Hatena::ブログ(Diary)

メリケン粉。

2017-12-13

1080とな?

どうなのかなーとゆう感じで。
今、つくってんのを1月あたりに上げようと思っていて。
(そこまでに実装されてんのか、まだ試用期間なのかアレなんですggg

できるだけキレイに見えるように、ひさびさに課金してUPしようかな…遠い目☆←
(どこまでキレイに出るかですけどねー。何回かお試しで上げてみる所存です。

2017-11-26

長船とゆう文字を見るだけで、

胸が高鳴るといいますか。
(実際に存在する地名っていいよねぇ…。

行ってきました。

赤穂線の新快速→途中から各駅停車で播州赤穂まで行って、
そっから1時間に1本の各駅停車で長船へ。

(移動中にスマホでどこ行くか検索しまくりました。
(便利やなぁスマホ。←しかしのちに電池で泣くことになろうとは思いもよらなかtt

長船派の祖、みっただくんが一振の故郷は、

………ちょー田園地帯………。
(そうゆう意味では、水戸へ向かう茨城の風景にも似てる感じ。

駅前に、新聞配達のお店みたいなのがあって。
そこで、ママチャリを300円で貸してもらって、れっつらごー。

(長船駅周辺のレンタサイクルでぐぐっても出てきません。
(10年以上前のブログと、2年前のツイートでここの存在を知る。

(コインロッカー無いんですが、お店の方のご厚意で荷物を預かってもらえました。
(ただし、無人のお店に置いておく形なので、貴重品は持って出ました。

*************

地理的事情により、まずは一文字という、うどん屋さんへ。

どどめせとゆう郷土料理のちらし寿司的なもの、おうどん、天ぷら、お漬物の定食を、
注文してから茹でるとゆー麺をお願いし。
(この場合、15分程度待ち。

(小麦粉を農家さんに作ってもらって、石臼で製粉→製麺しているとゆうこだわり。
(おだしも、北海道産昆布以外は近海でとれたものを使用。
(天ぷらのお野菜もできるだけ地産のもの。

(…ってなことが、雑誌の過去記事コピーのファイルが置いてあって。
(待つ間、熟読しちゃうよね…w
(すごいなーとか感心しながら読んで、期待値が高まります。

(そして画像は撮り忘れて無い。←
(今回まわったとこも含めて、全部ぐぐると出てくるからいいかなー。

うどんは、小麦の栄養が残るように挽いてあるので、少し茶色系。
もちっと系です。コシは普通。
とにかく、おだしがものすごくおいしかったです。私好みでした。

天ぷらが、春菊とさつまいもだったんですが、おいしかったし、
さつまいもがぶ厚くて食べ応え満点。

お寿司も、酢飯の中に、れんこん、にんじん、ごぼうなどなどが混ぜてあるし、
上には錦糸卵、絹さや、しいたけ、えび、あなご、里芋などがのっかってて豪華。

おいしいし、他も面白かったので、ここはおすすめです。
(物産のお米とか買いたかった…。重くなるので断念しましたg
(入口で機械が石臼まわしてるとこ見れるし。石臼展示してあったりとか。

**************

そしてここは、備前福岡。

…そう、黒田家ゆかりの地!!←しらなかtt
(なんか、かんべーさんのお父さんの代の途中ぐらいまでいたらしい。
(九州の福岡市の地名はココかららしい。

で、かんべーさんのひーおじーちゃんのお墓がある、妙興寺さんへ。

立派なご門からお邪魔し、お堂のそばを抜けて、裏の墓地へ。
(境内にはご当地キャラクターらしいかんべーさんのアニメ系立て看板が。
(たぶん、大河で観光スポットになったんだねー。

(うきたさんちのお墓もありました。

(丁寧な案内板を頼りに、黒田家の墓所へ。
(何基もお墓があるのですが、崩れかけたものや、彫られた字が判別できないものも。
(その石の状態から、とても歴史を感じます。

(何百年も前のお墓が、有志の方々によって守られてるのもすごいなぁと。

(ひーおじいちゃんのお墓の横に、立て看板があり。←親切。
(おじいちゃんおお墓も、数百年前でかなり風化してるとはいえ、比較的新しい感じ。
(かんべーさんと長政様の刀が好きで来ました〜と、ご報告しました。←

