Hatena::ブログ(Diary)

情報資源センター・ブログ 「情報の扉の、そのまた向こう」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

公益財団法人渋沢栄一記念財団情報資源センターがお送りするブログです。
渋沢栄一社史を始めとする実業史、アーカイブズ図書館に関連する情報をご紹介しています。
文化資源に関わる災害と復興についての情報は「震災関連」カテゴリーに集約しています。

2017年05月24日(水)

[] 研究センター事業成果報告(渋沢栄一記念財団)

[] 渋沢研究会 第221回例会「埼玉県八基村と渋沢栄一 ―1920年代の二度の農村調査から― (仮)」 (2017年6月17日開催)

第221回渋沢研究会が開催されます。

第221回 渋沢研究会
 テーマ : 埼玉県八基村と渋沢栄一 ―1920年代の二度の農村調査から― (仮)
 報告者 : 高田知和氏(東京国際大学)
 開催日時 : 2017年6月17日(土曜日) 16時00分より
 開催場所 : 文京学院大学本郷キャンパスB館8階811会議室 (Googleマップ

連絡先など、くわしくは上記リンク先をご覧下さい。
 

[][] 『Three women of the Shibusawa family』 【Shibusawa Eiichi Memorial Foundation,c2009】

書誌事項

Three women of the Shibusawa family / Shibusawa Masahide
 Tokyo : Shibusawa Eiichi Memorial Foundation, c2009
 37p : 挿図, 肖像 ; 21cm (Shibusawa Eiichi studies)
 注記: 『渋沢家の女性たち : 千代・歌子・敦子の生きた時代』(現代女性文化研究所、2008)の英語版 ; "Speach delivered at Contemporary Women's Culture Institute, Tokyo, Japan, September 22, 2007"--T.p. ; 著者日本語: 渋沢雅英 ; "The English edition, edited by the Shibusawa Eiichi Memorial Foundation, was translated into English by the Center for Intercultural Communication""--T.p. verso

解題

 (公財)渋沢栄一記念財団理事長渋沢雅英の講演録『渋沢家の女性たち : 千代・歌子・敦子の生きた時代』(現代女性文化研究所、2008)の英語版。講演は2007年9月22日NPO現代女性文化研究所で行われた。
 内容は渋沢栄一(1840-1931)を支えた妻千代(1841-1882)、長女歌子(1863-1932)、長男篤二の妻敦子(1880-1943)の3人を取り上げ、それぞれの女性の生き方を考察したもの。まず千代の項では、若き日の栄一と千代が交わした書簡を紹介し、時代のうねりのなかでも強く結ばれていた二人の心情を述べている。次の法学者穂積陳重に嫁いだ歌子の項では、歌子が著した母千代の伝記『はゝその落葉』や、歌子が27歳の1890年(明治23)から亡くなるまで記した日記に触れ、彼女が強く影響を受けた父栄一の価値観にも言及している。最後の橋本伯爵家から嫁いできた敦子の項では、出奔した夫篤二に翻弄されながらも、敬三を筆頭に授かった3人の息子達を大切に育て上げる姿が情愛を込めて語られている。本文中に肖像や史料の写真を掲載し、巻末に注と参考文献付。

書影

『歴史的視野の中の渋沢栄一』

目次

項目ページ
[Introduction]1
Shibusawa Chiyo2
   Letters from Kyoto5
   Voyage to France8
   Eiichi cuts his hair10
   The move to Tokyo12
   Fukagawa Fukuzumicho14
   Hokoin-sama18
Hozumi Utako19
   The property of wives21
   From danna-sama to shujin23
   Shibusawa Tokuji23
Shibusawa Atsuko25
   Marriage27
   Disinheritance29
   Akebonocho and elsewhere30
   Eiichi's death33
   Vice-governor of the Bank of Japan34
Notes35
Reference37

外部機関の所蔵データほか

所蔵機関なし。

関連エントリー

参考リンク

2017年05月17日(水)

[] 論語と算盤/守屋淳の、渋沢栄一から経営者への手紙/「実業寺本尊千手観世音菩薩」

[][] 『The world of Shibusawa Eiichi in a database』 【Shibusawa Eiichi Memorial Foundation,c2009】

書誌事項

The world of Shibusawa Eiichi in a database = データに見る渋沢栄一の世界 / Shibusawa Masahide
 Tokyo : Shibusawa Eiichi Memorial Foundation, c2009
 23p ; 21cm (Shibusawa Eiichi studies)
 注記: 英語日本語併記 ; 著者日本語: 渋沢雅英 ; translation into English by Center for Intercultural Communication ; "speech for the Rotary Club of Tokyo delivered at the Imperial Hotel, Tokyo, August 6, 2008"--T.p.

