るのでしょう?

勝者は「第一志望校への合格と入学の喜び」で、敗者は「第二志望以下の学校への合格と不本意入学」?敗者は、「悔しさと捲土重来」?

「学び」はどこに行ったのでしょう?

そういう「学びを語る戦いの比喩」からできるだけ距離を置いて教師をやりたいと思って今日に至ります。個人的にはまだ「連帯」の方が希望を感じます。日本の風土ではとかく「連帯責任」などという形容に使われるので、好感度が低いことばになっているようで可愛そうな気もしますけど。

私の座右の銘は、

  • 群れるな、連なれ

です。今の季節なら「夏なれど蒸れるな」でしょうか。

そんな夏期課外講座の振り返りをば。

高1は、中学校の復習に相当する、入門期からの学び直しの一区切り。

所謂「後置修飾」の全体像を見渡せる丘、のようなところに連れて行きました。

こちらのファイルなどをご覧下さい。

名詞句の限定表現 得手不得手 再修正版.pdf 直

虫の目から鳥の目、ですね。

当然、中学2年くらいまでの教科書の「素材文」では、モノローグが少なく、テクストタイプもナラティブが多いので、「コト」の説明が少なく、「モノ」も「人」も単純な修飾構造での名詞句が殆どですから、この素材文を活用して、「既に読んでいて意味のわかる、構造のわかる『文』から、名詞句の限定表現を括りだす」という活動もしています。

  • I like the musician (the) best.

という「文」から、

  • the musician I like (the) best

という「名詞句」を括りだす、という類いです。

名詞句の中に、<主述関係>、<主語と自動詞><他動詞と目的語>の関係が潜んでいるものも、ある程度の数の実例に触れた頃を見計らって、まず日本語の例から確認・整理しています。

過去ログだと、

Beware of English teachers

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20140510

「もどき」と「ごっこ」

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20140516

で詳しく書いていますし、今年度でも、高1の1学期の授業で扱った言語材料で言えば、

「目的語感覚を養う」

2016「目的語」感覚を養う.pdf 直

で取り上げています。

ということで、今回の例で言えば、「山火事」と forest fire、「火消し」とfire fighterなどをそう言う目で眺めることが求められていますし、それを踏まえた上で、-ingや-ed/enの所謂「分詞」としての形容詞的用法を見比べて行くことが求められています。

  • (?)モノなら-ing形、人なら-ed/en形

とか、

  • (?)生き生きとしていれば –ing形

などという過度の単純化はしていません。

生徒には、

この 1 -11の分類だと、名詞と名詞の意味と私たちの世界の見方に依存した「力技」の2、多様な意味の関係を表わす前置詞で、3〜5に入らないものを集めたゴミ箱のような6が難しい。そして中でも、所謂「不定詞」の11が一番難しいと思うので、実感が持てる例を中心に丁寧に仲間をつくっていくこと。

と言っています。裏返せば、それ以外は「高1のこの時点なら、わかっていないとダメ」ということなのですが、そういうことを言うと、「みちこさん」にダメ出しされちゃうのでね。

所謂「不定詞」も、前置詞 to の原義を引き合いに出して、「未来志向」とか「前望的」などと言われることが多いのですが、それも「判断するひとつの物差し」に過ぎません。

ということを弁えておくために、

  • the first man to walk on the moon

  • the first man to walk on Mars

という例とをわざわざ入れてあります。

もっとも、「目的地」は未来志向で、「到着点」は結果志向、という説明で前置詞 to の原義を説明したつもりの人とは距離を置いておこうと思っていますけど。

英語を教えている人であれば、過去ログの、

不定詞と動名詞

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20050213

分詞は難しい

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20060111

the day to remember him by

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20130616

あたりも併せて読んでおくといいのではないかと思います。釈迦に何とやらで、申し訳なく思う一方で、本当にこの辺りの理解が覚束ない人が教壇に立っているのも現実なので。

もう少し詳しく考えるのなら、

Limiting vs. Restrictive

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20111009

英文法指導で心がけていること

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20111006

さらには、

大津由紀雄編著

学習英文法を見直したい

の「第7章」と表紙のカバーをよくお読み下さいますよう、重ねてお願いしておきます。


というわけで、高1の夏に中2の検定教科書の素材文を扱っているわけですが、「意味が乗るように音読する」というのは難しいことを実感しています。さらには、「英語を英語のまま理解する」というのも大変なことなんです。

素材文を理解する段階では、チャンク毎に意味を処理していきます。

まずは、

緑本12.pdf 直

の「チャンク改行」のハンドアウトで、解説も聞いて、書き込みをして、わかったつもりになっている素材文も、「A4版段落ベタ打ち」で何の書き込みもないまっさらな英文でも自力で読めるのか、ということを確認してもらっています。

自力で read and look up → うまくできないところの音源を確認(精聴) → 英文を見ながら口パクで音源に重ね読み → 英文を見ながらのなんちゃってシャドウイング → 英文を見ずにシャドウイング → うまくできないところの音源を確認 (精聴)

と再び(三度?)「音源の確認」に戻ってきた時に、「自分が上手く音読やシャドウイングができない原因は、本当に音声化にあるのか?」というところを明らかにしないとダメでしょう。(そのために、ひと昔、ふた昔前の中1&中2の検定教科書から素材文を採っている『緑本』を使っているのですけどね。)

これも、繰り返しているうちに、スラスラできるようになるわけですが、その一方で、チャンク毎の処理をただ先へ先へと進むだけではなく、意味を中心として構造を跨いでつなぎ直せるか、という部分にも取り組んでいます。

チャンク切り出しrobert.pdf 直

で、意味のつなぎ直しでチャンク切り出しが変えられるか、そして、それに音声だけで対応できるか、という「対面リピート」もやっています。やることはいたって単純。

ペアで対面し、片方が紙を相手に向けて持つ。

相手は英語を読み上げて、もう片方はそれを耳で聞いて、聞き終わったら、リピートする。

Aの文で、1→1 のリピートがスラスラできれば、Bの文へ。

Aの文の1が上手くいかなければ、2,3,4をそれぞれやってから、再度1へ戻って、できたらBへ。

これだけです。私の仕事は、チャンクの切り出しを変えたこのワークシートを作ること。これは高3の生徒でもちょっと難しい作業です。

この素材文は、旧旧課程の中2の検定教科書ですが、この対面リピートはなかなかにchallengingです。生徒の習熟度の差が顕になりますので、高校生を教えていらっしゃる方で、指導力以上に生徒との信頼関係に自信のある方はお試しあれ。

名詞句の限定表現がある程度自信を持って扱えるようになると、「意味順」が一層生きてきます。そのために、高校入学時に、「名詞は四角化で視覚化」を唱えながら、来る日も来る日も来る日も…「四角化ドリル」をしているわけです。その肝心要の「四角化ドリル」が分からないと、今日のエントリーの内容や、ファイルの内容もよく分からないかも知れませんが、そもそも授業って、その授業を受けていない人にはよく分からないものですからね。

「四角化ドリル」の昨年度のバージョンはこちらにあります。ファイルは全てダウンロード可、パスワードなしです。二次使用は注意書きにあることを守っていただければ、あとはご自由に。