***************

近かったので、仲崎邸へ。

(旧家のお屋敷を整備して開放しているらしい。
(ブログにあったカフェはもうやってなかったので、中庭だけさっと拝見しました。
(建物もお庭も美しく、風情がありました。

****************

そして、靱負(ゆきえ)神社へ。

鎮守様だし、刀工さんたちも信仰してたとかだし、
崇神天皇さん、足利尊氏さんゆかりだし、由緒ある神さんです。

刀剣博物館の裏手で、わかりやすいです。

立派な石の鳥居とご門から入らせていただきました。
境内は、けして狭くはないのですが、すべて綺麗に掃き清められています。

(今回まわったどこもそうだったんだけど、この落ち葉の季節に綺麗とゆうことは、
(毎朝、お掃除していらっしゃる→厚く信仰されているとゆうことですね。

お社が、木造瓦葺でした…!
(木造とゆうところが、管理タイヘンそうなのに、地元の皆様の心意気を感じます。

みっちゃん大好きで来ました! 最近、長船刀ふえたんですよー。
(小豆さんと謙信くんいないんですけどもー。←
…などとご報告を申し上げ。←

また、眼の病気平癒のご利益があるみたいです。
(お社に「め」って筆書きした半紙貼ってたー。

(裏手にまわると、石柵に彫られたご寄進のお名前と、石のさざれ具合が、
(江戸時代ぐらいっぽいなー、などと歴史も感じつつ。

***************

そこから、とって返して。

備前長船の刀匠の霊を供養しているとゆう、慈眼院へ。
(こちらも「眼」関連ですねー。刀工は目がわるくなりがちだったんだろうか。

入口(短い参道口?)には、
「古跡 備前刀匠長船菩提寺」とゆう石柱。

こぢんまりとした境内に、梵鐘と本堂、供養塔がありました。

こちらにも、イケメンみっちゃんが大好きで参りましたー!と、ご報告を。←

(ちょっとぐぐってみたら、長船家の菩提寺らしいです。
(詳細は見つけられなかった。

*************

最後に、刀剣博物館へ。

チケットが刀剣の柄で、変わってて素敵。
(ちなみに、カード呈示で100円引きとかあるので、種類を調べていくといいかもー。

いろいろな刀が展示してあるのと。
(企画展も含めて、41振とのこと。

また、刀の作り方をわかりやすく展示してくれています。

(で、今年4月の薬師寺にからちゃん見に行ったときの。
(膨大な刀剣展示が、ちょっとものすごい企画だったのではと思いました…。
(有名な刀剣がこれでもかと大量に、また興味深く展示されてたもんね…。
(もっかい行ってちゃんとゆっくり拝見すれば良かった。
(博物館でも、こんな展示にはなかなか出会えないんだなーとか思い返していました。

あとは、長船刀剣発祥の地の石碑まで移動して激写して。
(畑の隅に石碑があるのみ!

終了。長船を後にしました。

*************

今回、スマホのGPS機能っぽいものにとてもお世話になりました。
(なので電池が危ういことに…!
(1本道の逆を、迷わず進む程度の方向音痴なので。

あと、人がいない時に行ったので、とってもゆっくり見てまわれました!
特に神社仏閣は誰もいなかった!うん!
(御朱印やお守りなども無かったです。

刀剣博物館も、人がちらほら。
(刀剣関連イベントとか、ことごとく無い日に行った…w

おみやげも、包丁を見にいったんですけど、備前のものは置いておらず。
(マツコさんの番組で売り切れちゃったのかなー…。

ブレーキが悲鳴を上げまくるようなママチャリでまわったのですが。
ちょー長閑でした…ずっと田園風景で。

ずーっと整備された用水路が続いてて、ところどころに白鷺がいたりと。

晴れ時々曇りのお天気で、ちょっと風は吹いたけど、天候にも恵まれてました。

2017-11-23

おだわらりらりら♪

おもしろかったですね!!!

