TNET日々のメモ RSSフィード

2018-01-07

[]Raspberry PiからUSBスピーカー経由で、Javaプログラム経由で音を流す。

HDMIに接続しているRaspberry Piは、音声出力の優先順位がHDMIになっているため、Javaから音を流すプログラムを書いた場合、HDMI接続先のデバイスから音が出ます。家の環境は、HDMIの接続先はテレビになっているので、テレビにRaspberry Pieの画面を出していないと音が出ない状態になってしまいます。

今回Javaプログラムから、定時でチャイムをUSBスピーカーから流すプログラムを組みたいと思っていて、Raspberry Piに接続したUSB スピーカーから音を出せるように、色々思考錯誤しました。

基本的には、以下のページに記載している内容を参考にさせていただいた結果、問題なくテレビのHDMI経由で音が鳴りました。

Javaでmp3を再生する(コード編) - 技術系備忘録

RaspberryPiでUSBスピーカーから音を鳴らす - uepon日々の備忘録

今回は、プログラムから流す音のみをUSBスピーカ側に流したいと考えていたので、Javaソースコードを以下のように追加しました。

// 以下、追加したソース

Mixer.Info[] mixerInfo = AudioSystem.getMixerInfo();

Mixer.Info finalMixerInfo = null;

for (Mixer.Info aMixerInfo : mixerInfo) {

if (aMixerInfo.getName().contains("MicroII")&&!aMixerInfo.getName().contains("Port")) finalMixerInfo=aMixerInfo;

};

Mixer mixer=AudioSystem.getMixer(finalMixerInfo);

line = (SourceDataLine) mixer.getLine(info);

// ここまで追加したソース

// ラインを取得

//line = (SourceDataLine) AudioSystem.getLine (info);

line.open();

上記の赤字については、接続したUSBスピーカーによるので、以下のコマンドで調べて合わせます。

$ cat /proc/asound/cards

0 [ALSA ]: bcm2835 - bcm2835 ALSA

bcm2835 ALSA

1 [MicroII ]: USB-Audio - Audio Advantage MicroII

C-Media INC. Audio Advantage MicroII at usb-3f980000.usb-1.3, full speed

今回接続したUSBスピーカーは以下です。対応OSには記載されていませんが、Raspberry Pi 3(RASPBIAN JESSIE)に接続して問題なく認識しました。



2017-12-13

[]Gmailに届くメールをLINE送信する。

携帯電話のキャリアメールを解約すると、リアルタイムに受信するメールが無くなってしまいました。

Gmailの通知の頻度を上げてしまうと、いろんなメールがうざいぐらいに通知されてしまう訳です。

なので、その解決策として、Gmailの一部のメールをLineへ転送したいと思って、調べてみました。

すると、以下2つの方法があることがわかりました。

今回は後者を使いました。理由としては、IFTTTは調べてみると、大変便利なサービスであることが分かったのですが、

第3者サービスを使ってまでやるかなあと思いましたので、いったんは、後者で実装したというわけです。

Web上には、ほぼ手順が記載されているページも多かったので、速攻で実装完了しました。

おかげで、子供が塾に入るときの通知先メールをGmailにしていたのですが、その通知だけをLine Notifyに転送する事ができました。

これは便利だなーと感心しきり。



2017-12-08

[]子供にタブレット(Nexus 7)をそのまま渡し、使わせるために無料でURLフィルタ設定

子供にタブレット(Nexus 7)を使わせる目的として、以下を設定してみました。ほぼ渡してしまいたかったので、きつめの設定をしました。少し調べたところ、「i-フィルター」などの有料でのフィルタリングが定番になっていたのですね。まずは無料でなんとかしたいところです。今回の要件は以下で設定してみました!

  • Yahoo キッズ を見れること
  • wikipedia で調べられること
  • 塾のオンライン講義が受けられること
  • Youtubeが見れること
  • Google検索 ができること (ただしリンク先は上記のサイト以外には飛ばない)
  • 上記以外の外部サイトと通信できないこと (必然的にオンラインゲームはできないし、変な広告は表示されないハズ)

1)Proxyサーバーを立てる (raspberry pi)

1−1) privoxyインストール

$ sudo apt-get install -y privoxy

1−2) privoxyの設定

$ sudo vi /etc/privoxy/config

#以下の行から「localhost」を削除

listen-address :8118

1−3) フィルター設定を追加

$ sudo vi /etc/privoxy/user.action

# 以下フィルタ設定を追加

{ +block }

/ #全てのURLをブロック

{ -block }

# google検索用

.google.com

.google.co.jp

# Yahooキッズ用

kids.yahoo.co.jp

.yimg.jp

# 塾用

.ichishin.jp

.ichishin.co.jp

.wingnet-web.com

# wikipedia

.wikipedia.org

.wikimedia.org

# Youtube

.youtube.com

.ytimg.com

.googlevideo.com

1−4) サービスの再起動

$ sudo service privoxy restart

2)Nexus 7無線LANの設定に、1で設定したProxyサーバーを指定する

こちらの手順は、Google検索すれば出てきますよー。

とりあえず、これで様子を見ながら、フィルターを増やしてみようかと思います。



2017-11-25

[]Vaio Phoneで格安運用スマホが出来た! DSDS (Foma + DMM Mobile)

Foma通話 + FomaSMS + 格安SIMデータ通信(低速だが無制限)の月額1,191円の格安運用スマホができました!

自分の中ではこの構成が最安で、これ以上できねぇ!という感じです。契約の乗り換え無しで、これより安く運用する方法は多分ないんじゃないかなと思います・・・。

通話も安定しています。imodeメールはこのタイミングでやめてLINE等へ完全に切り替えました・・・。


【通信料金 月額内訳】

Fomaタイプシンプルバリュー(いちねん割引 + ファミリー割引 + ユニバーサル利用料) → 751円

DMM Mobile ライト → 440円


【画面ショット】画面上部にアンテナが2つ立っているのがわかります。

f:id:tnet:20171125224531p:image:left


【端末の設定方法】

1 使っているFoma端末からSIMカードを取り出します。(SH-07Fを使っていました。Micro SIMのサイズのFomaカードでした)

2 DMM MobileはNano SIMのものを契約します。

3 Vaio Phoneの電源を落とし、1, 2 のSIMを入れて起動します。

4 「設定」 → 「SIMカード」を選択し、優先SIM項目にある、モバイルデータにDMM MobileのSIM通話FomaSIMを指定します。

5 SMSをほかの携帯電話から、自分のFoma携帯電話番号に向けて送信します。受信すれば成功で、SMSも使えます。



2017-08-21

[]シダトレン 続編

濃度を増したシダトレンを開始して、4週間がたちました。いわゆる維持期となりました。

そのほか、発生した副作用としては、以下でした。

いずれも現時点では、体が慣れたらしく、発生することはなくなりました。

これから数年間、続けてみたいと思います!