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20150503

それ以前のバージョンの方に、それぞれのドリル設計の意図や背景などを記しています。

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20130428

今年度のバージョンは、11月の全英連でまとめて発表(&解説)の予定です。

本日はこの辺で。

本日のBGM: Yesterday Once More (Aimee Mann)

tmrowingtmrowing 2016/08/07 09:23 最後に、「名詞は四角化で視覚化」「四角化ドリル」に関わる加筆修正を加え、「四角化ドリル」のpdfファイルがダウンロードできる過去ログへのリンクを追加しました。

2016-08-01 辞書を使いこなすには?

tmrowing2016-08-01

8月になりました。

前回のエントリーで「学級文庫」から書籍等を一部紹介したのですが、辞書の写真についてのお尋ねが幾つかありましたので、その部分を補足しておきます。

スマホやタブレットなどで見ている方は、画像ファイルが開けるPCモードで見る方が操作がしやすいのですが、タッチスクリーンで拡大しやすいようにダウンロード可能なリンクもつけていますので、そちらをご利用下さい。

辞書.jpg 直

上段左から、

1. Cambridge Academic Content Dictionary (2008年)

これは、定義が秀逸な一冊です。アプリ辞書も販売されていますので、説明は不要かとも思いますが、幾つか例をあげておきます。それぞれ何の定義か考えてみて下さい。

  • (of a person) truthful or able to be trusted; not likely to steal, cheat, or lie, or (of actions, speech, or appearance) showing these qualities
  • a person in an aircraft whose job is to serve passengers and to make sure they obey safety rules
  • an African wild animal that looks like a horse but has black and white or brown and white lines on its body
  • a building, room, or organization that has a collection especially of books, music, and information that can be accessed by computer for people to read, use, or borrow
  • an accepted principle or instruction that states the way things are or should be done, and tells you what you are allowed or are not allowed to do

2. Longman Wordwise Dictionary (2001年)

Longmanの学習用英英辞典のエッセンシャル版と言えるものです。表紙にはNEWとありますが、2001年の版。収録語数を35000語まで絞り込んでいるところが初級者向け英英ならでは。でも、それでも、学習者が自分で調べたいと思うお目当ての語、一つに対して、当面不要な語が34999語あるということは指導者も弁えておいた方がいい。


3. 田崎清忠編著 『アメリカ日常語辞典』(講談社、1994年)

もともとは自分が使っていたもの。「講談社版」とありますが、このタイトルでの他社版はあるのかしら?

『英語会話―アメリカの生活とことば (日本放送出版協会、1967年)』との対比なのかな?


4. 『英語基本語彙辞事典 3000語の背景』(中教出版、1983年)

語研の主要メンバーによる編著ですかね。「基本の2000語、3000語くらい、一つ一つ丁寧に教えてあげなさい」とは、恩師の若林先生のことば。今読むと、物足りない、食い足りない部分が多々ありますが、中高生で、ことばに興味関心が強い人にはこういうものもありかと。昔は、小川芳男・前田健三『英単語物語  その誕生と生いたち』(有精堂、1980年) などの「読み物」でも良いものがあったんですけどね…。


5. 『ヴィスタ英和辞典』(三省堂、1997年)

若林俊輔門下による、初学者への配慮のなされた英和辞典。改訂はされていません。でも、訳語そのものの吟味、用例での日本語訳表示の工夫など、これにとって代わるものがないので、依然としてこれを置いています。数年前の生徒の一人は、再帰代名詞を調べた際に気に入って、自分で買っていました。


その、『ヴィスタ』から少し離れた右にある小さな判型のものは、

6. Webster's Essential Mini Dictionary (2011年)

これこそ、アプリ版が望まれる優れた辞書。中身は、概ねCambridge Essential と同じですが、一部定義や用例が異なっています。米語対応ということなのでしょう。CEFRに準じた表記も、語義ごとになされています。これは、Cambridge English Profileという巨大なプロジェクトを手がけているケンブリッジ系ならでは。老眼の私の目にはこのminiの判型・サイズは厳しいので、学級文庫に置いています。


中段左から、

7. BBC English Dictionary (1990)

COBUILDとのコラボ。BBCの放送で使われた言語資料から、(当時としては)巨大なコーパスを構築して、定義や用例に活かした、画期的、意欲的な辞書。百科事典的項目は国が変わっていたりするので、今の時代に合わないものも出てきているけれども、やはりあると便利。個人的には、検定教科書のTM執筆で20代の終わりから約10年、最も使った辞書の一冊。


8. 『ワードパワー英英和辞典』(Z会出版、2002年)

オリジナルの Wordpowerの初版に対応しています。

英語のエントリーに対して、英語による定義文と用例があるのが一般的な英英辞典ですが、その定義文の和訳と訳語、用例の和訳を載せているので『英英和』です。定義文の和訳があるのがウリ。というか、定義文の和訳がないとこの辞書は存在価値がない。かつては『ウエブスター英英和』が左右対称二段組で定義文も含めた英英和を出していましたが、それを「学習用辞典」でやったところがエポック。ただし、当時の編集部に、辞書作りのノウハウがなかったのか、レイアウトやフォント、色使い、文字とスペースのバランスなど最低最悪の見た目で、引くたびにストレスがたまる。数年前までは、クラスで一人にこれを1年間渡して、「ミス or ミスター・ワードパワー」の称号を与え、授業中に折りに触れ読み上げてもらっていました。ここを足場にして、他の英英辞典の定義との読み比べに入るわけです。


9. Cambridge Learner's Dictionary (小学館、2004年)

こちらも英英和。でも、英語の定義のあと、ちょこっと訳語が載っているだけ。「学習用英英辞典」でそれをやっている、というところが持ち味。活用ハンドブックを投野先生が書いていたように記憶しています。


10. 『ショーター英英辞典』(旺文社、1982年)

流石は菅沼先生の編んだ辞書、『元祖学習用英英和』という評価は『令文社学習英語辞典』に譲るとしても、基本の1万5千語に簡潔な定義と、要所要所で、ローマ字による訳語を当てているところが類書との違い。表紙の鮮やかさも好みです。

ハンディな判型と薄さなので、個人的に、未だに普段使いしています。

11. 『新英英大辞典』(開拓社、1941年)

『ホーンビーの英英』とか、『ISED』の略称で御馴染でしょう。世界のESL/EFL用の学習用英英辞書の先駆。曙。これがなければ、OALDはないのだから。古いけど、随所に上手い定義があるので手放せません。

12. Oxford Elementary Learner's Dictionary (1994年)

見ての通り、旧版です。基本語の扱いを確認するために置いています。その語の、その語義はこの初学者用辞書に載っているか?というチェックの仕方ですね。今は、オンラインで使えるEVPがあり、text inspectorがあるので、この辞書の出番は減り、14. に軍配があがりますかね。

13. MacMillan Essential Dictionary (2003年)

今では紙辞書からの撤退を表明しているマクミランからの極めて優れた学習用英英辞典。この親版にあたる『マクミラン英英』は私が密林のレビューで絶賛していますので参考にして下さい。2004年には日本独自の『ワークブック』(小室夕里著)まで出ていたんですよ。こちらも教室では今でも使っていますけど…。


14. COBUILD Primary Learner's Dictionary (2014年)

初学者用英英辞典のお手本のような辞書。CEFRで対応すると、A1からB1までを念頭に置いています。日本の中高生の大多数はこれ(と、6. の "mini") で十分でしょ。用例も簡にして要、生き生きしていて、COBUILDの親版よりもいいのではないかと思うほど。これがでたばかりの頃、他教科の同僚に見せたら、ご自分のお子さんのために速攻で買われていました。


