Hatena::ブログ(Diary)

桐朋学園「子どものための音楽教室」茨木教室

2018-07-04

初期汽ラス

こんにちは!

7月に入り急に暑くなってきましたが、
皆さま体調など崩しておられませんか??


今回は、初期汽ラスのご紹介です。




導入クラスを経て、
4月から本格的に楽譜を見て歌ったり、
リズムを叩いたり、
ノートに楽譜を書いたりする勉強を始めました🎶


f:id:toho-ibaraki:20180617170818j:image:w360

リズムカードを使って、
4拍分のリズムを作ってリレーしたり、
リズムでカノンをしたり、
4小節のリズムを覚えて書いたり🎵

4小節のリズムを覚えていたある日。
一回目で覚えたF君は

「ボクどうしてこんなに直ぐ覚えられるんだろう?
そうかっ❗ボク3才から茨木教室に来ているから‼️」

と驚くような嬉しい言葉
(CMみたいですが、これ本当の話です)。
小さい時からの積み重ねで、
知らない間に力が着いているという、嬉しいエピソードでした😊



初めは苦労していたト音記号も、
今ではすっかり上手に書けるようになりました🎼

f:id:toho-ibaraki:20180629151523j:image:w360

音階を書く時の音符の向きが、
下りを書く時逆さまになったり、
下りの音階を書く時、間隔がうまく取れず、
まるで崖のようになってしまったり。
でもだんだん上手に書けるようになっています。

f:id:toho-ibaraki:20180629151803j:image:w360



もちろん、楽譜を見て歌う練習もたくさんします😉

和音を聞いて、どんな響きか当てっこしたり、
同時になった2つの音を二声に分かれて歌ったり♀_(`O`)♪



みんな4月から
ずいぶんいろんな事が上手に出来るようになりました😊



授業の最後にいつも歌う、
『さよならの歌』も、
今ではカノンにして歌えるようになりました👏

とっても元気で笑い声の絶えない初期汽ラス、
これから更にたくさんの事を、
楽しみながら身につけていきたいと思います❤️



初期気里澆鵑福
とても楽しくソルフェージュを学んでいる様ですね!!

あなたも茨木教室で一緒に楽しんで、
仲間になってみませんか?

茨木教室ソルフェージュ科では
7月7日に体験授業を行います。

ソルフェージュ科の他にも
弦楽合奏の見学、実技科の体験レッスンも行っていますので
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは下記まで

〒567-0032 茨木市西駅前町5-21 津田ビル2F
TEL:072-626-3262(土曜13:00〜17:00のみ)
FAX:072-626-3262(FAX24時間可)
E-Mail:ibaraki-toho@tohomusic.ac.jp

2018-06-22

村上先生ピアノ公開レッスン

こんにちは。

ヴァイオリン公開レッスンが行われた次の日、
6月17日に村上先生のピアノ公開レッスンが行われました。


ピアノの受講生たちも緊張しながらも集中して、まず曲を通して弾きます。
そして、“この曲は何調ですか?” “和音はどうなっていますか?”
と先生からの質問でレッスンがスタート。


f:id:toho-ibaraki:20180617130638j:image:w360

リズムの表現の仕方を手で叩きながらやってみます。
拍の頭を考えて弾きましょう。


f:id:toho-ibaraki:20180617134821j:image:w360

和音がどういう順で繋がっているか、
それは地球の裏側に住んでいる人も、私達と同じ様に感じる事が出来る共通の言葉。
たとえスワヒリ語なんて話せなくても音楽で(世界中の人々と)会話が出来る。
また、時代を越えてバッハとも会話が出来る、それをよく感じ取って。



f:id:toho-ibaraki:20180617145749j:image:w360

どんなお話?
スラーはヴァイオリンの弓使いが書いてあるので、1つの弓で弾いている様に。
テンポが落ち着かないと感じる時は、左手の伴奏を歌ってみるとはっきりします。
変奏曲は基本の和音の動きが同じなので、
和音が変化している時は“あれっ!?”と思って弾きましょう。



f:id:toho-ibaraki:20180617151326j:image:w360

ジーグをみんなで踊ってみましょう。
複数の音(声)が同時に鳴る美しさがあるので、それを綺麗に歌うと
全体の響きが良くなりますよ。


f:id:toho-ibaraki:20180617164315j:image:w360

和音解決は誰でも持っている生理的なものです。
ここは管楽器が鳴っているな、ここはトゥッティだな、と感じながら弾いてみましょう。
ポトポトと指を落として良い音で弾いてください。



f:id:toho-ibaraki:20180617171450j:image:w360

ベートーヴェンはメインの仕事がシンフォニーを作ることでした。
ソナタをいつでもシンフォニーに変えられる様に曲を作っていました。
作曲家がどんな生活をしていたか、想像してみると良いですよ。
リズムが取りにくい時は細かいリズムで数えてきちんとその中におさめましょう。


f:id:toho-ibaraki:20180617180642j:image:w360

ノヴェレッテンの意味は?どんな物語?
外向的なもの、内向的なものと、2種類のものが1人の中にあります。
どこかを強調すると他は陰になるけれど、そうではなく全部が光の中にある様に。