解題

 2008年8月6日東京ロータリークラブ主催の講演会における、(公財)渋沢栄一記念財団理事長渋沢雅英の講演録。日本語の講演を英訳し、見開き左に英語、右に日本語を配している。
 内容はまず、財団事業として近年進めてきた渋沢栄一に関するデータベース構築に触れ、その資料整備過程でみえてきた栄一の実像として、次の5つを挙げている。(1)日本の近代化の先導者、(2)抜群の説得力、(3)社会変革実現への関わり、(4)近代日本育成の手段としての企業設立・運営、(5)事業継続実現への粘り強さ。そして最後に晩年の栄一の人間としての完成度について、彼の孫である渋沢敬三の視点を紹介している。

書影

『歴史的視野の中の渋沢栄一』

目次

項目ページ
Shibusawa Eiichi2
A leader of modernization4
Persuasive powers8
Commitment to social reform10
Companies to boost modernization12
Tenacity and perseverance14

外部機関の所蔵データほか

所蔵機関なし。

関連エントリー

参考リンク

[] "Communicating the Value of Business Archives to Business Archives: The Shibusawa BA Project and Corporate Archives in Japan"のビデオ公開

 ビジネス・アーカイブズ国際シンポジウム「ビジネス・アーカイブズの未来の役割」(ストックホルム、2017年4月5-6日)において、ビジネス・アーカイブズ関連事業の専任アーキビスト・松崎裕子が行った講演およびパネルディスカッションの様子がビデオで公開されました。

 パネルでは、1) 創業して日が浅い会社の経営者にいかに企業アーカイブズの価値を伝えるか、2) 企業アーカイブズにおけるデジタルな記録情報の管理や保存の現況・課題が語られました。ぜひご覧下さい。

関連エントリー

参考リンク

2017年05月10日(水)

[] 「渋沢栄一に関する3冊の本」(研究センターだより)/東洋紡績/CSR基礎講座2017

[][] 『歴史的視野の中の渋沢栄一』 【渋沢栄一記念財団,c2008】

書誌事項

歴史的視野の中の渋沢栄一 / 渋沢雅英著
 東京 : 渋沢栄一記念財団, c2008
 22p ; 21cm
 注記: 華中師範大学、渋沢栄一研究センターでの講演 (2007年12月1日)

历史视野中的涩泽荣一 / 涩泽雅英著
 東京 : 渋沢栄一記念財団, c2008
 15p ; 21cm
 注記: 日本語タイトル: 歴史的視野の中の渋沢栄一 ; 参照タイトル: 歴史視野中的渋沢栄一 ; 奥付の著者 (誤植) : 涩泽荣一 ; 華中師範大学、渋沢栄一研究センターでの講演 (2007年12月1日)

China and Shibusawa Eiichi in history / Shibusawa Masahide ; translation into English by Center for Intercultural Communication
 Tokyo : Shibusawa Eiichi Memorial Foundation, c2008
 22p ; 21cm (Shibusawa Eiichi Studies)
 注記: Speech delivered at Shibusawa Eiichi Research Center, Central China Normal University, Wuhan, December 1, 2007

解題

 2005年に中国南通市で開催された第2回渋沢国際儒教研究セミナーに参加した章開元(元・華中師範大学学長)と馬敏(華中師範大学学長)は、2006年に中国武漢にある華中師範大学に渋沢栄一研究センターを設立した。同センターでは2007年より毎年秋から冬にかけ、渋沢栄一記念財団寄附講座として各国の研究者を招聘し、日中関係と現代日本についての講義を行っている。2007年12月1日開催の第1回寄附講座では、財団理事長の渋沢雅英が「歴史的視野の中の渋沢栄一」と題した講演を行った。本書はその講演録で、19世紀以降の歴史の中で渋沢栄一の人生とその活動の持つ意味と広がりを考察した内容。近年の中国の目覚ましい発展ぶりから説き起こし、東アジアの近代国家形成の中での栄一の果たした役割をまとめたうえで、孫文との交流や中国水害義援金のとりまとめにも触れる。そして栄一の唱えた「論語と算盤」「道徳経済合一」などの倫理観、世界観が現代の国際関係の中で持つ意味について言及している。なお本書は日本語版の他に、中国語版と英語版が出版されている。