そして、下段左へ、

15. Chambers Universal Learners' Dictionary (1980年)

学習用英英辞典の先駆的存在。OALDが合わない、LDOCEでは物足りない、という人に人気だったのかな?定義・用例とも随分とお世話になりました。そう言えば、かつて薬袋義郎先生が研究社から出していた『薬袋式英単語暗記法』(2004年) の例文は全て、このChambers Universal Learners' から採っていましたよね。


16. Chambers Student Learners' Dictionary (2009年)

そして、現代のChambersの学習用英英辞典。「CLILに最適!」と言う謳い文句に唆されて。世界各地の「英語で」いろいろな教科を学ぶ授業を受けている中高生向きなんでしょうね。ひょっとすると既に絶版かも。


17. COBUILD School Dictionary (2008年)

こちらも英語圏の学校や、「英語で」いろいろな教科を学ぶ中高生向け。過去ログにも記したけれど、spelling beeの競技方法が載っていたりします。http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20110113


18. コウビルド米語版英英和辞典 (2008年)

advanced版の英英和。定義文の和訳はありません。紙辞書は既に絶版だろうけれど、kindle版と、物書堂のアプリ辞書があります。(物書堂のアプリ辞書なら、『ウイズダム英和和英』『ランダムハウス』で相互にジャンプで乗り入れ可能です。)


19. Merriam-Webster's Essential Learner's English Dictionary (2010年)

米語版の学習用英英では出色。定義文が簡潔で的確なものが多い。B1より上の中級を目指す学習者ならマストバイでしょう。難点は、fontのサイズが小さくて、老眼の目にはつらいことと、判型のせいでPBで分厚いので、背割れしやすいこと。アプリ辞書も出ていますので、そちらをオススメします。


20. Longman Essential Activator (2006年)

第2版のPB。背割れにご用心。先に背表紙にテープを貼っておくのもいいかも。ライティングで重宝する類語辞典。学習用頁も有益。至れり尽くせりだと思います。Activatorにはポケット版もあり、収録語彙が絞り込まれているので、若い方にオススメします。


21. Longman Lexicon of Contemporary English (1982年)

LDOCEからの流れで出てきた「シソーラス」+「Duden」的学習辞書。古いというのは簡単だけれど、代替するものがないのでね。家にも、もう1冊あります。当然絶版ですが、現役で活躍中です。


以上、辞書解説でした。

ここで、前回のエントリーを再読すると、面白いのでは?

電子辞書だと、簡便なものが1冊、類語辞典的なものが1冊入っていれば良い方ですが、その定義や用例で腑に落ちる、実感が持てることは稀なのです。こちらの教室には英英辞典だけで複数冊、しかもレベルの異なるものが用意されていますので、その定義や用例を読み比べることで語義の理解も深まり、定義文に用いられるお定まりの表現形式にも慣れることで、一定の文法力も養うことが可能となります。

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20160730

本日のBGM: I may know the word (from the album "Paradise is there") / Natalie Merchant

tmrowingtmrowing 2016/08/02 18:11 一部加筆修正しました。

2016-07-30 「祈るなら、胸の中の自由さに」

連日35度を超えようかという暑さです。

職場の健康診断も終わったので、昨日は、焼き肉を堪能してきました。

英気を養って、本日は勤務校のイベントで「体験入学」。

中学生とその保護者、一部引率の中学校の先生が300名弱参加します。

進学クラスでは「模擬授業」を行う傍ら、進学相談や教材展示なども行っています。

今年の模擬授業は「数学」でしたので、私は英語の教材展示で、「学級文庫」から一部運び出して並べていました。

「呟き」でも連投していましたが、こちらでもご紹介。

f:id:tmrowing:20160730102434j:image:w360

教科書&副教材.jpg 直

f:id:tmrowing:20160730105607j:image:w360

辞書.jpg 直

f:id:tmrowing:20160730102346j:image:w360

なぜなに系.jpg 直

f:id:tmrowing:20160730102338j:image:w360

なぜなに系その2&中見系.jpg 直

f:id:tmrowing:20160730102403j:image:w360

中見系その2.jpg 直

f:id:tmrowing:20160730102422j:image:w360

百科事典系読み比べ.jpg 直

f:id:tmrowing:20160730102427j:image:w360

how things work系読み比べ.jpg 直

f:id:tmrowing:20160730114215j:image:w360

読み比べ&メディアミックス.jpg 直

f:id:tmrowing:20160730102409j:image:w360

英語ネイティブ子供用.jpg 直

何組かの参加者から、教材の意図とか、授業での使われ方などの質問も受け、誠意を持って回答させていただきました。特に、英英辞典をなぜこんなたくさん置いているのか?という質問が複数あったので、

電子辞書だと、簡便なものが1冊、類語辞典的なものが1冊入っていれば良い方ですが、その定義や用例で腑に落ちる、実感が持てることは稀なのです。こちらの教室には英英辞典だけで複数冊、しかもレベルの異なるものが用意されていますので、その定義や用例を読み比べることで語義の理解も深まり、定義文に用いられるお定まりの表現形式にも慣れることで、一定の文法力も養うことが可能となります。

という説明をしています。

例えば、次の定義文を読み比べて見て下さい。だいたいの意味がわかればいい、というレベルと、確かに○○とは違うってことがよく分かる、というレベルには相当な差があることがわかります。何の定義かはわかりますよね?

1. a small tool for cutting with two sharp parts that are joined together

(COBUILD Primary Learner’s Dictionary)

2. a tool for cutting paper, hair, etc. that you hold in your hand and that has two blades

(Webster’s Essential Mini Dictionary)

3. an instrument used for cutting. They have two blades which open and close, cutting as they come together

(ISED)

4. a tool for cutting paper, cloth etc, made of two sharp blades fastened together in the middle, with holes for your finger and thumb

(LDOCE)

5. a tool used for cutting paper, cloth, etc., that has two blades joined together in the middle so that the sharp edges slide against each other

(M-W’s Essential Learner’s Dictionary)


6. a tool for cutting paper, consisting of two blades joined in a cross that you open and shut like jaws

(MacMillan English Dictionary)

7. a small cutting tool with two sharp blades that are screwed together. You use them for cutting things such as paper and cloth.

(COBUILD Advanced Dictionary of American English)

8. a cutting device consisting of two blades, each with a ring-shaped handle, which are joined in the middle so that their sharp edges move against each other, used esp. for cutting paper or cloth

(Cambridge Academic Content Dictionary)


9. an instrument used for cutting cloth, paper and other material, consisting of two blades laid on top of the other and fastened in the middle so as to allow them to be opened and closed by a thumb and finger inserted through rings on the end of their handles

(Oxford Dictionary of English)



物語系のGRだけではなく、百科事典や図解、Q&As本が多いことに興味を示して質問してくれた方が何人もいて、こういう人に入学して貰えるとホントに有難いんだけどねぇ…、という切実な思いを持ちました。

ということで、「ナイモノネダリ」とか「ゲンジツバナレ」をことばにするには、この手の本で。

f:id:tmrowing:20160730115016j:image:w360

if本 Q&As本.jpg 直

f:id:tmrowing:20160730115209j:image:w360

Ask Away!.jpg 直

f:id:tmrowing:20160730115110j:image:w360

親子Q&A1.jpg 直

f:id:tmrowing:20160730115129j:image:w360

親子Q&A2.jpg 直

次回は8月の後半に開催ですかね。ご縁があったらよろしくお願いします。

本日のBGM: beatitude (single version from the album『諮らずも朝夕45年』) / The Moonriders

tmrowingtmrowing 2016/07/31 05:50 学級文庫の書籍の写真で画像ファイルのダウンロードが可能なリンクを追加しました。詳細は拡大してご確認下さい。