終了〜。
(いやもうなんか、細かい感想はTLでチョッパヤで流れていってたので。

けっこーな雨の中の演劇も観劇もスゴイなー…たいへんそう…とか思いつつ。
(無事に終演するように祈ってた。

何よりキムチ鍋うどんを具だくさんに作りすぎて、
配信前に食べきれないかと思った…ぜぇはぁ。←
(必死で食べ終われた。お鍋も水につけてこれた。すごいぞワタクシ。←

博多くんがでらかわゆかったですね〜…。
(なんだろう、ちょー光属性の天使だったよね…?
(大団円の時も、横でニコニコしてて、おそろしくかわゆかった…なんだなんだ?

でも確かに、あの暗くて押し迫った状況のなか、
山伏さんや博多くんたちが出てきたとたん、
陽が射したよーに、雰囲気が明るくなって。

(実際に雨がやんだそうな…。うひょー。

今回、飛びぬけた明るさを持ったお二人でしたねぇ…。
まんばちゃんのご兄弟と、黒田さんちの経理担当…w
(ってゆうか、みっちゃんさだちゃんコンビはまだまともな明るさとゆうかルクス?

この二振がとにかくまぶしかったので、ライビュチケット申し込みました。
なんか、今までのステとは雰囲気がちょっと違ってる感じ。

(今までが暗いとゆうか、暗いキャラに引きずられがちだったのが、
(山伏さん博多くんで雲散霧消しちゃうとゆうか。それが爽快だったので。

あと、日本号さんがかっこかわいい!!
(かなり、長谷部くんに対してもやわらかめな号さんでしたね?
(コレ、本編でもこのやわらかさなのかな? どっちでも楽しみだなと思って。

(やわらかくてもかわいいし、キツかったらそれもオイシイしw
(あと、男前なんですよねー…。

(槍の戦い方もかっこよかったとゆうか、身長も高いし手足も長いので見栄えがして。
(あと、最後の串刺しがとても印象的でした。きゃーしょうさんみー!

んー、今回は、長谷部くんがとてもしゃべっていて、
(ざいきっちゃんとかもそうなんだけども。
良くこんなに長いセリフ覚えて噛まずにいられるな…とか。

そっちのほうを感心してしまいました…。
使い慣れない単語やら言葉遣いを覚えて、更に演技しながらしゃべるだなんてー。

(てゆうかまぁ、なんつーか、こうるさい系な役回りだったなとゆう…w
(すっごい出番多かったけどね!w

(まんばちゃんも、天然ざいきっちゃんの天衣無縫トークにやられまくってたし!w
(さよちゃんも精神的に疲れてんじゃないの修行っつーより休もうよ的な?

(そこを救いに現れたエンジェルたち!…みたいな構図に、僕には見えました…。
(すみません…。ボキャ貧困で…。

なんだろうねぇ、長谷部くんは、
花丸方面か、刀ステ方面か、どっちかしかないんですかねぇ…w
(振り切り過ぎてると思うんですけど…w

…まぁ、ひさしぶりに長谷部くんが見れたのと、
かわいい博多くんと号さんが拝見できて楽しかったです。ちゃかちゃん☆

************

今回も思ったけれど、
やっぱり、演者さんによって萌える方向がゼンゼン違っちゃうんだなぁ…とゆう。

僕、たとえば山伏さんには全く興味無かったですからね…。
(今回で、「うぉ!まぶしい!灰になる!!」とか思ったので。楽しいw

博多くんも、長谷部くんの親戚のおじさん(←ん?)ぐらいに思ってたんですけれど。
(ぁーでもえむえむでーでさわってると、ちょーかわゆいなw
(めっさめさかわゆかったからね…。めいっぱい手をふってバイバイしてるの天使か!

あとはもちろん、すべからく全員、戦闘シーンはかっこよかったです。
(博多くんさよちゃんはかわゆみもアリ。

号さんも、長谷部くんの親戚のおぢさn
(いっやー、かっこいいよねー…。
(僕は今回はたぶん、このひとを見に行きます。いやもう好みですよね!

長谷部くんはもう、好きなのかどうかわかんないわー。←
うん、まぁ、夢見すぎなんですよw
(語ることが多すぎて、じゃあ見に行くなってなるほどに執着しすぎなので。

…さ、おとなしく二次ってきますかねー…w