村上先生のレッスンは、歴史のお話あり、どうしたら一番いい音が出るのかの説明あり、
リズムを口ずさんでみたり、踊ってみたりと盛り沢山。
その笑顔は、“音楽って楽しいでしょ、素敵でしょ”と仰っている様で
受講生にとってとても魅力あるレッスンでした。
先生、長時間のレッスンを有難うございました。

また、聴講の方にも沢山おいでいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。有難うございました。

2018-06-21

久保田先生ヴァイオリン公開レッスン

こんにちは。

先日の地震、とても揺れが強く怖かったですが、皆さまの所は如何でしたでしょうか。
茨木教室も何とか無事だった様ですが、
何気ない毎日が実は一番幸せなんだな、という事に改めて気付かされました。


さて、6月16日に室長の久保田先生の公開レッスンが行われました。


みんな、緊張しながらも集中して、まず曲を通して演奏します。
そして、“この曲好きですか?” “いつから弾いていますか?” “どんな所が好きですか?” “どう弾きたい?”
と先生からの質問があり、レッスンがスタート。


f:id:toho-ibaraki:20180616135951j:image:w360

ヴィエニャフスキは、自身もヴァイオリンを弾いていた人。ヴァイオリンの事をよくわかっているから、こんな音を出したら楽しいよ!と曲を作っているので、そういう音は沢山(大きく大切に)弾いてみましょう。



f:id:toho-ibaraki:20180616151105j:image:w360

色々なお話をするように。
こんな事あったけど、本当はこう思っているんだよね、という感じに弾いてみましょう。
高い音は目に見えない位高そうに。低い音は本当に低そうに。


f:id:toho-ibaraki:20180616153513j:image:w360

ポロネーズってなに?
躍りと普通に歩いているのはどう違うのかな?
沈む拍とはずむ拍があるので、それを表現しましょう。
きちんと弾くだけではなく、もっと何処へ行きたいかがわかる様に。走り出したくなったらそんな風に。


f:id:toho-ibaraki:20180616163535j:image:w360

ここはどんな感じ?
きいて、ねえきいて、こんな事があったよ、とお話する様に。
細かいパッセージはしっかり階段にしましょう。


f:id:toho-ibaraki:20180616172613j:image:w360

どうしてこんなに音が上がるの?
何でアクセントがついているの?
一番印象に残したい音は何?
外す時は低くなってしまうので、“高く” イメージして弾きましょう。


f:id:toho-ibaraki:20180616180629j:image:w360

フレーズの終わりだけど、小さくしすぎると、次のP(ピアノ)がいきてこないので、余り小さくしすぎない様に。
フリオーソは髪の毛を振り乱す感じで。


などと、それぞれに的確なアドヴァイスがありました。

久保田先生のレッスンは、ただ先生に言われたとおりに弾くのではなく、
“どう伝えたいか” を考え、自分で音楽を作り上げていける様に優しく導いて下さり、受講生もとても勉強になったと思います。
先生、長時間のレッスンを有難うございました。


また、聴講の方にも沢山おいでいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。有難うございました。

2018-06-15

公開レッスンチケットお申込み

公開レッスンまでこの記事がトップに表示されるようになっております。

久保田巧先生公開レッスン

f:id:toho-ibaraki:20180605102053j:image


村上弦一郎先生公開レッスン

f:id:toho-ibaraki:20180605102046j:image

お申込みは下記のリンクをクリックください。

公開レッスンチケットお申込み


公開レッスン当日、受付にてお名前でチケットをお引換いたします。


*お申込みが完了しますと、受付完了の自動返信メールが届きます。
メールが届かない場合、その他ご不明な点がありましたら、恐れ入りますが、
ibaraki-toho@tohomusic.ac.jp
までお問合せください。

チケット価格は、以下の通り

第一部・第二部 各前売り 2000円 当日2500
通し券      前売り3500円  当日4500

2018-05-26

プレ導入クラス

こんにちは。
爽やかな空気の中にも、夏を感じる季節になってきました。

今回は、3歳児よりのプレ導入クラスのご紹介です。

f:id:toho-ibaraki:20180526163419p:image

今年から始まったこのクラス。
みんなで元気に歌ったり、
ピアノに合わせて色んな動物になってみたり、
手遊び歌を歌ってみたり、
大好きなお菓子の言葉に合わせて手を叩いたり。

音の高低、強弱、明るいか暗いか、速いか遅いか、
そういった音をよく聴いて身体で表現してくれます。

そしてCDを聴いて、何の動物の曲かな?
とあてっこしたり。

長いと思える60分も、途中でお茶休憩をはさんだりして
終わってみたらあっという間。

みんな毎週とっても楽しそうにしています♪



さぁ、あなたも茨木教室で一緒に楽しんで、仲間になってみませんか?

茨木教室ソルフェージュ科では
6月2日と7月7日に体験授業を行います。

ソルフェージュ科の他にも
弦楽合奏の見学、実技科の体験レッスンも行っていますので
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは下記まで

〒567-0032 茨木市西駅前町5-21 津田ビル2F
TEL:072-626-3262(土曜13:00〜17:00のみ)
FAX:072-626-3262(FAX24時間可)
E-Mail:ibaraki-toho@tohomusic.ac.jp