2016-07-27 むしのめととりのめ

所謂「夏休み」中の課外講座は一コマ90分。

高3は、「四角化ドリル」上級生版の取り組みがお粗末だったのでダメ出しして、次回の冒頭で確認をする予定なのですが、どうなることやら。ここまでの3ヶ月で達成できなかったものが、1週間でできるものなの?まあ、普通に考えたらムリですけどね?私から見れば「教材」、彼らから見れば「学習材」を消化吸収して「自分のもの」にしないのに、何かが積み上がるとは思えません。

高1版とは違い、名詞句の限定表現のレベルも上がっていますから、惰性では乗り切れません。

例えば「名詞+前置詞+関係代名詞+(足跡)」のパターンでは、

1. 自分で自分を評価する度合い

the degree to which you value yourself

2. 彼女の歓迎での熱狂ぶり

the enthusiasm with which she was welcomed

3. アルコールが行動に及ぼす影響の度合い

the extent to which alcohol influences behavior

4. 60歳での定年退職制度     

the system under which workers retire at age 60

5. 食品の安全で守るべき原則   

the principle according to which food must be safe

6. 第二言語学習に伴う苦労

the difficulty with which you learn a second language

という表現を扱っていますが、この前提として、

  • to … degree [extent]
  • with … difficulty [enthusiasm]
  • under the system
  • according to the principle

といった、<前置詞+名詞=副詞句>の理解と定着が求められています。

また、「同格のthat」を取る or 取らない、で済まされがちな「…という名詞」も、that S+V で言えないなら、どう言えばいいのか、まで身につけていなければ何にもなりません。名詞の分類、頼れる仲間を集めての一致団結が必要です。

1. 幽霊は存在するという考え

the belief that ghosts exist

2. 彼女は裏表がない人だという私の印象

my impression that she is honest

3. パスワードが正しくないというエラーメッセージ

an error message saying that the password is incorrect

4. 客室乗務員として働いていた彼女の経験

her experience of working as a flight attendant

高1では「A of B でBのA」で済んでいたものが、その後、<a lot of +名詞>を経て、 < a sheet of paper>などの助数詞系の名詞をクリアーした先で、迷い所・悩み処・躓き所と出会うことになります。それこそが、<of の細道>ですから。これは、そっくりこちらにあげておきます。なぜ、この15個なのか、きちんとやればわかります。

1. 全くのお金の無駄 a complete waste of money

2. 環境の破壊 the destruction of the environment

3. 愛する人を失うこと the loss of a loved one

4. 原田知世への彼の深い愛 his deep love of Tomoyo Harada

5. あなたの思い出 a memory of you

6. 外国の慣習を私たちが知らないこと our ignorance of foreign customs

7. ヒトクローンの誕生 the birth of a human clone

8. 文明の栄枯盛衰 the rise and fall of civilizations

9. インターネットの急速な発達 the rapid growth of the Internet

10. 民族の移動 the movement of races

11. 男女の平等 the equality of men and women

12. 東西文化の融合 the mixture of Eastern and Western cultures

13. 何時間にも及ぶ議論 hours and hours of debate

14. 七日分の食料と水 seven days’ worth of food and water

15. 一年分の給料 a year’s worth of your salary

そして、名詞の無いところに名詞を作りだすことの出来る what の有難みを感じる最終セット。

<ワニの口>がモノや人に言及することもあるので注意が必要ですが、その場合でも「そのコトガラ性」のようなものを感じることが大切です。

この最終セットの最初に、比較検討する例として、なぜ以下の表現が並んでいるのか、今一度噛みしめるべきでしょう。

例1:his word(s) / his remark / his statement / his utterance

例2:his warning to us / things he has told us not to do

例3:what he did not say

「彼の意見」という時に、 “his opinion” という表現を用いた場合と、 “what he has to say” を用いた場合とで何が違うのか?何が変わるのか?ということを考える材料として、

3. あなたが考えてきたこと

what you have had in mind

4. 以前はそこにあったもの

what used to be there

5. 変わらずに残っているもの    

what remains unchanged

の3例をわざわざ配置している訳ですから。それを踏まえた上で、以下の実例を生き直すことです。

6. 生きる上での信条 what you live by

7. 正しいと思うこと what you think is right

8. あなたの個性 what makes you different from others

9. 地元の市場にあるもの what you will find at the local market

14. 昔の政治家の姿 who politicians used to be

15. こうであって欲しいと彼らの思う龍馬像 who they want Ryoma to be

16. もののしくみ how things work (= the way things work)

18. その他何でも whatever you name it

19. 一瞬とも思えた短い経過時間で in what seemed like an instant

意味順を活かすのは、結局、四角化ドリルと助動詞の番付表なんですよ。



高2はコマ数そのものが少ないのですが、『コーパス口頭英作文』の暗誦が基本です。

それと並行して、学級文庫の活用を求めています。

GRなど様々な物語系なら20冊、英語ネイティブの子供用事典・図解系なら5冊、英語ネイティブ用のQ&As系なら2冊という目安を与えています。

物語系は、私のシラバスで定番の「名作読み比べ」でもいいと言ってあります。

以下、カテゴリーごとの表紙の抜粋。

読み物1.jpeg 直

読み比べ1.jpeg 直

読み比べ2.jpeg 直

オリバー!.jpeg 直

how things work.jpeg 直

事典&図解.jpeg 直

事典2.jpeg 直

See Inside1.jpeg 直

See Inside2.jpeg 直

Q&A.jpeg 直

Q&A子供用1.jpeg 直

Q&A子供用2.jpeg 直


高1は、まだまだ中学での積み残しの解消に時間が掛かっています。

所謂「不定詞」と「分詞」の形容詞的用法を経て、漸く、関係詞へ。英語教師になってから約30年、関係詞の指導で「二文連結」というのをしたことがありません。一貫して、所謂「接触節」から指導しています。

基本は、既に理解している文から名詞句を括りだすドリルです。「長崎玄弥」方式ですね。自分自身が高校生の時に長崎氏の著作から教わったことを、その効果を教室で確認しながら練ってきた指導手順と言えるでしょうか。

この辺までくると、生徒も自分の足跡を少し振り返ったり、先を見通しておいた方がいいでしょう、ということで、虫の目から鳥の目へ、というハンドアウトを作ってみました。

でも、これ、高2、高3の生徒もちゃんと確認しておくべき項目ですよ。

名詞句の限定表現 得手不得手.pdf 直

この修正版がこちら。どこが変わったかは、見比べて下さい。

名詞句の限定表現 得手不得手 再修正版.pdf 直

過去ログでも何度か言及していますけれど、語研にしろ、英授研にしろ、ELEC同友会にしろ、中学校段階での「授業研究」を取り扱う場合に、「名詞の後置修飾」っていうのは「花形」のように頻繁に取り上げられます。金谷憲先生のグループの尽力で、最近でこそ、「導入」の時期と「定着」の時期のズレ、時間差というものが認識されるようになってきたかと思うのですが、「名詞の後置修飾」にどのようなパターンがあって、それらは「前置修飾」とはどう違うのか?そして、「後置修飾のそれぞれの持ち味・効き目・有難み」とは何か?いう点に関しては高校入学以前に、明示的に教わる機会は少ないように思っています。でも、それらがよく分かっていないことには、それぞれの表現の生息域を実感することが難しいと思うのです。

上述の分類と用例、そして得手不得手の表は網羅的ではありませんが、ガイドライン、道先案内くらいにはなるのではないかと思います。

1年生のこの時期では、a swimming poolとか、 sleeping tabletsなどの <動名詞の前置修飾>は敢えて外しています。現在分詞の前置修飾との比較は夏休み後半か、二学期に別個取り上げる予定でいますので安心して下さい。いや、覚悟しておいて下さいかな?

