Tociyuki::Diary RSSフィード

tociyuki による Perl・Ruby・C++・C で書き散らしたコードを中心に、日常雑記も混在 : B  F  twitter  GitHub  CPAN  本館  公開鍵
 | 

2007年08月09日

[]Ubuntu 7.04 Feisty Fawn i386 で SCON-KIT/PRO

玄人志向シリアルコンソールキット(SCON-KIT/PRO)を使い、Ubuntu 7.04 Feisty Fawn i386 をインストールしたマシンから玄箱PRO(KURO-BOX/PRO)へ接続してみました。

SCON-KIT/PRO が使っているFTDI chip 社の USB-シリアル変換チップ FT232RL のドライバは linux kernel にマージされています。Feisty Fawn でも、USB ポートに SCON-KIT/PRO に差し込むだけでデバイス認識し、カーネルモジュールが自動的にロードされました。

$ sudo lsmod | grep ftdi
ftdi_sio               34696  0
usbserial              32488  1 ftdi_sio
usbcore               134280  4 ftdi_sio,usbserial,uhci_hcd

デバイスにアクセスするためのノードを usbserial モジュールが動的に /dev ディレクトリに作ったり消したりします。

$ sudo ls /proc/tty/driver
serial  usbserial
$ sudo grep usb /proc/tty/drivers
usbserial            /dev/ttyUSB   188 0-254 serial
$ ls -l /dev/ttyUSB*
crw-rw---- 1 root dialout 188, 0 2007-08-08 14:35 /dev/ttyUSB0

生成されたノードは /dev/ttyUSB0 で、dialout グループに属しているユーザにアクセス権限が与えられていました。そこで、自分のアカウント tociyuki をこのグループに追加しました。

$ grep dialout /etc/group
dialout:x:20:tociyuki

Ubuntu マシンに端末エミュレータをインストールしました。今だったら Jerminal がよさげですが、deb パッケージになっていないので、日和って旧態依然な Call up コマンド cu(1) にしました。

$ sudo apt-get install cu

これで準備完了しました。

cu(1) コマンドを動かしておいてから、KURO-BOX/PRO の電源ボタンをポチっ。ブートシーケンスを眺めてみました。ボーレート 115200、文字サイズ 8 ビット、パリティなし、1 ストップビットなので、stty で特に指定する必要はなく、cu コマンドにボーレートを指定するだけで接続できました。

$ cu -s 115200 -l /dev/ttyUSB0
Connected.  ← cu のメッセージ
Orion1   CPU =  Low ← 以下、KURO-BOX/PRO のコンソール出力

=== KURO U-Boot. ===
 ** LOADER **
 ** KUROBOX BOARD: KURO_BOX  LE (CFG_ENV_ADDR=fffff000)


U-Boot 1.1.1 (Apr 10 2007 - 18:10:08) Marvell version: 1.12.1 - TINY
途中略
hit any key to switch tftp boot.
Hit any key to stop autoboot:  0
<<system_bootend>>
Hit any key to stop autoboot:  0 ← ここがカウントダウンしている最中にキーを押す
Marvell>> ← U-Boot のプロンプト
Marvell>> boot
途中略
KUROBOX-PRO login: 
KUROBOX-PRO login: ~. ← リターンキーの直後に ~. をタイプすると cu 終了
Disconnected. ← cu のメッセージ
$ 

SCON-KIT/PRO を Ubuntu マシンから抜いて試行を完了しました。素直に利用できることはいいものです。KURO-BOX/PRO のMicrosoft Word 形式のマニュアルも OpenOffice.org の Writer で読めますし、母艦に Windows を必要としない点が linux 使いの人にも向いていると改めて認識しました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tociyuki/20070809/1186612744
 |