書影(左から日本語版、中国語版、英語版)

『歴史的視野の中の渋沢栄一』

目次

日本語版

項目ページ
蠟小平氏と中国経済成長の奇跡1
日本の近代化とそのインパクト4
官尊民卑打破8
民間企業の育成10
財界 : 新しいパワーセンターの誕生12
孫文氏との共同作業14
公益の追求者16
「中華民国水災同情会」18
いま、なぜ渋沢栄一か?19

中国語版

項目ページ
1. 邓小平和中国经济发展的奇迹1
2. 日本的现代化及其冲击3
3. “官贵民贱”风气的废除5
4. 民间企业的培育7
5. 一个新的经济中流砥柱 “财界”的诞生8
6. 和孙文的合作9
7. 公益的追求者10
8. “中华民国水灾同情会”12
9. 为何今天我们要谈论涩泽荣一13

英語版

項目ページ
Deng Xiaoping and the economic miracle1
Japanese modernization and its impact3
Transcending old ideas8
Fostering enterprise10
The birth of a new center of power12
Work with Sun Yat-sen13
Promoter of the public good15
China Flood Sympathy Fund17
Shibusawa Eiichi: why him, why now?19

外部機関の所蔵データほか

所蔵機関なし。

華中師範大学渋沢栄一記念財団寄附講座一覧

回次テーマ講師(講演時の肩書)年月日
1歴史的視野の中の渋沢栄一渋沢雅英(渋沢栄一記念財団理事長)2007/12/1
2第二次世界大戦後の日中関係エズラ・ヴォーゲル(ハーバード大学名誉教授)2008/12/10
3世界の中の日中関係五百旗頭真(防衛大学校学長)2009/12/24
4英雄的企業家 : 東西の企業家精神と工業化の比較を通じてジャネット・ハンター(ロンドン大学教授)2010/12/15
5エレベーター・ガール : 現代日本のポップ・カルチャーローラ・ミラー(ミズーリ大学セントルイス校教授)2011/10/19
6中国と日本の共通価値山折哲雄(国際日本研究センター名誉教授)2012/10/24
7合本キャピタリズム : 渋沢栄一の経営哲学と企業家活動島田昌和(文京学院大学教授)2013/10/29
8渋沢栄一1914年訪中100周年記念シンポジウム2014/11/24
渋沢栄一の道徳経済合一説田中一弘(一橋大学教授)
パネル・ディスカッション「二一世紀のグローバル資本主義とモラル : 儒教と企業家精神」司会 : 馬敏(華中師範大学教授)、パネリスト : 田中一弘(一橋大学教授)、周生春(浙江大学教授)、金明洙(韓国啓明大学校助教授)
9The Crucial Roles of Entrepreneurs in the Modernization of Japanジョン・セイガース(リンフィールド大学歴史学科準教授)2015/11/2
10華中師範大学渋沢栄一記念財団寄附講座10回記念シンポジウム2016/9/12
基調講演「渋沢栄一研究の過去・現在・未来」井上潤(渋沢栄一記念財団渋沢史料館館長)
基調講演「渋沢栄一1914中国行」田彤(華中師範大学渋沢栄一研究センター総秘書、教授)
シンポジウム「渋沢栄一研究の現状と課題〜日中関係のさらなる発展をめざして」
   セッション1司会 : 朱英
渋沢栄一と中国人留学生支援見城悌治(千葉大学)
社会問題解決と企業家−渋沢栄一、大原孫三郎、土光敏夫からみる企業家の潜在力兼田麗子(桜美林大学)
地域振興と地方企業家松本和明(長岡大学)
   セッション2司会 : 付海晏
渋沢栄一の中国における企業史の研究意義李培紱(華中師範大学中国近代史研究所)
張謇と渋沢栄一の宗教観についての比較朱江(南通市档案館)
張謇、儒商と企業家精神について明旭(浙江傳媒学院管理学院経済系)
渋沢栄一と近代日本の対外関係梁紫蘇(江漢大学外国語学院)
王道と霸道 : 渋沢栄一と中国の繋ぎについて金東(郑州市委党校)

関連エントリー

  • [栄一関連文献] 『中日近代企业家的人文关怀与社会贡献 : 涩泽荣一和张謇的比较研究 : 国际会议 : 论文集』 【[張謇研究センター],2005.05】
    http://d.hatena.ne.jp/tobira/20160513/1463111730

参考リンク