本日はこの辺で。

本日のBGM: 境/界/線 (堂島孝平)

tmrowingtmrowing 2016/07/28 09:16 高2の学級文庫から一部の表紙写真の画像ファイルへのリンクを追加しました。クリックすると写真が見られます。

tmrowingtmrowing 2016/08/07 04:13 「名詞句の限定表現 得手不得手」の修正版のpdfファイルへのリンクをアップしました。

2016-07-19 21世紀の、ライティングを教えよう。

今年度はカレンダーの関係で一足先に夏休みになりましたが、夏バテ気味で更新も滞っていました。

期末試験の出来があまり良くなかったので、夏期課外講座も悩み処です。

教科書の選定も自分の担当の「コミュニケーション英語 I 」は何とか済ませましたが、次年度に向けた「改訂版」が幾つもでているので一冊読むだけでも大変。というのも、教科書会社と現場教員の間の数々の「不祥事」の影響で、見本本は各校一冊しか送付、配布されないからです。さらには、「改訂しない教科書」は送られてこないのです。これって、英語科教員だけで十人くらいいる学校は大丈夫なんだろうか、と心配になります。

現任校では「学校設定科目」を設置している関係で、開講していない「英語表現」は別に選定する必要はないのですが、読み比べ。現行本では、啓林館のVision Questが異様な採択率でしたので、今回の改訂版に際しての私の不安、危惧は「VQ横並び」だったのですが、複数社で見事的中、という感じです。今回の新刊(予定)の見本本で、いいずな書店の “be” が検定を通っています。さらには、啓林館の “Vision Quest” のシリーズ(?)で、一番易しいという謳い文句で “Core” というのが検定を通っています。数件出版でも “Dual Scope” が出ました。VQの現行版が通っているのだから、もう教科書検定では、政治的なことに触れない限りは何でも有りなのでしょう。

呟きの方では連投していましたので、そちらを探してお読み下さい。

http://twilog.org/tmrowing/month-1607/3

  • 学習指導要領で「英語表現」の項目をまともに読んでいて、どうしてこんな教科書が作れるのか?

と思うのは、私が歳を取って、流行に乗れなくなったからなのでしょう。

旧指導要領での「オーラルコミュニケーション」「ライティング」という二つの科目で検定教科書を書いてきた人間としては、この二つの科目の墓標に手向ける花を用意しておかねば、という心境になります。

今年度私が担任をしている高校1年生も、始めての「模擬試験」を受験しています。これもベネッセの「商品」なのですよね。以前は、高1、高2は英語を易しいものに書き換えるライターがいないのか、英語のつながりとまとまりのクオリティにばらつきがありすぎて、なんとかして欲しい、と思っていましたが、今年度早々の高3の模試の設問でも酷いのがありましたので、そろそろ利用する模試を変える時期、というか「模試」そのものの利用を再考する時期にきているんじゃないかとも思います。

高1でも1回の受験料で3000円以上かかる訳です。

こちらをご覧下さい。

Charile’s.jpg 直

how things work.jpeg 直

Maths.jpeg 直

Q&A animals.jpeg 直

Q&A general.jpeg 直

Q&A your body.jpeg 直

Q&As.jpeg 直

Qs children ask.jpeg 直

Science.jpeg 直

事典類.jpeg 直

現在、学級文庫に、この類いの「英語ネイティブのおこちゃま用図鑑・百科事典」を入れているのですが、これは私が英米だけでなく、世界中の「密林市場」を探して、コンディションの良いものを買いそろえているものです。中古で1冊1500円くらい。一回模試を受けなければ、一人当たり、この類いの本が2冊、学級文庫に増える計算です。「なんだかなぁ」というエイブンや作問をもとに「点数」や「偏差値」が返ってくる模試を受けるよりも、多種多様な英語本が豊富に揃った教室で、週に2時間とか、ひたすら読む授業をつくる方が余程英語力伸長に寄与するのでは、と思っています。

さて、

先週末は遥々横浜まで、TEAP関連で「アカデミックライティング指導入門」のようなセミナーに参加してきました。

※以下、リンクをクリックするとpdfファイルが開きますのでご注意。

指導者向けアカデミックライティングセミナー及びスキルアップ講座

https://www.eiken.or.jp/teap/info/2016/pdf/TEAPWritingSeminar2016.pdf

今後、北海道と東京の会場でも開催される模様。

ネタバレになるので8月末まで詳細を書くのは控えておきますが、資料ダウンロードはできますので、事前に少しは学んでいた方が良いように思います。

TEAPライティングテスト・指導者用手引 (この中に、更にリンクがあります)

https://www.eiken.or.jp/teap/construct/writing_handbook2.html

因に、第2部の少人数制ワークショップは、ほぼ英語で進行しました。この後の会場がどうなるかはわかりませんが、情報提供まで。

改めて思ったのが、次に示すような本は高校現場で殆ど活かされていないのだなぁ、ということ。

外部試験の independent & integrated tasks の対策だけでなく、template に依存せず、つながりとまとまりを作るヒントが満載の教則本。

TOEFL TEST対策iBTライティング

四軒家 忍 著

TOEFL TEST対策iBTライティング

TOEFL TEST対策iBTライティング


「パラグラフ・ライティング」をどのように授業に取り入れていくか、という指導者向けの概説書。

パラグラフ・ライティング指導入門

大井恭子 編著


実際に「アカデミック・ライティング」を必要とする人への日本語で書かれた入門書。

英語論文・レポートの書き方

上村妙子・大井恭子 著

英語論文・レポートの書き方

英語論文・レポートの書き方

既に、良書が流通しているのに、その良さどころか、存在にさえ気づかずに通り過ぎている「異邦人」が多いのであれば、多くの学校で「英語表現」の教科書採択が、あのような 惨状 状況になるのも無理からぬことです。

そして、いつも同じ話。

より良い英語で、より良い教材

より良い教材で、より良い指導

本日はこの辺りで。

本日のBGM: おなじ話 ( ハンバート ハンバート “FOLK” より)

tmrowingtmrowing 2016/07/20 07:54 一部、加筆修正。

2016-07-07 ”as part of the whole design”

過去ログでは2つに分かれていましたが、現任校の生徒に配布する資料を作成する都合で、一つにまとめましたので、こちらにもアップしておきます。

「出藍の誉れ」

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20060216

”Voices beyond the border”

http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20120317

90年代と00年代の生徒による授業評価です。

人はこの手の「自己評価」で、敢えてマイナス点を付け、自分の努力や、費やした時間を否定しようとはしない生き物なので、「話し半分」どころか、1/3くらいに割り引いた方が健康的だと思うので、微妙に3〜4人分くらいを鏤めておきました。

旧態然とした「文法訳読」が諸悪の根元と思っている方達には、どのような授業なのかイメージしにくいかも知れませんが、とことん言葉を読み、自分で考え、筆者と対話しようと志向する授業だと思ってくれると喜びます。

<Reading comprehension(内容の理解)>

1.文の仕組み・構造の読み取りに関して

・1年間近くやったことで、それまでは一度戻ってうんうんと分析してから理解していたものの多くが一回読んだだけで分かるようになった (パターンに慣れたのか)。またそれまでは全く理解できなかった文の目を付ける場所が分かるようになって、うんうんと分析すれば理解できるようになった。

・ これは得意な方だったので、よりスムーズに、より注意深く、より丁寧にやるよう心がけるようになった。対比などには必ずマークを付ける。

・ 英文をただ機械的に読むのではなく、主題は何なのか、筆者の主張、立場はどこなのかを意識的に読むようになった。そのために例と主題文との区別、名詞・名詞句のチェック、関係詞などがたくさん含まれた文での中心となる動詞のチェックを心がけた。あと、完了形などの時制のチェックに厳しくなった。

・予習段階で文の中のS+Vをなるべく近づけて書くように心がけた。初見で読む時もSVの関係が分かるようになったので良かった。

<指示語の内容把握>

・ それまでの学習でitを「それ」と訳して過ぎていたのが誤読の源であるとしみじみ実感。すべてしつこく明確にしてゆくようにしたら、いろんなものが見えて くるようになって驚いた。そのうち頭で明確にしなくても目の裏側あたりで明確に出来るようになるといいなと思う。精進。

・ まだまだ間違えるけれども、間違えやすいことに気づいたから注意して見られるようになった。

・ itは単に単語や文の一部だけではなく、それまでの内容を指し示す場合があるので、itの内容理解に努めた。単語や部分で指示できる場合は、線で結び合わせた。逆に、それをしないと、まだ次の内容がわからなくなる。

・ 単なる名詞句を当てはめる作業ではなく、その名詞につくべき限定内容までも考えられるよう心がけた。これは未だうまくできないが、これからも続けていきたいと思う。Thisなどで文章を指す時に、どこまでが範囲なのかをよく考えるようになった。

<文の中の並列構造・共通関係・パラレリズム>

・ それまでのほほんと読んでいたけど、こことここがつながって対比されてという分析ができると、文字に頼りすぎず誤読が減った。先生のいう次の推測というのができるようになりつつあって、そうすると具体的にというか、頭の中のまとまりが、とてもよくなる。

・ 素早く気づいて、素早くマークすればよい。頭の中で整理しながら読む。

・ andの持つ意味 (前後は並列か?) などや、both …and …, 比較級 (more, less, much more, no less than) などの確認。asの用法に注意。

・andは常にチェックして、その並列されている部分の前後にも意識するにした。"A and B which ..."という時に、whichの先行詞がB単独なのか、A, B両方なのかを、2つの語句がどういう点で共通なのか考えながら判断できるようになった。

<情報構造>

・前提と焦点というのが、これまで雑然としていた文に一つの共通点を与えた。

・主題をつかんで、先を予想しながら読み、要らないものは削除。

2.センテンスの中の語句の意味の理解

・私はボキャブラリィが少ないと痛感した。語句が、5行中に2つくらい分からなくてもどうにかなるかもしれないけれど、3つ分からなくて、し かも大切なところが分からないともうアウトだと思った。そういう訳で精進を続けて (ピー単のお世話になったり) 少しずつそういう悔しさも減ってきた。あとはシリウスもやって、イディオムも見て目の裏側あたりで理解できるよう精進したいです。

・一単語に一つの意味は禁物。先生の繰り広げる1つの単語やその仲間の単語が持つイメージやニュアンスを吸収整理することでうまく読めるようになってくる。

・授業での先生の単語の類語や、単語の英語での説明で、その語句が持つイメージを捉えようとした。

・文章の流れの中で、ある一つの概念がどのように言い換えられているかをチェックすることで、その語句の持つ意味の幅がわかるようになった。具体的な名詞が出てきた時に、それが何の例なのか、サポートなのかを考えるようにしたのはとても理解を助けたと思う。

3.語句の表している意味内容そのものの理解

・これが先生に教わって得した点だと思う。分かっているつもりで分かっていないというのが分かっていなかった。つまりそれはどういうことなの か、と言葉を置きかえて、具体例を出して、図にしてみて、そうするうちに、英語と日本語って全く別の言語なんだなと思えてきた。ネイティブの発想という言 葉が、とてもあっ!というかお得でした。日本人同士でも言葉に対する価値付けは微妙に違うし、まして英語などは。

・日本語訳してみても全く意味が分からない文はどうすればいいのか?自分で「…ってことは〜ってこと。ってことは…」をすればいい。

・英語というよりも、その英文の内容自体に対する基本知識が必要だった。先生のつっこみが激しかったので、この授業では一番この点で鍛え上げられたと思う。授業後の復習では、この点を重視して読み直したつもり。それでも分からなくなった時には先生に質問した。

・とくに、動詞、形容詞から生まれた名詞の意味をよく考えるようにした。日本語訳する際に、主述にまでおこして書くという姿勢がだんだんと身についてきていると思う。あとは、単語が単なる事実を表す語か、または評価を表す語か、ということを考えるようになった。

4.筆者の意図・焦点

・<文の中の並列構造・共通関係・パラレリズム>ができると分かるようになるのだと思います。

・プラス、マイナスの現れる語句には印をつける。major, main, leadingなど最上級格のことばにも印。

・単語そのものの意味から読み取るプラス、マイナスの評価と、その英文でその単語が持つプラスマイナスには、記号を付けておいた。否定の接頭辞や、should、比較級のチェック。A rather than Bで、Aを選択し、Bを却下していることを初めて知った。

・insteadやrather thanなど、一方を却下する言い方を学び、文章の中で実際に触れることで、筆者の焦点の明確な理解が出来るようになった。過去形で事実を述べている文章では、特に現在形が出てきた時に、そこにある筆者の意図を考えるようになった。単なる一般論としてのまとめなのか、今までは〜だったけど、という「ここか らが本題」という目印なのか。

5.主題の発見・把握

・パラグラフリーディングを教わった時に、一文目、二文目に主題がくるとか、最後の段落を読め、とか言われてうまくいかない場面が多々あったけれど、ああ英語ってきちんとしているようで柔らかな部分もあるんだと思う授業でした。何が言いたいのかは、きちんと読んでゆけば分かるんだなと思った。 その発見のしかたも知ることができたし、主題が分かっていると誤読が減る。あとは主題の内容を理解できる単語力と…思考力?が不可欠だと思います。

・全部完璧に読まなくても主題の把握が可能な事に気づけば気も楽になった。筆者の意図、焦点の把握で必要なことに注意すれば分かる。

・地の文で疑問文があった場合には、その答えに当たる部分を探すことで主題を発見した。

・先ず何度も出てくる語をチェックするようにした。これで大まかなテーマをつかめた。あとは名詞句としてまとめられている部分を意識するようになった。名詞句をしっかりつかむことはテーマの正確な理解に欠かせないと思う。否定が出てきたあとは必ず肯定を探すことを心がけるようになった。

6.段落構成・ロジックパターン

・これは未だによくわかっていない。パターンがあるのは分かるけど、全部読んでから、これは主題、これは具体化、また主題、まとめと分けたりしている。凄く遅いと思う。

・「次は例!」など、よっぽど簡単なことしかわからない。特に限られた時間内では難しいので、まだ復習の時とかに見ている。

・最初の段落に筆者の主張が明らかになっていれば、その後は例や裏付けかな〜?と思いながら読み、最初に明らかになっていなかったり、問題提起がされていれば、文中の例から筆者の立場をさぐりつつ、最後に主張が書かれているだろうなと期待しながら読んだ。あんまり、そううまくはいかなかったけれど。

・最終段落は全体のまとめの場合と、そうでない場合があることを知って、要約する際にただつなぎ合わせるだけ、(段落ごとの topic sentenceを)という作業をしなくなった。

7.筆者の心的態度を表す語句

・これがすぐ分かるようになると誤読が減るしスピードも上がる。持ち歩くブリーフケースには絶対入れるべきだと思いました。

・ 面白いように見落としてしまう助動詞表現。分かっているのについ流し読みしてしまう。常に頭の隅に置いて読まなければならない。

・ shouldやmayなどの助動詞から言い切りの形なのか、あいまいなのかを判断。要約の時はその判断が大切だった。また可能性を含んでいるのか、いないのかも重要で、canやno、否定の意味を表す語には敏感になった。

・文修飾の副詞や助動詞をよく見るようになった。助動詞wouldなどは筆者が断定を避けている→しっかりしたsourceがないのでは?というふうに考えるようになった。筆者の心情と、事実とを混同しないように読む姿勢が身についた。

<上記を踏まえた上でもう一度初めからやり直すとしたらどうするか?改善点・変更修正の必要な点を述べよ>

・もっと早く先生の言ってたことの重要性が分かっていたらよかったと思う。でもそういうものを理解するにはそれなりに時間がかかるし、結局なるようにしかならないのだと思います。なるようになりました。とりあえず今分かっているぶんに力を注ぐしかないのでしょう。そのうち、あっこんなの知ってればなあというのが出てくるかもしれないけどそれはそこまでの失敗のおかげで整理がついた喜びというのがあるんだろうと思います。今できることをやります。

・ がんがんマークしながら読む。難しいところで足止めを食らっていないで読む。常に主題のことを考えながら、離れないように読む。英語だからってびびらない で、書いている人は人間なんだから、次に何が来るかなど機転を利かせて読む。筆者の意図を暗示している語には要注意。

・ 予習の段階での疑問点を紙に書くかして、授業ではその点を中心に解説を聞くべきだったと今さら思った。もっと名詞の四角化で視覚化や、動詞にはとじかっこをつけたりすることを徹底していれば文の構造理解がもっとできたと思う。

・ 英文を一つの大きな流れとして読み取るのが甘かったと思う。断片的に意味を理解するのではダメ。その内容が英文の中でどのような効果を持っているのかを考えたい。

・ 現在完了形、過去完了形、進行形の表現を未だに読み流してしまっている。

・語彙がないせいで読めないことが多すぎるので、良く扱われるテーマに出てくると思われる語は、予め学んでおくべきだと思った。英語だけでなく幅広い知識と教養を身につけなければ英文読解は出来ないと思うので、英語以外(理科・国語)の学習もおろそかにしない。予習が不十分だったと思う。必ず一度は辞書無しで目を通し、分からなければ何度も読んで「分からない点」を具体化する作業がもっと必要だった。

<問題の演習よりも読解そのものに重点を置く方針について>

・ 英語を理解したいという欲求が高まった。そういう気持ちは勉強する時にとても有効に働くし、英語を少し面白いと思うだけでも有益です。それにやっぱり読解ができれば演習もできるはずなんだろうと思うし。逆はどうなのか分からないので、きっと良かったんだと思います。

・ はじめのはじめはパニックを起こしかける生徒も多いと思うけれど、のど元過ぎれば熱さも忘れるし、良薬は口に苦しって感じでとてもいい! ということにだいぶ後になってから気づく。

・ 私はその方が好きだった。英語を読んでいる、というよりも日本語を読んでいる感覚で楽しむことができた。1学期に読解中心の授業を受けたことで、入試の問題を解いた時にそれまでより解けるようになった。演習問題をいかにして解くかではなくて、内容をいかに理解するかが、やっぱり入試でも大切なんだなと思った。

・穴埋めなどは読解がしっかりできていれば自ずと分かるし、T/F問題は内容まで考えなくても形だけで答えが出てしまう場合もあるので、そういう演習をやるよりは読解を固める方が大切なので良いと思う。

・難しくても良問が多いテキストの方がいいので、今回のテキストはとても良かったと思う。ジャンルが明示されていたり、アドバイスがあったりして、自学自習もとてもやりやすかった。

<テキスト・教材の選択 (レベル・内容・構成) について>

・ 比較のしようがないので何も言えません。でもしんどかった。負荷が大きければ大きいほど力がつくと先生が時々言っていましたけど、 (なんか筋肉的勉強法だと思っていました)、多分それは真理なのでしょう。他でいろいろ失敗したらよく分かるのかもしれません。

・ 適当である。レベルは低いのは困るけれど、高い分にはついていけばいいと思った。そう思うことが大事だと思う。内容は様々なジャンルのものが揃っていて飽きが来ない。

<後輩へのアドバイス>

・ 先生の言うことを理解しよっ、と一生懸命になれば、早いうちに、どうやれば英語がぼろぼろほぐれるのか分かるようになると思います。そうしたら後は精進あるのみだと思います。頑張って下さい。

・ この時間は英語オタクになりきって臨みましょう。オタクになってしまえば、なかなか楽しいものです。先生のおっしゃることは、はじめは、その多くが呪文のように聞こえることでしょうが、徐々に、徐々に、呪文は言葉として頭に入ってきて、しばらくすると「もしや、私も使えちゃうかも…?!」なんて思えます。そうしたら、本当に面白くなってくる。そして、そこに行くには、努力、予習、疑問、感動、不屈、授業中起きているための前日の睡眠時間が必須なのでした。

・ とにかく予習は怠らずに!最初はきついかもしれないけれど、人間やってできないことはない。英文を読むぞ!というのではなく、ただ文章を読む気持ちで取り組んだ方がよい。基本的なことに思えるかも知れないが、時制のチェックや関係詞がどこに係っているのか、助動詞・可能性などに敏感になるべし。主題が読み取れるようになると最高。たとえ分からなくて、くじけそうになっても、自分の納得のいくまで追求しましょう。先生がこわくても、バカだと思われても、どんどん質問しましょう。でも、一番大切なのは、この授業、テストに負けない強い精神力を持つことと、楽しむこと。この授業を選択して損はない!

・とにかく予習して下さい。文全体の意味が分からなくても、SVくらいは予想をつけておくこと。あとは辞書を使わずに一度は目を通すことが大切です。分からない点は具体化しておくことも忘れないで下さい。先生の説明を聞けば理解できるのは当然なので、その後で自力で見直し、身についているかを確かめることも大切です。

都立高校、都内私立高校から山口県の私学へと、月日以上に流れ流れてきた感はありますが、その時々の英語教育の流行とは距離を置いていたかなと思います。ただ「流れ」であるからには、通底するものが確かにあるだろう、という再再録でした。

本日のBGM: Gypsy (Suzanne Vega with Richard Thompson)

D

2016-06-29 You are what you don’t write about.

週末には更新しようと思っていたのですが、先週の木曜日、金曜日と大雨の影響で二日続けて休校となり、授業が欠けた分の埋め合わせや、試験問題の作り直し等々、思うようにはならないものです。土曜日課外で、なんとか授業の方は軌道修正したものの、今度は月曜日から体調を崩し授業と期末試験の準備で手一杯でした。

現任校のカリキュラムでは、高3の学校設定科目「クリエイティブ英語」で、1学期はナラティブパッセージを書かせています。四半世紀使い回したネタも多いので、昔のファイルを眺めていたら、面白いものに再会。

前任校時代だから、10年ほど前でしょうか。科目「ライティング」での実践に基づく進学校教員を対象とした研修の質疑応答が出てきたのでご紹介しておきます。(先日、「呟き」で連投していたものと基本的に同じものですが、一部コメントを補足しています。)

Q1: 大変素晴らしい実践だと思いますが最小限の負担で最大限の効果を引き出す工夫について何かヒントがあれば教えてください。

A1: 何事も新たな取り組みをするときは、無駄があるものです。私は「最小努力、最大効果」ということを考えたことがないので、とにかく、生徒の能力と自分の実践を信じて、結果に隷属しない気概が大切なのではないでしょうか?

これは、質問者が望んだ回答にはなっていないのですが、私をよく知らない人には分かってもらえないところかもしれません。でも、まあ、普段の授業でも、クラス担任としての対応としても、基本はこんな感じです。


Q2: 普段の授業と実際の大学入試における採点基準について差は感じられるでしょうか?

A2: 東北大や阪大のように、大学が出題意図を公表しているところは稀ですので、大学でどのように採点されるかはあまり気にしておりません。あくまでも、自分のシラバスの中で、高校生がどこまで英語らしく書くことが出来るか、という点で評価しています。

ここでは「稀」と言っていますが、大学側の変化はこの10年で著しい進歩を見せていると思います。今は無き『英語青年』の特集 (2006年4月号) での私の主張の方向に少しずつ近づいているといえるでしょうか。

九州大学の「標準解答例」の配布。金沢大学の「正答例」の公開など、大学の公式見解が表明されているのは歓迎すべきことです。

「大学入試の自由英作文は減点法」等と言っている人が受験指導の界隈には未だにいるようなのですが、受験生や高校生が大学に情報を公開するよう求めればいいのに、といつも思います。

因みに、私の母校でもある東京外国語大学は、昨年度から、詳細な採点基準を公開しています。

問題の難易度や採点基準の中身はともかく、「公開する」という姿勢は良心的です。

(http://www.tufs.ac.jp/common/is/nyushi/kakomon/1-1zen-e.pdf)


Q3:添削の効果的なやり方は?あまり労力をかけずに大量のペーパーを処理するにはどうすればいいのか…。

A3: たくさん書かせなければ、添削の労力は減りますから、introductionの段落とconclusion段落の英語は既に与えdevelopmentの部分だけを英語で書かせるというように、量をコントロールすることと、idea generationの手法を工夫して、アイデアを出すときに語彙指導をしてしまうことだと思います。添削など、書かせた後に待っているであろう労力を、事前のステップに振り分けておく、と考えてみては?

現行の『英語表現』の教科書を見ていて痛感しますが、短く書かせるのは大変なんです。50語程度で、「つながり」と「まとまり」がある英文を書くのは至難の業。そのことをまず指導者が体感、体現しないとダメでしょう。のり代とか踊り場とか、ある程度のムダを許容する「分量」が必要だからこそ、『パラグラフ・ライティング指導入門』では、テクストタイプごとに段階的な指導手順を示していた訳です。

  • 全体を通してみると80語とか、150語とか、300語といった分量になる「英文」だけれども、書かなきゃいけないのは、この部分の50語とか、80語でいいですよ。

という課題設定と、ネタをテクストタイプごとに用意しておくのが「ライティングの教師」の仕事だと思います。


Q4: 要約させる時に指導すると良い点があったら教えていただけるでしょうか?

A4: 類義語での語句レベルのパラフレーズの指導を通して「語義」の正しい理解を常に意識させることが大切かと思います。日本語を活用しても良いので、上位語・下位語の概念や、反意語を援用した語義の理解(例えば、innocent = 無垢な、という訳語は既に「汚れていない」という否定を利用した語義の記述となっていますから、wicked = 邪悪なという語義も、その反対概念のpure を想起すれば「汚れていない」の否定はimpure「汚れている」というように、その語が持っている個性を際立たせる効果があります。

この「反意語を援用した語義の理解」は、私の授業の基本線でもあるので、過去ログでたびたび出てきていることでしょう。


Q5: 高3でリーディングの授業と連携したりすることはありますか?(理社へかける時間を増やすべきではという考えもあるが、英語の授業数がたくさんあり、その使い方で意見が分かれているもので…)。

A5: 現任校では担当教師裁量に任されているので、互いに何をやっているかは情報交換します。リーディング教科書の英文のテキストファイルはコピーしておき、コンコーダンスソフトにかけて、特定の表現を検索できるようには準備します。リーディング教科書のテクストタイプだけでも1年間分は必ず確認して欲しいものです。次には、トピックを共有することが考えられます。さらには、和訳先渡しやTM先渡しで、なぜ筆者はここでこの表現を用いたのか、など、とことん「ことば」にこだわった授業展開も可能です。私のクラスでは、ライティングの授業でトピックや主題に関連した英文資料を相当な量読ませますので、現在は直接的な「リーディング」の科目との連携はありません。

今は、「コミュニケーション英語」っていう科目があるから、技能統合とか連関などと騒がなくてもよい時代なんですよね? え? 次期指導要領の改訂で「英語コミュニケーション」になるの? なんで?


Q6: 私も教科書の各レッスンの要約を生徒にさせていますが、いきなり何の手がかりも無いと厳しいようです。そこで、私は要約をある程度教員が作って、生徒は空所をうめるというスタイルにしています。先生は高1から生徒に要約をすべて教員の補助なしで書かせていらっしゃるのですか?

A6(前半): 高2の授業では1学期中間までに私の作った内容理解のQを利用した要約作りから始めます。1学期期末は今度は生徒がグループで質問の方を作り、クラスで答えを考えます。2学期中間までは語句や文レベルでのパラフレーズ、語義のきちんとした理解、類義語と上位語の概念を学び、最終的に要約を各自で作る前段として、2学期はグループで要約作り、という進め方です。題材やテクストタイプが変われば難易度も変わるので、既習の手法を常に確認できるようにしています。2学期期末では、設定したキーワードからだけでreproduceできることを「理想的」な目標としています。

要約の段階的指導も、過去ログで触れているはずですし、これまでに声がかかった「お座敷」で、何度も披露していると思います。


ということで、10年以上前の実践に基づく発表の質疑応答とその補足でした。

  • では、今はどうしているのか?

ということで、高3の学校設定科目の期末試験問題をこちらに。基本的にやっていることは同じなんです。

16CR_ENG3_1TE.pdf 直

今回の1問目の「帽子売りと猿」はサービス問題。

この「お題」で既に平常の授業で各自に書かせています。そのドラフトを元にして、時系列で書くための「肝」へのFBは与えているのです。

帽子売りと猿のフィードバック.pdf 直

ここで分類整理した上で提示した全ての例文が、生徒のドラフトを私が修正して、このお話に基づくように再構成した表現集となっているわけです。

それでも、自分でイチから書くのは大変なんですよね。

ナラティブって難しいんですよ。

上記資料のダウンロードは自由ですが、二次使用はご遠慮願います。

本日は、この辺で。

本日のBGM: That’s where you’re wrong (Arctic Monkeys)